モルドバ

世界最大のワイン蔵!モルドバの「Milestii Mici」でエリザベス女王も嗜むワインを飲もう!

取材・写真・文:

東京在住
訪問エリア:155ヶ国

2019年1月15日更新

458view

お気に入り

写真:toshel

東欧のウクライナとルーマニアに挟まれるように位置するモルドバ共和国は、特に目立った観光地もなく、あまり聞き慣れない小国です。しかし、首都キシナウ近郊には世界に誇れるワインセラー「Milestii Mici」が存在し、世界の富裕層がこぞってワインを貯蔵しています。さて、どれだけ大きいのでしょうか?今回は、世界最大の地下ワインセラー「Milestii Mici」をご紹介します。

この記事の目次表示

モルドバ共和国にある世界最大のワインセラー

「Milestii Mici」は、モルドバ共和国の首都キシナウから南に20km離れた「ミレシュティイ・ミチ」という同じ名前の村にあるワイン工場です。

  • 写真:toshel

地下には石灰岩でできたワインセラーがあり、その長さ何と250km。そのほとんどが、ワインの貯蔵に使用されています。

  • 写真:toshel

これは、ワインセラーとしては世界最大規模であることに加え、そこに寝かされているワインの本数も世界最多の200万本と桁違い!2007年、ギネスブックにも認定されています。

  • 写真:toshel

そして、土地の広さや貯蔵本数の規模に負けず劣らず、Milestii Mici村周辺のぶどう園から集められたブドウは特に品質が高く、これらのブドウから作られたワインは若くても絶品です。

  • 写真:toshel

そして、何年もこの地下ワインセラーに完璧な環境で保管され、豊かで高貴な味へと熟成されていく「Milestii Mici」のワインは、世界であまり知られていないものの最高品質のワインと言われています。

「Milestii Mici」のワイナリー訪問

それでは、さっそくワイナリーへ向かいます。

  • 写真:toshel

「Milestii Mici」のワイナリーはあまりにも広いため、ワイナリーの入り口から地下へ移動するためには車が必要です。ワインは最初、大部分がオークで作られた巨大な樽に入れられて保存されます。

  • 写真:toshel

樽のサイズは600ℓのものから、最大2,000ℓも入る樽まであります。オーク樽は、この地下迷路の手前からしばらく連なっています。またこの地下迷路トンネルには場所によって名前がつけられています。それらの名前は、"Cabernet(カベルネ)"、"Shardonait(シャルドネ)"、"Feteasca(フェテアスカ)"、"Sauvignon(ソーヴィニョン)"など、ぶどうの種類に由来しています。

樽の連なる道路を抜けると、ここからは徒歩での移動となります。そこでは、瓶に詰められたワインが一定の仕切りごとに積み重ねられており、これがまた永遠に続きます。

  • 写真:toshel

ちなみに、ワイナリーは地下深く(40-85メートル)にあるので、温度は一年中12~14℃、85~95%の湿度に保たれています。ワインの保存にはとても理想的ですが、ツアーに参加する際には、暖かいジャケットを持っていかれた方が無難です。地下は微妙に肌寒いです。

  • 写真:toshel
  • 写真:toshel

埃にまみれているものは、既に何十年もこの場所で横たわっている証拠です。仕切りの上には、ブドウの種類とここに置かれた西暦が記されています。

  • 写真:toshel

「Milestii Mici」で最も貴重なワインは、1973~74年に生産されたものです。なんと、それらのワインは現在、日本だけに輸出されています。日本のどこで、どのような方々に飲まれているのでしょうか?モルドバワインは、あまり日本で見たり聞いたりすることがないので意外ですね。

  • 写真:toshel

保管されているワインは、それぞれの年に収穫されたブドウで作られたワイン別に収蔵されており、割合は70%以上が赤、20%が白、そして約10%がデザートワインです。これらのワインはすべて、古いモルドバの伝統に従って作られています。

「Milestii Mici」のワインセラーには、イギリスのエリザベス女王をはじめとするヨーロッパの王室、中国の資産家など、世界の権威ある方々のワインボトルも貯蔵されていましたよ。

  • 写真:toshel
  • 写真:toshel

テイスティングルーム

地下60メートルの中心部には、大きなレストランとテイスティングの施設があります。からくり部屋のような強大な樽のドアを開けて入ると、伝統的なモルドバスタイルの部屋が現れます。

  • 写真:toshel

オーク材のテーブル、椅子、彫刻の暖色系の色調が、石造りの壁と組み合わせられ、本格的なモルドバのワインセラーの雰囲気を醸し出しています。

  • 写真:toshel

テイスティングルームでは、若い赤と白のワイン、古いコレクションワイン、場合によってはスパークリングワインが用意されます。

事前にグラスに注がれたワインの他にも、デカンタが用意されており、一人分としては少し多いくらいです。数種類の生ハムとともに用意されますので、テイスティングを存分にお楽しみいただけますよ。

  • 写真:toshel

モルドバのワインの味とともに、文化を楽しむこともできる「Milestii Mici」は、ワイン愛好家だけでなく、モルドバでのユニークな観光体験ができる場所として魅力的です。

併設ショップでワインのお土産を

ワイナリーの入り口にはお土産屋もあります。

  • 写真:toshel

ここでは「Milestii Mici」で寝かされた美味しいボトルワインを購入することができます。

  • 写真:toshel
  • 写真:toshel

Milestii Miciの行き方

日本からモルドバの首都キシナウへは、ヨーロッパを経由してフライトがあります。キシナウ中心部からMilestii Miciまでは車で30分くらい。事前に下記HPより予約をするか、キシナウの街中にいくつかある旅行会社から申し込むこともできます。

Milestii Miciのツアーメニューは様々な種類がありますので、予算と時間に合わせて予約するのがおすすめです。

ミレシュティイ・ミチ・ワイナリー
モルドバ / 工場・施設見学 / ドリンク
住所:"Mileștii Mici" Winery地図で見る
Web:https://www.milestii-mici.md/en/

モルドバの旅行予約はこちら

モルドバのパッケージツアーを探す

モルドバのホテルを探す

モルドバの航空券を探す

モルドバのWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2019年1月15日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

この記事を書いたトラベルライター

Jetsetter
行ったことのない国を中心に、毎月ひとり旅しています。これまで訪ねた155ヵ国およそ400都市の街の美しい景色、壮大な自然の風景、出会う人々との会話など、真の地元を皆様とシェアできればと思います。皆様もご一緒にそこへ旅したように感じてもらえると嬉しいです。

あと一年余りで、世界のすべての国を網羅できそうです。

レバノン観光と言えばここ!ベイルート・ビブロス・バールベックの見どころと国の背景

遠い昔、世界の中心が地中海にあった時代、レバノンは東西貿易の交差点となる重要な位置にあり、繁栄の極みにありました。古くから数多くの王様や将軍が、この土地を挙って...

宇宙に手を広げ仰ぎみる巨木群~マダガスカル島のバオバブ並木~

アフリカ大陸の東に浮かぶマダガスカル島は、世界で四番目に大きい島です。日本の1.5倍の面積を有し、そのほとんどが広大な豊かな自然に覆われた動植物の宝庫です。なか...


モンテネグロの世界遺産~小さな港町コトルの旧市街と裏山からの絶景~

イタリア半島とバルカン半島に挟まれたアドリア海は、非常に美しい地中海の内海です。そのアドリア海に面したモンテネグロには、数多くの港やビーチが点在し、中でもコトル...

砂漠の中から浮き上がったような蜂蜜色の国、地中海のマルタ共和国

マルタ島のルア国際空港に到着し、市内へ向けて走るバスの中から目にする光景は、建物が砂に埋もれてしまった砂漠をイメージするものでした。実際は、埋もれているわけでは...


ペルシャ湾の風吹く砂漠の新スポット!~アラブの香り漂うルーブル・アブダビ~

フランス、、、いえ、世界で最も有名な美術館の一つであるルーブルが、初の別館を2017年11月、中東地域にオープンさせました。UAEの首都アブダビの、ペルシャ湾に...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?