オランダ
オランダ観光
運河のある街並や絵本のような風車のある景色

小さな漁村フォーレンダムで昔ながらのオランダを散策!

取材・写真・文:

オランダ在住
訪問エリア:25ヶ国

2018年1月30日更新

2,481view

お気に入り

写真:Tompouce

オランダの観光地の一つで、かつて漁村として大変栄えていたフォーレンダムは、アムステルダムから北東にあるマルケン湖に面した所に位置してます。今では小さな観光地として定着しており、昔ながらの町並みを見ることができます。今回は、そんな古い漁村として知られているフォーレンダムをご紹介します。

この記事の目次表示

オランダのおすすめツアー
……*こだわりの贅沢な空間広がる【KLMオランダ航空】往復ビジネスクラス直行便利用*……―*美術館めぐりに最適なオランダ2都市周遊*―「マウリッツハイス美術館」へ徒歩5分&市内中心部へのアクセスが良好な4つ星ホテル宿泊!【ハーグ×アムステルダム】周遊5日間
399,800円~549,800円
ビジネスクラス&復路直行便利用!名物特急タリスで巡るヨーロッパ鉄道旅◆【成田発/KLMオランダ航空利用】5つ星ホテルご宿泊◆ヨーロピアンな外観とモダンな設備が人気のホテル&運河沿いに建つ屈指の名門ホテルに泊まる《ブリュッセル×アムステルダム》周遊6日間
485,800円~680,800円
【成田発/KLMオランダ航空利用】―*鉄道でめぐるドイツ&ベルギー&オランダ3ヵ国周遊*―世界遺産の大聖堂がそびえる街【ケルン】×優雅な街並みと美食が魅力の街【ブリュッセル】×世界遺産の運河の街【アムステルダム】周遊7日間
149,800円~317,800円

フォーレンダムでの楽しみ方

  • 写真:Tompouce港沿いのメイン通り、Haven

フォーレンダムはアムステルダムから約20kmと大都市から近い事もあり、いつでも観光客でにぎわっています。2時間もあれば全てを見て回れるほどの小さな町ですが、オススメはゆっくりと散歩しながら、昔ながらの建物やユニークなモニュメンを見て回り、博物館を見学したりすることです。また、伝統のある民族衣裳を着て記念の写真撮影なども楽しむことができます。

マルケン湖に面した通り「Haven」が一番にぎやかで、ショップやレストランも充実してます。海のような壮大な湖を眺めながら、食事をとったり休憩してくつろぐのもいいでしょう。また毎週土曜日には、町の中心部でマーケットが開催されてます。

  • 写真:Tompouceフォーレンダム港から見た沖合い

湖に面した通りにある港に、帆船が停泊してることもあります。運がよければ実際に帆船へ乗り込んで見学することもできます。

  • 写真:Tompouceフォーレンダム港
  • 写真:Tompouceフォーレンダム港に停泊してる帆船

裏道の可愛らしい住宅街を散策

  • 写真:Tompouce裏道の住宅地にある跳ね橋

湖沿いの通りから少し裏の方へ入ると、レンガと木造で出来た、可愛いらしい民家が見られます。小さな運河も住宅街の中を通ってるので、跳ね橋もいくつか見ることができます。裏道を進むと、「ヴィンセンチウス教会 (Sint-Vincentiuskerk) 」があります。オープン時間に制限はありますが、教会内を見学することもできます。

  • 写真:Tompouceヴィンセンチウス教会
ヴィンセンチウス教会の見学時間
月曜日 - 土曜日:8:00 - 9:30、15:00 - 18:00
ヴィンセンチウス教会
オランダ / 社寺・教会
住所:Kerkepad 1, 1131 CX Volendam, Sint-Vincentiuskerk地図で見る
Web:http://www.vincentiuskerk.nl

チーズ・ファクトリーの見学

  • 写真:Tompouceチーズ・ファクトリー・フォーレンダム

大通りに面した「チーズ・ファクトリー・フォーレンダム」は、工房と博物館になっており、チーズに関する知識を工房のお姉さんがデモンストレーションを兼ねて説明しています。試食もできますので、この機会に様々なチーズを味わってみましょう!

  • 写真:Tompouceチーズ工房内に保存されてるチーズ
  • 写真:Tompouceチーズ工房内に展示されてる昔の機材

館内には、かつてチーズ作りに使用されていた機材等が展示されてます。

チーズ・ファクトリー・フォーレンダム
オランダ / 工場・施設見学 / 博物館・美術館
住所:Haven 25, 1131 EP Volendam地図で見る
Web:http://www.cheesefactoryvolendam.com/en_GB/

伝統のある民族衣装を着てオランダ人体験

  • 写真:Tompouceフォトグラーフ・フォーレンダム

フォーレンダムには、民族衣装を着て記念写真を撮影をしてくれるフォトショップがいくつかあります。女性用や男性用、また子供用の衣装も揃っていますので、好きな衣装やアクセサリーを選んで撮影してもらえます。旅の思い出に、お友達やご家族と一緒に記念撮影をするのはいかがでしょうか!

フォトショップ「フォトグラーフ・フォーレンダム」では、アメリカの歌手、ファレル・ウィリアムスも記念撮影をしたのでしょう。ショップの前に写真が掲載してありました。

  • 写真:Tompouceファレル・ウイリアムスもこのフォトショップで記念撮影!

写真は小さいサイズが2つ、もしくは中くらいのサイズ1つのどちらかが選べます。写真館は人気があるので、多少待たされる場合があります。

フォトグラーフ・フォーレンダムでの写真料金(衣装込み)
・1人15ユーロ、2枚(13x18cm)または 1枚(20x30cm)
・2人20ユーロ、2枚(13x18cm)または 1枚(20x30cm)
フォトグラーフ・フォーレンダム
オランダ / 体験・アクティビティ
住所:Haven 70, 1131 ET Volendam地図で見る
Web:http://www.fotoinvolendamkostuum.nl/home/

フォーレンダム博物館

  • 写真:Tompouceフォーレンダム博物館

町の中心部には、フォーレンダムの民族衣装や歴史に関する情報を展示してる博物館がありますが、2018年3月11日まで博物館内改装のため、それまでは一時的に閉鎖されています。新しい展示内容で再開されるのがとても楽しみです!

入場料
大人 4ユーロ(約540円)、子供(14歳まで)2ユーロ(約270円)
フォーレンダム博物館
オランダ / 博物館・美術館
住所:Zeestraat 41,1131 ZD Volendam地図で見る
Web:http://www.volendamsmuseum.nl

フェリーでマルケン島へ

港からフェリーに乗って約30分で、マルケンと言う小さな島へ行くことができます。島へは道路も繋がっていますが、歩いて行くにはかなりの距離になってしまいますので、フェリーを利用して湖を眺めるという、ゆったりとしたひと時を過ごしながら移動するのはいかがでしょうか。

  • 写真:Tompouceフェリー/フォーレンダム・マルケン・エクスプレス
フェリー運航時間:約1時間毎に出発
片道:8.5ユーロ(約1,150円)、子供(4 - 11歳)半額
往復:11.5ユーロ(約1,560円)、子供(4 - 11歳)半額

マルケン島は小さい島で、フォーレンダムほど観光客でにぎわってはいませんが、港とその周辺に立ち並んでる独特な木造家屋の民家などの見所を、散歩しながら見て回るのがオススメです。

こじんまりとした島ですが、とても綺麗な町並みでどこを見ても「絵」になる風景ばかりです!

  • 写真:Tompouceマルケン島の町並み

港に停泊してる帆船の中に、かつて活躍していた漁船を間近で見ることができます。

  • 写真:Tompouceマルケン港に停泊してる、かつての漁船

マルケン島中心部にある木靴の工房「クロンペンマケライ」(Klompenmakerij) は、港のフェリー乗り場から徒歩で約5分と大変近く、オランダ伝統の木靴を製作する様子を見ることができます。お店もある工房は、無料で自由に見学できます。

  • 写真:Tompouceクロンペンマケライ・マルケン
フォーレンダム ・マルケン・エクスプレス
オランダ / 乗り物
住所:Haven 39, 1131 EP Volendam地図で見る
Web:http://en.markenexpress.nl
クロンペンマケライ・マルケン
オランダ / 工場・施設見学
住所:Kets 52, 1156 AX Marken, Klompenmakerij Marken地図で見る
Web:https://woodenshoefactory-marken.myshopify.com
マルケン島
オランダ / その他スポット
住所:Marken, Volendam地図で見る

最後に

フォーレンダムは地元のオランダ人にも人気があり、天気の良い週末には湖沿いにあるレストランのテラスがいっぱいになるほどです。もしかすると、陽気なオランダ人に声をかけられて知り合いになるかもしれませんね。小さい町ですが、見所はたくさんありますので半日観光には最適です。

もしアムステルダムにお越しになられたのでしたら、是非一度足を運んでみてはどうでしょうか!

フォーレンダムへのアクセス

バス:316号線、アムステルダム駅(Amsterdam CS)より、フォーレンダム ジュリアナウエグ/セントラム(Volendam, Julianaweg / Centrum)下車、徒歩1分

  • 出発時間:30分毎
  • 移動時間:約30分
  • 料金:10ユーロ(約1,350円)の一日券がアムステルダム駅のサービスショップで購入できます
フォーレンダム
オランダ / 町・ストリート
住所:Volendam地図で見る

※記事内のユーロから日本円への換算は、2018年1月におけるレートで計算しています。1ユーロ=約135円。

オランダの旅行予約はこちら

オランダのパッケージツアーを探す

オランダのホテルを探す

オランダの航空券を探す

オランダの現地アクティビティを探す

オランダのWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年1月29日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事

オランダのおすすめ観光スポット・名所12選!

世界遺産に登録されている運河地区をもつアムステルダムをはじめ、観光で訪れたい魅力的なスポットが多いオランダ。風車が並ぶ街に、お洒落なレストランやカフェが立ち並ぶ...

【厳選】女子旅にオススメ♡心ときめく世界の可愛い村と街12選!

インスタ映え間違いなし!まるで童話の世界のような可愛い家や、中世の面影残る美しい街並み。一度は行きたいとっておきの村や街を、可愛いものに目がない筆者が厳選してご...


オランダ絵画が大集結!激レアなフェルメール作品を4点も収蔵するアムステルダム国立美術館

「フェルメール」という画家をご存じですか?青いターバンが印象的な「真珠の耳飾りの少女」を描いたオランダの画家です。「光の魔術師」との異名を持つフェルメールが画家...

【オランダ】閲覧注意! ハーグ・拷問博物館

オランダの政治首都、ハーグ(Den Haag)は、400年以上前からオランダ国内でその役割を担ってきました。それを証明するのが、犯罪者や謀反者を罰してきた拷問の...


オランダの名画家フェルメールとレンブラントに関する必見スポット特集

フェルメール、レンブラントと言えば、中世オランダの黄金時代を代表する世界的に有名な画家です。どちちらの画家も、ほぼ同年代にオランダで画家として活動していました。...

この記事を書いたトラベルライター

オランダより情報発信
仕事でオランダに渡り、日本で見ることのできない風景や建物に出逢い、何気なく住んでる土地でも、ふと気付けばその「素晴らしさ」に気付き、皆さんにお伝えしようと考えるようになりました。
自分では日常的に生活してる場所でも、視点をかえると大変興味深い発見があります。

そんなスポットを、お伝えしていきたいと思ってます。

Traveloco(トラベロコ)を通じて、ガイドもおこなっています。
エリア:オランダ
ロコ名:アルト
https://traveloco.jp/loco/arto_shack

記事で紹介した場所にも、ご案内いたします!

必見!オランダ鉄道の切符の買い方から乗り方まで徹底ガイド

鉄道は、旅行においてとても便利な移動手段の一つです。そしてオランダは、ヨーロッパの中でも鉄道路線が充実しており、たくさんの人に利用されている重要な交通手段です。...

【オランダ】北欧最大のアウトレットも!ショッピングの街・ルールモント

ヨーロッパにおいてもアウトレットショッピングモールは各地に多数ありますが、オランダの南東部に位置しているルールモント (Roermond) の街にあるアウトレッ...


オランダの名画家フェルメールとレンブラントに関する必見スポット特集

フェルメール、レンブラントと言えば、中世オランダの黄金時代を代表する世界的に有名な画家です。どちちらの画家も、ほぼ同年代にオランダで画家として活動していました。...

特集!オランダで絶対食べたい定番スイーツ9選

オランダの食べ物といえばチーズが有名ですが、お菓子でも世界的に知られているものや、オリジナルなものもいくつかあります。ここでは、オランダ発祥のお菓子や、オランダ...


オランダ最古の美しい都市・マーストリヒトの必見スポット13選!

マーストリヒト(Maastricht)は、オランダ東南部のマース川沿いにあるオランダ国内で最も古い都市で、歴史的にも大変貴重な建物などが多く見られます。ここでは...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

アプリ「Pokke」でオランダの音声ガイドを聴く

オランダの観光スポットの音声ガイドをアプリ「Pokke」で聴くことができます。

旅行前にダウンロードしておけばオフラインでも使える!
プロのガイドに案内されるように旅を楽しめる!

Pokkeについて

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?