ロンドン
ロンドン観光
古い建物が残る街並みが美しく交通機関が発達

お墓で食事?【ロンドン】Café in the Cryptで特別体験!

2018年9月13日更新

227view

お気に入り

旅先では非日常的な体験がしたい!そこでお勧めなのが、今大注目の墓石の上で食事を楽しめるCafé in the Crypt。ちょっと特異な環境で食事が楽しめます。しかもロンドン中心部でありながら、お手頃価格なのも嬉しい!

この記事の目次表示

Café in the Crypt(カフェ・イン・ザ・クリプト)がある場所

  • St Martin i the Fields

ロンドンの中心部、トラファルガー広場のそばにあるセント・マーティン教会の地下になります。目の前には、ナショナル・ギャラリーもあり、観光スポットとしては、鉄板!の場所なので立ち寄れるチャンスも多いと思います。

  • Café in the Crypt

入り口は、教会に向かって左手にあるガラス張りで円形の建物。ここが地下へつながるエレベーターと階段になっています。前面には、メニューボードなども並べられているので、見つけやすいです。

階段を降りるとお墓?!

不謹慎じゃない?!

階段を降りると、レンガを組みアーチ状になった天井が幾重にも続き、足元には墓石がいくつも並べられています。抑えめの照明も雰囲気抜群。カフェ・イン・ザ・クリプト(Cafe in the Crypt)の「クリプト(Crypt)」とは、死者を安置するための石造りの部屋や納骨所を意味しています。

西洋では、教会の壁や床にお墓が埋め込まれているのは日常的なことですが、ここは、18世紀当時の地下聖堂をアレンジして、カフェにしたお店です。30年も前から、教会運営のために開設されているカフェで、観光客や市民に愛されているそうです。

日本人としては、墓石の上を歩いたり、上で食事をしたりする行為に少々とまどいを隠せませんが、不謹慎な行為ではないそうなので、ご安心を。

怖くない?!

それから、もう一つ、ホラー的な心配ですけれど、イギリスは、幽霊話や怪談が多く存在し、心霊スポットも大人気。また幽霊が出る家の家賃が高いという話もあるほど、その手のお話も大好き。そんなお国柄の教会の地下のカフェですから、少々ビビリ気味でしたが、こちらも、ご安心を!ご遺体は、ちゃんと移動されているそうです。

ただ、ただですね!魂も一緒に移動しているかというと、それは不明です。時間帯によって、ひっそりとした時間だと、ちょっと怖いかもしれませんが、ランチ時などは、お化けも逃げだす?ほど、大人気です。

食事はカフェ方式

食事はセルフサービス形式で、好きな料理を選んで支払うシステムです。11時半以降のランチタイムは、日替わりのメインディッシュがいくつかあるので、これもチョイスできます。

もちろん飲み物やスイーツだけでも利用できますし、なんと、12時から18時までは、アフタヌーンティーも£9.95(¥1,427)というお手頃価格で楽しめます。スコーンだけのチョイス(£4.25/¥610)も可能ですし、クリームティー(スコーンと紅茶のセット£6.00/¥861)もラインナップされているので、お好みで。

野菜たっぷりも嬉しい

この日のメインディッシュからローストビーフをチョイス。サフランライスとコーンとグリーンサラダのワンプレート。£9.95(¥1,427)でドリンクは別料金です。

もう一つは、生ハムのオープンサンドイッチとサラダのセット。どちらも、新鮮なお野菜がたっぷりで、美味しく頂けます。こちらも同じく、ドリンクは別で£9.95(¥1,427)です。


Café in the Cryptの食事の提供時間

月~土曜日の朝食8:00~11:00、昼食は11:30~で、なくなり次第終了、アフタヌーンティーは12:00~18:00となります。

日曜日の朝食は、11:00~でなくなり次第終了、ランチ&ディナーは12:00~16:00で、アフタヌーンティーは12:00~18:00までです。

最後に

いかがでしたか?ロンドンを訪れたら、ちょっと風変わりなカフェに足を運んでみてください。朝も8時からと早めに開きますし、場所もロンドンの中心部、無料のトイレもありますから、覚えておくと便利で使えるスポットです。

また、協会所属の管弦楽団も有名で、コンサートも開かれていますし、毎週水曜日の夜にはジャズ演奏も行われる(有料)ので、興味のある方は、公式サイトをご確認ください。

(※記事内の金額は2018年9月時点の為替で計算しています。)

カフェ・イン・ザ・クリプト
ロンドン / カフェ・喫茶店
住所:Trafalgar Square, London WC2N 4JH UK
電話:020-7766-1158
Web:https://www.stmartin-in-the-fields.org/visit/cafe-...

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年7月30日の取材に基づき公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事

【ロンドン】老舗からニューウェーブまで!おすすめカフェ・6選

カフェ激戦区であるロンドン。話題の注目店はもちろん、歴史あるイギリスならではの老舗店もバッチリ押さえておきたいですよね。そんなアナタへ、おすすめの6店をご紹介し...

ロンドンから日帰りで行ける!イギリスの歴史や王室の魅力が溢れる街・ウィンザー

イギリスに旅行で訪れる方の多くは、ロンドンを拠点に1週間前後の滞在日数で観光の計画を立てます。異なる文化は発見と驚きの連続で、旅行の醍醐味とも言えますが、一方で...


ロンドン新名所!スカイ・ガーデンの予約と裏技2種

ロンドンの新名所として人気が高く、予約が取りづらいのが「スカイ・ガーデン」。地上約155mの高さからロンドンの街を一望できる場所です。天井までガラス張りで開放感...

【ロンドン】立地・話題性・コスパの3拍子揃った、穴場アフタヌーンティー「Tea and Tattle」

アフタヌーンティーの本場イギリスの中でも、特に激戦地であるロンドン。格式高い正統派アフタヌーンティーももちろん素敵ですが、観光の合間にさくっと立ち寄ることができ...


おしゃれさん必見!ロンドンでおすすめしたいアフターヌーンティー/Collins Room

おしゃれさんにぜひ!オススメしたいロンドンのアフターヌーンティー。それはThe Berkeley(ザ・バークレー)というホテルの1階にあるCollins Roo...

この記事を書いたトラベルライター

お出かけ、食べることが大好き!
日帰りドライブから、国内、海外を問わずお出かけするのが大好きです。ずっとタウン重視でお買い物に夢中の旅でしたが、10年ほど前にアメリカ・サンフランシスコに在住。国立公園めぐりをしたことをきっかけに、自然も大好きになりました。少し歴史を知ってから出かけると楽しいこと、美味しい食べ物や綺麗な風景に出会えると幸せなこと。小さな情報が、誰かの楽しい!や嬉しい!につながったらいいなと思っています。これからも、いろんなところへ出かけて、たくさんの情報を発信してゆきたいと思っています。少しでも参考になれますように!

半日で周れる!奈良のいいとこ取り観光スポット・ベスト3

日本の国宝の5分の1は、奈良県にあると言われるほど、見どころの多い奈良ですが、町中から離れている場所もあり、1度に見て周るのは大変です。そこであまり時間はないけ...

川越散歩でお土産みつけた!話題のドレッシングから蔵町パンまで13選

埼玉県・川越の魅力は、タイムスリップしたような蔵造りの町並みや、昔懐かしい菓子屋横丁など、歩いて散策できるスポットが集中していること。その上、おいしい食べ歩きグ...


きっと一番心に残る旅!ベルギー・ブルージュの観光スポット14選

「天井のない美術館」、「北のベネチア」、「ベルギーの水の都」と呼ばれ、ベルギーで最も人気の街ブルージュ。街を流れる運河に羽を休める白鳥、歴史的な建造物と昔ながら...

ベルギー・ブルージュで見つけた!大満足のお土産探し!

歴史的な名所に、美しい風景、優雅な運河クルーズに美味しい食事。ベルギーの古都、ブルージュをおもいきり満喫した後の仕上げは、お土産ですね。美味しいもの、一生の記念...


旨いものだらけ!山形でぜひ購入したいお勧めお土産20選

サクランボにラ・フランス、玉こんに米沢牛と、美味しいものに事欠かない山形には、お土産品でも、お菓子からお惣菜まで、あらゆるものが揃っています。地元グルメを気軽に...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

アプリ「Pokke」でロンドンの音声ガイドを聴く

ロンドンの観光スポットの音声ガイドをアプリ「Pokke」で聴くことができます。

旅行前にダウンロードしておけばオフラインでも使える!
プロのガイドに案内されるように旅を楽しめる!

Pokkeについて

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?