福島
福島観光
首都圏からの観光客も多く観光施設が充実

東洋一の呼び声も!【福島】あぶくま洞の魅力

取材・写真・文:

福島在住
訪問エリア:30都道府県

2019年5月9日更新

1,006view

お気に入り

写真:Olive

鍾乳石の種類と数の多さでは、東洋一と言われる「あぶくま洞」。気が遠くなるほどの長い年月をかけて作り上げられた大自然のアートは、感動の世界です。また5月末ごろには、ラベンダー園の約5万株のラベンダーが開花し始めます。

この記事の目次表示

あぶくま洞について

あぶくま洞は、福島県のいわき市からも郡山市からも車でほぼ1時間の場所、田村郡滝根町にあります。石灰石で覆われたカルスト台地の斜面は、遠くからでも認識できるほど。見学ルート全長600m の洞内には、種類と数の多さでは東洋一ともいわれる鍾乳石が続きます。

  • 写真:Olive

およそ8,000万年という歳月をかけて創り上げられた造形美が、元はわずか一滴の水滴からだと思うと、気の遠くなるような時の流れと、大自然のパワーに尊敬の念すら抱いてしまうことでしょう。

あぶくま洞のみどころ

現在は、多くの鍾乳洞で設置されているライトアップですが、日本の鍾乳洞で初めて、舞台演出用の調光システムを導入したのは、あぶくま洞でした。今でも毎年、「竹とり物語」、「花物語」など、テーマを設けイルミネーションの装飾を変えるなど、季節やイベントに応じて趣向を凝らし、訪れる人々を楽しませてくれます。

また特徴的なエリアや鍾乳石には、「月の世界」や「妖怪の塔」、「クリスマスツリー」など、ユニークな名前が付けられているので、想像力を膨らませながら探検してみてください。天井高30mの壮大な大空洞「滝根御殿」も圧巻です。

洞内の見学コース

  • 写真:Olive

洞内の見学コースは、600m約40分の一般コースが基本で、2018年の9月からは、探検コースが再開されました。探検コースは、基本コースの途中から分かれて120mほど進み、また基本コースに合流するコースで、飛び石を渡ったり、狭い場所や低い場所を通り、より探検気分が楽しめます。時間にして、約10分の追加コース(追加料金¥200)となります。

あぶくま洞の概要

入場料

  • 大人(高校生以上) ¥1,200
  • 中人(中学生) ¥800
  • 小人(小学生) ¥600
  • ※探検コースは、基本入場料に¥200プラス

休日 

年中無休

営業時間

  • 4/1~6/20  8:30~17:00
  • 6/21~9/30 8:30~17:30
  • 10/1~11/20 8:30~17:00
  • 11/21~3/13 8:30~16:30
  • 3/14~3/31 8:30~17:00

アクセス

  • 電車の場合:JR磐越東線・神俣駅からタクシーで5分
  • 車の場合:磐越道小野ICから車で15分
あぶくま洞
福島 / 自然・景勝地 / 観光名所
住所:福島県田村市滝根町菅谷東釜山1地図で見る
電話:0247-78-2125
Web:http://abukumado.com/

春なら鍾乳洞の外も楽しい

  • 写真:Olive

5月中旬になると約1ヘクタールの園内には歩道が整備され、ラベンダー畑が出現します。全国でも珍しい傾斜地に広がるラベンダー畑です。

  • 写真:Olive
  • 写真:Olive

期間中はラベンダーの摘み取り体験も可能で、土日にはポプリなどを作る教室や、ラベンダー祭りなども開催予定だそうです。6月中旬には、斜面が紫色に染め上がり、胸いっぱいに広がるラベンダーの香りに癒されます。恋人の聖地にも認定されているので、カップルは大空に向かって鐘を鳴らすのを、忘れないでくださいね。

<ラベンダー畑開催期間> 例年6月初旬~7月初旬
<ラベンダー畑料金>見学無料/摘み取り体験400円
あぶくま洞ラベンダー園
福島 / 自然・景勝地
住所:福島県田村市滝根町菅谷字東釜山1 番地地図で見る
電話:0247-78-2125

この記事を書いたトラベルライターから一言

訪れる時期にもよりますが、洞内の気温は平均14℃前後ですので、上着を用意されると良いでしょう。一年を通してこの気温なので、夏はひんやりと涼しく、冬は外より暖かく、快適に見学できます。雨の日でも入場可能です。階段の上り下りや、滑りやすい場所もあるので、滑りにくい靴がおすすめです。(Olive)

福島の旅行予約はこちら

福島のパッケージツアーを探す

福島のホテルを探す

福島の航空券を探す

福島の現地アクティビティを探す

福島のレンタカーを探す

福島の高速バスを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2019年5月9日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


【2020】11月の国内おすすめ旅行先28選!秋を満喫できる観光地特集

11月は各地で紅葉が見頃のピークを迎え、夜のライトアップが楽しめるほか、イルミネーションイベントも全国で始まる時期。11月の連休や週末におすすめの国内旅行先をご...


【2021】1月の国内おすすめ旅行先35選!お正月旅行にもぴったりな観光地特集

寒さ厳しい1月は、雪や氷の絶景が全国各地で見られるシーズン。冬の夜に映えるイルミネーションイベントもまだまだ楽しめます。1月のお正月旅行や週末旅行におすすめの国...

【2020】10月の国内おすすめ旅行先31選!秋の連休に行きたい観光地特集

10月は、北日本や標高の高い場所を中心に紅葉が各地で見頃を迎え、早いところではイルミネーションイベントも始まる時期です。10月の連休や週末におすすめの国内旅行先...

全国の人気水族館TOP35!旅行好きが行っている水族館ランキング

全国各地に数多ある水族館の中から、トリップノートの6万3千人の旅行好きトラベラー会員(2020年8月現在)が実際に行っている順に、全国の人気水族館ランキングをご...

【2021】2月の国内おすすめ旅行先42選!冬の旅行にぴったりな観光地特集

2月は北はまだまだ雪深く、この時期ならではの雪や氷のイベントが開催されている一方で、南は梅や早咲きの桜が開花し始める時期です。2月の週末旅行におすすめの国内旅行...

この記事を書いたトラベルライター

お出かけ、食べることが大好き!
日帰りドライブから、国内、海外を問わずお出かけするのが大好きです。ずっとタウン重視でお買い物に夢中の旅でしたが、10年ほど前にアメリカ・サンフランシスコに在住。国立公園めぐりをしたことをきっかけに、自然も大好きになりました。少し歴史を知ってから出かけると楽しいこと、美味しい食べ物や綺麗な風景に出会えると幸せなこと。小さな情報が、誰かの楽しい!や嬉しい!につながったらいいなと思っています。これからも、いろんなところへ出かけて、たくさんの情報を発信してゆきたいと思っています。少しでも参考になれますように!

これで完璧!奄美土産31選はここで買う!

島特有の文化が残る奄美大島では、古くから島に伝わる調味料や、加工品が多くあり、お土産としても喜ばれそうな品が豊富です。特産品を使ったお菓子や、珍しい雑貨などと共...


半日で周れる!奈良のいいとこ取り観光スポット・ベスト3

日本の国宝の5分の1は、奈良県にあると言われるほど、見どころの多い奈良ですが、町中から離れている場所もあり、1度に見て周るのは大変です。そこであまり時間はないけ...


これで完璧!【広島・宮島】の観光スポット10選と名物グルメ5選

海に浮かぶ社殿で有名な嚴島神社は、広島県にある世界遺産の一つ。本州の宮島口から10分ほどのプチ船旅で、神秘の島「宮島」に到着します。古より神の島として崇められ、...

きっと一番心に残る旅!ベルギー・ブルージュの観光スポット14選

「天井のない美術館」、「北のベネチア」、「ベルギーの水の都」と呼ばれ、ベルギーで最も人気の街ブルージュ。街を流れる運河に羽を休める白鳥、歴史的な建造物と昔ながら...

【長野】湯田中温泉周辺の観光スポット10選&お土産

長野でも潤沢な湯量を誇る湯田中温泉周辺はとても魅力的な場所。車で1時間圏内には、人気の観光スポットが目白押しです。素朴な温泉街、美味しいものに溢れた町歩き、地獄...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?