オランダ
オランダ観光
運河のある街並や絵本のような風車のある景色

バラの庭園も美しい!オランダで最も大きいデハール城

取材・写真・文:

オランダ在住
訪問エリア:25ヶ国

2019年6月14日更新

418view

お気に入り

写真:Tompouce

ユトレヒト郊外にはオランダで最大規模のお城があり、とても大きな公園と美しい庭園も備えています。夏にはバラが咲きとても美しい光景を見ることができます。そのデハール城と周辺にある公園の様子についても紹介していきます。

この記事の目次表示

オランダのおすすめツアー
◆往復直行便利用!\祝!創立100周年/【成田発/KLMオランダ航空利用】コスパ重視!モダンな設備と市内中心部へのアクセスの良さが魅力のスタイリッシュな4つ星ホテルご宿泊!世界遺産の運河とコスモポリタンな雰囲気が人気の街《アムステルダム》7日間
95,800円~317,800円
世界遺産の運河とコスモポリタンな雰囲気が人気の街《アムステルダム》×ヨーロッパらしい優雅な街並みと美食が魅力の街《ブリュッセル》周遊!-◇観光しやすい立地の3つ星ホテル指定◇-5泊8日間【成田夜発/カタール航空利用】
103,800円~335,800円
◆復路直行便利用\祝!創立100周年/【成田発/KLMオランダ航空利用】―*鉄道でめぐるベルギー×オランダ周遊*―オランダが生んだ子ども達のスター「ミッフィー」の故郷【ユトレヒト】にも宿泊!【ブリュッセル×アムステルダム×ユトレヒト】周遊8日間
111,800円~327,800円

デハール城について

  • 写真:Tompouceデハール城・正面

中世から存在するオランダで一番大きなお城ですが、今日に至るまでに様々な出来事がありました。デハール城は13世紀に建てられ、その名の通りデ・ハール(De Haar)家が所有していましたが、15世紀になるとファン・ザイレン(Van Zuylen)家と結びつくことになりました。

  • 写真:Tompouce水に囲まれた城

その後、お城は17世紀に起きた戦争とユトレヒトを襲った大きな嵐による被害で、長い間放置され廃墟のようになってしました。しかし、19世紀にファン・ザイレン家のエティーナ男爵は、ヨーロッパの財閥で有名なロスチャイルド家の令嬢と結びつき、このことがきっかけで公園も含めてお城を再建することになったのです。

  • 写真:Tompouceバラ庭園からの眺め

再建に携わった人物は、アムステルダム国立美術館やアムステルダム中央駅をデザインした、オランダ人建築家のピエール・カイパースです。お城と公園の所有権は2000年にデ・ハール財団に売却され、それからは財団が管理するようになり、お城の博物館として一般に公開しています。

デハール城の様子

  • 写真:Tompouceデハール城の大ホール

お城の中には見学ルートが記されていて、順番に各部屋を見て回れるようになっています。まず最初に目に飛び込んでくるのが大ホール。たくさんの彫刻の像や壁には絵画なども掛けられてあり、天井付近にはステンドグラスも見られます。

  • 写真:Tompouce徳川家の駕籠

大ホールには数多くの男爵のコレクションを展示してありますが、その中には18世紀に徳川将軍が使用していた駕籠の一つが、ここに飾られてあるのです!

城内にある数々のお部屋も見学

  • 写真:TompouceGreat Hall
  • 写真:Tompouce書籍の部屋

このお城には200の部屋があると言われてますが、どの部屋もとても豪華に飾られていています。

  • 写真:Tompouceエレガントなダイニングルーム

とてもエレガントなダイニングルームでは、当時の豪華な食卓の様子が想像できます。

  • 写真:Tompouceベッドルーム
  • 写真:Tompouceベッドルーム

たくさんあるベッドルームの中にはり、エティーナ男爵と男爵夫人の部屋もあり、当時は別々の部屋で寝ていたそうです。これらの部屋の装飾を見ると、当時におけるヨーロッパ貴族の生活の様子が伺えます。

実際に使用されていたキッチンルーム

  • 写真:Tompouceキッチンルーム

見学ルートの最後はキッチンルームへと移動します。この大きなキッチンは、1970年代まで実際に使用されていました。

  • 写真:Tompouce鍋に刻まれた「ZUYLEN」の名前
  • 写真:Tompouceキッチンルームの数ある鍋

数多くある銅製のフライパンや鍋などには、それぞれに『ZUYLEN』の名前が刻まれている、他には無い特別なものです。そして、この中にある一番大きな鍋は、なんと25キロの重さがあるそうです!

最後は庭からの外観も

  • 写真:Tompouce小さなお城【Châtelet】
  • 写真:Tompouce小さなお城の前にある庭

見学を終えて外へ出ると、隣の小さなお城へと繋がる橋を渡って行きます。このお城の中には入れませんが、目の前には小さな庭もあるので外からの光景も楽しめます。

バラの咲く美しい庭園

  • 写真:Tompouceバラの庭園

デハール城へ来た時に是非とも見ておきたいのがバラの庭園です。1,200本以上にも及ぶ79種類のバラがあり、春の終わりから夏にかけて咲くバラの花を見るのは、デハール城を訪れる楽しみの一つです。

  • 写真:Tompouceバラの庭園から眺めるデハール城
  • 写真:TompouceRoman Garden

バラの庭園の隣にはボックスウッドガーデン(Boxwood Garden)、お城の側面側にはローマンガーデン(Roman Garden)などがあります。庭園の所々にベンチシートも置かれているので、腰をかけて美しい庭園やお城を眺めるのもいいですね。

  • 写真:Tompouce庭園【Boxwood Garden】
  • 写真:Tompouce庭園内のフラワーアーチ

緑いっぱいに覆われたフラワーアーチには、春になると藤の花が、そして夏にはバラの花で飾られ、とてもロマンチックな感じが味わえます。

次のページを読む

オランダの旅行予約はこちら

オランダのパッケージツアーを探す

オランダのホテルを探す

オランダの航空券を探す

オランダの現地アクティビティを探す

オランダのWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2019年6月13日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

この記事を書いたトラベルライター

オランダより情報発信
仕事でオランダに渡り、日本で見ることのできない風景や建物に出逢い、何気なく住んでる土地でも、ふと気付けばその「素晴らしさ」に気付き、皆さんにお伝えしようと考えるようになりました。
自分では日常的に生活してる場所でも、視点をかえると大変興味深い発見があります。

そんなスポットを、お伝えしていきたいと思ってます。

Traveloco(トラベロコ)を通じて、ガイドもおこなっています。
エリア:オランダ
ロコ名:アルト
https://traveloco.jp/loco/arto_shack

記事で紹介した場所にも、ご案内いたします!

必見!オランダ鉄道の切符の買い方から乗り方まで徹底ガイド

鉄道は、旅行においてとても便利な移動手段の一つです。そしてオランダは、ヨーロッパの中でも鉄道路線が充実しており、たくさんの人に利用されている重要な交通手段です。...


【オランダ】北欧最大のアウトレットも!ショッピングの街・ルールモント

ヨーロッパにおいてもアウトレットショッピングモールは各地に多数ありますが、オランダの南東部に位置しているルールモント (Roermond) の街にあるアウトレッ...

特集!オランダで絶対食べたい定番スイーツ9選

オランダの食べ物といえばチーズが有名ですが、お菓子でも世界的に知られているものや、オリジナルなものもいくつかあります。ここでは、オランダ発祥のお菓子や、オランダ...

オランダの名画家フェルメールとレンブラントに関する必見スポット特集

フェルメール、レンブラントと言えば、中世オランダの黄金時代を代表する世界的に有名な画家です。どちちらの画家も、ほぼ同年代にオランダで画家として活動していました。...

小さな漁村フォーレンダムで昔ながらのオランダを散策!

オランダの観光地の一つで、かつて漁村として大変栄えていたフォーレンダムは、アムステルダムから北東にあるマルケン湖に面した所に位置してます。今では小さな観光地とし...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

アプリ「Pokke」でオランダの音声ガイドを聴く

オランダの観光スポットの音声ガイドをアプリ「Pokke」で聴くことができます。

旅行前にダウンロードしておけばオフラインでも使える!
プロのガイドに案内されるように旅を楽しめる!

Pokkeについて

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?