オランダ
オランダ観光
運河のある街並や絵本のような風車のある景色

鉄道ファン必見!オランダの鉄道博物館

取材・写真・文:

オランダ在住
訪問エリア:25ヶ国

2018年3月27日更新

710view

お気に入り

写真:Tompouce

オランダのユトレヒト (Utrecht) という都市の中心部には、オランダ鉄道の歴史を知ることができる鉄道博物館(Spoorwegmuseum)があります。ここにはオランダの鉄道が開業した19世紀から20世紀にかけて活躍した蒸気機関車や客車、電車などがたくさん展示されています。ユトレヒトは、古い時代から交通の要所として栄えた都市で、その交通の要となる地に鉄道博物館が設立されています。それでは、博物館をご紹介していきます。

この記事の目次表示

ユトレヒト・マリバーン駅(Utrecht Maliebaan)

鉄道博物館は、ユトレヒト・マリバーン駅とその隣に設けられた大きな車庫を利用して展示を行っています。ユトレヒト・マリバーン駅は、1874年に開業した歴史のある駅ですが、1954年からは博物館として使用されることになりました。駅舎は博物館の開業後に何度か改装され、現在の姿に至っています。

  • 写真:Tompouceユトレヒト・マリバーン駅(鉄道博物館)

博物館の入場券は、駅舎内の切符売り場の窓口で購入します。

入場料:大人17.5ユーロ(約2,230円)、 4歳まで入場無料

駅舎内には、もともと旧デン・ハーグ駅にあったオランダ王室専用の待合室や理容室なども再現されています。

  • 写真:Tompouce駅舎内にある王室専用待合室
  • 写真:Tompouce駅舎内にある王室専用待合室
  • 写真:Tompouce駅舎内にある王室専用待合室
  • 写真:Tompouce駅舎内にある床屋

鉄道にとって時計は、とても重要な役割を果たしています。博物館にもいくつかの時計が至るところで見かけられます!

  • 写真:Tompouce1889年製、アムステルダム駅に置かれてあった時計
  • 写真:Tompouce駅舎にある時計

アトラクション

鉄道をテーマにしたユニークなアトラクションもあるので、いくつかご紹介していきます。

火の試験(De Vuurproef)

このアトラクションは「火の試験」という少し変わったテーマですが、蒸気機関車を運転するという想定のシュミレーションなので、このような名前がついているかと思います。

アトレクションの前半では、スクリーンを通じてナレーションによるガイドがあります。オランダ語で話していますが、英語の字幕も画面下に出ています。

  • 写真:Tompouceアトラクション「火の試験」(De Vuurproef)入り口

アトラクション後半では、列車の運転台を形取った4Dシュミレーターに座り、蒸気機関車から始まる2世紀における鉄道の歴史に沿ったエキサイティングな旅を体験します。迫り来る画面に合わせて座席も動き、まるで映像の中を運転しているような体験ができます!

このアトラクションは、2014年にオランダのシアター・アワードにも選ばれました!

夢の旅(Droomreizen)

オリエント急行での、夢の旅をテーマにしてるアトラクションです。

  • 写真:Tompouce夢の旅(Droomreizen)、蒸気シアター(Stoom Theater)入り口

このアトラクションでは「蒸気シアター」(Stoom Theater)という演劇が毎日行われていますが、残念ながらオランダ語での演劇ですのでお分かり出来ないと思います。

1900年代のオリエント急行での旅の様子を演劇にしていますが、どちらかというと子供向けになってますので、シアターに訪れるのは地元オランダの家族連れがほとんどです。

アトラクションにはシアターとは別に1900年代頃を再現したプラットホームとオリエント急行の客車が展示してあります。ちょっとひと昔戻ったような体験が味わえます。

  • 写真:Tompouce博物館内のオリエントエクスプレス
  • 写真:Tompouce博物館内のオリエントエクスプレス

オリエント急行の車内に入って見学はできませんが、窓から車内を覗いてみましょう。当時の豪華さを見ることができます。

  • 写真:Tompouceオリエントエクスプレスの車内
  • 写真:Tompouceオリエントエクスプレスの車内

プラットホームにあるベンチシートやゴミ箱、そして売店なども、1900年代当時の様子が伺えます。

  • 写真:Tompouce博物館内のプラットホーム
  • 写真:Tompouce博物館内のプラットホーム

スターレン・モンスター(Stalen Monsters)

4人乗りのワゴンで暗室の中を探検する、スリリングなアトラクションです。ジェットコースターではないので、誤解しないように!

  • 写真:Tompouceアトラクション、スターレン・モンスター(Stalen Monsters)入り口

1930年代の世界に飛び込んで、蒸気機関車の間を通り抜けたり機関車の真下を覗いたりなどエキサイティングな冒険を体験できます。

グレートディスカバリー(De Grote Ontdekking)

1839年の世界に飛び込んだ感じで、オランダ鉄道が開通した当時の様子を物語っているアトラクションです。

  • 写真:Tompouceアトラクション、グレートディスカバリー(De Grote Ontdekking)入り口

アトラクション専用のナビゲーションを聞けるボイスボックスとヘッドフォンが渡されます。ただ、オランダ語だけでしか対応してませんのでお分かりできないと思いますが、説明を抜きにしても当時の様子を見て楽しむ事ができます。

オランダ鉄道が開業した1839年当時の、日本語で「わし」と言う名の蒸気機関車 (De Arend) と、客車も展示されています。直近で見れたり客車に乗車したり当時の雰囲気を体験できます。

  • 写真:Tompouce1839年、蒸気機関車 (De Arend)
  • 写真:Tompouce1839年、蒸気機関車 (De Arend) と客車

実はこの蒸気機関車はレプリカだそうです。本物は1857年に解体されてしまいました。

またこちらは1889年のアムステルダム駅とその周辺の様子を模型にして展示してあります。

  • 写真:Tompouce1889年のアムステルダム駅とその周辺の模型
  • 写真:Tompouce1889年のアムステルダム駅とその周辺の模型

このアトラクションには、当時の鉄道に関わる絵画も展示してあります。19世紀において鉄道をテーマにした絵画はオランダの画家においてポピュラーではありませんでしたので、鉄道を取り入れた絵画を観られることは珍しいです。

  • 写真:Tompouce鉄道を題材にした絵画
  • 写真:Tompouce鉄道を題材にした絵画

ジャンボ・エクスプレス(Jumbo Express)

アトラクションの名前とは裏腹に、ミニチュアの列車で博物館の敷地を一周する、小さな子供が対象のアトラクションです。残念ですが大人は乗れません!乗れる大人は、博物館スタッフの運転士だけです。

  • 写真:Tompouceミニチュア列車のアトラクション
  • 写真:Tompouceミニチュア列車のアトラクション

次のページを読む

オランダの旅行予約はこちら

オランダのホテルを探す

オランダの航空券を探す

オランダのパッケージツアーを探す

オランダの現地アクティビティを探す

オランダのWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年3月26日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事

必見!オランダ鉄道の切符の買い方から乗り方まで徹底ガイド

鉄道は、旅行においてとても便利な移動手段の一つです。そしてオランダは、ヨーロッパの中でも鉄道路線が充実しており、たくさんの人に利用されている重要な交通手段です。...

小さな漁村フォーレンダムで昔ながらのオランダを散策!

オランダの観光地の一つで、かつて漁村として大変栄えていたフォーレンダムは、アムステルダムから北東にあるマルケン湖に面した所に位置してます。今では小さな観光地とし...


オランダ最古の美しい都市・マーストリヒトの必見スポット13選!

マーストリヒト(Maastricht)は、オランダ東南部のマース川沿いにあるオランダ国内で最も古い都市で、歴史的にも大変貴重な建物などが多く見られます。ここでは...

【オランダ】 ナイメーヘンの歴史と現在の姿を感じる観光スポット

ライン川下流のワール川沿岸に建設された街、ナイメーヘン(Nijmegen)。この街は、ローマ帝国時代にオランダで最初に都市として認められ、その時代の遺産が街中で...


オランダ名画家ヒエロニムスボスの街・デンボスの必見スポット9選!

オランダの南部に位置している、北ブラバント州の中心都市「デンボス」。中世の黄金時代にはとても栄えた街で、今でも当時の色を濃く残しており、その様子を至る所で見るこ...

この記事を書いたトラベルライター

オランダより情報発信
仕事でオランダに渡り、日本で見ることのできない風景や建物に出逢い、何気なく住んでる土地でも、ふと気付けばその「素晴らしさ」に気付き、皆さんにお伝えしようと考えるようになりました。
自分では日常的に生活してる場所でも、視点をかえると大変興味深い発見があります。

そんなスポットを、お伝えしていきたいと思ってます。

Traveloco(トラベロコ)を通じて、ガイドもおこなっています。
エリア:オランダ
ロコ名:アルト
https://traveloco.jp/loco/arto_shack

記事で紹介した場所にも、ご案内いたします!

必見!オランダ鉄道の切符の買い方から乗り方まで徹底ガイド

鉄道は、旅行においてとても便利な移動手段の一つです。そしてオランダは、ヨーロッパの中でも鉄道路線が充実しており、たくさんの人に利用されている重要な交通手段です。...

【オランダ】北欧最大のアウトレットも!ショッピングの街・ルールモント

ヨーロッパにおいてもアウトレットショッピングモールは各地に多数ありますが、オランダの南東部に位置しているルールモント (Roermond) の街にあるアウトレッ...


小さな漁村フォーレンダムで昔ながらのオランダを散策!

オランダの観光地の一つで、かつて漁村として大変栄えていたフォーレンダムは、アムステルダムから北東にあるマルケン湖に面した所に位置してます。今では小さな観光地とし...

オランダの名画家フェルメールとレンブラントに関する必見スポット特集

フェルメール、レンブラントと言えば、中世オランダの黄金時代を代表する世界的に有名な画家です。どちちらの画家も、ほぼ同年代にオランダで画家として活動していました。...


オランダ最古の美しい都市・マーストリヒトの必見スポット13選!

マーストリヒト(Maastricht)は、オランダ東南部のマース川沿いにあるオランダ国内で最も古い都市で、歴史的にも大変貴重な建物などが多く見られます。ここでは...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

アプリ「Pokke」でオランダの音声ガイドを聴く

オランダの観光スポットの音声ガイドをアプリ「Pokke」で聴くことができます。

旅行前にダウンロードしておけばオフラインでも使える!
プロのガイドに案内されるように旅を楽しめる!

Pokkeについて

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?