長野
長野
日本で2番目に多い温泉&そばが名物

【長野】温泉に浸かるサル!地獄谷野猿公苑へ行こう

2017年12月8日更新

205view

お気に入り

寒くなってくると、温かい温泉に浸かって癒されたい‥と思ったことは誰しも一度は考えた事があるのではないでしょうか?それは人間に限ったことではないかもしれません。長野県には世界的にも珍しい、「温泉に浸かるニホンザル」がいる観光地があります。今回はそんなサルの愛らしい姿を見ることが出来る、「地獄谷野猿公苑」についてご紹介いたします。

「地獄谷野猿公苑」って?

長野県北部、上信越高原国立公園の志賀高原を源とする横湯川沿いの渓谷に「地獄谷野猿公苑」は1694年にオープンしました。

山道を登っていくと現れる、切り立った崖に挟まれた渓谷のそこかしこから湯気が上がる光景は、昔から「地獄谷」と呼ばれてきました。標高850mにあるこの場所は一年の三分の一が雪に覆われ、厳しい冬の寒さをしのぐためにニホンザルが世界で唯一温泉に入る場所といわれております。

珍しいこの光景見るために、日本国内だけでなく世界中から多くの観光客が訪れます。

  • ぽかぽか温泉に浸かるサル。こちらも温泉に入りたくなってしまいます。

サルの入浴シーンはいつでも見れるの?

「地獄谷野猿公苑」は年間を通して営業しておりますが、ニホンザルがいつでも温泉に入っているわけではありません。彼らが入浴するのは気温の低い時期がほとんどです。また冬でも気温の高い日は入浴してない日もしばしばあるよう。

せっかく訪れたのに残念‥なんてことを避けるため、麓の入り口にはライブカメラが設置されており、地獄谷の様子が見れるようになっています。また、ホームページからも現在の状況をチェック出来るようになっているのでそちらもチェックするといいですね。

「地獄谷野猿公苑」へニホンザルに会いに行こう! 

どうやって行けばいいの?最寄り駅は?

「地獄谷野猿公苑」の最寄り駅は私鉄長野電鉄湯田中駅。JR長野駅から約45分かかります。そこからバスに乗りかえて約15分、上林温泉で下車すると「地獄谷野猿公苑」へ続く遊歩道入り口の近くです。

現地まで車を使った方が移動はしやすいですが、駐車場は少なく、上記にも書いたと通り、雪の多い地域なので筆者個人の意見としては公共機関を利用することをおすすめします。

  • 地獄谷野猿公苑の入口。

サルの入る温泉までは山道

山の中にある「地獄谷野猿公苑」までは徒歩で約30分。車はもちろん、バスも通っていないですし、その他乗り物も利用できません。人の手が加わっているとはいえ、雪の積った山道を進むのはなかなか大変です。

基本的に緩やかな坂道が続き、途中階段を上ったりするのですが、足元の積雪が凍結していたりするとかなり滑ります。歩きやすく、滑りにくい靴で行くのが吉。

  • 雪がなければきっと、歩きやすい道のはず‥
  • 途中の階段。なかなか急です。大きな階段はこの一か所くらいでした。

いよいよニホンザルとご対面!

山道を徒歩30分ほど行くと、ようやくニホンザルたちが集まる温泉のあるポイントに到着します!

  • 運が良ければ子連れのサルにも会えるかも?

温泉は人間の大人が30人くらい入れそうなゆったりした広さです。サルが行き来しやすいように、片側に観察できるスペースがあります。柵がない場所もありますので、サルが近くで入浴してくれればあったかそうな表情をすぐそばで見ることが出来ます。

ただ、混雑時は温泉の周りがかなり混みます。そのため、前の人はしゃがむなどしてもらえると、たくさんの人が一度に楽しむことが出来ると思いますので、参考にしていただければ幸いです。

  • テレビでよく見る毛繕いシーンもこんなに近くで見れちゃいます!

その他注意点は?

入苑は有料

入苑には入苑料がかかります。

  • 大人(18歳以上):800円
  • こども(小学生~高校生):400円
  • 入場券にも可愛いサルたちが。

両手は空けて身軽に。苑内も足元には気を付けて!

先ほどもお知らせしましたが、足元の雪に足を取られる可能性があるため、万が一、転んでしまった時のために両手は空けておきましょう。リュックサック等で訪れるのが得策です。大事なカメラや携帯電話、スマートフォン等も首にかけるよりは手荷物の中、あるいはポケットにしまい、撮影する時は立ち止まりましょう。

また、山林の中の為、晴れていても日差しが中々届きにくくとても寒いです。訪れる際はコートや手袋を忘れずに!使い捨てカイロを持っていくと重宝しますよ。麓にある売店では有料で手荷物を預けたり、スノーブーツやコートのレンタルができますので、そちらも有効活用できるといいですね。

また、山道を登って公苑にやっとついた!と安心したいところですが、冒頭で紹介した通り、渓谷内に造られた「地獄谷野猿公苑」は基本的に坂と階段で形成されています。かわいいサルたちに夢中になっていたら、転んでしまった‥なんてこともありますので足元には常に注意を払いましょう。

ニホンザルたちは野生

「地獄谷野猿公苑」にいるニホンザルたちは人間を怖がることなく、気が付いたら足元にいたりします。しかしよほどのことがない限り、人間に危害を加えたりしません。観光客は害を与えたり、餌をもらえる存在ではない、と認識しているからではないでしょうか。先人たちがマナーを守り、サルたちと良い関係を築いてきた証拠ですね。

決して餌をあげたり、追い回したりせず、マナーを守って楽しくサルたちの観察を!

  • 職員の方たちがえさの入ったバケツを持って現れるや否や、たくさんのサルたちが。

職員の方が餌付けをしているとはいえ、こちらが彼らの生活圏内にお邪魔をしている、という意識を忘れないで下さい。筆者が訪れた際、入場券やパンフレットなどが苑内に落ちているところを何度か目にしました。もしサルが誤って食べてしまったら、大変なことになりますよね。自分たちが持ち込んだものは最後まで責任を持ちましょう。

いかがでしたか?

日本でしか見ることのできないニホンザルの入浴シーン。見ているこっちもほっこりします。動物が好きな方、ハイキングが好きな方には特におすすめの観光地です。ぜひ一度訪れてみては?

地獄谷野猿公苑
長野 / 公園・動植物園 / 観光名所
住所:長野県下高井郡山ノ内町大字平穏6845
電話:0269-33-4379
Web:http://jigokudani-yaenkoen.co.jp/

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2017年1月29日の取材に基づき公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

同じテーマの記事

氷河期からの贈り物♪千畳敷カールの絶景を120分で満喫!【長野】

およそ2万年前、氷河期の氷で削られてできたお椀型の地形「千畳敷カール」は、宝剣岳(ほうけんだけ)の麓に広がる人気観光地です。夏には、高山植物が咲く風景や雪渓など...

1泊じゃもったいない!「星のや 軽井沢」は赤ちゃんの旅行デビューにオススメ

赤ちゃん連れで旅行に行きたい!そんなパパママにオススメしたいホテルが「星のや 軽井沢」。至れり尽くせりでパパママもリラックス。赤ちゃんと安心して過ごすことができ...

【長野県】良縁を呼ぶパワースポット「縁結神社」~日本で唯一“縁結び“の名を冠する神社

縁結びに御利益があるという神社は、日本全国各地にたくさんありますよね。でも、名前に「縁結び」とつく神社は、日本でここだけ!それは、森の中にひっそりと佇む、小さな...

【上高地】「大正池」から人気スポットの「かっぱ橋」を散策しよう!

日本を代表する山岳景勝地である「上高地」。標高約1,500mに位置し、雄大な北アルプスが目の前にそびえ立ちます。また清流が流れ、湿地あり池ありと美しい自然風景が...

一度は行ってみたい!日本のスゴイ桜の名所10選

日本の春といえば、やっぱり桜!可愛くも美しく咲き誇るピンク色の桜を見ると、心もなごみますね。近場のお花見スポットもいいけれど、日本にはその美しさに感動してしまう...

この記事を書いたトラベルライター

活動源はまだ見ぬ景色!
「月に一度はどこかへお出かけ」
「年に一度は海外へ」が目標の旅好きOLです。
温泉と、花畑や星空、自然がエネルギーの源!
動物の中では鳥類派。
御朱印集めとカフェ巡りも大好きです◎

【広島県】日中の厳島神社観光だけじゃない!宮島でやりたいこと4選

京都府の天橋立、宮城県の松島と同様に日本三景に数えられる広島県の安芸の宮島。宮島といえば、思い浮かべるのが世界遺産の厳島神社ですよね!広島市内からのアクセスも良...

【長野県】天然のプラネタリウム!阿智村へ日本一の星空を見に行こう

長野県の南部にある「阿智村」。この村は2006年に環境省が発表する、「日本一星が輝いて見える場所」に認定されました。周辺にある山々が愛知、大阪等の都会の光を遮断...

絶景を眼下に!しまなみ海道でサイクリングに挑戦!

広島県から愛媛県までの島々を橋で結ぶ、しまなみ海道。海の上を通ることが出来るなんてワクワクしますよね!車もいいけれど、せっかくならもっと近くに瀬戸内海を見て、肌...

【茨城】ネモフィラだけじゃない!ひたち海浜公園を楽しむ4つのポイント

どこまでも続く青空と足元に広がる一面のネモフィラ畑。shihoさん著書の『死ぬまでに行きたい世界の絶景』に紹介されてから、一躍話題となっている国営ひたち海浜公園...

【静岡】満開の花々とふわふわの鳥たち!癒しの富士花鳥園へ行こう

日本には全国に植物園や、動物園が存在します。でも、お花を見ながら、動物と触れ合えるところというのは少ないのではないでしょうか?今回は咲き誇る花々を楽しみながら、...

トラベルライターアワード・2017年間受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?