藤沢市

デートにも!家族連れにも大人気!新江ノ島水族館

取材・写真・文:

福島在住
訪問エリア:30都道府県

2021年1月19日更新

1,727view

お気に入り

写真:Olive

今回ご紹介するのは、ご家族連れにはもちろん、デートスポットとしてもおすすめの新江ノ島水族館です。工夫を凝らした展示やパフォーマンスに子供たちは大興奮!大人もいつしか童心にかえり、夢中で水槽の中を覗き込んでしまいます。鎌倉からも近いので、江の島とセットでぜひ足を伸ばしてほしい場所です。

この記事の目次表示

新江ノ島水族館の歴史

  • 写真:Olive

江の島に水族館ができたのは、1954年7月のこと。創設者は元日活社長の堀久作さん。当時、134号線沿いをドライブ中、左手には緑あふれる江の島、右手には夕陽に染まる富士山という絶景に見とれた堀さんが水族館建設に着手することを決心したのが始まりだそうです。

  • 写真:Olive

何度もリニューアルを繰り返しつつ、“わくわくドキドキ水族館”をコンセプトに、遊びながら学べる水族館として日々進化し続けています。オープン以来、関東圏はもちろん日本全国のみならず海外からの入場者も増え、「えのすい」の愛称で多くの人々に愛されています。

わくわくが止まらない!楽しみ方もたくさん!

館内を周って驚くのが、展示コーナーの充実ぶり。

地元の相模湾ゾーンはもちろん、日本発の深海生物の長期飼育に成功していたり、皇室の御研究内容が展示されていたりと、初めて目にするものも多く、一つ一つのコーナーに足が止まり、見入ってしまいます。

  • 写真:Olive
  • 写真:Olive

深海を再現した水槽やカップ麺の容器が水圧でどんどん小さくなっていく様もリアルに展示されていて、大変興味深いコーナーがたくさんです。

  • 写真:Olive

太陽の光を浴びながら悠々と泳ぐ海亀の浜辺や巨大な相模湾大水槽、毎月テーマを変えて展示するテーマ水槽など何度も訪れたくなるような工夫が随所に感じられ、まさにわくわくドキドキ!

見逃せないショーが目白押し!

新江ノ島水族館には、ここでしか見られない独創的なショーがいくつもあります。イルカショーだけでも趣向を変えたものが2種類。

他には、生態解説を聞きながら、その愛らしさに胸キュン間違いなしのペンギンのショー「ペングィーン」や、トリーター(えのすいでの展示飼育スタッフの呼称)が大水槽の中を自由に泳ぎまわりながら、魚たちを紹介してくれる「フィンズ」など。

  • 写真:Olive

中でもお勧めしたいのが、「ドルフェリア」。これは、イルカショーというよりは、ミュージカルのような演出です。華やかな衣装を身にまとった「アクアン」たちが、音楽に合わせ歌い踊りシンクロナイズドスイミングのように泳ぎます。着ていた衣裳が小道具へと変化していくのにも驚きです。一方のイルカたちも見事なひねりをいれながら惜しみないジャンプを披露してくれます。通常のイルカショーは、指示とパフォーマンスと餌やりがセットだけれど、このショーは餌やりがないのです。人とイルカの織りなす見事な物語をぜひその目でご覧ください。

ショーの開演時間を忘れずチェックして、見逃さないようにしましょうね。プールでのショーと多くのサーファーがライディングする湘南の海が一体となった景色は、ここでしか見ることのできない風景です。

まるで宇宙空間!な、クラゲファンタジーホール

  • 写真:Olive

新江ノ島水族館にきて、絶対見逃してはいけないのが、ここ!「クラゲファンタジーホール」。天井には巨大なクラゲが舞い、中央には「クラゲプラネット(海月の惑星)」と名付けられた球体が妖しくも美しく輝いているクラゲファンタジーホール。

  • 写真:Olive

周囲には常時約14種類のクラゲたちが、水中にふわふわと漂っています。

このホールでも「海月の宇宙(そら)」と題したプロジェクションマッピングのショーが開催されます。そこは幻想的な異次元の世界。

  • 写真:Olive

太古の昔から存在していたというクラゲを通して、宇宙に想いを馳せてみるのも素敵です。

北欧の青い炎も必見

  • 写真:Olive

2016年3月から新しく展示されているユウレイクラゲの仲間で青色を帯びた傘をもつクラゲは「北欧の青い炎」とも呼ばれているそう。その神秘的かつ優美な姿は必見です。

新江ノ島水族館の概要

入場料金

  • 大人2,500円 
  • 高校生1,700円 
  • 小中学生1,200円 
  • 3歳以上800円

最寄り駅

  • 小田急江ノ島線「片瀬江ノ島駅」 徒歩3分
  • 江ノ島電鉄「江ノ島駅」 徒歩10分
  • 湘南モノレール「湘南江の島駅」 徒歩10分

営業時間

季節により異なりますので、公式サイトをご覧ください。

新江ノ島水族館
藤沢市 / 子供が喜ぶ / 観光名所 / 水族館 / 雨の日観光 / 夏のおすすめ観光スポット / 冬のおすすめ観光スポット
住所:神奈川県藤沢市片瀬海岸2−19−1地図で見る
電話:0466-29-9960
Web:http://www.enosui.com/

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2016年6月16日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


日帰りで楽しむ!関東近郊の女子旅おすすめスポット30選

イギリスのお城を移築した「ロックハート城」や、『ラピュタ』の世界を思わせる「猿島」、ムーミンバレーパークも人気の「メッツァビレッジ」など、東京から日帰りできる、...


【2021最新】全国の人気水族館TOP36!旅行好きが行っている水族館ランキング

沖縄美ら海水族館や海遊館をはじめとする全国の人気水族館を、トリップノートの6万8千人の旅行好きトラベラー会員(2021年1月現在)が実際に行っている順にランキン...

神奈川デートに!カップルにおすすめのデートスポット45選

ロマンチックな夜景が眺められる名所や海の見える公園、2人で思いっきり楽しめるレジャースポットに、絶景が魅力の観光スポットまで、カップルで行きたい神奈川のおすすめ...

神奈川の人気観光スポットTOP55!旅行好きが行っている観光地ランキング

横浜中華街や鎌倉の大仏、八景島シーパラダイスなどの神奈川の観光スポットの中で、トリップノートの6万3千人の旅行好きトラベラー会員(2020年8月現在)が実際に行...

鎌倉&江の島を隅々まで満喫♪1泊2日の観光モデルコース

都心から電車で1時間ほどでアクセスできる鎌倉と江の島。せっかくなら泊まってのんびり観光やグルメを楽しみたいけど、どこに行こうか迷っちゃう・・・。そんなあなたでも...

この記事を書いたトラベルライター

お出かけ、食べることが大好き!
日帰りドライブから、国内、海外を問わずお出かけするのが大好きです。ずっとタウン重視でお買い物に夢中の旅でしたが、10年ほど前にアメリカ・サンフランシスコに在住。国立公園めぐりをしたことをきっかけに、自然も大好きになりました。少し歴史を知ってから出かけると楽しいこと、美味しい食べ物や綺麗な風景に出会えると幸せなこと。小さな情報が、誰かの楽しい!や嬉しい!につながったらいいなと思っています。これからも、いろんなところへ出かけて、たくさんの情報を発信してゆきたいと思っています。少しでも参考になれますように!

これで完璧!奄美土産31選はここで買う!

島特有の文化が残る奄美大島では、古くから島に伝わる調味料や、加工品が多くあり、お土産としても喜ばれそうな品が豊富です。特産品を使ったお菓子や、珍しい雑貨などと共...


半日で周れる!奈良のいいとこ取り観光スポット・ベスト3

日本の国宝の5分の1は、奈良県にあると言われるほど、見どころの多い奈良ですが、町中から離れている場所もあり、1度に見て周るのは大変です。そこであまり時間はないけ...


これで完璧!【広島・宮島】の観光スポット10選と名物グルメ5選

海に浮かぶ社殿で有名な嚴島神社は、広島県にある世界遺産の一つ。本州の宮島口から10分ほどのプチ船旅で、神秘の島「宮島」に到着します。古より神の島として崇められ、...

【長野】湯田中温泉周辺の観光スポット10選&お土産

長野でも潤沢な湯量を誇る湯田中温泉周辺はとても魅力的な場所。車で1時間圏内には、人気の観光スポットが目白押しです。素朴な温泉街、美味しいものに溢れた町歩き、地獄...

きっと一番心に残る旅!ベルギー・ブルージュの観光スポット14選

「天井のない美術館」、「北のベネチア」、「ベルギーの水の都」と呼ばれ、ベルギーで最も人気の街ブルージュ。街を流れる運河に羽を休める白鳥、歴史的な建造物と昔ながら...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります