愛媛
愛媛観光
道後温泉・しまなみ街道が有名な、柑橘類の一大産地

絶景を眼下に!しまなみ海道でサイクリングに挑戦!

取材・写真・文:

トラベルライター

2020年11月4日更新

2,449view

お気に入り

写真:トラベルライター

広島県から愛媛県までの島々を橋で結ぶ、しまなみ海道。海の上を通ることが出来るなんてワクワクしますよね!車もいいけれど、せっかくならもっと近くに瀬戸内海を見て、肌に風を感じながら通行したい。でも徒歩では時間がかかりすぎる・・・。そんな時は、サイクリングがおすすめ。今回はしまなみ海道サイクリングの魅力をご紹介します!

この記事の目次表示

しまなみ海道とは・・・?

広島県尾道市から愛媛県今治市までの瀬戸内海に浮かぶ芸予諸島の島々を、全長約60kmの橋で結んだ道路です。道路の正式名称は西瀬戸自動車道といいますが、瀬戸内しまなみ海道の愛称で多くの人々に親しまれています。

広島県の尾道市から、因島(いんのしま)、生口島(いくちじま)、大三島、伯方島(はかたじま)、大島と連なり、愛媛県の今治市へと続きます。パワースポットの大山祇神社(おおやまずみじんじゃ)のある大三島、「伯方の塩(工場見学ができます)」で有名な伯方島をはじめ、観光地がたくさんあります。

また、広島・愛媛両県により、自転車用道路の整備が進められてきました。レンタサイクルターミナルや、自転車&歩行者専用レーン、推薦ルートの道標の青いラインが道路に引いてあるなど、サポートが充実しています。

美しい瀬戸内海の絶景を見ながらサイクリングを楽しめることもあり、しまなみ海道はサイクリストの聖地とも呼ばれています。

大山祇神社
愛媛 / パワースポット / 神社 / 一人旅 / 縁結びスポット
住所:愛媛県今治市大三島町宮浦3327地図で見る
電話:0897-82-0032
Web:http://www.ooyamazumi.net/
大三島
愛媛 / 町・ストリート / 島・離島
住所:愛媛県今治市 大三島地図で見る
伯方塩業株式会社 大三島工場
愛媛 / 工場見学 / 女子旅 / ソフトクリーム / 子供が喜ぶ / 雨の日観光
住所:愛媛県今治市 大三島町台32番地地図で見る
電話:0897-82-0660
Web:http://www.hakatanoshio.co.jp/factory/
伯方島
愛媛 / 一人旅 / 女子旅 / 島・離島
住所:愛媛県今治市 伯方島地図で見る

レンタサイクルはどこで借りればいいの?

しまなみ海道は、広島県の尾道市と愛媛県の今治市の2箇所に入口があり、本州側と四国側どちらからもスタートが可能です。

両側とも海道開始付近にレンタサイクルターミナルがあるので、そこで自転車をレンタルするのがおすすめです。自転車の種類も豊富で、俗に言うママチャリや、電動自転車、マウンテンバイク、二人乗りのタンデム自転車などもありますよ!自転車の種類にもよりますが、ママチャリならば、1日約1,000円+保証料でレンタルが出来ます。

ゴールデンウィーク期間は予約が出来ませんが、それ以外の日は予約可能。ヘルメットも貸し出してくれるので、手ぶらでサイクリングが出来ます。土日祝日に利用する場合は、事前の予約枠に限りがあるので、各県のレンタサイクルターミナルへ早めの予約を。

●広島県側の予約先:しまなみジャパン
●愛媛県側の予約先:サンライズ糸山
  • 写真:トラベルライター(青い海と空の間を駆け抜けるのか爽快!!)

サイクリング初心者は宿泊がおすすめ

初めてのサイクリングで約70kmも走れるか不安、という方もいらっしゃるかと思います。普段からサイクリングをしている本気ライダーの皆さんは、約3時間で走りきる方もいるようですが、初心者は休憩なしでも、完走に8~10時間ほど要します。

せっかくのしまなみ海道、ゆっくり気ままに絶景を楽しみながら走りたいですよね。そんなときは、海道内の島々で1泊、もしくは2泊して無理なく完走を目指しましょう!

実は、しまなみ海道のほぼ中央に位置する大三島には多々羅温泉しまなみの湯という温泉があり、その近くにはしまなみ海道 料理旅館 富士見園もあるんです。途中で休憩がてら、絶景カフェ・オミシマコーヒー焙煎所に寄ることも忘れずに!

