新潟
新潟観光
自然豊かな日本一の米どころ&国内有数の豪雪地帯

【賽の河原】佐渡の聖なる信仰の場

取材・写真・文:

神奈川在住
訪問エリア:47都道府県

2018年11月12日更新

794view

お気に入り

写真:えいぶゆう/TossyPhoto

新潟県佐渡にある「賽(さい)の河原」は、海沿いに面した細い遊歩道の途中にある霊場です。数キロにわたる奇岩地帯の中にある霊場は、およそ300年ほど前から続く地域信仰の場となっています。

この記事の目次表示

そもそも「賽の河原」って?

「賽の河原」という言葉、しばしば耳にしませんか?全国のいろんな所に賽の河原と名付けられた場所がありますし、冥土にあるとされる河原の名前なので、どこかで聞いたことがある、という人も多いはず。まずは一般的に知られている賽の河原についてご説明しましょう。

人が死後に行くとされる、三途の川。賽の河原はこの三途の川の河原で、特に幼くして死んだ子供が行く所と言われています。「子供たちが現世に残っているお父さんやお母さんのために小石を積み上げて塔を作ろうとしたところ、意地の悪い鬼がやってきて、積み上げた石を崩してしまいます。そこにお地蔵様が現れて、子供たちを救ったのでした」という言い伝えがあります。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto積み上げられた石

お地蔵様が登場するので仏教の教えのような感じがしますが、これは儒教の教えと融合したもの。儒教には親孝行の思想があるため、早くして亡くなって親に悲しい思いをさせてしまった罪をほろぼすために石を積み上げる・・・という伝承になったのでは?と考えられています。それに本来の仏教の考え方だと、魂の修行のための課題がクリアされると亡くなるという考えなので、亡くなったことが罰になる・・・という考え方だとしっくりこない感じがしますしね。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhotoお地蔵様

「賽」には「むくいる」という意味があるので、このような伝承になったのではないかと思われていますが、実は外敵の侵入を「ふせぐ」、「ふさぐ」という意味もあり、土地の守り神のことを「賽の神」と言ったりします。賽の神が、先のお話ではお地蔵様に変化したのですね。また「法華経」に記されている「童子の戯れに沙(すな)を聚(あつ)めて仏塔を作る」から転化したのでは?とも考えられています。

このように、日本に「賽の河原」が伝わる際、いろいろな話が結びついて俗信となったわけです。ということで、むやみに恐れる必要はありませんが、各地の賽の河原は信仰の場でもあるので、敬いつつ足を運ぶようにしましょう。

新潟の「賽の河原」って?

今回ご紹介する「賽の河原」は、新潟県佐渡の海岸沿いの、とある洞窟一帯です。先に紹介したお話を聞くと、「え?観光気分で行っても大丈夫なの?」と思われるかもしれませんが、新潟の「賽の河原」は佐渡市の公式観光情報サイトでも案内されている観光地。加えて、地元出身または地元在住のガイドさんも紹介している観光スポットでもあります。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto奇岩

「賽の河原」がある佐渡のこの一帯は数キロにわたる奇岩地帯です。海底から隆起し、海食や風食で荒々しく削りとられた地形を、海沿いから眺めることが出来ます。少々起伏の激しい道を徒歩15分ほど歩かないとアクセスできないので、手軽な観光地となっているわけではありませんが、お時間があれば立ち寄ってほしい場所でもあります。

二ツ亀自然歩道を歩いて向かう

先の方で数キロにわたる奇岩地帯とお話しましたが、今回紹介する新潟の賽の河原は、下の写真の雄大な景色の向こうにあります。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto遠くに見える二ツ亀

正面に、ゴツゴツした奇岩らしきものが張りだしていますね。奥には二つの山のようなものが見えます。これらは、佐渡を代表する「沖の島」と「磯の島」です。二つ合わせて「二ツ亀」という名で知られています。

賽の河原に向かうには、「二ツ亀自然歩道」を歩いていきます。この入口から0.8kmで賽の河原へ到着します。さらに1.3km進むと「二ツ亀」に行くことも出来ます。そんなわけで、歩くことが好きな観光客には、佐渡観光の人気の場所でもあります。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto遊歩道入口

対面歩行は難しそうな、ほそーい歩道を歩いていきます。進行方向左側は、広い海が広がっています。普通の海と違うのは、浅瀬に奇岩がゴロゴロと見えることです。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto奇岩

自然歩道というだけあって、荒々しい自然が迫ってくるような場所も所々あります。例えば以下の写真、歩道の両脇には大きな岩があり、足元も人が歩けるように整備されていますが、デコボコが激しく、足腰が弱い人はちょっと大変かも。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto歩道

とはいえ、ゆっくり自分のペースで進めば、特に危険な箇所というわけではありません。

二ツ亀自然歩道
新潟 / 自然・景勝地
住所:佐渡市地図で見る
電話:0259-27-5000

賽の河原の様子

さて前方右側に、ぽっかりと洞窟の入り口が見えてきました。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto進行方向に見える洞窟

近づいてみると、だいたい奥行き5mほどの洞窟の中には子供を抱えたお地蔵様と、そのまわりにも多くのお地蔵様が並んでいます。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhotoお地蔵様

地面に並んでいるものだけじゃありません。壁面のちょっとした段差にも小さなお地蔵様が並べられています。これは訪れた人々が置いていったものだそう。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto小さなお地蔵様

そして目の前には、積み上げられた石が。大きめの石を5つ、6つと積み重ねたものが、洞窟の前そこかしこに作られていました。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto積み上げられた石

そしてもっと遠くに目を向けると、目の前の奇岩と、その向こうに見える二ツ亀が見えます。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto二ツ亀

今まで来た道を振り返ると、二ツ亀と並んで佐渡を代表する観光スポット「大野亀」も見えます。ちょっとした山に見えますが、実は標高160mほどの一枚岩なんです。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto大野亀

この雄大な景色を一望できるのも、ここ賽の河原の魅力です。

二ツ亀
新潟 / 自然・景勝地
住所:新潟県佐渡市鷲崎 二ツ亀地図で見る
大野亀
新潟 / 自然・景勝地
住所:新潟県佐渡市願地図で見る

ドラマのロケ地にもなった場所

さて、浸食された岩々による荒々しい景色が特徴の佐渡のこの一帯。なんだかサスペンスドラマの舞台として似合いそうですね。実はここ、テレビドラマ『浅見光彦シリーズ』の「佐渡伝説殺人事件」のロケ地にもなったようです。ズバリという感じですね。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto願地区のバス停

劇中では「願の賽の河原」として登場しています。そういえば、自然歩道に入る手前に、「願」と書かれたバス停がありました。賽の河原のある「願」地区。なんだかとっても強い地域信仰を表す地名だと思いませんか。

いったいどれくらい古くから人々の思いが込められた場所として敬われてきたのか、興味深いです。ちなみに約300年前に記された『佐渡巡村記』という書物には「村内に賽の河原というところあり」と既に記されているそうですよ。

おわりに

いかがでしたか?賽の河原へは、細い自然歩道を歩いてしか行くことが出来ませんが、賽の河原から見える景色は、歩いた分以上の感動がありますよ。

賽の河原
新潟 / その他スポット
住所:新潟県佐渡市願,賽の河原地図で見る
Web:https://www.visitsado.com/spot/detail0052/
夏休みの格安航空券をskyticketで検索

新潟の旅行予約はこちら

新潟のパッケージツアーを探す

新潟のホテルを探す

新潟の航空券を探す

新潟の現地アクティビティを探す

新潟のレンタカーを探す

新潟の高速バスを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年11月12日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


【2019】9月の国内おすすめ旅行先19選!3連休に行きたい観光地特集

ようやく暑さもおさまる9月。彼岸花やコスモスなどの秋の花が咲き、早いところでは紅葉も見頃を迎えます。9月の3連休やシルバーウィークにおすすめの国内旅行先をご紹介...


初めての新潟市内観光に行くならココ!おすすめの楽しみ方5選

日本海と信濃川の間に広がり、明治時代から港町として栄えた町・新潟。シンボル・萬代橋周辺には、人気マンガの世界を体験できるスポットからおしゃれな雑貨やスイーツを販...

2019春の旅行に!3月・4月・5月の国内おすすめ旅行先・観光地45選

春(3月・4月・5月)におすすめの国内旅行先を月ごとにご紹介!春休みの家族旅行や、カップルでのお出かけにぴったりな旅先を全国から厳選しました。週末の1泊旅行でも...

幻想的でうっとり!新潟県で出会える絶景スポット15選

日本有数の豪雪地帯である新潟県には、うっとりするような幻想的な光景が楽しめる絶景スポットがたくさんあります。”日本三大夜桜”のひとつ「高田公園」や、ディズニー映...

【2019】10月の国内おすすめ旅行先31選!秋の連休に行きたい観光地特集

10月は、北日本や標高の高い場所を中心に紅葉が各地で見頃を迎え、早いところではイルミネーションイベントも始まる時期です。10月の連休や週末におすすめの国内旅行先...

この記事を書いたトラベルライター

旅はいつも心のまんなかに
知らない土地、知らない文化、知らない人。知らない何かがいつも自分の心を広げてくれます。広がったその先を見てみたい。その探求心や好奇心はそのまま「旅」として、いつも心のまんなかにあります。

えいぶゆう(文)とTossyPhoto(写真)の2人で、心のまんなかにある「旅」を切り取っていきます。

あなたの心にも旅の灯がともりますように。

本当は教えたくない!鎌倉の隠れ寺「寿福寺」

沢山の寺院が並ぶ鎌倉の中で、鎌倉幕府が定めた鎌倉五山に名を連ねる「寿福寺」。鎌倉幕府の中核を担った北条政子のお墓があるなど、鎌倉を興した人々に多くのゆかりがある...


【ベトナム】半日で巡る!お土産天国ダナン市街の見どころ

ベトナム中部の都市ダナンは、お土産天国と言っても差支えないほど、様々な名品が低価格で購入できるんです。中には女子ウケするカワイイ小物もいっぱい。そんなダナン市街...

【神奈川県・三浦半島】侮れない!プチ本格登山を楽しむ三浦アルプス

神奈川県の三浦半島にある三浦アルプスは、逗子、葉山、横須賀の境界にある山稜地帯です。三浦アルプスの一番の魅力は、200m程度の低い山々にもかかわらず、まるで原生...

絶対後悔させない!湘南【江の島】の超詳しい観光&時間ガイド

湘南を代表する観光スポット「江の島」。どメジャーな観光スポットですが、意外にもガイドブックでは紙面の都合からか、江の島の見どころを収めきれていないんです。実際に...

どメジャーなのに謎だらけ?鎌倉大仏の謎に迫る旅

「鎌倉」と言えば多くの人が連想するのが、青銅色の巨大な大仏様ではないでしょうか?そんな鎌倉のシンボル的な存在でありながら、実はいつ誰が何のために建造したものなの...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?