オランダ
オランダ観光
運河のある街並や絵本のような風車のある景色

オランダ最古の美しい都市・マーストリヒトの必見スポット13選!

取材・写真・文:

オランダ在住
訪問エリア:25ヶ国

2019年1月4日更新

1,801view

お気に入り

写真:Tompouce

マーストリヒト(Maastricht)は、オランダ東南部のマース川沿いにあるオランダ国内で最も古い都市で、歴史的にも大変貴重な建物などが多く見られます。ここでは、主にマース川沿いの西側、旧市街地の見所についてお伝えしていきます。

この記事の目次表示

オランダのおすすめツアー
市内へのアクセス抜群&モダンな設備を揃えた3つ星《キングス・コート・ホテル》指定!世界遺産の運河とコスモポリタンな雰囲気が人気の街《アムステルダム》5日間【羽田夜発/カタール航空利用】
83,800円~217,800円
◆往復直行便【成田午前発/KLMオランダ航空】利用―*話題のホテルに宿泊♪*―インスタ映え間違いなし!レゴブロックのようなカラフルな外観がユニークな【インテルホテルズアムステルダムザーンダム】ご宿泊!《アムステルダム》5日間
131,800円~290,800円
◆復路直行便利用!【成田発/KLMオランダ航空利用】観光地アクセス抜群の市内3つ星ホテル宿泊!ヨーロッパらしい優雅な街並みと美食が魅力の街《ブリュッセル》×世界遺産の運河とコスモポリタンな雰囲気が人気の街《アムステルダム》周遊!6日間
137,800円~303,800円

1. 聖セルファース橋 (Sint. Servaasburg)

  • 写真:Tompouce聖セルファース橋

マーストリヒトの街中を横切るように流れているマース川。そのマース川に架けられている「聖セルファール橋」は、13世紀に建設されたオランダで最も古く、そして美しい石橋です。実はこの橋、過去に破壊された経験を持ち、再建されて今の姿となっているのです。

マーストリヒト駅から真っ直ぐ市内へ向けて進むと、この聖セルファース橋に差し掛かります。橋の上から眺めるマース川や街の景色も素晴らしいです。

  • 写真:Tompouce聖セルファース橋
  • 写真:Tompouce聖セルファース橋の上
聖セルファース橋
オランダ / 建造物
住所:Sint Servaasbrug, Maastricht地図で見る

2. クルーズが楽しめるマース川

聖セルファース橋のすぐ近くにある船着き場から、マース川でのクルーズが楽しめます。

  • 写真:Tompouceマース川クルーズ、船着場
  • 写真:Tompouceマース川のクルーズ

天気の良い日には、フェリー後方にあるデッキに座ってクルーズを楽しむこともできますが、2階建の船内も大変ゆったりとしていて快適です。

このマース川のクルーズには幾つかのコースがありますが、筆者が利用したのは「スティプハウト・ツアー」の1時間のクルーズです。船内にはカフェ・バーもあるので、コーヒーなどを飲みながらクルーズを満喫できます。

  • 写真:Tompouce船内でカプチーノ!
  • 写真:Tompouce船内の様子
料金:大人 10ユーロ(約1,280円)、子供 4〜12歳 5,65ユーロ(約720円)、3歳以下 無料
所要時間:約1時間 
スティプハウト・ツアー
オランダ / 乗り物
住所:Maaspromenade 58, 6211 HS Maastricht地図で見る
Web:https://www.stiphout.nl/home-en

3. マルクト(Markt) /スタッドハウス(Stadhuis)

  • 写真:Tompouceマルクトにあるスタッドハウス

オランダ語で「マルクト」とはマーケットという意味で、旧市庁舎(スタッドハウス)のある広場の名前にもなっています。スタッドハウスは17世紀中頃に建てられ、当時この場所では行政が執り行われていました。

スタッドハウスの塔は47mの高さがあり、その中には49の青銅の鐘が設置されており、このベルによる演奏も定期的に行われています。

  • 写真:Tompouceスタッドハウス (Stadhuis)

またマルクトでは頻繁にマーケットが開催されていて、生活用品や食料品、洋服、アンテイークな品物などが販売されています。地元の人はもちろんですが、観光で訪れた人もマーケットでお土産を探したりしています。もしかすると、掘出し物を見つけられるかもしれませんね!

  • 写真:Tompouceマルクト広場でのマーケット
  • 写真:Tompouceマーケットで売られているアンテイーク

マルクトの周りにはカフェやレストランもたくさんありますが、マーケット内で軽食やスナックなども販売しているので、お腹が空いたらその場でいただくこともできます。

スタッドハウス(マルクト)
オランダ / 建造物
住所:Maastricht Town Hall, Markt 78, 6211 CL Maastricht地図で見る

4. ビスコップスモルン (Bisschopsmolen)の水車

オランダと言えば「風車」ですが、オランダにおいて最も古い「ビスコップスモルン」(Bisschopsmolen)という水車が、マーストリヒトのベーカリーにあります。ちなみにこのベーカリーとベーカリーに隣接しているカフェの店名も、水車と同じ「ビスコップスモルン」となっています。水車の見学は、カフェのすぐ脇から入って行うことができます。水車の回りには美しい花も添えられています!

ちなみにベーカリーのビスコップスモルンでは、この水車を利用して挽いた小麦粉を使って作られたパンやお菓子が販売されています。

  • 写真:Tompouceビスコップスモルンのカフェ
  • 写真:Tompouceビスコップスモルンのベーカリー
ビスコップスモルン
オランダ / パン・サンドイッチ
住所:Stenenbrug 3, 6211 HP Maastricht地図で見る
Web:http://www.bisschopsmolen.nl/

5. 名物デザート「フラーイ」(Vlaai)を楽しめるビスコップスモルンのカフェ

先述のベーカリー「ビスコップスモルン」隣接のカフェでは、オランダの南部地方・リンブルグ州の名物として有名なデザート「フラーイ」をいただけます。

  • 写真:Tompouceマーストリヒト名物デザート「フラーイ」
  • 写真:Tompouceマーストリヒト名物デザート「フラーイ」

このデザートはパイにも似ていて、チェリーやリンゴ、アプリコットなどのフルーツが豊富に使われています。フラーイの直径はおよそ30cm。「ビスコップスモルン」だけでなく、街のカフェやベーカリーなどでも販売されています。もちろん、オランダ全土で見つけることができます。

街の散策の合間に、休憩を兼ねて立ち寄ってみてはいかがでしょうか!

フラーイ(Vlaai):一切れ、2.5ユーロ(約320円)

6. ドミニカネン書店 (Boekhandel Dominicanen)

  • 写真:Tompouceドミニカン書店内

この「ドミニカネン書店」は、13世紀に建てられた教会を利用している書店です。13世紀にドミニカ人のための修道院教会として建てられましたが、19世紀初頭からは教会としての機能を終えて、倉庫などに利用されていました。

  • 写真:Tompouceドミニカン書店内
  • 写真:Tompouceドミニカン書店入り口付近

近年になり考古学的な調査が行われ、その調査終了後の2006年から書店として利用されるようになったのです。そして、この書店をイギリスのメディアが取り上げたことで「世界で最も美しい書店」、と言われるようになりました。

  • 写真:Tompouce屋根裏に描かれているフレスコ画

特に目立った飾りのある建物ではありませんが、屋根裏に描かれたフレスコ画(石灰壁に描かれた絵)は必見ですね!書店の3階まで上がると、天井をかなり近くで見ることができます。

オランダのズウォレという街にも、教会をリノベーションした美しい書店があります。詳しくは、以下の記事でお伝えしています。

ドミニカネン書店
オランダ / 本屋
住所:Dominicanerkerkstraat 1, 6211 CZ Maastricht地図で見る
Web:https://www.libris.nl/dominicanen

7. 聖母マリア教会 (Basiliek van Onze Lieve Vrouwe)

  • 写真:Tompouce聖母マリア教会(裏側)
  • 写真:Tompouce聖母マリア教会

マーストリヒトには歴史的な教会がいくつかありますが、この聖母マリア教会は11世紀に建てられたカトリックの教会です。ロマネスク建築の教会なので、窓も小さく建物の中は薄暗いのですが、教会に入ってすぐのところにある聖母マリアの礼拝堂は必見ですね!マリア像と黄金の彫刻はとても素晴らしく、印象的です。

  • 写真:Tompouce聖母マリアの礼拝堂
  • 写真:Tompouce聖母マリア教会内

教会の中へ入場できる時間は、毎日8:30から17:00まで。教会の入り口にある聖母マリア礼拝堂への入場は毎日8:00から20:00までで、どちらも無料で見学することができます。

聖母マリア教会
オランダ / 社寺・教会
住所:Onze Lieve Vrouweplein 7, 6211 HD Maastricht地図で見る
Web:http://www.sterre-der-zee.nl/

次のページを読む

オランダの旅行予約はこちら

オランダのパッケージツアーを探す

オランダのホテルを探す

オランダの航空券を探す

オランダの現地アクティビティを探す

オランダのWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年7月3日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


オランダのおすすめ観光スポット12選!オランダ旅行の人気名所・有名観光地ガイド

世界遺産の運河地区があるアムステルダムをはじめ、観光で訪れたい人気名所が豊富なオランダ。風車が並ぶ有名観光地に、お洒落なレストランやカフェが立ち並ぶ古都など、オ...


特集!オランダで絶対食べたい定番スイーツ9選

オランダの食べ物といえばチーズが有名ですが、お菓子でも世界的に知られているものや、オリジナルなものもいくつかあります。ここでは、オランダ発祥のお菓子や、オランダ...

オランダの名画家フェルメールとレンブラントに関する必見スポット特集

フェルメール、レンブラントと言えば、中世オランダの黄金時代を代表する世界的に有名な画家です。どちちらの画家も、ほぼ同年代にオランダで画家として活動していました。...

【オランダ】閲覧注意! ハーグ・拷問博物館

オランダの政治首都、ハーグ(Den Haag)は、400年以上前からオランダ国内でその役割を担ってきました。それを証明するのが、犯罪者や謀反者を罰してきた拷問の...

オランダの風車おすすめスポット5選!

オランダを象徴する風車は、観光するの絶対に見ておきたいものですね。2019年時点で約1,000基の風車がオランダにあると言われていますが、その中でも特に見応えの...

この記事を書いたトラベルライター

オランダより情報発信
仕事でオランダに渡り、日本で見ることのできない風景や建物に出逢い、何気なく住んでる土地でも、ふと気付けばその「素晴らしさ」に気付き、皆さんにお伝えしようと考えるようになりました。
自分では日常的に生活してる場所でも、視点をかえると大変興味深い発見があります。

そんなスポットを、お伝えしていきたいと思ってます。

Traveloco(トラベロコ)を通じて、ガイドもおこなっています。
エリア:オランダ
ロコ名:アルト
https://traveloco.jp/loco/arto_shack

記事で紹介した場所にも、ご案内いたします!

必見!オランダ鉄道の切符の買い方から乗り方まで徹底ガイド

鉄道は、旅行においてとても便利な移動手段の一つです。そしてオランダは、ヨーロッパの中でも鉄道路線が充実しており、たくさんの人に利用されている重要な交通手段です。...


【オランダ】北欧最大のアウトレットも!ショッピングの街・ルールモント

ヨーロッパにおいてもアウトレットショッピングモールは各地に多数ありますが、オランダの南東部に位置しているルールモント (Roermond) の街にあるアウトレッ...

特集!オランダで絶対食べたい定番スイーツ9選

オランダの食べ物といえばチーズが有名ですが、お菓子でも世界的に知られているものや、オリジナルなものもいくつかあります。ここでは、オランダ発祥のお菓子や、オランダ...

オランダの名画家フェルメールとレンブラントに関する必見スポット特集

フェルメール、レンブラントと言えば、中世オランダの黄金時代を代表する世界的に有名な画家です。どちちらの画家も、ほぼ同年代にオランダで画家として活動していました。...

小さな漁村フォーレンダムで昔ながらのオランダを散策!

オランダの観光地の一つで、かつて漁村として大変栄えていたフォーレンダムは、アムステルダムから北東にあるマルケン湖に面した所に位置してます。今では小さな観光地とし...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

アプリ「Pokke」でオランダの音声ガイドを聴く

オランダの観光スポットの音声ガイドをアプリ「Pokke」で聴くことができます。

旅行前にダウンロードしておけばオフラインでも使える!
プロのガイドに案内されるように旅を楽しめる!

Pokkeについて

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?