ニュージーランド
ニュージーランド
都市型の北島と大自然を楽しむ南島からなる

【NZに温泉!】ロトルアポリネシアンスパで絶景見ながら入浴しよう

2018年5月22日更新

65view

お気に入り

日本と同じ火山の国ニュージーランド。自然溢れるその国には、日本と同じく温泉があるってご存知でしたか?今回はニュージーランドに数ある温泉の中から、北島のロトルアにあり、誰でも気軽に立ち寄ることができる「ポリネシアンスパ」をご紹介します。

ニュージーランドに温泉?!

「温泉」というと、どうしても日本のものというイメージが強いかもしれません。でも実は、海外にも温泉が湧き出るところはたくさんあるんです。その中でも、特に有名なのがニュージーランド。

ニュージーランドは全国で温泉が湧き、温泉に入るための設備もたくさんあるんです。

実際に訪れてみると、街には硫黄の匂いが立ち込め、モクモクと煙が上がっている場所が。浴衣はないけど、温泉はある。なんだか不思議な気持ちにさせられますが、そんなニュージーランドで手軽に温泉を味わうのにおすすめの場所が、北島にある「ロトルア」という場所の「ポリネシアンスパ」なんです。

ポリネシアンスパとは?

ポリネシアンスパとは、ロトルアの街中にある複合温泉施設です。4つのエリアに分かれた、合計26の温泉とプールを楽しめる施設となっています。

つまり簡単にいうと、日本のスーパー銭湯のようなものがニュージランドの北島にもあるということです。他にもロトルアにはいくつかの温泉施設がありますが、街の中心部にあり、誰もが手軽に利用できるのが「ポリネシアンスパ」なんです。

綺麗なロトルア湖を見ながら入浴できる

ポリネシアンスパの魅力はなんと行っても、目の前に広がる湖の景色を見ながら入浴できること。こちらの湖はロトルア湖。湖を取り囲む自然も豊かで、見ごたえ抜群です。

のんびりと入浴しながら、日本とは違った自然の景色が堪能できるなんて本当に贅沢です。

また夕暮れや夜を狙っていくと、天気がよければ、夕焼けや綺麗な星空を温泉に浸かりながら見れるので、そちらもおすすめです。

ポリネシアンスパに行く前に知っておきたい5つのこと

ポリネシアンスパの概要と魅力を紹介しましたが、海外の温泉てどんな決まりがあるか、どんな風に入浴すればいいのかなど、不安もあると思います。

そこで、ポリネシアンスパに行く前に知っておきたいことをご紹介。これさえおさえておけば、行ってからドギマギすることなくゆったり温泉を楽しまめすよ。

(1)選べる4つのスパスタイルと料金

ポリネシアンスパには、大きく分けて4つのコースがあります。

①Lake spaレイクスパ $48(約4,000円)

②Adult Pools & Priest Spa 大人専用プールとプリストスパ $29(約2,300円)

③Private Pools 貸切り用プライベートプール  $29(約2,300円)

④Family Spa ファミリースパ  $39.00(約3,200円)ファミリー (大人2名と子供1~4名) 

※値段の詳細はホームページで確認してください!

この中で一般的なのは「大人専用プールとプリストスパ」というものです。家族連れの方はファミリースパ、カップルなどでゆっくりしたい場合は「貸し切り」もおすすめです。

(2)混浴で水着着用

海外の温泉はそのほとんどが混浴です。混浴と聞くと不安に思われる方もいるかもしれませんが、基本的に入浴の際は水着着用なので安心してください。

また、水着やタオルのレンタルもありますので、手ぶらでの利用も可能です。

レンタル料は$5(約400円)。はじめにデポジットを含む$10(約800円)を払って、借りていた水着を返すと$5(約400円)返却される方式です。

(3)荷物はどうする?

荷物に関しては、日本の銭湯と少し違います。施設の中に更衣室はありますが、そこにはロッカーはありません。更衣室の前に鍵のない棚があり、貴重品以外の荷物はそこに預けることになります。ロッカーは比較的大きいので、大きい荷物でも安心です。

また、鍵付きのロッカーも有料で借りることが可能です。何人かで行く場合は、貴重品などはみんなで1つの鍵付きのロッカーに入れて、大きな荷物はそれぞれ鍵のないロッカーで管理するのがおすすめです。

鍵付きロッカーの値段は$5(約400円)。水着やタオルと同じく、デポジットで$10(約800円)支払い、鍵を返却すると$5(約400円)が返金される仕組みです。

(4)シャワーは各更衣室に

日本の温泉や銭湯は、浴槽の隣に洗い場があり、椅子や桶が用意されているのが一般的なので、ニュージーランドの温泉にもそんなイメージを持たれる方がいるかもしれませんが、少し違います。

こちらのポリネシアンスパは、温泉に浸かるということがメインになるため、浴槽があるフロアにはシャワーや洗い場はありません。シャワーがあるのは更衣室で、シャワー自体も立って浴びる簡易のシャワーになっています。

桶やイスはついておらず、どちらかというと身体をさっと洗い流すのがメインです。ただ、シャンプーや石鹸を持ち込めば身体を洗うことも可能なので、宿のお風呂や、時間帯、自分の旅のスタイルに合わせて上手に利用してみてください。

(5)温度は適温!長く入れて、気持ち良い

海外の温泉は、実際に入ってみると日本の温泉に入り慣れている方にはぬるいことが多いのですが、こちらの温泉は熱すぎず、ぬるすぎず、適温です。

適温のお風呂は長湯もできて、じっくりのんびりと味わえます。旅の疲れをとるのにもぴったりですよ。

まとめ

今回はニュージーランドの北島ロトルアという街にある「ポリネシアンスパ」をご紹介しましたが、いかがだったでしょうか?

日本とは違った雰囲気の温泉施設、日本とは違った雰囲気の自然の景色を楽しめるポリネシアンスパは、本当におすすめです。旅の疲れを癒しに、ニュージーランドの北島を訪れた際は、ぜひポリネシアンスパに行ってみてくださいね。

ポリネシアンスパ
ニュージーランド / 温泉
住所:1000 HINEMOA STREET, ROTORUA, NEW ZEALAND
Web:https://www.polynesianspa.co.nz/

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年4月26日の取材に基づき公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

同じテーマの記事

2泊3日で周遊可!ニュージーランド北島のおすすめ観光スポット6選

南北二つに分かれる島国ニュージーランドは、自然の雄大さから映画『ロード・オブ・ザ・リング』のロケ地として至る所で撮影がされており、中でも北島にはかわいいホビット...

『ロード・オブ・ザ・リング』の世界へ!世界遺産トンガリロ国立公園の冬クロッシングツアー

映画『ロード・オブ・ザ・リング』のロケ地として知られる、トンガリロ国立公園はニュージーランド最初の国立公園。タウポ湖と同じく北島のほぼ中央に位置しており、自然の...

【ニュージーランド】気軽に楽しめる2つの氷河 「フランツ・ジョセフ」と「フォックス」

日本では、簡単に見ることの出来ない氷河ですが、ニュージーランド南島には、近くの町から気軽に見に行くことが出来る氷河が存在します。その名も「フランツ・ジョセフ・グ...

『ナルニア国物語』のロケ地としても有名!自然の魅力あふれる、ニュージーランド・コロマンデル半島の絶景スポット3選

ニュージーランドのローカルの人にも大人気のコロマンデル半島は、温帯林が広がる北島の東海岸線に位置します。大自然や青く透き通った海に囲まれているコロマンデルは、映...

世界の美しい湖5選!初心者にもおすすめの観光しやすい旅の名所

水辺というのはとても心地がいいもので、流れる音や揺れる水面を見ているだけで心が癒されます。旅先でも海や湖や川や滝など、水に関わる場所を訪れる機会は多いのではない...



この記事を書いたトラベルライター

旅するフリーランス
生田芳貴(teriyaki44)

「南の島の魅力を伝える」「日本の教育をアップデートする」「旅を便利にする」ために活動をする旅するフリーランス。

1987年4月4日生まれのO型。鳥取生まれ、神戸育ち。


神戸市で7年間中学校の先生をやったたあと、自分の人生をワクワクに素直に生きるために妻と一緒に世界一周。

世界を旅する中で、「南の島が好き」「やっぱり教育に興味がある」ことに気づき、それを仕事にすることに。

現在は、ライターの仕事を中心に楽しく暮らしています。

お仕事の依頼、相談は随時受け付けています!
https://www.teriyaki44.com

【NY】ランチに絶対訪れたい!おすすめのお店5選

世界中から多くの観光客と多数のグルメが集まるNY。観光に訪れたはいいけど、選択肢が多すぎてどこのレストランでランチをすればいいかわからず困った経験がある方も多い...

バンコクから足を伸ばして行ける海 サメット島のおすすめビーチ3選

タイの観光地といえば、首都バンコク。世界中から多くの人が訪れる超人気旅スポットですね。そんなバンコクから一番手軽に行ける楽園、サメット島を皆さんはご存知ですか?...

神の創造した最後の秘境 フィリピン・エルニドで最高の海の楽しみ方

7,000以上の島からなる国フィリピン。格安の英語留学で話題のセブ島や、人気リゾート地として旅行者の多いボラカイ島などが有名です。しかし、フィリピンの底力はそん...

【フィリピン】セブから日帰りできるボホール島のおすすめ観光3選

日本から気軽に行けるリゾートとして話題のフィリピン、セブ島。もちろんセブ島だけでも見所満載ですが、皆さんはセブ島から日帰りで行ける楽しい島があることをご存知です...

ヨガの聖地 インドのリシケシでヨガ体験する方法と町の魅力

日本のみならず、世界中で大ブームのヨガ。そんなヨガの聖地がインドにあるのを、みなさんご存知ですか?そこにはかつて、ビートルズやスティーブ・ジョブズなどもお忍びで...



トラベルライターアワード・2017年間受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?