日本

【子連れキャンプ】初心者でも安心!キャンプの始め方

取材・写真・文:

東京在住

2021年5月24日更新

104view

お気に入り

この記事の目次表示

いざキャンプへ!キャンプ場で過ごす1日の流れ

いざキャンプに行く日が決まったら、どのようなスケジュールで過ごすのでしょう?キャンプでの過ごし方は自由!特に決まりはありませんが、先に済ませておくといい事もあるので参考までに1つの例をご紹介します。

チェックイン

キャンプ場にはチェックインの時間があります。受付(フロント)でキャンプ場の説明、注意事項、レンタル用品などを確認し、支払いをします。

テントの設営

テントを張る場所が決まったら、必要な荷物を車からおろします。テントの設営が出来たら、テーブルや椅子なども並べておきます。日が落ちる前に、テントの中に寝具も広げておくと楽です。

  • 写真:阿佐子キャンプ設営のヒトコマ

フリータイム

食材の買い物に出ても良いですし、周辺散策をするのも良いです。子供と遊んだり、おやつを食べるのも楽しいです。焚き火をするなら、火を眺めているだけでキャンプの貴重な時間になります。

食事の準備

メニューや料理方法によりますが、暗くなる前に準備を始めましょう。食材は自宅でカットしておく、お肉は味付けしておくなど、予め下ごしらえしておくと良いです。

片付け

食事の片付けなどをして、寝る準備をしましょう。キャンプ場では夜間に動物が出てくることもあるので、ゴミや食べ物はテント内にしまった方がいいです。また夜露で濡れてしまうので、濡れたくないものはテントや車にしまっておきます。

消灯

キャンプ場では消灯時間が定められている場合もあります。他のキャンパーに迷惑にならない様、ルールを守って消灯時間を守ります。焚き火など火の元の始末はしっかりと。

  • 写真:阿佐子昭和の森キャンプ場のルール

起床

起床後、朝食、後片付けなど。朝の散歩や朝風呂なんかも、おすすめです。

撤収

テーブルや椅子などを初め、テントの撤収に取りかかります。チェックアウトの時間が決まっている場合、その時間に間に合うように始めます。

  • 写真:阿佐子キャンプ場でのヒトコマ

子連れ初心者キャンパーの極意

ここまで読んでみて、キャンプデビューは出来そうですか?最後に3つ、キャンプを楽しむコツをご紹介します。

  • 写真:阿佐子キャンプ場でのヒトコマ

①時間と心に余裕を!

子供連れの初心者キャンプは、兎に角「余裕をもつこと」が大切です。最初からあれもこれもやろうとせず、まずはテントを張ることを目標に楽しみましょう。時間と心に余裕を持って、非日常の時間を楽しむといいです。

②無理のない過ごし方で普通を特別に!

あれもこれもと頑張りすぎると、楽しさよりも疲労感が勝ってしまうことがあります。本末転倒状態のキャンプは避け、無理のない過ごし方を心がけましょう。

例えば食事は、レトルトカレーでもカップラーメンでもオーケー。焚き火やバーベキュー台がなくても、持ち運び可能なガスコンロで温めたりお湯を沸かすだけで良いんです。普通のごはんも、誰がなんと言おうと特別なキャンプ飯になります。

  • 写真:阿佐子ガスコンロでお湯を沸かすだけキャンプ

③キャンプあるある!忘れ物あるある!

忘れ物があって当たり前。そんな気持ちでいれば、ちょっと位の忘れ物で焦ったりイライラすることもありません。代用できる物はないかと知恵を絞るのもキャンプの醍醐味です。不便を楽しんでみましょう。

  • 写真:阿佐子キャンプ場でのヒトコマ

おわりに

子連れ家族にとって、キャンプはとても楽しいイベントです。1度行ってみると、子供達がテントを設営したり、火起こしができる様になる日が楽しみになるはずです。是非、最初の1歩を踏み出してみてください。

日本の旅行予約はこちら

日本のパッケージツアーを探す

日本のホテルを探す

日本の航空券を探す

日本の現地アクティビティを探す

日本のレンタカーを探す

日本の高速バスを探す

関連するキーワード

※記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


【2022最新】日本の人気の島・離島TOP47!トラベラーが行っている島ランキング

広島の宮島や沖縄の古宇利島、山口の角島をはじめとする日本の島の中で、トリップノートの7万5千人の旅行好きトラベラー会員(2022年1月現在)が実際に行っている順...


【関東】7月のおすすめ花畑18選!7月に見頃を迎える花の名所ガイド

7月は、あじさい、ラベンダー、ひまわりなどの花々が見頃を迎える季節。盛夏の空に映える花畑の光景を見に出かけませんか。7月に見頃を迎える関東の花の名所をご紹介しま...

伊豆・子供と行きたい観光スポット40選!子連れ旅行におすすめ

アクティビティも充実の三島スカイウォークや、子連れの海水浴も快適な熱海サンビーチ、露天風呂に入るカピパラが大人気の伊豆シャボテン公園など、伊豆への子連れ旅行にお...

北海道・子供と行きたい観光スポット51選!子連れ旅行におすすめ

遊具広場もある札幌・大通公園や、生き生きとした動物の姿が見られる旭山動物園、カラフルなお花畑を散歩するのも楽しいファーム富田など、北海道への子連れ旅行におすすめ...

広島・子供と行きたい観光スポット30選!子連れ旅行におすすめ

兜や鎧を着られる体験コーナーが人気の広島城や、大迫力の戦艦「大和」が見どころの大和ミュージアム、ペンギンとの触れ合いも楽しい宮島水族館みやじマリンなど、広島への...

この記事を書いたトラベルライター

沖縄好きトラベラー
初めて宮古島に行ってから、沖縄が好き。沖縄移住を夢見つつ現在は東京仮暮らし中。本当はもっと海外にも行きたいけど、長時間の飛行機移動が苦手で行けません。今1番行きたい場所は、久米島!子連れのお出かけについても紹介しています。よろしくお願いします。
http://asako-okinawa.com/

福岡土産10選!スーパーで買うローカル品&空港で買う定番品

観光地・福岡には名産品が沢山あり、1度は口にしたことがあるお土産も多いと思います。この記事ではローカルスーパーで買える、ローカル色満載のお土産をご紹介。また、空...


【東京近郊】都心からサクッと行けるアウトレットモール3選

ちょっとしたお出かけ先を探している方、サクッとアウトレットモールへ行ってみるのはいかがでしょう?東京都心から1時間程で行けるアクセスの良いアウトレット施設を、そ...


【JR中央線散歩】西荻窪で立ち寄りたい個性派ショップ18選

最近では有名雑誌にも特集されることが多くなった西荻窪のオススメショップをご紹介します。おとなりの吉祥寺ほど有名ではなく人も多くないですが、その分のんびりと街歩き...

【沖縄・那覇】観光客も入りやすい!栄町市場周辺グルメ店8選

那覇の夜を楽しむなら、ちょっとディープな栄町エリアはいかがですか?小さな飲み屋さんやお食事どころが並んでいるエリアなので、何軒かハシゴをするのもおすすめです。今...

【東京】お土産・ギフトに!ナンバーシュガー表参道

キャラメル専門店、ナンバーシュガー表参道をご存知ですか?お洒落で美味しいキャラメルは、東京のお土産やプチギフトにぴったり!本記事では、お店のこだわり、メニューや...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

アプリ「Pokke」で日本の音声ガイドを聴く

日本の観光スポットの音声ガイドをアプリ「Pokke」で聴くことができます。

旅行前にダウンロードしておけばオフラインでも使える!
プロのガイドに案内されるように旅を楽しめる!

Pokkeについて

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります