宮古市

岩手・三陸の景勝地「浄土ヶ浜」で、”青の洞窟”へ行ってみよう!

取材・写真・文:

ニュージーランド在住

2021年4月28日更新

18,836view

お気に入り

三陸がほこる、国の名勝「浄土ヶ浜」。まるで浄土のように美しいこの場所には、「青の洞窟」の異名をもつ魅惑のスポットがあるんです。ここでは浄土ヶ浜や青の洞窟の見どころ、周辺の観光スポットなどをご紹介。心洗われる美しい景色に、きっとあなたも魅了されるでしょう。

この記事の目次表示

浄土ヶ浜とは

「浄土ヶ浜」とは岩手県宮古市にある、美しい海岸のこと。リアス式海岸で知られる三陸海岸の代表的な景勝地であり、国の名勝に指定されています。

およそ300年前、この地を訪れた霊境和尚が「さながら極楽浄土のごとし」と感銘を受けたことから名付けられたそう。まるで絵画を見ているかのように美しく、とても穏やかな景色に、心洗われるようです。

海岸から眺めるだけでも楽しめますが、おすすめは「遊覧船」や「さっぱ船」に乗って、海上から眺めること。ひとつひとつの奇岩を間近でみれば、その迫力、繊細な美しさに、また一味ちがう浄土ヶ浜を堪能できることでしょう。

浄土ヶ浜
宮古市 / 自然・景勝地 / 観光名所 / 絶景 / パワースポット / 一人旅 / 春のおすすめ観光スポット / 夏のおすすめ観光スポット / 秋のおすすめ観光スポット / ハイキング / インスタ映え / 奇岩
住所:岩手県宮古市日立浜町32地図で見る
電話:0193-62-2111(宮古市観光課)
Web:https://www.city.miyako.iwate.jp/kanko/jyoudogaham...

いざ、青の洞窟へ!

  • 写真:mumin八戸穴(青の洞窟)

浄土ヶ浜を眺めたあとは、ぜひ「青の洞窟」に行きましょう。

「青の洞窟」とは浄土ヶ浜のすぐ近くにある、「八戸穴」という洞窟のこと。なんでもこの穴は、はるか遠く青森県八戸市まで続いているという伝説から名付けられたんだそう。今日では、その青く美しい様から「青の洞窟」と呼ばれ、多くの観光客が訪れています。

青の洞窟に行くには、「さっぱ船」に乗って!

とっても狭い「青の洞窟」へ行くには、小型船の「さっぱ船」に乗っていきましょう。

洞窟へ向かう途中には、浄土ヶ浜の「剣の山」「賽の河原」「血の池」などの名所を、船長さんの解説を聞きながら観光できるほか、ウミネコの餌やり体験もでき、とってもお得ですよ♪

青の洞窟(さっぱ船遊覧)について
場所:浄土ヶ浜マリンハウス
時間: 8:30~17:00(所要時間約20分)
期間:3月~11月(冬季休業)
料金:大人1,500円(ウミネコの餌付き)
特記:予約は不可。来た順に乗せてくれます。
浄土ヶ浜マリンハウス
宮古市 / 乗り物
住所:岩手県宮古市日立浜町32-4地図で見る
電話:0193-63-1327
Web:http://www.j-marine.com

ウミネコの餌やり体験

  • 写真:muminさっぱ船

浄土ヶ浜にはウミネコが沢山飛んでいます。餌の「えびせん」を空に向かってまけば、ウミネコがどっと押し寄せ、大変な騒ぎに!苦手な人は少し怖いかもしれませんですが、慣れると可愛くみえてきますよ。

八戸穴からの潮のしぶき

さあ、いよいよ洞窟へ入りましょう。さっぱ船ごと入口をくぐると、そこは奥行き8mほどの空間となっています。一番奥には洞窟の名前の由来にもなった、八戸穴があります。運がよければ、八戸穴からの潮のしぶきがみられますよ。写真では伝えきれないほど迫力満点です。

神秘の青さ

八戸穴をみたあとは、洞窟の入り口側に振り返ってみましょう。そこにはとっても幻想的な「青の洞窟」がお目見えします。

太陽の光が射し込むことによって生まれる「青の洞窟」は、季節や天候、訪れる時間によってまったく異なる表情をみせます。洞窟は東向きに開けているので、もっともキレイな状態をみるなら朝がオススメ。よく日が入ると、写真のように海の青さが上方の岩に反射して、なんとも幻想的な光景がみられます。

青の洞窟(岩手)
宮古市 / 自然・景勝地 / 絶景 / 女子旅 / 穴場観光スポット / 夏のおすすめ観光スポット / インスタ映え
住所:岩手県宮古市日立浜町地図で見る
電話:0193-63-1327(浄土ヶ浜マリンハウス)
Web:http://j-marine.com/sappa/

遊覧船に乗って、浄土ヶ浜をめぐるのも面白い

浄土ヶ浜や青の洞窟を楽しんだら、ぜひ遊覧船にも乗ってみましょう。こちらは、宮古湾を一周約40分で巡るもので、下記のような海上からの絶景ポイントや名勝地をまわることができます。

みやこ浄土ヶ浜遊覧船について
時間:1日6本(8:40、9:30、11:00、12:00、13:40、15:30)
期間:平成29年度は3月11日から11月23日までの土・日・月曜、祝日
料金:大人(中学生以上)1,400円、小人(6歳から小学6年まで)700円、幼児無料
みやこ浄土ヶ浜遊覧船
宮古市 / クルーズ
住所:岩手県宮古市日立浜町32-4地図で見る
電話:0193-62-3350
Web:http://jodo-yuransen.jp/

潮吹穴

海岸沿いに突如あらわれる潮のしぶき、その名も「潮吹穴」。海岸の岩の下にできた洞窟に、大きな波が打ち寄せることに生じるもので、大きいときには30mにも達する全国屈指の規模を誇ります。国の天然記念物にも指定されています。

潮吹穴
宮古市 / 自然・景勝地 / 観光名所
住所:岩手県宮古市崎鍬ヶ崎地図で見る
Web:http://jodo-yuransen.jp

ローソク岩

まるでローソクのような形からその名がついた「ローソク岩」。高さ40m、幅7mもの棒状の巨岩で、国の天然記念物に指定されています。

なんでもローソク岩の部分は白亜紀に形成された火成岩で、周辺は粘板岩質の岩でできているそう。そのため長年かけて、海の波風によって浸蝕されたとき、固いローソク岩の部分だけが残って出来たようです。

とっても珍しいローソク岩ですが、陸からはみられない位置にあるため、遊覧船をご利用ください。

ローソク岩
宮古市 / 自然・景勝地
住所:岩手県宮古市崎鍬ヶ崎第12地割1番地図で見る
Web:http://jodo-yuransen.jp

日出島

  • 写真:mumin日出島

近くの町から見たとき、この島から朝日が昇るようにみえるため、その名がついた「日出島」。絶滅危惧種のクロコシジロウミツバメの繁殖地として知られ、国の天然記念物に指定されています。

上陸が禁止されているので、観光は遊覧船をご利用ください。

日出島
宮古市 / 島・離島
住所:岩手県宮古市崎鍬ヶ崎地図で見る
Web:http://jodo-yuransen.jp

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2017年4月5日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


全国の人気鍾乳洞・洞窟TOP20!旅行好きが行っている鍾乳洞・洞窟ランキング

全国の数ある鍾乳洞・洞窟の中から、トリップノートの5万8千人の旅行好きトラベラー会員(2020年3月現在)が実際に行っている順に全国の人気鍾乳洞・洞窟ランキング...


【岩手】三陸海岸で訪れたい絶景スポット10選

岩手県の三陸海岸には、有名な浄土ヶ浜や北山崎など自然や景色を楽しむ事ができるスポットがたくさんあります。今回は、岩手県の三陸海岸を旅する際に訪れたい絶景スポット...

【岩手】釜石&宮古を散策♪1泊2日で楽しめる観光モデルコース

太平洋の絶景と変化に富んだリアス式海岸が続く、岩手県の三陸海岸。製鉄の町「釜石」や景勝地・浄土ヶ浜(じょうどがはま)のある宮古市内の観光はもちろん、三陸の海の幸...

東北の人気観光スポットTOP55!旅行好きが行っている観光地ランキング

仙台城跡に中尊寺、松島や鶴ヶ城などをはじめとする東北の観光スポットの中で、トリップノートの6万5千人の旅行好きトラベラー会員(2020年10月現在)が実際に行っ...

最高ランクに評価された、岩手県「北山崎」のダイナミックな海岸美

「北山崎」は、岩手県にある断崖絶壁のダイナミックな海岸線がつづく絶景スポット。全国の観光資源を評価し、ランク付けする「全国観光資源評価」において、最高ランクの特...

この記事を書いたトラベルライター

無計画さが玉にきず、自由気ままなトラベラー。
幼い頃からよく動き回る子どもだった私は、そのまま大人になり大の旅行好きとなりました。見知らぬ街で、はじめてみる景色や人との出会いが、冒険しているようで大好きです。国内外さまざまな場所へ行き、「旅をしながら暮らすこと」が将来の夢。自分の経験も踏まえつつ、読者の方に役立つ情報をお届けしたいと思います。

【岩手県】ここだけは行きたい!定番のおすすめ観光スポット5選

北海道に次いで広い面積をほこる岩手県は、世界遺産の「平泉」をはじめ、リアス式海岸で知られる「浄土ヶ浜」や「龍泉洞」など、歴史的建造物やうつくしい景勝の宝庫!日本...


秋田観光の穴場、「抱返り渓谷」の見どころ完全ガイド!

神秘的な碧い渓流や、紅葉の名所として知られる「抱返り渓谷」。田沢湖や角館からも程近く、秋田観光の穴場スポットです。今回は抱返り渓谷に行くならおさえておきたい見ど...


冬の蔵王はこう楽しむ!山形・蔵王の見どころ4選&周辺のおすすめ観光スポット4選

宮城県と山形県の県境にそびえる「蔵王連峰」。日本百名山にも選ばれた美しい山は、夏はエメラルドグリーンの神秘の湖「御釜」や、冬にはスノーモンスターと呼ばれる「樹氷...

お土産も揃う、巨大市場!八戸観光の定番「八食センター」の見どころ10選

八戸観光といえばココ、「八食センター」。港町・八戸ならではの新鮮な魚介類や珍味、変わり種スイーツに八戸B級グルメモニュメントまで、ありとあらゆるものが揃う巨大市...

天然芝生の美しい海岸線!八戸・種差海岸の見どころ10選&楽しみ方3選

異国情緒ただよう、美しい海岸「種差海岸」。代表的な景観の「種差天然芝生地」をはじめ、趣ある松並木や西洋の古城のような展望台、"かぶあがり祈願"で有名な神社など見...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります