フィンランド
フィンランド観光
「森と湖の国」はサンタクロースとムーミンの故郷

これぞ北欧の村♪ヘルシンキから行くアーティスト村フィスカルス!

取材・写真・文:

愛知在住

2017年6月22日更新

4,812view

お気に入り

写真:myao

フィンランドの首都ヘルシンキから西へ約85kmの場所に、人口は600人程ですが、観光客は年に10万人訪れるというフィスカルス村があります。もともとは工業地帯でしたが、今ではアーティストが多く住むこの村は、最先端のアートやクラフトなどを発信する芸術村として有名になりました。緑豊かで長閑なフィスカルス。ヘルシンキから列車とバスで約1時間半のこの村は、北欧の郊外の雰囲気と、洗練されたアートやクラフト作品を同時に堪能できる魅惑スポットです。

この記事の目次表示

フィンランドのおすすめツアー
◆乗り継ぎスムーズな【成田午前発/フィンエアー】海側キャビン指定!*―2万以上の美しい群島間を進む北欧らしい船旅―*コスパ重視の3つ星ホテル泊*【ストックホルム&ヘルシンキ】周遊6日間(復路直行便フィンエアー)
127,800円~327,800円
◆乗り継ぎスムーズな【成田午前発/フィンエアー】*湖近く/家族経営の3つ星指定*オーロラ鑑賞を目的とする方におすすめ!ラップランド最北の小さな村【イナリ】3泊5日間《全朝食付/フィンエアーご利用》
140,800円~305,800円
◆乗り継ぎスムーズな【成田午前発/フィンエアー】○ムーミンファンにオススメ!○ ムーミン谷博物館のあるタンペレ&ムーミンワールドのあるナーンタリ&ショッピングや街歩きが楽しいヘルシンキフィンランド3都市周遊 6日間《復路直行便フィンエアー》
141,800円~341,800円

フィスカルス村の歴史

もともとは工業地帯だったフィスカルス。特に鉄製品が盛んで、今もハサミなどで有名な「FISKARS社」は、この村で1649年に創業しました。しかしFISKARS社が村を去った後、住民もいなくなり、1980年代には廃村と化しました。

森や湖など、北欧の良き美しい風景の残る村。歴史的な建物は、手頃な価格で売りに出され、その物件に目を付けたアーティスト達が移り住んだのが、アーティスト村と呼ばれる今のフィスカルス村のはじまりでした。

  • 写真:myao

アーティストはどう暮らしている?

現在では約600人が住むフィスカルス。なんとそのうちの100人程はアーティストなのだとか。古い歴史的な建物をいかしてお店にしたり、それぞれ工房を構え、「ONOMA("自分たちのもの"という意味)」と呼ばれるジャンルを超えた協同組合を組織しています。

ONOMAは定期的に展覧会を開催し、アートやクラフト作品を国内外に発表しています。ONOMAギャラリーショップ はこちら

  • 写真:myao陶芸工房
  • 写真:myaoガラス工房

お店兼工房となっている所も多く、実際にその場所で作られた作品を本人から買えるというのも、フィスカルスの魅力です。また、ワークショップを開催している工房も。旅の記念に、トライしてみるのも良いですね◎

  • 写真:myao鍛冶屋
  • 写真:myao入口には大きく"鍛冶屋”と書かれていた。

そして村のあちこちには、さりげなくアーティストの作品が散りばめられていたりもします。

  • 写真:myaoアートなベンチが村のあちこちに
  • 写真:myaoこちらもベンチ

これぞ北欧の郊外!

フィスカルスには湖や川が流れ、緑が豊かなのも魅力ポイント。お店や工房をまわる途中でちょっと足が疲れたら、川のほとりで休憩したりすることもできます。

  • 写真:myao
  • 写真:myaoカワイイ子に出会えました◎

バスが停まる場所の近くでは、こぢんまりとマーケットが開かれていることも。おいしいアイスクリームを売っていたり、自然に溶け込んで手作り帽子屋を広げるおばちゃまも。こんな長閑な雰囲気のマーケットも、フィスカルスならでは◎

  • 写真:myao樹の枝にお手製の帽子をぶら下げて、幹には鏡をセット。
  • 写真:myaoアイス屋さんと、散歩中のカモたち。
  • 写真:myao初夏の陽気。アイスもおいしい。

