マダガスカル
マダガスカル観光
神秘の絶景”バオバブの並木道”

宇宙に手を広げ仰ぎみる巨木群~マダガスカル島のバオバブ並木~

取材・写真・文:

東京在住
訪問エリア:147ヶ国

2018年4月4日更新

960view

お気に入り

写真:toshel

アフリカ大陸の東に浮かぶマダガスカル島は、世界で四番目に大きい島です。日本の1.5倍の面積を有し、そのほとんどが広大な豊かな自然に覆われた動植物の宝庫です。なかでも、神秘的な情景で世界中の人々を惹きつけて止まないのが、バオバブという大きな木の群れ。いくつも立ち並んだバオバブの並木道は、地球上の光景とは思えないほど美しく、何時間でもそこに留まりたい思わせる不思議な光景です。今回は、マダガスカル島の西方に位置する街モロンダバと、バオバブ並木をご紹介します。

米粒の形をしたマダガスカル

マダガスカル島は、アフリカ大陸の横にある米粒の形をした島です。日本より大きいですが、人口は日本のおよそ1/5の2,500万人足らず。あまり広範囲に人々が住んでおらず、手つかずの自然が遺された最後の楽園ともいわれています。

以前、フランス統治下だったことがあるため、公用語は現地語(マラガシ)とフランス語。訪れる観光客は、圧倒的にフランス人が多いうえ、現地の人々との会話でも英語が通じない場面に度々遭遇します。

アンタナナリボからモロンダバへ

マダガスカルの首都は、アンタナナリボです。バオバブ並木に一番近い大きな街は、モロンダバ(現地の発音ではムールンダーバ)といい宿泊施設も充実しているため、バオバブ観光の拠点にすると便利です。

モロンダバへは、アンタナナリボより陸路バスかタクシー、もしくは、空路モロンダバ空港へのフライトとなります。

  • 写真:toshel

バスは、非常に安価(日本円で数百円)ですが24時間以上かかります。タクシーだと所要時間は16~19時間で、日本円にして3,000円前後です。陸路は、季節によって道路が陥没し、迂回する場合もあるため、更に時間のかかることもあるそうです。

空路は高価(250 EURO~/約3万2,500円〜)ですが、フライトは1時間。マダガスカルの国内線は主に2社あり、国営の「マダガスカル航空」と新進気鋭の「エア・マダガスカル」があります。

  • 写真:toshel

どちらの航空会社も、モロンダバへ就航していますので、ご自身のスケジュールに合わせてお選びください!(注:一日一往復程度で、フライトのない日もあります。)


モロンダバのオシャレな街並み

海沿いに位置するモロンダバの街並みは、意外にオシャレで散策も楽しいです。バオバブ並木へ行く前に、モロンダバの街を少しだけご紹介させていただきますね!

  • 写真:toshel

活気溢れる街中の商店街「Morondava Centran Market」

街の中心部へ行くと、大きな商店街があります。多少、雑然としてはいますが、あらゆる物が売られており、いつも沢山の人で賑わっています。

  • 写真:toshel
  • 写真:toshel

お店は、売られているものが大まかに固まって出店されています。

  • 写真:toshel八百屋さんの集まる区画
  • 写真:toshel衣料品の集まる区画

街中にもオシャレな店が点在します。

  • 写真:toshel緑色のインパクトが大きいタイル屋さん
  • 写真:toshelリフレクソロジー

お店以外にも、公共施設などが点在します。青空に白壁が映えますね。様々な物がこの中心部にありますので、あらゆる人が行き交う活気のあるエリアです。

  • 写真:toshelここはモスク
  • 写真:toshelモスク
  • 写真:toshelここは、子供の学校
モロンダバセントラルマーケット
マダガスカル / 商店街
住所:Morondava Centran Market, Morondava マダガスカル地図で見る

物を運ぶときは頭に載せて

これはモロンダバの人々に限らないのですが、アフリカやアジアの方々は皆様、器用に物を頭に載せて運びます。手で押さえてないのに、よく落ちないですね。絶妙なバランスです。

  • 写真:toshel
  • 写真:toshel
  • 写真:toshel

このためか、皆様とても姿勢がいいです。荷物を載せたまま、別の買い物も!

  • 写真:toshel

インド洋

モロンダバは海に面した街です。街の中心部から西側には、広大なインド洋が広がっています。

  • 写真:toshel
  • 写真:toshel

コーラ瓶の入っていた箱でブランコを作ったのですね。ちょうどいい大きさ!

  • 写真:toshel瓶箱で作ったブランコ
  • 写真:toshel

日中はとても日差しが強く暑いので、あまり人がいませんが、夕方になると砂浜でサッカーをしたり、バレーボールをしたりと、住人の方々は思い思いに楽しんでますよ。

  • 写真:toshel

子供たちも砂遊び。

  • 写真:toshel
  • 写真:toshel

インディペンデンス通り

モロンダバの街の海岸線と、エロ運河に挟まれた地域にあるインディペンデンス通りには、観光客の宿泊するホテルが密集しています。

  • 写真:toshel

この通りには、お土産屋さんを始め、オシャレな床屋さん、Cafe、ブティックが軒を連ねます。

  • 写真:toshelお店の看板が可愛い床屋さん
  • 写真:toshel独自デザインのクールなTシャツ屋さん
  • 写真:toshelSunsetの美しいカフェレストラン
  • 写真:toshelボロボロですが安価なコンビニ
インディペンデンス通り
マダガスカル / 町・ストリート
住所:Rue De L' Independance , Morondava マダガスカル地図で見る

人々の生活を支えるエロ運河

街の中心部から、西へ向かう手前で海に平行するように流れる運河があります。

  • 写真:toshel

ここエロ運河は魚が豊富で、この辺りに住む人々の食を支える大事な運河です。

  • 写真:toshel

こちらの運河では、カヌーに乗って釣りをする人を、よく見かけます。

  • 写真:toshel
  • 写真:toshel今日の収穫です

また自ら運河に入り網を張って歩き、今夜の夕食を捕獲する人々も。

  • 写真:toshelエロ運河で今晩の夕食を獲る人々
  • 写真:toshel子供もお手伝い!捕獲した魚を入れるたらいを持って、お父さんのいる浜辺へ向かいます

カヌーを使ったクルーズも人気です。

  • 写真:toshel
  • 写真:toshel主にこのカヌーで移動

筆者の訪ねた二日前には、サイクロンが上陸したようで、浜辺が浸水してしまったとのことで、皆さま歩いて渡られていますね。

この運河は、あらゆる生活水が流れていますので、日本人の方はあまり入られない方がよろしいかと思われます。

  • 写真:toshel
  • 写真:toshel魚を獲って運河を渡る人。顔には日焼け止め
エロ運河
マダガスカル / 自然・景勝地
住所:Canel Hellot , ムルンダバ マダガスカル地図で見る

次のページを読む

マダガスカルの旅行予約はこちら

マダガスカルのホテルを探す

マダガスカルの航空券を探す

マダガスカルのパッケージツアーを探す

マダガスカルの現地アクティビティを探す

マダガスカルのWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年4月3日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

この記事を書いたトラベルライター

Curious Jetsetter
これまで訪ねた147ヵ国およそ300都市の街の美しい景色、壮大な自然の風景を皆様とシェアできればと思います。皆様もご一緒にそこへ旅したように感じてもらえると嬉しいです。

レバノン観光と言えばここ!ベイルート・ビブロス・バールベックの見どころと国の背景

遠い昔、世界の中心が地中海にあった時代、レバノンは東西貿易の交差点となる重要な位置にあり、繁栄の極みにありました。古くから数多くの王様や将軍が、この土地を挙って...

モンテネグロの世界遺産~小さな港町コトルの旧市街と裏山からの絶景~

イタリア半島とバルカン半島に挟まれたアドリア海は、非常に美しい地中海の内海です。そのアドリア海に面したモンテネグロには、数多くの港やビーチが点在し、中でもコトル...


砂漠の中から浮き上がったような蜂蜜色の国、地中海のマルタ共和国

マルタ島のルア国際空港に到着し、市内へ向けて走るバスの中から目にする光景は、建物が砂に埋もれてしまった砂漠をイメージするものでした。実際は、埋もれているわけでは...

石を投げればカフェに当たる ~ルーマニアの首都ブカレストでお洒落カフェを散策しよう~

ブカレストの街を歩いていると、とにかく目に付く洗練されたカフェの数々。老舗から新店まで、趣向を凝らしたお洒落なカフェは、フロントデザインやインテリアを観ながら散...


原野に現れた壮大な未来都市!想像を遥かに超えたカザフスタンの首都アスタナ

中央アジアを東西に大きくまたがるカザフスタンがロシアから独立したのはたった25年前(西暦1991年)のこと。その後、アルマトイから遷都され首都となったアスタナは...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?