  • 写真:トラベルライター(「来島海峡大橋」)
多々羅温泉しまなみの湯
愛媛 / 日帰り温泉
住所:愛媛県今治市上浦町井口7848-1地図で見る
電話:0897-87-4100
Web:http://www.imabari-shimanami.jp/tataraonsen/
しまなみ海道 料理旅館 富士見園
愛媛 / 旅館
4.4 (38件の口コミ)
料金(目安):9,800円〜39,874円
宿泊時間:15:30〜10:00
住所:愛媛県今治市上浦町井口5733地図で見る
Web:http://fujimien-shimanami.jp/
オミシマコーヒー焙煎所
愛媛 / カフェ・喫茶店
住所:愛媛県今治市 上浦町瀬戸6054地図で見る
電話:0897-87-3655
Web:http://omishimacoffee.com/

広島側と愛媛側。どちらからスタートすべき?

どちらから開始しても、風向きや高低差などのメリットとデメリットがあります。

広島側からスタートした場合、来島に入ってから、愛媛県今治市につながる「来島海峡大橋」までが最後の難関。かなりの高低差があり、じわじわとゆるい上り坂が続きます。逆に言えば、愛媛側からスタートした時、最初にこの峠を越えるということになります。

来島海峡大橋からの眺めは、しまなみ海道随一の絶景ともいわれているので、最初と最後どちらに楽しむかは、ルートを決める上でのポイントにもなりそうですね。

  • 写真:トラベルライター(道路両端の青いラインを辿っていけば、迷子になる心配なしです。)
来島海峡大橋
愛媛 / 橋 / 絶景 / 夜景 / 吊り橋
住所:愛媛県今治市吉海町椋名地図で見る

途中リタイアも可能

サイクリングに挑戦してみたはいいけれど、普段運動をしてないし、やっぱり走り切れるか不安・・・。ご心配なく、筆者もそうでした。

レンタサイクルは、海道途中に点在するサイクリングステーションで乗り捨てもでき(乗り捨てできない自転車の種類もあります)、各島々から自転車を持ち込んで乗ることが出来るフェリーや路線バスも運行しています。

途中までサイクリングを楽しんでフェリーでショートカットをしたり、今治からスタートしてハイライトの来島海峡大橋を渡って、後はバスでまた今治まで帰ってくるというハーフライドも可能です。

少し忙しいですが、朝に愛媛・松山空港に到着して今治に移動し、大三島までハーフライド、そこからバスで今治まで帰ってきて、道後温泉で宿泊!なんていう、弾丸プランも夢ではありませんよ。

  • 写真:トラベルライター(途中で見つけた、素敵な砂浜で一休み)

いかがでしたが?

次の旅行先は、運動不足解消に、さわやかな風を感じながら美しい瀬戸内海を眼下に走るサイクリングはいかがでしょう?しまなみ海道完走、フェリー、路線バスを使ったハーフライドなど、豊富なサイクリングプランからご自身にぴったりな方法を見つけてくださいね。

しまなみ海道
愛媛 / 観光名所 / 絶景 / 女子旅
住所:しまなみ海道地図で見る
Web:http://www.go-shimanami.jp/

\紹介されたスポットに立ち寄るなら/
愛媛の旅行予約はこちら

愛媛のパッケージツアー(新幹線・飛行機付宿泊プラン)を探す

愛媛のホテルを探す

愛媛の航空券を探す

愛媛の現地アクティビティを探す

愛媛のレンタカーを探す

愛媛の高速バスを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


【2022】10月の国内おすすめ旅行先31選!秋の連休に行きたい観光地特集

10月は、北日本や標高の高い場所を中心に紅葉が各地で見頃を迎え、早いところではイルミネーションイベントも始まる時期です。10月の連休や週末におすすめの国内旅行先...


【2022最新】日本の人気の島・離島TOP47!トラベラーが行っている島ランキング

広島の宮島や沖縄の古宇利島、山口の角島をはじめとする日本の島の中で、トリップノートの7万5千人の旅行好きトラベラー会員(2022年1月現在)が実際に行っている順...

愛媛の人気観光スポットTOP31!旅行好きが行っている観光地ランキング

道後温泉本館や松山城、しまなみ海道などをはじめとする愛媛県の観光スポットを、トリップノートの7万8千人の旅行好きトラベラー会員(2022年6月現在)が実際に行っ...

国内のおすすめドライブスポット・コース55選!車でのお出かけを楽しもう

絶景ドライブを楽しめる角島大橋や、富士山の眺めが見事な箱根スカイラインに西伊豆スカイライン、四季折々に花々が咲き誇る房総フラワーラインなど、車でのお出かけにおす...

国内おすすめの旅行先14選!女子旅・夫婦やカップルにもOKな大人旅♡

週末や3連休を使って国内旅行へ!全国各地を訪れた旅好きライターが、大人旅にぴったりな観光地を厳選しました。各県の主要スポットやおすすめスポットをご紹介しています...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります