奈良
奈良
世界遺産が日本一多く、鹿のゆるキャラが人気

【奈良】多種多様な展示が魅力「天理参考館」を紹介!

2018年7月6日更新

258view

お気に入り

「天理大学附属天理参考館(略称:天理参考館)」は名前の通り、奈良県天理市にある天理大学の敷地内にある博物館です。天理市に関する資料だけでなく、世界・日本の文化に関する物を数多く収蔵・展示しています。

この記事の目次表示

歴史

天理大学の前身である天理外国語学校の海外事情参考品室が始まりです。天理教の第二代真柱である中山正善様が、「天理教を世界に広めていく上で、各地の歴史文化を学んだ人材が必要だ」ということで創設されたと言われています。

魅力

多種多様な展示品

  • 伝統社会の道しるべ (朝鮮半島)

他の博物館と比べて、とにかく展示品の幅が広く、数が多いのが魅力的です。中国の祭事用品メキシコの織物パプアニューギニアの仮面・楯など遙か遠方の国に関する展示があるかと思えば、日本の交通文化の発展資料天理市の古地図近場の布留遺跡で出土した物も展示されています。

独特の建築・外観

  • 外観

天理教ならではの外観をしている天理大学の敷地内にありますので、こちらの博物館も非常に特徴的な造り・見た目をしています。信者でないと、天理教独特の建築様式の建物内に入る機会はなかなかありませんが、天理参考館は信者でなくても入ることが出来るので、少し珍しい体験が出来ると思います。ちなみに、中は普通の建物と同じような造りをしているので外観と内装のギャップも実感できます。

展示内容

1階 世界の生活文化

1階では主にアジアを中心とした文化が紹介されています。以下、1階に展示されている内容となります。

  • 北の大地が育む手技(アイヌ):衣類や道具・宝物など
  • 伝統社会の道しるべ(朝鮮半島):民族衣装や楽器など
  • 福禄寿(中国・台湾):生活用品や町中の看板・伝統玩具など
  • 祖霊と共に生きる(台湾の先住民):民具など
  • 村落空間に満ちる祈り(バリー/バリ島):祭りのときに使われる楽器など
  • 熱帯雨林を彩る伝統の美(ボルネオ):赤道直下に住む民族の民具など
  • ヒンズー社会の原風景(インド):祭事で使う道具や生活用品・芸術品など
  • 水辺に生きる(アジアの海・河川):アジアにおいて水上交通に利用される船や筏など
  • 母から娘へつなぐ織り(メキシコ・グアテマラ):織物や伝統衣装など
  • 精霊たちの森(パブアニューギニア):精霊を信じる地域で使われていた仮面や楯など
  • 伝統社会の道しるべ (朝鮮半島)
  • 福禄寿 (中国・台湾)
  • 熱帯雨林を彩る伝統の美 (ボルネオ)
  • 水辺に生きる (アジアの海・河川)

2階 世界の生活文化

2階は日本を中心にアメリカなどの文化が紹介されています。以下、2階に展示されている内容となります。

  • 移民と伝道(日本から南北アメリカ):南北アメリカに渡った日本人移民の足跡や資料など
  • 庶民のくらし(日本):農業や漁業・商業の歴史資料をはじめ、「遊び」として使われた人形や伝統玩具など
  • くらしの中の交通:「東海道五十三次」の宿場の資料や街道の資料・鉄道関連品など
  • 移民と伝道 (日本から南北アメリカ)
  • 庶民のくらし (日本)
  • くらしの中の交通

3階 世界の考古美術

3階では世界各地の歴史を彩る歴史的な美術品が展示されています。以下、3階に展示されている内容となります。

  • 日本:過去に中国や朝鮮半島などから日本に入ってきた道具
  • 朝鮮半島:朝鮮半島で出土した器や壺などの文化を感じさせる道具
  • 中国:独自の文化を築いてきた中国の出土品など
  • オリエント:メソポタミア文明・エジプト文明などの歴史を感じさせる道具
  • 布留遺跡:天理市周辺において最大の遺跡「布留遺跡」で出土した道具など
  • 日本
  • 朝鮮半島
  • 中国
  • オリエント
  • 布留遺跡

休憩スペース

  • 休憩スペースから

3階にある休憩スペースからは、周辺の様子を眺めることが出来ます。天理教という宗教を中心に築き上げられた町並みの様子を見ることが出来るので、立ち寄ってみることを強くおすすめします!

天理大学附属天理参考館 利用案内

  • 開館時間 9:30〜16:30(入館は16:00まで)
  • 休館日 火曜日休館(他例外あり)
  • 入館料 大人400円 / 小中学生200円
  • 駐車場 無料

アクセス

  • 近鉄・JR 「天理駅」 から 徒歩20分
  • 近鉄・JR 「天理駅」 から 奈良交通「天理教本部前」まで6分
  • 西名阪自動車道 「天理IC」 から 約10分
  • 名阪国道 「天理東IC」 から 約10分

まとめ

「天理大学附属天理参考館」いかがでしたか?小規模な博物館かと思いきや、かなり多種多様な展示品を持つ観光スポットです。天理教教会本部や石上神社など、天理市の観光名所を訪れる際には、ぜひこちらにも立ち寄ってみてください!

天理大学附属天理参考館
奈良 / 博物館・美術館
住所:奈良県天理市守目堂町250
電話:0743-63-8414
Web:http://www.sankokan.jp/

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年6月22日の取材に基づき公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

最近人気の記事

涼やかな音色で日本の夏を感じる”風鈴まつり”10選

風鈴の短冊に願い事を書いて奉納したり、さまざまな風鈴を展示販売するなど、日本の夏を涼やかに感じる「風鈴まつり」。たくさんの風鈴が一斉に風にそよぐ姿と、その音色は...

夏におすすめ!関西水辺のおでかけスポット9選

今回は、暑い時期にも涼しげな、関西の水辺スポットをご紹介します。風情ある川沿いを散策したり、マス釣りを体験したり、遊覧船に乗ってみたりと、夏ならではのお出かけを...

半日で周れる!奈良のいいとこ取り観光スポット・ベスト3

日本の国宝の5分の1は、奈良県にあると言われるほど、見どころの多い奈良ですが、町中から離れている場所もあり、1度に見て周るのは大変です。そこであまり時間はないけ...

3月・4月・5月の国内おすすめ旅行先22選〜春がベストシーズンの旅先に出かけよう

春(3月・4月・5月)の時期ならではの見どころが揃ったおすすめの国内旅行先を、月ごとにご紹介します!春休みの家族旅行や、カップルでのお出かけにもぴったりな旅先を...

まだこんな秘境があった!和歌山・奈良・三重にまたがる、瀞峡めぐり

和歌山・奈良・三重の3県にまたがる瀞峡(どろきょう)。ここには、現代の秘境とも言える美しい渓谷があります!目に映る景色は、どこもまるでジブリの世界。どこかでトト...



この記事を書いたトラベルライター

ドラクエⅣでガオン狩りをする男
旅行は一人か二人でがほとんどです。旅行先で見つけたオススメの場所や、地元の一押しスポットを紹介していきます。

【三重】伊勢神宮の混雑回避!静かで荘厳な早朝参拝のススメ!

古来鎌倉時代から参拝客が訪れたという歴史のある伊勢神宮。現在でも人気は衰えず、最近では2013年に式年遷宮、2016年には伊勢志摩サミット参加のために来日した各...

【京都】絢爛なる彫刻・治癒の名水、伏見「御香宮神社」に参拝!

「御香宮神社(ごこうぐうじんじゃ)」は京都府京都市伏見区にある神社です。拝殿の彫刻が非常に美しく、境内には名水百選にも選出された「御香水(ごこうすい)」という水...

【大阪】天王寺駅徒歩5分「ファーストキャビンステーションあべの荘」の魅力を紹介!

「ファーストキャビン」は、飛行機のファーストクラスをイメージして作られたコンパクトホテルです。今回はそんなファーストキャビングループの中でも少しコンセプトの違う...

【近畿】2府3県をお得に旅行「近鉄週末フリーパス」の買い方・使い方

「近鉄週末フリーパス」は近畿日本鉄道が販売している、金・土・日か土・日・月の3日連続で近鉄が乗り放題になるお得な切符です。この切符を使って、近鉄でお得に旅行する...

【三重】駅・伊勢神宮から徒歩5分!外宮の別宮「月夜見宮」を紹介!

「月夜見宮(つきよみのみや)」は、三重県伊勢市宮後町にある伊勢神宮外宮の別宮です。外宮から徒歩5分かつ駅からも徒歩5分という好立地でありながら、周辺は静かで雰囲...



トラベルライターアワード・2017年間受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?