オランダ
オランダ観光
運河のある街並や絵本のような風車のある景色

アムステルダムの意外な穴場、マウデン城とパンプス島の要塞を探検!

取材・写真・文:

オランダ在住
訪問エリア:25ヶ国

2018年6月1日更新

844view

お気に入り

写真:Tompouce

アムステルダムは、オランダを代表する最も有名な観光地です。そのアムステルダムからほど近い所に、大都市のイメージとは全く違う光景を目にする場所があります。その一つは中世のお城「マウデン城」、もう一つは軍事的に建設された人工島の要塞「パンプス島」があり、どちらも世界遺産にも登録されている歴史的に重要な建物です。それでは、2つの穴場観光地を見ていきましょう!

この記事の目次表示

マウデン城

  • 写真:Tompouceマウデン城

マウデン城 (Mauderslot)は、アムステルダムから東へ約15kmのユトレヒトへと流れているフェクト川 (Vecht) とエイ湖 (Ijmeer) に面した所に位置しています。この城はオランダで最も古い城の一つ言われています。

お城は当初、1280年に「フロリス5世」の元により建てられましたが、貴族間の紛争が原因で1300年に取り壊されてしまいました。その後、1370年頃から同じ場所で、同じ構造で再建されたのが、今現在の姿になっています。

お城は、ほぼ正方形の水の中にあるこじんまりとしたお城で、まるでおとぎ話に出てくるメルヘンチックなイメージが持てます。お城の周りは緑豊かな芝に囲まれていて、見学ついでにピクニックにも最適な場所となっています。

  • 写真:Tompouceマウデン城周辺の庭
マウデン城の大きさ:| 幅:32メートル、 長さ:35メートル、 壁の厚さ:1.5メートル

お城の博物館

お城の中は博物館になっていて、中世の鎧や武器、絵画、家具、そして彫刻などたくさんのコレクションが各部屋に展示されています。1500〜1550年頃に使われていた、鎧や武器なども見られてとても興味深いです。まるで、お城に中を探検するかのように、たくさんのコレクションを見て回れます。

  • 写真:Tompouceお城の一室にある絵画
  • 写真:Tompouceマウデン城内の展示品
  • 写真:Tompouce展示してある中世の鎧と武器
  • 写真:Tompouce中世オランダの地図

お城の塔を登っていくらせん状の階段は、まさに中世の時代そのものです!ただし、足場はあまり良くないので、手すりに掴まって登った方が無難です。

  • 写真:Tompouceお城の塔を登る階段
  • 写真:Tompouceお城の塔の階段

お城の一室には、中世の衣装を纏って記念撮影ができる部屋もあります。記念に中世の貴族に成りすました写真を撮ってみませんか?

  • 写真:Tompouce再現した当時の衣装

お城の庭園

  • 写真:Tompouceマウデン城前の庭園

お城の正門の反対側には庭園があり、薬草やハーブ、そして野菜などが栽培してあります。小さな庭園ですが綺麗に手入れがしてあるので、ぜひ覗いてみましょう。

  • 写真:Tompouce庭園から見たマウデン城
  • 写真:Tompouceお城から見た庭園

パビリオン「ウォーターシールド」

お城の裏側に位置する場所には、「ウォーターシールド」(Waterschild) と言うパビリオンがあり、ここでは、マウデン城と水に纏わる話を、短いアニメーション映画で紹介しています。

  • 写真:Tompouceパビリオン「Waterschild」
  • 写真:Tompouceパビリオン「Waterschild」での映画

アトラクション「valkenier」(鷹匠)

最初の城を築き上げた「フロリス5世」は、当時、鷹を使って狩りをしていました。城内では、鷹匠により鷹やフクロウなどのデモンストレーションが行われています。

  • 写真:Tompouceアトラクション「Falconer」での鷹
  • 写真:Tompouceアトラクションでのフクロウ

お城内のカフェ

  • 写真:Tompouceマウデン城の中庭

一階には、Wifiインターネットも無料で利用できるカフェがあります。また、中庭にテーブルも並べられていますので、お城を眺めながら休憩するのも良いですね!

ミュージアムショップ

カフェの隣には、お土産のお店もあるので、ちょっと覗いてみてはいかがでしょうか?お城に関する本やキャラクターグッズなどが並んでいます。

  • 写真:Tompouceミュージアムショップ内
  • 写真:Tompouceミュージアムショップ内

このマウデン城は、地元オランダの学校教育の一環として、たくさんの学生も訪れます。また、子供達にも人気のあるお城なので、家族連れでも十分に楽しめるでしょう!

