韓国
韓国観光
日本から3時間足らず!激辛グルメや韓国コスメに大満足

【釜山】雨の日ok!!可愛い動物と触れ合える「ペットカフェララランド」

取材・写真・文:

東京在住

2019年9月18日更新

343view

お気に入り

写真:mina.k

釜山のBIFF広場目の前にある「ペットカフェララランド」!!室内なので、雨の日の観光にもうってつけのスポットです!!今回は、カフェ内で可愛い猫やラクーン、ミーヤキャットと楽しく触れ合う方法や注意点などをご紹介します。

この記事の目次表示

「ペットカフェララランド」とは?

  • 写真:mina.k

1号線チャガルチ駅7番出口から徒歩約4分の場所に位置する「ペットカフェララランド」は、BIFF広場目の前にあるビル内にあるお店です。

  • 写真:mina.kペットカフェララランドすぐの場所で販売しているシアホットク。

室内なので雨の日でも安心ですし、BEFF広場自体が釜山観光の名所の一つ!食べ歩きなどを楽しめる場所なので、こちらで軽食をつまんだ後、可愛い動物たちとゆっくり触れ合いながら休憩してみてはいかがでしょうか?

可愛い動物に触れ合う前に、システムと荷物についてのご案内

  • 写真:mina.k入場料ワンドリンク付き10,000ウォン(2019年9月現在日本円で918円)

ビル7階の店内に入ると、まず支払いを行います。入場料は一人10,000ウォン(2019年9月現在日本円で918円)で、ワンドリンク付きです。時間制限などはないので、ゆったり動物たちと触れ合うことができます!!

  • 写真:mina.kぶどうジュース

飲み物は冷蔵庫の中から自分で好きな物を選ぶシステムで、その場で飲むことも、持ち帰ることもできます。ぶどうジュースやコーラなど、ドリンクの種類も複数あります。

荷物は、飲み物横の棚に置くスタイルで、鍵などはありません。ラクーンやミーヤキャットなどは、好奇心旺盛で、洋服のポケットの中などによく手を入れてきます。動物が間違って飲んでしまいそうなものや傷つきやすい大切な物などは、事前に荷物の中にしまい、棚に置いておく方がいいと思います。

「ペットカフェララランド」で触れ合える動物

  • 写真:mina.k

「ペットカフェララランド」にいる動物で一番多いのが猫です。店内には、たくさんの種類の猫がいます。

  • 写真:mina.k
  • 写真:mina.k

窓際で日向ぼっこをしながら寝ている子や、キャットタワーで遊びまわっている子など、どの子も人懐っこく、普段動物と触れ合うことがない方でも気軽に楽しめます。

  • 写真:mina.k

ただ座っているだけでも、猫たちがすり寄ってきたり、膝の上にのってきたりと、とてもかわいいです。

  • 写真:mina.k
  • 写真:mina.k

猫と一緒の柵内にいるのがラクーンです。上記左側の写真は、お昼寝が終わったラクーンが出てくる場面です。

時間帯によっては、お昼寝や清掃などで、目当ての動物とすぐに触れ合えない時もありますが、ほかの動物にエサを上げたり、一緒に写真など撮ってみたりと、楽しみながら待つことができます。また、子供用の遊具のようなもので動物たちが遊んでいる姿も見ることができます。

  • 写真:mina.k

ラクーンへは、クッキーなどの餌あげを行うことができます。器用に手で受けとって食べる姿が可愛いらしく、癒されるはず!!

  • 写真:mina.k

ミーヤキャットはとてもすばしっこいので、柵内へ入る際は従業員の方が案内してくれます。ブランケットなども貸し出してくれるので、汚れなど気になる方は利用してみて下さい。

  • 写真:mina.k

座っているだけで、ポケットや靴下、ブランケットのタグ部分などを探るように触れ合ってきます。また、ミーヤキャットお馴染みの姿勢も間近で見ることができる他、可愛い鳴き声も聞くことができます。

「ペットカフェララランド」での注意点5つ!!

①小学生以下のお子さんは、保護者同伴での入場になります。

②入場と同時に消毒の案内があるので、必ず消毒したうえで可愛い動物と触れ合いましょう。

③上記で案内したドリンクを飲む際、飲み物によっては、動物が欲しがることもあるので、注意していただきましょう。従業員さんいわく、ぶどうジュースをラクーンが欲しがるそうです。

④ナーバスになっている動物とは少し距離を置きましょう。妊活中または妊娠中などでナーバスになっている動物は、事前に従業員の方が教えてくれます。今回筆者がお邪魔したときは、ラクーンの案内がありました。喧嘩しているときなどは少しだけ距離を置く方がいいかもしれません。

⑤混雑時は番号札が配布され、一部動物との触れ合える時間が制限される場合があります。今回筆者はオープン時に入場したので、特に時間制限や再入場の案内などはありませんでした。ゆっくり触れ合いたいのであればオープン時が狙い目かもしれません!!

最後に

  • 写真:mina.k

「【釜山】雨の日ok!!可愛い動物と触れ合える「ペットカフェララランド」」はいかがだったでしょうか?!テレビ番組で珍しいペットを預かる番組などが放送された影響もあって、このように珍しい動物のラクーンやミーヤキャットとも触れ合うことができるカフェが韓国では急増しています。観光客でも気軽に触れ合うことができるので、オススメです。

休憩がてら可愛い動物と触れ合って、癒されてみてはいかがでしょうか?

ペットカフェララランド
韓国 / その他スポット
住所:F7, 33 BIFF gwangjang-ro Jung-gu Busan地図で見る
電話:010-8398-8669
Web:http://pet-cafe-lalaland.business.site

韓国の旅行予約はこちら

韓国のパッケージツアーを探す

韓国のホテルを探す

韓国の航空券を探す

(プサン(釜山))

(ソウル)

韓国の現地アクティビティを探す

韓国のWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2019年9月18日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


【釜山】24時間営業もあり!!西面おすすめグルメスポット8選

若者の街としても有名な西面(ソミョン)は、料理が美味しいのはもちろんのこと、コスパもいいグルメの宝庫です!!今回は、旅行者も立ち寄りやすいお店から、ローカルな雰...


【釜山】今、釜山一可愛いカフェ「MAISON DE DAWL」

韓国・釜山には可愛いカフェが多いことで有名ですが、行ってみたいお店がありすぎて困ってしまう!という方も多いのではないでしょうか。そこで今回は釜山一可愛い?!とも...

韓国人気No.1キャラクター「カカオフレンズ」の世界を楽しむならここ!大型店【弘大フラグシップストア】の魅力

連絡手段で思いつくものといえば「LINE(ライン)」ではないでしょうか。今や主流となっているメッセンジャーアプリですが、お隣の国・韓国では「KAKAO TALK...

【韓国】蔚山おすすめグルメスポット6選

釜山(プサン)のお隣にある蔚山(ウルサン)は、海と山に囲まれていて、美味しいグルメの宝庫です。そこで、韓国三大プルコギの一つ彦陽(オニャン)プルコギがいただける...

【釜山・機張】海東竜宮寺と海女村ワンデートリップ!

航空便の増便や新規就航、新スポットの開発により徐々に注目度が高まっている韓国第二の都市・釜山。海と都市が融合した遊び甲斐のある街です。今回はそんな釜山の中心部を...

この記事を書いたトラベルライター

ドライブ旅が好き
十代は東京で過ごし、二十代前半は京都⛩
後半の今は東京を拠点にしています✈️

国内外問わず気ままに旅をすることが好きで、常に絶品グルメを探しています。

旅行先での、グルメや耳寄りな情報など発信していけたらと思います。

【宮古島】お土産選びで迷ったらココ!お土産屋さん4選

旅行にはお土産が必須!家族や友達、会社の人にと何かと悩むお土産選び。定番土産から一点物が買えるお土産屋さんに加えて、オススメのお土産商品をご紹介いたします。


【ロサンゼルス空港】シーン別‼長時間トランジットのオススメの過ごし方

ロサンゼルス空港(通称:LAX)は、ターミナルが9つもあるメガ空港。そんなLAXは、国内線・国際線共に、乗り継ぎで利用する方が多いスポットです。方面によっては長...


【ソウル】学生も必見!10,000ウォン以下で食べられる韓国グルメ12選

日本では第三次韓国ブーム!!KPOP人気や韓国関連の飲食店も続々出店されています。学生の留学先や旅行先としても大人気。日本からの時差もなく、旅費も安いので、初め...

【沖縄本島】国際通りでTシャツを買うならココ!RAMAYANA & 海想

沖縄本島の定番スポットと言えば、国際通り!グルメやお土産店が数多く立ち並んでいるので、観光客の多くが立ち寄るスポットではないでしょうか?今回は、そんな国際通りに...

【神奈川】行列覚悟!名店の味がお手頃にいただける葉山朝市

毎週日曜日に開催されている、大人気の葉山朝市。名店の味がお手頃価格でいただけることから、毎週朝から大行列が!そんな葉山朝市でオススメの、お手頃商品から絶対に押さ...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります