1泊2日で大満足!9つの外湯が楽しめる長野・渋温泉

278

view
   2017年5月18日更新

長野県の山ノ内町にある渋温泉。豊富な湯量と泉質を楽しむことができる温泉です。豊富な泉質と言われるゆえんは、9つの外湯の効能がそれぞれ違うところ。東京から電車を使えば約2時間というアクセスのよさで、週末にじっくり温泉につかりながら疲れをとることができます。今回は、そんな渋温泉の魅力と楽しみ方をご紹介します。

宿泊客は入り放題!9つの外湯の魅力

9つの湯をめぐると願いがかなう「九湯めぐり」にチャレンジ

  • 渋温泉入口の看板

渋温泉には、9つの共同浴場(外湯)があり、これらをめぐる「九湯めぐり」ができます。

外湯の入口に、祈願手ぬぐいに押せるスタンプが設置されていて、9つの湯を全てめぐり、最後に温泉街が見渡せる渋高薬師へ参拝すれば、満願成就と言われています。九(苦)労を流すことで、厄除け、安産育児、不老長寿というご利益が得られるそうです。

  • 祈願手ぬぐい(350円)に押せるスタンプがそれぞれの外湯にあります

祈願手ぬぐいは、各宿で販売しているのでぜひ購入して、九湯めぐりをしてみましょう。

すべて効能が違う9つの湯

渋温泉には源泉が数多くあり、9つある外湯もそれぞれ成分や効能が違います。

  • 七番湯 それぞれ入口に細かい効能なのが書いてあります
  • 一番湯 初湯 効能:胃腸
  • 二番湯 笹の湯 効能:湿疹
  • 三番湯 綿の湯 効能:切り傷、おでき、子宝
  • 四番湯 竹の湯 効能:痛風
  • 五番湯 松の湯 効能:脊椎病
  • 六番湯 目洗いの湯 効能:眼病
  • 七番湯 七操の湯 効能:外傷性緒障害
  • 八番湯 神明滝の湯 効能:婦人病
  • 九番湯 渋大湯 効能:子宝、リュウマチ、神経痛

※詳細は渋温泉ホームページをご覧ください。

地元の方に湯船でお話を聞いたところによると、四番湯と五番湯が特に熱いということでした。

外湯の入り方

外湯には、鍵がかかっており、宿泊客や地元の人のみが入れる温泉になっています。

宿泊する宿で鍵を借りてから、めぐりましょう。

  • 宿泊先で借りられる外湯の鍵

利用時間は、朝の6時~夜の10時。100%源泉かけ流しのため、高温のお湯が浴槽を満たしてることが多いです。まずは、加水して適温にしてから入るのがおすすめ。

地域によっては、加水を禁止している外湯もありますが、渋温泉の外湯は加水して問題ありませんので、適温で、ゆったりとお湯につかることができます。

また各外湯によって特徴ある外観や内装を楽しめるのも、外湯をめぐる楽しみです。

ちなみに、九番湯・渋大湯のみ宿泊客以外でも1人500円で利用することができますので、渋温泉近くまで来た際には、ぜひ立ち寄ってみてください。

  • 渋高薬師から見下ろせる温泉街の景色

どこか懐かしさを感じるレトロな街並み

渋温泉街は、9つの外湯だけでなく、その街並みも魅力の一つです。大正時代から昭和初期にかけて建てられた建物も、増築や改築を繰り返しながら、現在も残っています。

複雑に建てられた木造建築の隙間の路地に入ると、普段生活しているところから遠く離れ、タイムスリップしたような気分にさえしてくれます。

  • 九番湯 大湯の隣にある足湯から見えるレトロな街並み

夜になると、街灯の薄明りに照らされる石畳のメインストリートの小道。どこか懐かしさを感じさせてくれます。また、温泉街ならではの無料で遊べる卓球場もあり、夜は観光客の娯楽場としてにぎわっています。

  • 夜の景色も幻想的

週末に東京から行くなら「週末パス」で

土日に東京から渋温泉に向かうなら、JR東日本で販売している「週末パス」を使うとお得に行けます。

  • JR東日本で販売している週末パス。事前購入が必要

「週末パス」とは、JR東日本で発売している土日・祝日の連続した2日間で使えるフリーパスです。お値段は大人8,730円。使えるエリアは、JR東日本が定めているフリーエリアです。詳しくはJR東日本のホームページをご覧ください。

渋温泉の最寄駅は、長野電鉄・湯田中駅。東京から向かう場合は、長野駅から長野電鉄に乗り継ぐとスムーズです。

「週末パス」は、特急券や指定席券を買えば、東北・山形・秋田・北海道・上越・北陸新幹線に乗ることができるので、長野駅まで新幹線を使っても特急料金だけで大丈夫!さらに長野電鉄もフリーパスエリア内で利用できるので、とてもお得です。

  • 長野電鉄の特急には、別料金100円で乗れます

湯田中駅からは、駅前に止まっているタクシーを使えば5分(約1メーター)ほどで到着しますが、徒歩で向かうこともできます。

この週末、週末パスを使って渋温泉に癒しの旅に出かけませんか?

渋温泉

長野 / 町・ストリート

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2017年4月1日の取材に基づき公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。
トラベルライター
食いしんぼうでのんびり屋

写真が好きで、おいしいものが大好きな旅好き人間。ひとりでフラフラと歩き回ることもあったり、みんなでワイワイ騒いだり、どちらの旅も大好きです。
旅行先での目的は、おいしい食事ときれいな風景、そして街並み観察。日本でも海外でも、いつもと違う日常を味わうために出かけることが多くあります。

同じテーマの記事

【トラベルライターアワード2016 受賞結果発表】2016年、特に人気を集めた記事&活躍したライターさんを発表します!

アプリなら記事も地図もサクサク快適!

  • 行きたい観光スポットをお気に入り登録すれば自分専用のガイドブックに。
  • 旅した国・都道府県をチェックして、自分だけの塗りつぶし地図を作ろう!