マカオ
マカオ観光
世界最大のカジノ都市の豪華すぎるカジノが話題

カレー天国マカオ旅!意外に多いローカルカレー料理

取材・写真・文:

東京在住

2019年3月8日更新

366view

お気に入り

写真:すみ子

近年、おしゃれタウンとしても注目を浴びているマカオ。実はカレー料理が多いことをご存知でしょうか。王道のカレーだけではなく、おでん、麺までもカレー味。辛いものが苦手な人も食べやすいローカルのカレー料理をご紹介しましょう。

この記事の目次表示

なぜマカオでカレー料理?

広東料理やポルトガル料理など、アジアとヨーロッパの融合ならではの料理が楽しめるマカオですが、15世紀から16世紀の大航海時代に海を渡ったヨーロッパの冒険家たちによって広まったスパイスは、マカオ料理にも頻繁に使用されています。

  • 写真:すみ子アフリカンチキン

例えば、名物のアフリカンチキンやカニカレーは、トマト煮込みのような見た目ですが、インドやマレー半島から伝わったスパイスが入っていて、冒険家たちの思いが詰まったような料理となっています。

インドカレーのようなスパイスを複雑に合わせた料理というよりは、カレーパウダーを調味料のひとつとして使ったカレー料理というのがマカオのカレー料理の特徴です。ぜひ、店名やメニューに「咖喱」という文字を探してみましょう。

まず、紹介するのは王道のカレーです。この店に行けばマカオならではの味のカレーを食べることができますよ。

マカオに来ないと食べられない「咖喱飯」

  • 写真:すみ子テラス席からは西灣湖を眺められます。

マカオ半島にあるカレーレストラン「アリ・カレーハウス(亞利咖喱屋)」は、カレーだけでも20種類以上あり、その他にもマカオ料理やポルトガル料理など、すべての料理を合わせればその数200以上! メニュー表を見ているだけで、何を頼もうか迷ってしまうほどです。

例えば肉類のカレーならば、牛肉、豚肉、鶏肉、羊肉といったスタンダードなカレーだけではなく、スペアリブや牛テールまでも。魚介類ならば、イカカレーやハマグリカレーもあって充実しています。

また、インド系やマレー系などもあり、まるで大航海時代に冒険家たちが立ち寄った国々をリスペクトしているかのようなラインナップです。

  • 写真:すみ子インディアンチキンライス(90パカタ/約1,260円)

カレーソースもライスも目にも鮮やかな黄色でインパクト大のカレー。これはスパイスのターメリックで色付けされていて、ココナッツミルクがベースとなったまろやかな味わいです。

ライスは米の一粒一粒にオイルコーティングがされていて、ほんのり甘みがあります。まるで炒飯のような中華圏ならではの味。インドでもなく、日本でもなく、ここに来ないと食べられないカレーです。

Ali Curry House
マカオ / 洋食・西洋料理
住所:Macau Avenida da Republica no 4-K地図で見る
電話:2855-5865

B級グルメの代表格マカオ版おでん「咖喱魚蛋」

観光客が賑わうマカオ半島。世界遺産であるセナド広場から横道の大堂巷に入れば、そこはカレーおでんのテイクアウト専門店が集中するエリアとなっています。どの店も買い求める客で人だかりができるほどです。

  • 写真:すみ子「咖喱榮」のカレーおでんはとろみがきいています。

日本のおでんと違うのは、汁がカレースープになっていること。具材は魚の練り物の種類が多く、カラフルに色付けされたものもあります。他にはホルモンや野菜もあって、日本とは異なったおでんに目が釘付けになります。

カレースープは、しっかりとカレーの辛味が口の中に飛び込んできます。味のイメージ的には、お蕎麦屋さんのカレー汁に近いような感じで、出汁のうま味とマッチしています。購入時に店員さんが辛さの有無を聞いてくれるので、辛味が苦手な人も安心です。

40種類以上も並ぶ具材の中から選んで、さっと茹でたらカレースープをかけて完成。価格は具材によって異なりますが、1串10パカタ(約140円)~。量を調整することができるので、小腹がすいた時にも良いでしょう。

  • 写真:すみ子「錦華牛雜」の店頭に並ぶおでんダネ。麵もあるのでカレー麺にも。

特にセナド広場側から入ったすぐにある「恆友」や「錦華牛雜」は人気店。間口が広いので、商品も見やすく、種類が豊富に揃っています。

恆友魚蛋
マカオ / アジア料理
住所:新馬路大堂巷12C號地下地図で見る
錦華牛雜
マカオ / アジア料理
住所:14號 Largo de São Domingos, マカオ地図で見る

ローカル食堂の麺類メニューに注目「咖喱牛腩麺」

食堂やレストランでずらりと並ぶ広東語のメニューをみてテンションが上がる人も多いはず。牛肉麺やワンタン麺といった人気メニューと並んでカレー麺もあります。

  • 写真:すみ子「梓記牛什」の咖喱牛腩麺(27パカタ約380円)

メニューに「咖喱牛腩麺」と書いてあれば、牛バラ肉のカレー麺という意味。カレー麺を提供している店ならば、大体この組み合わせです。さらりとしたカレースープとストレート細麺の相性がとても良く、後味もすっきりしています。辛味はお店によって様々なので、好みの味を見つけてみてください。

  • 写真:すみ子買い物帰りの地元客の姿も。各店舗でオーダーしたら好きな席について待ちましょう。

カレー麺の穴場としておすすめなのが、熟食中心と呼ばれる屋台食堂やフードコートのような場所。地元の人でにぎわう市場「營地街市」の3階「熟食中心」にはたくさんの飲食店が集合していて、安価で食べることができます。市場散策をしながら立ち寄ってみてはいかがでしょう。

營地街市・熟食中心
マカオ / アジア料理
住所:市政綜合大樓3樓, 公局新市南街地図で見る

おやつに食べたい「咖喱角」

街歩きをしていて、ふとパン屋さんをみかけると、思わず立ち寄りたくなる人も多いでしょう。マカオのカレーパンは、インド系のサモサもあれば、パイ生地に包まれたものなど、多種多様です。

  • 写真:すみ子咖喱角(7.5パカタ約105円)
  • 写真:すみ子ターメリックで色付けされたパイ生地。挽き肉入りのカレー餡がぎっしり。

カレー餡は八角やクローブなど、深みのある香りがふんわりと漂う中国系ご当地パンならではという感じです。生地にはエバミルクや牛乳が練り込まれたりしているので、ちょっと甘めな味つけで思わずほっこりしてしまいます。

  • 写真:すみ子「金馬輪珈琲餅店」の店頭には、パンやスイーツがずらりと並びます。

マカオ半島のセナド広場から5分ほどにある「金馬輪珈琲餅店」は軽食を兼ねた茶餐廳(ちゃさんちょう)の店頭でパンを販売しています。朝7時からオープンしているので、朝食用に購入しても良いかもしれません。

金馬輪珈琲店
マカオ / パン・サンドイッチ
住所:澳門營地大街50號地図で見る

おわりに

今回は、マカオ半島にあるお店をご紹介しました。街歩きをしながら立ち寄ったり、ホテルに帰って食べたり、好みのカレー料理をみつけて楽しんでくださいね。

マカオの旅行予約はこちら

マカオのパッケージツアーを探す

マカオのホテルを探す

マカオの航空券を探す

マカオの現地アクティビティを探す

(チケット)

(現地ツアー&体験)

マカオのWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2019年3月9日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

この記事を書いたトラベルライター

食べることで頭がいっぱいなアジアントラベラー
アジアを中心にふらりとおいしいモノ探しの旅へ。
トレンドも追っかけるけれど、マニアックな食べ物の方が得意かも。
食べるだけじゃなく、そこに使われている食材や調味料、その背景にある歴史とかを探求するのが好きです。

海外の主な渡航先は東アジア、東南アジアへ。
特にシンガポールが恋しくて、日本でも名物のチキンライスを食べ続けています。

東南アジア好きな仲間とごはん食べ比べ探Qユニット「アジアごはんズ」を結成し、シンガポール、マレーシア、タイ、インドネシアのごはんを探求中。
https://ameblo.jp/next-asianfood

シンガポール土産の新定番!塩卵の「ソルテッドエッグポテトチップス」は即ゲットすべし

旅行の楽しみといえばお土産選びもそのひとつ。せっかくならばインパクトのあるもので勝負しませんか?シンガポールで話題沸騰中なのが、ソルテッドエッグポテトチップス(...

【マレーシア、シンガポール】空港ラウンジはパラダイス!LCCやエコノミーでも利用したくなるラウンジ攻略旅

旅の玄関口である国際空港。買い物、食事、リラクゼーションなど、搭乗までの過ごし方は人それぞれですが、より快適に過ごすためにラウンジを利用してみてはいかがでしょう...


【マレーシア】ごはんが丸い?マラッカ名物「チキンライスボール」は徒歩1分圏内で名店揃い

日本でも専門店があるほどに人気のある東南アジアの料理チキンライス。茹でた鶏肉と、その出汁で炊いたごはんが絶妙なおいしさを醸し出します。しかし、同じチキンライスで...

シンガポールのニューウェイブ!ザ・ココナッツクラブで食べる絶品「ナシレマッ」は観光客もリピート間違いなし

多民族国家であるシンガポールやマレーシアで食べられている、マレー系民族の定番朝食といえば「ナシレマッ」。ココナッツミルクで炊いたご飯に、煮干しのイカンビリスや辛...


【シンガポール】激戦区で食べ歩き!チキンライスは天天だけじゃない!

シンガポール名物のチキンライス。どこに行ってもおいしいチキンライスを食べることができますが、実は発祥地といえる激戦区があるのをご存知ですか?思わず食べ比べしたく...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?