フィスカルスには、1泊するのがオススメ

フィスカルスには、宿泊施設が2軒しかありません。そのうちのひとつ、Fiskars Wärdshus(フィスカルス・ヴァルツフス)は、上質なおもてなしととてもおいしい料理が味わえる1836年創業の老舗ホテル。

  • 写真:myao

ここのレストランはとてもおいしくて、フィスカルスに暮らすアーティストの社交場にもなっています。実際、筆者が宿泊した時も、夕飯を食べ、外のテラスで食後のコーヒーを飲みながら交流をする方達がみえました。

フィスカルスに来たら、是非ここのレストランで食事を。そして、出来ればヴァルツフスに宿泊することをオススメします。村自体はヘルシンキからの日帰りで充分回れますが、そこはゆったりとした空気の流れる長閑な村。是非、自然とアートのある空間をゆっくりと肌で感じてください。

フィスカルスの家具屋であるNIKARI製の家具で統一された客室も、シンプルで素敵な北欧色にまとめられ、とても落ち着く空間となっています。

フィスカルス・ヴァルツフス
フィンランド / ホテル
住所:Fiskarsintie 14 FI-10470 Fiskars地図で見る
Web:http://www.wardshus.fi/en/

フィスカルスへのアクセス

ヘルシンキ中央駅からフィスカルスの最寄りの鉄道駅Karjaa(カルヤー)までは、ヘルシンキの国鉄列車、VRで向かいます。Turku(トゥルク)行きのinterCity(特急列車)に乗って、Karjaa(カルヤー)まで。

チケットは約19ユーロ(約¥2,340/2017.6現在)。約1時間で長閑な町、カルヤーに到着します。

  • 写真:myaoヘルシンキ中央駅
  • 写真:myao「To karjaa」と窓口で伝えて
  • 写真:myao列車内はゆったりしています
  • 写真:myao車窓からの眺め
  • 写真:myaoカルヤー駅

カルヤーからはフィスカルス行きのバス(4.7ユーロ/約¥580)で約20分です。列車の時間に合わせてバスも運行しています。しかし、カルヤー駅からバス乗り場へはちょっとわかりにくいのでゆっくりしていると乗り遅れてしまう可能性も。なかなかバスは来ないので、気をつけてください!

そして月曜〜金曜運行です。週末に行かれる場合は、karjaaからタクシーとなりますので旅プランにもご注意を!

列車を降りたら、線路をまたぐようにかかる歩道橋を渡り、反対側へ行って下さい。突き当たったら右方面へ。下り坂をおります。そして左の街の方へ歩いていくと、バスターミナルがあります。そこにFiskars行きのバスが到着します。バスの時刻はこちらから調べることが出来ます。

  • 出典:www.google.co.jp左下がkarjaa駅。高架を渡ってポイントの場所にバスターミナルがあります。

最後に

芸術と、郊外の雰囲気を同時に味わえるフィスカルス。郊外の村と言ったって、ここでしか買えないアーティストの作品や、ハサミなどの文房具やガーデニング用品など、フィスカルス社製品が買えるお店もあります。訪れた誰もが行って良かったと感じる場所、フィスカルス。是非一度、1泊で訪れてみて下さい!

オススメの旅プランはヘルシンキに前泊し、スーツケースはヘルシンキのホテルに預けておいて、フィスカルスから戻って来たらヘルシンキでまた同じホテルに宿泊するというプラン。列車やバス、宿までの歩きなどがあるので、リュックなどで身軽に行くのがオススメです。お土産を買った時用に折り畳みのサブバックも準備しておくといいかもですね♪

【フィスカルス村 HP】 http://www.fiskarsvillage.fi/en/home/
※ 日本語verも選択できますが、情報量が少なくなります。
フィスカルス村
フィンランド / 町・ストリート
住所:Fiskars, フィンランド地図で見る
Web:http://www.fiskarsvillage.fi/jpn

フィンランド旅行を自分好みにアレンジしよう!

