ロンドン
ロンドン観光
古い建物が残る街並みが美しく交通機関が発達

【ロンドン】夏季限定、バッキンガム宮殿で女王の生活を垣間見てみよう!

取材・写真・文:

トラベルライター

2017年9月15日更新

810view

お気に入り

写真:トラベルライター

エリザベス女王のロンドンの公邸であり執務の場であるバッキンガム宮殿。女王がスコットランドに滞在されている夏期(7月末〜9月末)の間、宮殿内の式典や、儀式で公に利用されている公式諸間(ステートルーム)が一般公開されます。女王が実際に執務をされている宮殿内を見学できるステートルームツアーを紹介します。

この記事の目次表示

ロンドンのおすすめツアー
◆プレミアムエコノミークラス×復路直行便でちょっと贅沢に旅する♪―*ピーターラビットの故郷【湖水地方/ウィンダミア】にも宿泊して楽しむ!*―【エジンバラ×湖水地方/ウィンダミア×ロンドン】周遊 8日間
320,800円~428,800円
……*極上の快適さが自慢の【ブリティッシュエアウェイズ】往復ビジネスクラス利用*……石造りの豪華で格式ある外観が圧巻の5つ星ホテル&イギリス王室御用達♪キャサリン妃も宿泊した名門ご宿泊【エジンバラ×ロンドン】8日間
644,800円~770,800円
◆プレミアムエコノミークラス×復路直行便でちょっと贅沢に旅する♪―*自分へのご褒美旅にピッタリ♪*―主要駅至近&エレガントな雰囲気が特別な旅行を演出する4つ星ホテル指定【エジンバラ×ロンドン】8日間
356,800円~494,800円

バッキンガム宮殿のステートルームとは?

  • 写真:トラベルライター

今も実際に使用されている数少ない王宮の1つであるバッキンガム宮殿は、ロンドンで最も有名な観光名所です。

通常は外からしか眺められないバッキンガム宮殿ですが、エリザベス女王がスコットランドに滞在されている毎年7月末から9月末までの間は、バッキンガム宮殿内のステートルームと呼ばれる部屋が一般公開されます。(2017年は7月22日から10月1日まで公開予定です)

ステートルームは公式諸間と呼ばれ、女王や王室メンバー達が公式訪問中の各国の首相や大統領などを、様々な式典や儀式などで歓待する目的で利用されている場所です。期間中は全部で19室のステートルームが一般公開されます。

まるで美術館のように、レンブラントなどの有名画家達の絵画コレクションや、カノーヴァの彫刻やセーブル漆器、他ヨーロッパからの豪華な家具などが各部屋に置かれているので、一見の価値ありです。館内での写真撮影は固く禁止されているので、ご自身の目にしっかりと焼き付けて下さい。

ステートルーム見学

まずはチケット購入

  • 写真:トラベルライター

当日チケットもありますがかなり混み合いますので、こちらで事前購入されるのをお薦めします。

  • 写真:トラベルライター
  • 写真:トラベルライター

色んな種類のチケットがあり、バッキンガム宮殿から徒歩5分ほどの場所にある、王室美術館ロイヤルミューズ(王室の厩舎)観光のついたRoyal Day Outというチケットもありますのでお好きなチケットを選んで下さい。

個人的には、ステートルームツアーのみでも満足度は高いので、ステートルームツアーだけを見学するチケットで十分だと思います。

  • 写真:トラベルライター

事前にチケット購入後、バッキンガム宮殿を正面にして左側にあるチケット販売所でチケットに交換します。

予約時間にステートルームへ

  • 写真:トラベルライター

見学の予定時間にチケット販売所の近くにある、Ticket Holder Entranceへ行き、中へ入れてもらいます。時間より前に来ても入れてもらえません。きっちりその時間になるまで待たされます。イギリスの国民性が出ていますね。

厳重な持ち物検査のあと、無料のオーディオガイド(日本語あり)を受け取り、オーディオガイドに従ってツアー開始です。

ステートルームツアーへ

ツアーでは、Grand Hall(玄関)から始まり、19室を順番に見学します。至る所がきらびやかで、非日常的な空間に圧倒されること間違いありません。

  • 写真:トラベルライター

Grand Staircaseと呼ばれる階段を上り、Grand RoomであるGrand drawing room(緑の王座の間)Throne Room(王座の間)などの見学ができます。ロイヤルファミリーが家族写真を撮影したり、ウィリアム王子とキャサリン妃の結婚撮影されたのも、このThrone Room(王座の間)です。ロイヤルファミリーの写真で見た事のあるお部屋に実際に足を踏み入れる事ができるなんて、本当に貴重な経験ですね。

また、Picture Room(絵画の間)には、レオナルド・ダ・ヴィンチやレンブラントなどの偉大な画家達の絵画が飾られていて、元大英帝国の強さを感じますね。エリザベス女王のお父様、ジョージ6世が集めた絵画や彫刻などのコレクションが沢山飾られています。

全てのお部屋が豪華過ぎて、宮殿で普通に生活をするというのは一体どんな感じなのでしょうと惚れ惚れしてしまいます。

見学後は中庭でのんびり

  • 写真:トラベルライター

豪華絢爛の19室を全部周り終わるには、大体約2時間から2時間半かかります。最後のMarble Hallを見終わると、広大な中庭に出ます。

ここからやっと写真撮影解禁です!見学中の2時間ほどは、ずっと立ちっぱなしですので、歩きやすい靴を履いて行かれた方が楽ですよ。

  • 写真:トラベルライター

宮殿を出て右側には、中庭を眺めながらゆっくりできるGarden Cafeがあります。混み合っていなければ、2時間のステートルームツアー後、スコーンと紅茶でゆっくりされてもいいですね。

中庭にはお土産屋さんもありますので、帰りはロイヤルファミリー関連のお土産を記念に購入されてはいかがでしょうか。


ステートルームツアーについて

  • 期間中は無休

ステートルームツアーのみのチケット料金

  • 大人:23ポンド(約3,330円)
  • 60歳以上又は学生:21ポンド(約3,040円)
  • 17歳以下:13ポンド(約1,880円)
  • 5歳以下:無料

Royal Day Outチケット料金

  • 大人:39.50ポンド(約5,710円)
  • 60歳以上又は学生:30.50ポンド(約4,410円)
  • 17歳以下:19.50ポンド(約2,820円)
  • 5歳以下:無料
バッキンガム宮殿
ロンドン / 建造物 / 観光名所
住所:Buckingham Palace ロンドン イギリス地図で見る
Web:https://www.royalcollection.org.uk/
バッキンガム宮殿 ステートルームツアー
ロンドン / 体験・アクティビティ
住所:Buckingham Palace ロンドン イギリス地図で見る
Web:https://www.royalcollection.org.uk/visit/the-state...

ロンドンの旅行予約はこちら

ロンドンのパッケージツアーを探す

ロンドンのホテルを探す

ロンドンの航空券を探す

ロンドンの現地アクティビティを探す

ロンドンのWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2017年9月13日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事

【イギリス】『ハリー・ポッター』ロケ地巡り!ファン必見のロンドン近郊完全版!

本場イギリスの『ハリー・ポッター』のロケ地。フォトジェニックなファン必見の名所を、ロンドン、そしてロンドンからアクセス可能なオックスフォード、コッツウォルズから...

店舗総数は1,000軒超え!ロンドンのカムデン・マーケットで外せない厳選ショップ21選

ロンドンでは、街中の通りや倉庫など様々な場所でマーケットが行われています。その中でも上位の人気を保つカムデン・マーケットには、ヴィンテージやオリジナルデザインの...


イギリス・ロンドンのおすすめ観光スポット47選!ロンドン旅行で訪れたい観光地特集

バッキンガム宮殿やタワーブリッジ、ウェストミンスター寺院など人気の名所から、ファッションやアンティークマーケット、アフタヌーンティーやカフェの名店まで、ロンドン...

路線バスに乗っているだけで次々に観光名所が!ロンドンバス・ルート11

なんと、ロンドンの路線バスには乗っているだけで有名な観光地を縫うように進むルートがあるのです!バス停を拠点に移動すれば迷わず観光地を回れるお助けツールに!また、...


【海外】女子ひとり旅におすすめ旅行先6か国と過ごし方!迷ったらココ!

女子一人でも安心・満喫できるおすすめの国(都市)をご紹介!気になる治安面を考慮し、街の可愛さはもちろんのこと、周りやすさや物価の安さ、食事のおいしさなどを総合し...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

アプリ「Pokke」でロンドンの音声ガイドを聴く

ロンドンの観光スポットの音声ガイドをアプリ「Pokke」で聴くことができます。

旅行前にダウンロードしておけばオフラインでも使える!
プロのガイドに案内されるように旅を楽しめる!

Pokkeについて

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?