ホンジュラス

世界屈指の犯罪都市~ホンジュラスの首都テグシガルパ~

取材・写真・文:

東京在住
訪問エリア:183ヶ国

2020年4月24日更新

164,102view

お気に入り

この記事の目次表示

ホンジュラスの首都テグシガルパ散策

ホンジュラスの首都で最大都市となるテグシガルパは、先住民族の言葉で「銀の山」という意味です。

  • 写真:toshel

その名の通り、かつては銀が豊富にあり、15世紀ごろ、銀の採掘のため多くの欧米人がやってきて街は大いに潤っていました。銀が枯渇すると人の往来もなくなり、現在はコーヒーやバナナなど農業が主な産業となっています。

中央公園

テグシガルパの中心にある公園で、街の観光の起点となる場所です。公園を囲うようにショッピングモールやスーパーがいくつかあり、家族連れやお年寄りが多く憩いの場となっています。

  • 写真:toshel
  • 写真:toshel

薬が入ってるのかな、、と思われる人も若干名いますが、警察も常に警備していますので比較的安全な場所です。

中央公園
ホンジュラス / 公園・動植物園 / 公園
住所:テグシガルパ 中央公園地図で見る

カテドラル

中央公園の東側正面に位置するカトリック教会です。植民地時代にイタリア人建築士が設計したバロック調コロニアル建築で、内部は彫刻、絵画、ステンドグラスで飾られた美しい内装です。

  • 写真:toshel
  • 写真:toshel
カテドラル
ホンジュラス / 社寺・教会 / 教会
住所:テグシガルパ カテドラル地図で見る

サンタマリア・ドローレス教会

カテドラルから500メートルほど北西にある、テグシガルパで最も古く、最も美しい教会です。教会の前は広場で露店が並んでおり、ホンジュラス土産を安く買うことができます。

  • 写真:toshel
  • 写真:toshel
サンタマリア・ドローレス教会
ホンジュラス / 社寺・教会 / 教会
住所:テグシガルパ サンタマリア・ドローレス地図で見る

国立美術館

ホンジュラスで活躍した芸術家の作品を多く集めた美術館です。こじんまりとしていますが、作品は見ごたえがあり、ホンジュラスの歴史を知るうえで欠かせないあらゆる文化的芸術作品が展示されています。中庭にはいくつもの彫刻が置かれており、外の喧騒とは一線を画した魅力的な空間になっています。

  • 写真:toshel

コパン遺跡の出土品や銀製品の展示もあり、一見の価値ありです。

入場料は30L(レンピラ)およそ135円です。

国立美術館
ホンジュラス / 博物館・美術館 / 美術館
住所:tegucigalpta national museum]地図で見る

ピカッチョの丘

テグシガルパの中心部より北方に位置する丘の上の公園です。それほど高い山ではないのですが、キリスト像が建てられており、テグシガルパのどこの街からも見上げることができます。

  • 写真:toshel
  • 写真:toshel

中央公園から車でおよそ20分。高さ30メートルのキリスト像は白亜で美しいです。夜になるとライトアップされ、ボーっと浮かぶその様は、街の治安を憂いているようにも見えます。

  • 写真:toshel

この丘には小さな動物園もあり、中南米特有の動物がいます。テグシガルパの街を一望できる素晴らしい眺めの丘です。

  • 写真:toshel
ピカッチョの丘
ホンジュラス / 展望・景観
住所:Tegucigalpa picacho地図で見る

テグシガルパのホテル・レストラン事情

テグシガルパの新市街は、外資系のホテルが進出しており、意外にも充実しています。上記したような環境ですので、できれば警備の充実した外資系の大型ホテルへ宿泊されることをお勧めします。

  • 写真:toshelテグシガルパは、ホテルも充実しており清潔で過ごしやすい
  • 写真:toshelHyatt Place Tegucigalpaは、すぐ近くにショッピングモールやスーパーがあり、周りの治安も環境もよい

地元料理のレストランをはじめ、外資のファストフードなどが多いです。夕方の早い時間に閉まってしまう店が多い印象です。

  • 写真:toshelホテル内の食事は美味しい
  • 写真:toshel
  • 写真:toshel

地元のビールも美味しいですよ。

  • 写真:toshelホンジュラス第二の都市、サン・ペドロ・スーラのビール

また、スーパーは品揃えも豊富ですので、何かを買って帰ってホテルで食べても良いですね。ホンジュラスのコーヒーも、スーパーでは非常に安く手に入ります。

  • 写真:toshelスーパーの品物が意外にも充実。しかも物価がすごく安い!
ハイアットプレイス テグシガルパ
ホンジュラス / ホテル
住所:Paseo Los Proceres, Avenida la Paz, Tegucigalpa 11101, Honduras地図で見る
Web:https://www.hyatt.com/ja-JP/hotel/honduras/hyatt-p...

テグシガルパで外を歩くときに気を付けること

テグシガルパは、マラスの件を除けば、どこにでもある至って普通の都市ですので、過度に神経質になる必要はありません。テグシガルパの中心部は意外なほど穏やかです。あまり観光スポットは多くないですが、自然が多く全体的に美しい街です。

  • 写真:toshel

現地の人も親切で、道などを聞くと丁寧に教えてくれ、とても温かい人柄が伝わります。日本が安全過ぎるので、このような国はナーバスになりがちですが、他国へ旅行へ行くときの心構え+(プラス)テグシガルパでは、外を歩くときに下記に気を付けるとよいと思います。

  • 小綺麗な目立つ服装をしない
  • 貴重品は持たない
  • 手ぶらで歩く(バッグや財布は持たずお金を少額、裸でポケットに)
  • 人気(ひとけ)のないところを一人で歩かない
  • 観光の際は、ホテルに車を依頼し、運転手兼ボディガードとして常に一緒に行動する
  • ひったくりや強盗に遭っても抵抗しない、追いかけない
  • 流しのタクシーやバスは使わない
  • 警察は当てにならない
  • 自分の身は自分で守る
  • 頭部(顔面含む)にTATOOのある人には近づかない

地元の人も、皆さま手ぶらで歩いています。

  • 写真:toshel

ホンジュラスの通貨

ホンジュラスの通貨はレンピラという単位で、1レンピラ⁼4.32円(2020/4現在)

USドルもそのまま使えますので、できるだけ小さな単位にして持っていかれると良いと思います。

ホンジュラス(テグシガルパ)への行き方

日本から行く場合、直行便はありませんので、アメリカかメキシコを経由して行きます。

ホンジュラスの旅行予約はこちら

ホンジュラスのパッケージツアーを探す

ホンジュラスのホテルを探す

ホンジュラスの航空券を探す

ホンジュラスの現地アクティビティを探す

ホンジュラスのWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2020年4月23日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

この記事を書いたトラベルライター

行ったことのない国へ行きます
行ったことのない国を中心にひとり旅しています。他国の歴史、文化、宗教、遺跡、そしてそこに住む人々の考え方に興味があります。車の運転が好きなので、海外ではドライブ旅を楽しんでます。普段は会社員です。これまで訪ねた183ヵ国およそ400都市の街の美しい景色、壮大な自然の風景、出会う人々との会話など、真の地元を皆様とシェアできればと思います。皆様もご一緒にそこへ旅したように感じてもらえると嬉しいです。

あと一年余りで、世界のすべての国を網羅できそうです。

レバノン観光と言えばここ!ベイルート・ビブロス・バールベックの見どころと国の背景

遠い昔、世界の中心が地中海にあった時代、レバノンは東西貿易の交差点となる重要な位置にあり、繁栄の極みにありました。古くから数多くの王様や将軍が、この土地を挙って...


ついに観光ビザ解禁!閉ざされていた王国サウジアラビアの珍しい文化と各都市の見どころ

観光での入国が困難だったサウジアラビアが、2019年9月27日に突然、ツーリストビザの発給開始を発表しました。今回は、サウジアラビアに古くからある慣習と文化、そ...


カリブの島はどこがいい?陽気レゲエでちょっぴり危険な「バルバドス」どこまでも静かな「アンティグア」

カリブ海には、大小様々な島がおよそ700あります。そのほとんどは欧米各国の領土で、独立国はわずか13カ国のみ。今回は、その中より対極にある2つの小さな島国をご紹...

世界の危険都市上位?南米ベネズエラの首都カラカス

世界屈指の産油国にしてハイパーインフレーションに陥った南米の国ベネズエラ。かつて、スペイン植民地から独立へと導いた英雄「シモン・ボリバル」の生まれ育った街でもあ...

未承認国家ってどんな国?日本も承認していないコーカサス山奥の独立国アルツァフ共和国(ナゴルノ・カラバフ)

世界には、国際政治的な諸事情で国家として承認されていない地域がいくつか存在します。「未承認国家」といわれるこれらの国は、国家としての機能(政府や外交能力)を満た...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります