ガーナ
ガーナ観光
海岸線沿いに並ぶ世界遺産の城塞群

【ガーナ】冒険家へ捧ぐ秘境の滝5選!数々の困難を乗り越え滝壺へ!

2018年5月10日更新

145view

お気に入り

ガーナの滝。イグアスの滝のように全身を包み込む轟音もなければ、エンジェルフォールのように大きな落差もない。では一体何が魅力なのか?それは、未知の領域を開拓するアドベンチャー感!世界的に有名な滝とは違い、観光地として整備しきれていないガーナの滝を見るには、何かしらの困難が伴います。簡単には到達できない、現地人にも知られていない滝と聞いて、ワクワクしませんか?本記事では、そんな冒険心をくすぐるガーナの滝を5つご紹介します。履きなれた靴とビーチサンダルの準備は良いですか?いざ、滝を目指して冒険の旅へ!

はじめに

滝を見るのに適した時季

ガーナには雨季(4~10月頃、年により変動)と乾季(11~3月頃)があります。雨季のほうが水量が多いため、より迫力ある滝を見ることができます

注意事項

ガーナの滝には、立派な手すりつきの遊歩道もなければ、整備された展望デッキもありません。本記事でご紹介する滝は、いずれも到着するまでに大なり小なり困難が伴います。必ず履きなれた歩きやすい靴で行きましょう。そして数々の困難を乗り越えたら、滝壺に入って冒険の疲れを癒すことができます。より滝を満喫するために、ビーチサンダルをお忘れなく

それでは、難易度の低い順にご紹介していきます。

1. Boti Falls(ボティの滝) 難易度:★☆☆☆☆

男滝と女滝から成る、夫婦滝のBoti Falls。ガーナのEastern(イースタン)州に位置します。Boti Fallsは知名度も高く、アクセスも良いため、ガーナ初心者にもお勧めです。

  • Boti Falls

Boti Fallsの困難ポイント

外国人観光客にも人気なBoti Falls。そのため、見学料をぼったくられる可能性があります。「You are my friend, so make it 10cedis. (あなたは私の友達でしょ。10セディ(約240円)にしてよ!)」などと言って、うまく値段交渉しましょう。

Boti Fallsへの行き方

1. AccraからKoforiduaへ

まずは首都アクラからKoforidua(コフォリデュア)へ向かいます。KoforiduaはEastern州の州都なので、大きなステーションなら大体Koforidua行きのトロトロ(乗り合いバス)が出ています。空港からの移動なら、Madina(マディナ)ステーションからの乗車が便利です。

2. KoforiduaからBoti Fallsへ

KoforiduaステーションからBoti行きのトロトロに乗車して、Boti Falls前で下車。

帰りは、滝への入り口の道沿いに立っていればKoforiduaに向かうトロトロが通ります。右手を挙げてそれを捕まえ、乗車しましょう。

ボティの滝
ガーナ / 自然・景勝地
住所:Boti Falls

2. Kintampo Falls(キンタンポの滝) 難易度:★★☆☆☆

Kintampoは、Brong-Ahafo(ブロング・アハフォ)州にある都市です。滝はKumasi(クマシ)とTamale(タマレ)という地方都市を結ぶ大きな道路から、少し入ったところにあります。

Kintampo Fallsは3つの滝があり、そのうちの1つは滝壺で泳ぐこともできます。泳いでみたい方は水着を持参しましょう。

  • Kintampo Falls (Stage 3)

Kintampo Fallsの困難ポイント

首都から遠いことが難点です。AccraからKintampoまでは約8時間かかります。

また、Kintampoへ行くための経由地Techiman(テチマン)行きのバスには「サークル・ステーション」から乗車しますが(後述)、このステーションが広大で、非常に多くの行き先のバスが出ています。そのため、目的のバスを見つけることに一苦労します。

Kintampo Fallsへの行き方

1. AccraからTechimanへ

AccraのNkrumah Circle(ンクルマ・サークル、通称"サークル")ステーションから、Techiman行きのVIPバスに乗り、終点で下車します。

2. TechimanからKintampoへ

Kintampo行きのルートタクシー(ルートの決まっている乗り合いタクシー)に乗ります。

Kintampoからは、タクシーに乗って滝まで連れて行ってもらいましょう。なお、滝付近はタクシーがいません。タクシーをチャーターし、滝の見学中は待機してもらい、帰りはそのタクシーで帰ることをお勧めします。

キンタンポの滝
ガーナ / 自然・景勝地
住所:Kintampo Waterfalls, Kintampo, Brong-Ahafo Region, Ghana

3. Ote Falls(オテの滝) 難易度:★★☆☆☆

Ote FallsはVolta(ボルタ)州の小さな村、Amedzofe(アメゾフェ)にあります。木々の生い茂る道を歩いた先に現れる、秘境感のある滝です。

  • Ote Falls

Ote Fallsの困難ポイント

観光案内所から滝までは徒歩で45分程の距離です。途中、ちょっとした山道もあります。なお、道中にはお店等はありません。行く前に村で水などを購入するのをお忘れなく。

Ote Fallsへの行き方

1. AccraからHoへ

AccraのMadinaステーションからHo(ホ)行きのトロトロに乗り、終点で下車します。HoはVolta州の州都です。

2. HoからAmedzofeへ

HoからAmedzofe行きのルートタクシーに乗り、終点で下車します。Amedzofe観光案内所からは徒歩で45分程度。

滝まで自力で行くのは難しいため、まずは村の観光案内所へ向かいましょう。ガイドさんが無料で案内してくれます。

オテの滝
ガーナ / 自然・景勝地
住所:Amedzofe, Volta Region, Ghana
Web:http://amedzofevillage.com/en/2016/01/14/ote-fall/

次のページを読む

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2016年12月30日の取材に基づき公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事

ガーナ随一の観光地!ビーチと世界遺産のある街ケープコーストの楽しみ方5選

ガーナって何があるの?サファリ?ライオンとかシマウマ?・・・申し訳ありませんが、みなさんの思い描くTHE・アフリカな大スペクタクルをガーナには期待しないでくださ...

ガーナ観光ならココ!定番から穴場までおすすめ11選~ネイチャー編~

ガーナには文化や歴史に触れることのできる観光スポットもたくさんありますが、もちろん自然も満喫できます!本記事では、定番から穴場まで、ガーナの自然を楽しめるおすす...


ガーナ伝統のお祭り「アボアチレ」~GWは鹿追い祭りに参加しよう!

観光地としては、知名度が低めのガーナ。ライオンもシマウマもいないし、東アフリカと比べたらちょっと地味。そんなガーナの魅力、それは文化と人!ガーナはあまり観光開発...

【ガーナ】本当は秘密にしたい秘境の滝「アカ・フォールズ」を見に行こう!

ガーナ公式観光ガイドブック(Official Ghana Tourist Guide 2013-2015, Amazing Africa Ltd.,)に掲載され...


ガッカリ最高峰に願いが叶う奇岩?!ガーナのおもしろハイキングスポット4選

アフリカの山と言えば、キリマンジャロが有名ですね。残念ながら、ガーナにはキリマンジャロように高くて有名な山はありません。でもガーナでは、一風変わったハイキングを...

この記事を書いたトラベルライター

ほぼガーナ人・ときどき信州人
Adjoa(アジュア)はガーナで月曜日生まれの女子の名前。
ガーナでは、生まれた曜日によって名前が決まります。
そんなガーナの魅力を多くの人に知ってもらいたい!
ガイドブックには載っていないガーナのおもしろ観光情報を発信していきます!
どうぞよろしくお願いします★

【長野県】良縁を呼ぶパワースポット「縁結神社」~日本で唯一“縁結び“の名を冠する神社

縁結びに御利益があるという神社は、日本全国各地にたくさんありますよね。でも、名前に「縁結び」とつく神社は、日本でここだけ!それは、森の中にひっそりと佇む、小さな...

辛い!濃厚!美味しい!ガーナの3大国民食を堪能しよう!

アフリカ料理というと、どのようなものを想像しますか?クスクス?ウガリ?西アフリカのガーナには、どちらもありません。ガーナと聞いて何を思い浮かべますか?チョコレー...


旅行の前に読んで!ガーナ旅行で注意する6つのこと~文化・習慣編~

ガーナの治安の良さは、アフリカトップクラス!とはいえ、初めてアフリカへ旅行する方は不安に感じることも多いかと思います。また、ガーナには独特の文化、習慣があります...

【長野県】中山道・木曽路の宿場町「奈良井宿」で江戸時代にタイムスリップ!

木曽路はすべて山の中――。森林地帯を貫く、一筋の街道。それが、「奈良井宿」。江戸時代の建築物が立ち並び、当時の面影を色濃く残す奈良井宿で、江戸時代にタイムスリッ...


【ガーナ】負の世界遺産ケープコースト城で奴隷貿易の歴史に触れる

西アフリカのガーナ。今でこそ明るく陽気な人々が暮らす平和な国ですが、「奴隷貿易」という暗い歴史を持つ国でもあります。ガーナには奴隷貿易の拠点となっていた建造物が...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?