入場料:大人 15.5ユーロ (約1,980円) / 4〜11歳 9ユーロ (約1,150円) / 3歳以下 無料
国立博物館マウデン城
オランダ / 建造物 / 博物館・美術館
住所:Herengracht 1, 1398 AA Muiden地図で見る
Web:https://www.muiderslot.nl/en/

次のページを読む

オランダの旅行予約はこちら

オランダのホテルを探す

オランダの航空券を探す

オランダのパッケージツアーを探す

オランダの現地アクティビティを探す

オランダのWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年5月31日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事

【厳選】女子旅にオススメ♡心ときめく世界の可愛い村と街12選!

インスタ映え間違いなし!まるで童話の世界のような可愛い家や、中世の面影残る美しい街並み。一度は行きたいとっておきの村や街を、可愛いものに目がない筆者が厳選してご...

オランダのおすすめ観光スポット・名所12選!

世界遺産に登録されている運河地区をもつアムステルダムをはじめ、観光で訪れたい魅力的なスポットが多いオランダ。風車が並ぶ街に、お洒落なレストランやカフェが立ち並ぶ...


【オランダ】GWがチューリップの見頃!キューケンホフ公園の見どころ6選

オランダを代表する花・チューリップが咲き群れる風景で有名な「キューケンホフ公園」。日本のGW期間を利用して訪れれば、時季的にチューリップの見頃にもぴったりなんで...

オランダの名画家フェルメールとレンブラントに関する必見スポット特集

フェルメール、レンブラントと言えば、中世オランダの黄金時代を代表する世界的に有名な画家です。どちちらの画家も、ほぼ同年代にオランダで画家として活動していました。...


★オランダ・アムステルダム★フォトスポット7選

水の都として知られる、オランダの首都アムステルダム。運河地区は世界遺産に登録されており、中世の街並みがそのまま残っています。日本からヨーロッパ各国を訪れる際に、...

この記事を書いたトラベルライター

オランダより情報発信
仕事でオランダに渡り、日本で見ることのできない風景や建物に出逢い、何気なく住んでる土地でも、ふと気付けばその「素晴らしさ」に気付き、皆さんにお伝えしようと考えるようになりました。
自分では日常的に生活してる場所でも、視点をかえると大変興味深い発見があります。

そんなスポットを、お伝えしていきたいと思ってます。

Traveloco(トラベロコ)を通じて、ガイドもおこなっています。
エリア:オランダ
ロコ名:アルト
https://traveloco.jp/loco/arto_shack

記事で紹介した場所にも、ご案内いたします!

必見!オランダ鉄道の切符の買い方から乗り方まで徹底ガイド

鉄道は、旅行においてとても便利な移動手段の一つです。そしてオランダは、ヨーロッパの中でも鉄道路線が充実しており、たくさんの人に利用されている重要な交通手段です。...

【オランダ】北欧最大のアウトレットも!ショッピングの街・ルールモント

ヨーロッパにおいてもアウトレットショッピングモールは各地に多数ありますが、オランダの南東部に位置しているルールモント (Roermond) の街にあるアウトレッ...


小さな漁村フォーレンダムで昔ながらのオランダを散策!

オランダの観光地の一つで、かつて漁村として大変栄えていたフォーレンダムは、アムステルダムから北東にあるマルケン湖に面した所に位置してます。今では小さな観光地とし...

オランダの名画家フェルメールとレンブラントに関する必見スポット特集

フェルメール、レンブラントと言えば、中世オランダの黄金時代を代表する世界的に有名な画家です。どちちらの画家も、ほぼ同年代にオランダで画家として活動していました。...


オランダ最古の美しい都市・マーストリヒトの必見スポット13選!

マーストリヒト(Maastricht)は、オランダ東南部のマース川沿いにあるオランダ国内で最も古い都市で、歴史的にも大変貴重な建物などが多く見られます。ここでは...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

アプリ「Pokke」でオランダの音声ガイドを聴く

オランダの観光スポットの音声ガイドをアプリ「Pokke」で聴くことができます。

旅行前にダウンロードしておけばオフラインでも使える!
プロのガイドに案内されるように旅を楽しめる!

Pokkeについて

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?