ホノルル
ホノルル観光
ビーチもショッピングも大満足のオアフ島の中心

ハワイのリゾートを楽しんじゃおう!【アウトリガー ワイキキ ビーチ リゾート】

取材・写真・文:

兵庫在住
訪問エリア:18ヶ国

2019年3月28日更新

1,048view

お気に入り

ワイキキビーチが目の前にあるホテル「アウトリガー ワイキキ ビーチ リゾート」。ここに宿泊すれば、ワイキキビーチにすぐに出られますし、ショッピングストリートとして人気の「Kalakaua Ave. カラカウア・アベニュー」も目の前です♪ 今回は、ワイキキビーチを存分に満喫できる【アウトリガー ワイキキ ビーチ リゾート】での楽しみ方をご紹介します。

この記事の目次表示

ホノルルのおすすめツアー
【秋の旅行】<<オーシャンビューのお部屋に無料アップグレード>>◆道を挟んでビーチは目の前♪『アストンワイキキビーチホテル』5日間(燃油込)
89,800円~125,800円
【夏売り】【毎朝食付き】オシャレな大人の隠れ家リゾートスタイリッシュな客室と幻想的なプールで過ごす『ザモダンホノルル』5日間(燃油込)
94,800円~189,800円
【100名様限定】■期間限定!旅工房特別価格♪■オンザビーチの人気ホテル!『シェラトンワイキキ』(ラナイなし)5日間(燃油込)
96,700円~192,800円

「ワイキキビーチ」のど真ん中にある【アウトリガー ワイキキ ビーチ リゾート】

Waikiki ワイキキ は、ハワイ州オアフ島、ホノルル市の一番の観光都市!ワイキキビーチ や、ショッピングストリートの Kalakaua Ave. カラカウア・アベニュー が有名ですね。

そんなワイキキビーチとカラカウア・アベニューに面した場所には、ズラー!っと立派なホテルが立ち並びます。ハレ・コア、シェラトン、マリオット、ヒルトン、ロイヤルハワイアン、ハレクアニ…などなどがありますが、今回ご紹介するのは 【Outrigger Waikiki Beach Resort アウトリガー ワイキキ ビーチ リゾート】

ワイキキビーチのど真ん中にあり、ホテルの内部にも、コンビニ、お土産やさん、ジュエリーショップなど、様々なお店が入っています。

【アウトリガー Outrigger】の意味

【アウトリガー ワイキキ ビーチ リゾート】は、2F(L floor)にチェックインカウンターがあります。さすが、ゴージャスな雰囲気!とっても広々!カウンタースタッフの方もとてもフレンドリーです。

そのカウンターのすぐ横には、大きなカヌーが。実は筆者は初めてここで「アウトリガー Outrigger」という言葉の意味 を知りました。

「アウトリガー Outrigger」とは、カヌー本体の不安定さを支える「浮き(木の棒)」のことを意味します。上の写真では、本体のカヌーの横に並行して、1つのアウトリガーが付いていますね。そして、このアウトリガーが1つだけ付いているこちらのカヌーは、ハワイで伝統的な「Kaukahi(カウカヒ)」と呼ばれるカヌーです。

「Kau」という言葉はハワイ語では季節的な複雑な言葉の意味を持つ言葉で、「kahi」は「1つ」という意味。こちらのカヌーは、アウトリガーが1つ付いてるから「Kaukahi」と呼ばれているんだそうです。

ちなみに、アウトリガーが左右に2つ付いているものは、ハワイ語で「2つ」という言葉「Lua」をつけて「Kaulua(カウルア)」と呼ぶんだそうです。

今回紹介する【アウトリガー ワイキキ ビーチ リゾート】のホテル名には、そんなハワイの伝統的なカヌーにまつわるキーワードが盛り込まれているんですね。

テンションUP!ゴージャス感のある部屋

【アウトリガー ワイキキ ビーチ リゾート】の口コミに関して色んなサイトを見ていると、「老朽化している…」なんて意見も見受けましたが、筆者は個人的には全くそう思いません。

部屋はとても綺麗ですし、清潔感もあります。ポットあり、冷蔵庫あり、ドライヤーあり、アメニティもちゃんと揃っていて、とても快適に過ごすことができます!

【歯ブラシ】は持参しましょう

これはアメリカ全土のホテルに言えることなのですが、日本のホテルにあるような、簡易歯ブラシセットは基本的にありません。

その他のアメニティは完璧なのに、歯ブラシセットだけないというのは、日本のホテル常識がマイノリティということなのかもしれませんが、とにもかくにも、歯ブラシのためにショップでお金を使うのはもったいない!忘れずにご持参するのをお勧めします。

ワイキキビーチはホテルの目の前!

ホテルの1F(LL floor)は、Kalakaua Ave. カラカウア・アベニュー から ワイキキビーチ までの通り抜けが可能になっています♪ ホテルの部屋まで行くエレベーターやコンビニもあるので、とても便利です。

そしてそのフロアを通り抜けると…

目の前は、もうワイキキビーチです!ハワイならではの光景が広がっていますよ〜!

「アウトリガー ワイキキ ビーチ リゾート」は、ワイキキビーチのちょうど中間あたりにあるので、右(西)を見ても左(東)を見てもリゾート感いっぱい。東の方を眺めると、ダイヤモンドヘッド も見えます。

ビーチで寝転がっている人たちを見ると、みんなバスタオルを敷いています。これはホテルで無料で借りることができるバスタオルなので、バンバン借りちゃいましょう。パラソルやサーフボード、サマーベッドなどは有料レンタルです。

エメラルドグリーンが綺麗!遠浅なホノルルビーチ

筆者がワイキキビーチで驚いたのは、その海の綺麗さ。日本の海が汚れているだけなのでしょうか…ホノルルといえば全世界からたくさんの観光客が訪れるビーチなのに、とても澄んでいて綺麗なのです。これぞまさにエメラルドグリーン。

それに、子連れにとっても安心の遠浅ビーチ。「ここまで泳いだらもう足はさすがに着かないかな。」と思うくらい沖に行っても、まだ立てるからビックリ!

とは言っても、沖に行くなら小さなお子様は浮き輪をつけて泳いでくださいね。風があるとき、波が高いときなどは海の状況が異なるかもしれないので、こちらの情報はあくまでご参考までに…。

簡易シャワーやゴミ箱はビーチのあちこちにあります

ワイキキビーチからすぐにホテルの部屋に戻ることができるため、ビーチ専用の更衣室やシャワールームなどはありませんが、足の砂を落とす簡易シャワーがあちこちにあります。また、ゴミ箱も同様にたくさんにあり、ホテル前のビーチが綺麗に保たれるような工夫が全体的に施されています。

早朝散歩もおすすめ!昼間のビーチとは違う雰囲気

ワイキキでは夜遊びが楽しいかもしれませんが、早起きできたら、ぜひワイキキビーチの海岸を散策してみてください。早朝の海は、昼間のスコーンと抜けた青空の雰囲気とまた違い、空気が浄化されたような感じです。

それにしてもハワイの朝は早い!早朝でも外を歩いている人がいっぱいいます。お店のオープンも、他の観光地と比べると早いのではないでしょうか。

ワイキキ・ビーチ
ホノルル / ビーチ
住所:2424 Kalakaua Avenue Honolulu HI 96815地図で見る

次のページを読む

ホノルルの旅行予約はこちら

ホノルルのパッケージツアーを探す

ホノルルのホテルを探す

ホノルルの航空券を探す

ホノルルの現地アクティビティを探す

ホノルルのWi-Fiレンタルを探す

ホノルルのレンタカーを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2019年3月27日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


泊まるだけでハワイが楽しめる「ハイアット・リージェンシー・ワイキキ・ビーチ・リゾート & スパ」

海外旅行で人気上位に入るハワイ。ハワイで人気のワイキキビーチの目の前に二棟の建物で構成されているハイアット・リージェンシー・ワイキキ・ビーチ・リゾート & スパ...


【ハワイ・オアフ島】滞在時間を徹底的に充実させるための知っ得情報5選!

ダイヤモンド社の『地球の歩き方』調べによると、「今行きたい海外旅行先ランキング」や「行ってよかった海外旅行先ランキング」などで、毎年ぶっちぎりの1位を独走してい...

絶対かわいい♡ハワイのピンクパレスで朝食を食べよう♪

老若男女に大人気の観光地であるハワイ♡そんなハワイで是非!おすすめしたい写真映えバツグンなブレックファーストがあります!それはロイヤルハワイアンホテル(※通称:...

ハワイで大注目の新エリア!フォトジェニックなアートが溢れる街、カカアコ♪

日本人が大好きな海外、それはハワイ♪ 過ごしやすい気候にブルーの海、楽しいお買い物...リピーターが一番多い旅行先と言っても過言ではないでしょう。そんなハワイ、...

ハワイ公営 TheBusで行く ワイキキ周辺のおすすめスポット

TheBus(ザ・バス)は、オアフ島内を100以上の路線でつなぐハワイ州ホノルル市営のバスです。鉄道がないオアフ島にあって、きめの細かい路線網を持つTheBus...

この記事を書いたトラベルライター

じっとしているのは耐えられない旅行好き&飲兵衛です
日本在住ですがアメリカで生活したこともあり、その時にすっかりアメリカ大陸の自然に魅了されました。それ以来、帰国しても日本の自然の素晴らしい場所をあちこち旅行するのが好きです。1児の母でもありますので、“子連れで行くとどんな旅になる?!”という視点も織り交ぜていろんな場所をご紹介できればと思っています。
http://blog.goo.ne.jp/makiko0213ha

シカゴに行ったらコレを食べよう!歴史と共にある4つの個性派グルメ

アメリカ本場でステーキといったらニューヨーク?いえいえ実は、アメリカ人の間では「肉といったらシカゴ!」と言われているそうです。その他にもシカゴには、シカゴピザや...


車で行こう!子連れで楽しもう!【ユニバーサル・スタジオ・ジャパン】

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(以下 USJ)に子連れで車で楽しく行きませんか?!子供用のたくさんの荷物も車ならラクラク♪ 駐車場情報や入場時の混雑具合、また...

グランドサークルを効率よく巡る!一生に一度は見たい6ヶ所の大自然

日本にはない地球規模の大自然を一度にたくさん楽しめるのが、アメリカ合衆国のユタ州、アリゾナ州、コロラド州、ニューメキシコ州の4州にまたがる【グランドサークル】と...

ワシントンDCは政治の街だけじゃない!【ナショナルモール】の魅力

ワシントンDCの街の光景は、日本でもニュースや映画などでよく目にするので、馴染みがあるかもしれません。しかし、1つ1つ実際に見ると、その威厳ある佇まいや規模の大...

日本ではできない体験!アメリカでガン・シューティング【GILBERT INDOOR RANGE】

日本では一般人が実弾の入った銃を撃てる機会はほとんどありませんが、アメリカでは初めての人でも実弾でガン・シューティングができる射撃場がたくさん!屋内の射撃施設「...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?