オンライン旅行会社「旅工房」ならばフィンランドのツアーのアレンジも承ります(相談無料)。

  • 泊数を変えずに価格を抑える
  • 複数のホテルに宿泊する
  • 2ヶ国以上周遊する、など

旅工房でフィンランドのすべてのツアーをみる>>

フィンランドの旅行予約はこちら

フィンランドのパッケージツアーを探す

フィンランドのホテルを探す

フィンランドの航空券を探す

フィンランドの現地アクティビティを探す

フィンランドのWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2017年6月19日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


【保存版】フィンランドのお土産厳選10選!

北欧デザインにサンタクロース、森の中でのウォーキングにサウナ。こんなキーワードを聞くだけで、ほのぼのとしたおとぎ話の世界が思い浮かぶフィンランド。日本から直行便...


【フィンランド】ヘルシンキを1日で回る!よくばり観光モデルコース♪

北欧フィンランドの首都、ヘルシンキは日本人にも大人気の旅行先です。そんなヘルシンキは実はとてもコンパクトな街で、1日あればほとんど回れてしまうってご存知ですか?...

フィンランド・ヘルシンキでの乗継6時間を市内で楽しむ完全ガイド

北欧フィンランドは日本から一番近いヨーロッパで、他のヨーロッパ諸国に行くのにもヘルシンキでの乗り継ぎが便利です。せっかくヨーロッパに行くのなら滞在国+フィンラン...

フィンランド・ヘルシンキのおすすめ観光スポット&レストラン・カフェ23選!

テンペリアウキオ教会やマーケット広場といった名所に、マリメッコのファクトリー、映画『かもめ食堂』のロケ地となったカフェなど、フィンランド・ヘルシンキでおすすめの...

町でオーロラ観測できる冬のフィンランド・サーリセルカと小さな教会

雪と氷の世界である冬のラップランド。中でも代表的なのはフィンランドの北部の町「サーリセルカ」です。ここは神秘の冬を感じられる素晴らしい場所であり、厳冬期に多くの...

この記事を書いたトラベルライター

暮らすように旅する事が大好き!クラフト作家ライター
いつからか、旅をして知らない世界を垣間見るのが大好きになった。
普段は銘木などでナチュラルアクセサリーやコモノを制作して、WEBやイベントで販売しています。"タンポポの綿毛と旅しよう"と題したペンダントも作る程の旅好き。観光地を巡るのも好きだけれど、地元の人が訪れる場所、ガイドブックに載っていないような場所を探して暮らすように旅する方が好き。モノづくりをしているので、海外のホームセンターで興奮して工具を買って帰ってきたこともあります(笑)。最近は山登りも始めて、旅先も大自然があるところが多くなりました。そんな私の目線から観た世界が、あなたの旅の発見や参考になったら幸いです。
http://www.rocca39.com/

【香川・父母ヶ浜】SNSで話題沸騰中!まるでウユニな写真を撮ってインスタ映え♪

香川県三豊市。ここに、最近インスタグラムやフェイスブックで話題の「父母ヶ浜(ちちぶがはま)」があります。どう話題かというと、南米ボリビアのウユニ塩湖で撮ったかの...


日本で唯一!砂浜を車で走れる!【石川】千里浜なぎさドライブウェイ!

金沢市街からのアクセスも車で40分程の、石川県羽咋(はくい)市。そこに、日本で唯一波打ち際を車で走れる砂浜、千里浜(ちりはま)なぎさドライブウェイがあります。な...

自然好きにはたまらない!小笠原諸島・母島で穏やかな島時間を満喫!

東京都に属する小笠原諸島には、父島と母島、2つの有人島があります。父島から定期船で約2時間、南へ約50kmの場所にある母島。人口500人未満の母島は、父島に比べ...

【静岡】城ヶ崎海岸の迫力がすごい!吊り橋と遊歩道を歩こう!

静岡県伊東市の南西に位置する城ヶ崎海岸。 伊豆東部火山群である大室山ができた約4,000年前の噴火で溶岩が海へ流れ出て、海の侵食作用で削られてできたのが城ヶ崎海...

【ボリビア】ラパスで発見!マストな乗り物とオヤツとお土産チョコはコレだ!

すり鉢状の地形を持つラパスは、標高約3,600m。世界一高い場所に位置するボリビアの事実上の首都です。その為、市街地の上と下での高低差は約700mだとか。ここで...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?