【ガーナ】1月1日のお祭り:マスカレード・カーニバル「ファンシー・ドレス」って?

28

view
   2017年11月16日更新

マスカレード・カーニバル(仮面舞踏会)はヨーロッパだけのものじゃない!なんと、西アフリカのガーナにもあります。マスカレードと言えば、妖艶なイメージですが、ガーナでは…?Fancy Dress(ファンシー・ドレス)は世にも珍しい、ワイルドなアフリカン・カルチャーと優雅なマスカレードの融合したお祭り。ガーナで1年に1度、年の初めに開催されるお祭りです。本記事では、そんなアフリカ版マスカレード・カーニバル「ファンシー・ドレス」の見どころをご紹介します。

ファンシー・ドレスとは

概要

Fancy Dress(ファンシー・ドレス)は、毎年1月1日にガーナのセントラル州の町、Winneba(ウィネバ)で開催されるお祭りです(1月1日が日曜日の場合は、1月2日に開催)。

仮面を纏い、派手な衣装で仮装した4つのグループが、ダンスパフォーマンスを競う大会です。

  • パフォーマーたちの入場行進

それは、アフリカ版マスカレード・カーニバル。彼らが練り歩くのは中世の趣を残す市街地ではなく、砂埃舞う赤土の大地

歴史

まだガーナが植民地だった時代の19世紀に、オランダ人とイギリス人の貿易商が始めたと言われている、伝統あるお祭りです。

当時、「マスカレード」という名前がガーナ人にとっては発音しづらかったことから、彼らの民族名の「ファンティ族」から名をとり、「ファンティ・ドレス」と呼ばれるようになったそうです。そして今日では「ファンシー・ドレス」という名のお祭りになっています。

ファンシー・ドレスの見どころ

アフリカに来たら、やっぱり生のダンスパフォーマンスは見逃せない!でも、意外ときちんと見られる機会が少ないのも事実。ファンシー・ドレスなら、ガーナ人たちのダンスパフォーマンスを心行くまで見ることができます。

  • 仮装したパフォーマーたち

パフォーマンスは、ブラスバンドの生演奏付きです。

  • ブラスバンドの演奏もあります

何より、「マスカレード・カーニバル」という西洋の文化を取り入れたお祭りにも関わらず、そこかしこに滲み出ているガーナらしさがこのイベントの最大の見どころ。ガーナらしい、ゆるいクオリティの人形パフォーマンスも見られます。

  • ガーナらしいクオリティのパフォーマンス

長い棒の上に乗って歩くパフォーマンスも見られます。竹馬のようにも見えますが、ただの棒に足を固定しただけのもの。転びそうになった時に体勢を持ち直すところも必見!ガーナ人の身体能力の高さがよくわかります。個人的には、メインのダンスよりもこの竹馬パフォーマンスのほうが見どころかと。

  • 竹馬のような棒の上に立って歩くパフォーマー

こちらの動画をご覧いただくと、お祭りの様子がよくわかります。

ファンシー・ドレスの基本情報

入場について

入場料は10セディ(約300円)。入場口は1ヶ所で、午前10~11時頃はとても混雑します。空いた頃合いを見て入場するのが良いでしょう。

座席は自由席。当然、1度席を立ったら席はとられてしまいます。

開催時間

大体12時前後から始まります。終了は18時頃。

注意事項

トイレがない!

会場にはトイレがありません。トイレに行きたくなったら、会場を出なければなりません。再入場の場合は再度入場料を支払うことになりますので、ご注意を(男性なら会場の片隅で済ませてしまうこともできます)。

会場を出てからも、公共トイレのようなものは近辺にありません。緊急の場合は民家のトイレをお借りしましょう。

砂埃がすごい!

開催場所は、野外グラウンドのような場所です。会場のイメージとしては、運動会のような感じです。

この時期、ガーナは「ハマターン」というサハラ砂漠の砂が飛んでくる季節の真っ最中です。とにかく砂埃がすごいので、喉を傷めやすい方はマスクを持参したほうが良いでしょう。

首都アクラから会場への行き方

アクラからウィネバまで、タクシーでも行けます。100~150セディ(約3,000~4,500円)程度。

安く行きたい、もしくはガーナらしさを満喫したいのであれば、公共交通機関の乗り合いバス、「トロトロ」を。色々な行き方がありますが、一番簡単な方法をご紹介します。

1. カネシ・ステーションへ

まずバスステーションの「Kaneshie(カネシ)」に向かいます。

トロトロの場合

トロトロなら、「カネシ・マーケット」行きに乗って「カネシ・マーケット」で下車。車掌に「ウィネバに行く」と伝えれば、乗り場の近くで降ろしてくれます。

タクシーの場合

タクシーでも、そこまで高額ではありません。アクラ市内からなら、かかっても20~30セディ(約600~900円)程度。カネシ・ステーションは広いので、「カネシのウィネバ行き乗り場に行きたい」と必ずドライバーに伝えましょう。

2. カネシ・ステーションからウィネバへ

カネシステーションに着いたら、タクシーを降りた瞬間大勢のガーナ人に「「どこに行くんだ!」と取り囲まれます。「ウィネバに行きたい」と言えば、ウィネバ行きの乗り場に案内してくれます。降車時、スリがいないとも限らないので荷物にご注意を。

カネシ→ウィネバは8セディ程度(約240円)。所要時間は約2時間。土曜日の朝だと渋滞することが多く、3時間程度かかることもあります。また、車の出発時刻は決まっておらず、満員になったら出発する形式です。時間には余裕を持ってご移動ください。

3. ウィネバからファンシー・ドレスの会場へ

終点のステーションから、徒歩で約10分。ガーナ人に道を聞きながら行くことができます。

歩きたくない場合は、ルートタクシーという乗合タクシーに乗ってドライバーに「ファンシー・ドレスを見に行く」と伝えればOK。Advance Parkという場所で下してくれます。乗車料金は1セディ程度(約30円)。

【関連記事】:ちょっと不便だけどそれが良い!ガーナの3大移動手段に挑戦しよう!

カネシ・ステーション

ガーナ / 駅・空港・ターミナル

 

住所:Nii Lantey Okunka St, Accra, ガーナ

宿泊場所

ウィネバには宿泊先はいくつかありますが、ここでは筆者のおすすめを2つご紹介します。

Manuel’s Guest House(マニュエルズ・ゲストハウス)

ウィネバで白人御用達の宿。市街地からは少しだけ離れますが、宿の方がとても親切にしてくれます。ビーチへは徒歩5分程度。

1番安い部屋はセミダブルで1泊40セディ(約1,200円)。扇風機あり。シャワーは水のみ。
1番高い部屋はダブル(キングサイズベッド)で1泊100セディ(約3,000円)。エアコンあり。お湯が使えます。

マニュエルズ・ゲストハウス

ガーナ / ホステル

 

住所:Sir Charles Beach Road, Winneba, Ghana

Web:https://www.facebook.com/Manuels-Guesthouse-138935...

Windy Bay Guesthouse(ウィンディベイ・ゲストハウス)

ウィネバの市街地から離れた、ウィネバ・ジャンクションに位置するホテル。こちらのほうが市街地よりもアクラやケープコーストへの移動には便利。全室エアコン、お湯が使えます(出ない場合あり)。

1番安い部屋はシングル1泊80セディ(約2,400円)。
1番高い部屋はダブル(キングサイズベッド)で1泊120セディ(約3,600円)。

  • WindyBayの外観
  • ダブルルーム
ウィンディベイ・ゲストハウス

ガーナ / ホステル

 

住所:Box 434, Winneba, Central Region ガーナ

Web:http://windybayguesthouse.com

最後に

ファンシー・ドレスは1月1日のお祭りということで、このイベントに参加するとなるとガーナで年越しをすることになってしまいます。人生で1度くらいは、ガーナで年越しをしてみるのも面白いのではないでしょうか!

ファンシー・ドレス

ガーナ / イベント・祭り

 

住所:Advance Park, Winneba, Ghana

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2017年11月11日の取材に基づき公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。
トラベルライター
ほぼガーナ人・ときどき信州人

Adjoa(アジュア)はガーナで月曜日生まれの女子の名前。
ガーナでは、生まれた曜日によって名前が決まります。
そんなガーナの魅力を多くの人に知ってもらいたい!
ガイドブックには載っていないガーナのおもしろ観光情報を発信していきます!
どうぞよろしくお願いします★

同じテーマの記事

【トラベルライターインタビューVol.1】ライターとしてのやりがいや、記事を書き続けるコツとは?ライターさんの素顔に迫ります!

アプリなら記事も地図もサクサク快適!

  • 行きたい観光スポットをお気に入り登録すれば自分専用のガイドブックに。
  • 旅した国・都道府県をチェックして、自分だけの塗りつぶし地図を作ろう!