ガーナ
ガーナ観光
海岸線沿いに並ぶ世界遺産の城塞群

ガーナ伝統のお祭り「アボアチレ」~GWは鹿追い祭りに参加しよう!

取材・写真・文:

長野在住

2018年2月21日更新

624view

お気に入り

写真:Adjoa

観光地としては、知名度が低めのガーナ。ライオンもシマウマもいないし、東アフリカと比べたらちょっと地味。そんなガーナの魅力、それは文化と人!ガーナはあまり観光開発が進んでいない代わりに、昔からの文化がそのまま色濃く残っています。そんなアフリカン文化を現地の人と一緒になって楽しむなら、お祭りがお勧め!本記事では、毎年ゴールデンウィークの時期にガーナで開催されるお祭り「アボアチレ」をご紹介します。次のゴールデンウィークは思い切って、ガーナの熱いお祭りに参加してみませんか?

アボアチレとは

Aboakyer(アボアチレ)」とは、「鹿追い祭り」のこと。

  • 写真:Adjoa街中に掲げられているアボアチレのバナー

ガーナ文化を最も体感できることのひとつ、それがお祭り!ガーナには100以上もの民族がいるとも言われ、地域によって文化が大きく異なります。「アボアチレ」は、ガーナ南部、セントラル州エフトゥ地域の伝統的なお祭りです。

開催場所・日時

ガーナのセントラル州、Winneba(ウィネバ)で毎年5月の第一土曜日に開催されます。
開催時間は午前9時頃から昼前後まで。

アボアチレのメイン会場は「ZION PARK(ザイオン・パーク)」と呼ばれる、ウィネバの市街地にあるグラウンドです。

※年によって会場が変わる場合があります。現地にてガーナ人にご確認ください。


アボアチレの見どころ

(1) 鹿追い

アボアチレの日の早朝、男たちは鹿狩りにでかけます。見物客はそれを待ちます。もちろん、狩り集団について行くのも良し。鹿の到着を待つ間のセレモニー(後述)は非常に長いので、飽きたら鹿狩りを見に行きましょう。

鹿狩りは、お祭りのメイン会場(鹿のお披露目場所)から離れた草むらで行われます。狩りの場所がわからなくても、見物客がぞろぞろと歩いていく方向についていけばOK。全速力で鹿を追う、気迫に満ちた男たちの迫力に圧倒されること間違いなし!

  • 写真:Adjoaアボアチレで鹿を追う人々

(2)チーフの入場行進

鹿狩りを待つ間には、チーフ(伝統的首長)が会場へ入場行進するパフォーマンスが見られます。

  • 写真:Adjoa会場に入場してくるチーフの列
  • 写真:Adjoa伝統衣装に身を包んだチーフたち

チーフの行進は、ガーナの伝統文化のひとつで、お祭りの際には必ず行われます。これを見逃さないためには、9時前には会場入りしておくことをお勧めします。

(2) 鹿のお披露目

男たちが鹿を捕まえて街に戻ってくると、メイン会場にてチーフや住民にお披露目をします。このセレモニーでは、ガーナ音楽のHI-LIFEの生演奏や、伝統的な踊り子のダンス等が見られます。

  • 写真:Adjoa捕まえた鹿を地域の偉い人へお披露目

(3) 歌って踊って練り歩き!

その後、鹿を捕まえた男たちを先頭に、住民がそのあとに続いてジャンベなどの現地の楽器を演奏し、踊りながら街を練り歩きます。

お祭りで最も楽しいのは、ここ!ガーナ人に混ざって街を練り歩き、一緒に踊りましょう!ダンスに決まったスタイルはありません。思うままに、自由に踊りましょう。外国人が一緒に踊っている姿を見れば、ガーナ人も大喜びすること間違いなし!

  • 写真:Adjoa鹿の後に続いて、街を踊って練り歩く人々

(4) 鹿のお供え

最後は、捕まえた鹿を神社にお供えして、終了。しっかり行列についていかないと、見逃してしまうのでご注意を。

  • 写真:Adjoa掲げられた鹿を見て歓喜に沸く人々

アボアチレの様子をもっと知りたい!という方はこちらの動画をご覧ください。

首都アクラからウィネバへの行き方

タクシー利用の場合

タクシーでも行けます。運賃は100~150セディ程度(2,500~4,500円)。乗用車の車体の前と後ろがオレンジ色に塗られたもので、ナンバープレートが黄色いものがタクシーです。値段交渉は必ず、タクシーに乗り込む前に。

  • 写真:Adjoa車体前後のオレンジ色がタクシーの目印

安く行きたい、もしくはガーナらしさを満喫したいのであれば、公共交通機関の乗り合いバス、「トロトロ」を。色々な行き方がありますが、一番簡単な方法をご紹介します。

トロトロ(乗り合いバス)の場合

1. コトカ空港からカネシ・ステーションへ

まずバスステーションの「Kaneshie(カネシ)」に向かいます。
空港からカネシ・ステーションへはタクシーで。20~30セディ程度(約500~740円)。ステーションは広いので、「カネシのウィネバ行き乗り場に行きたい」と必ず伝えましょう。

2. カネシ・ステーションからウィネバへ

カネシステーションに着いたら、タクシーを降りた瞬間大勢のガーナ人に「どこに行くんだ?!」取り囲まれます。「ウィネバに行きたい」と言えば、ウィネバ行き乗り場に案内してくれます。このとき、荷物にご注意を。

カネシ→ウィネバは8セディ程度(約200円)。所要時間は約2時間。土曜日の朝だと渋滞することが多く、3時間程度かかることもあります。また、車の出発時刻は決まっておらず、満員になったら出発。そのため、アボアチレの前日までに移動しておくことをおすすめします。

終点、ウィネバのステーションで降りたら、その辺にいるガーナ人に「アボアチレを見に来た!」と伝えれば案内してくれるでしょう。ガーナ人はとても親切な人が多いので、会場まで一緒に行ってくれることも。

カネシ・ステーション
ガーナ / 駅・空港・ターミナル
住所:Nii Lantey Okunka St, Accra, ガーナ地図で見る

次のページを読む

ガーナの旅行予約はこちら

ガーナのホテルを探す

ガーナの航空券を探す

ガーナの現地アクティビティを探す

ガーナのWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年2月20日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事

ガーナ随一の観光地!ビーチと世界遺産のある街ケープコーストの楽しみ方5選

ガーナって何があるの?サファリ?ライオンとかシマウマ?・・・申し訳ありませんが、みなさんの思い描くTHE・アフリカな大スペクタクルをガーナには期待しないでくださ...

【ガーナ】1月1日のお祭り:マスカレード・カーニバル「ファンシー・ドレス」って?

マスカレード・カーニバル(仮面舞踏会)はヨーロッパだけのものじゃない!なんと、西アフリカのガーナにもあります。マスカレードと言えば、妖艶なイメージですが、ガーナ...


ちょっと不便だけどそれが良い!ガーナの3大移動手段に挑戦しよう!

ガーナ国内を旅行する上で、公共交通機関を利用することは避けられません。ガーナでの主な移動手段は、乗り合いバス、タクシー、大型バス。それぞれの乗り方をご紹介します...

アフリカン文化にどっぷり浸かろう★ガーナで絶対体験したいこと4選

ガーナで何する?世界遺産のお城と、ナショナルパーク見学?…え、それだけ?!ガーナに来たら、観光だけではもったいない!アフリカならではの文化にどっぷり浸かってみま...


旅行の前に読んで!ガーナ旅行で注意する5つのこと~移動編~

以前トリップノートでは、ガーナ旅行で注意すべき文化や習慣についてご紹介させていただきました。今回は、旅行前に知っておくと便利なガーナの移動事情についてご紹介しま...

この記事を書いたトラベルライター

ほぼガーナ人・ときどき信州人
Adjoa(アジュア)はガーナで月曜日生まれの女子の名前。
ガーナでは、生まれた曜日によって名前が決まります。
そんなガーナの魅力を多くの人に知ってもらいたい!
ガイドブックには載っていないガーナのおもしろ観光情報を発信していきます!
どうぞよろしくお願いします★

【長野県】良縁を呼ぶパワースポット「縁結神社」~日本で唯一“縁結び“の名を冠する神社

縁結びに御利益があるという神社は、日本全国各地にたくさんありますよね。でも、名前に「縁結び」とつく神社は、日本でここだけ!それは、森の中にひっそりと佇む、小さな...

辛い!濃厚!美味しい!ガーナの3大国民食を堪能しよう!

アフリカ料理というと、どのようなものを想像しますか?クスクス?ウガリ?西アフリカのガーナには、どちらもありません。ガーナと聞いて何を思い浮かべますか?チョコレー...


旅行の前に読んで!ガーナ旅行で注意する6つのこと~文化・習慣編~

ガーナの治安の良さは、アフリカトップクラス!とはいえ、初めてアフリカへ旅行する方は不安に感じることも多いかと思います。また、ガーナには独特の文化、習慣があります...

棺桶に命をかける国?!葬式天国ガーナで葬式&棺桶工房を見学しよう!

西アフリカのガーナ。目立った観光資源のないこの国ですが、世界中でガーナでしか見られない珍しいものがあります。それは、独特な葬式スタイルとユニークな棺桶!ガーナで...


【ガーナ】負の世界遺産ケープコースト城で奴隷貿易の歴史に触れる

西アフリカのガーナ。今でこそ明るく陽気な人々が暮らす平和な国ですが、「奴隷貿易」という暗い歴史を持つ国でもあります。ガーナには奴隷貿易の拠点となっていた建造物が...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?