新潟
新潟観光
自然豊かな日本一の米どころ&国内有数の豪雪地帯

【佐渡】元祖『君の名は』聖地「尖閣湾揚島遊園」

取材・写真・文:

神奈川在住
訪問エリア:48都道府県

2018年10月12日更新

668view

お気に入り

写真:えいぶゆう/TossyPhoto

佐渡島にある尖閣湾揚島遊園は、元祖『君の名は』(菊田一夫原作の映画)のロケ地となったスポット。日本渚百選に選定された海岸の荒々しい力強さと美しさを、遊覧船で眺めることができます。ロケ地に選ばれるほどの画力のある海岸線と園内のおすすめスポットをご紹介します。

この記事の目次表示

尖閣湾って?

「尖閣湾」は、佐渡市西部にある海岸にある景勝地です。「尖閣」という名は、ノルウェーのハルダンゲル峡尖に似ていることからそう名付けられたそう。

尖閣湾一帯は、昭和25年に国定公園に指定されました。この景観の特徴は、奇岩や奇石と言ってもいいゴツゴツした荒々しい海岸です。海に沿って多くの丘や崖がありますが、その全てが海や風の浸食により特異な形になりました。

周辺は「尖閣湾揚島遊園」として整備されており、観光客は遊覧船でこの景色を真近で楽しむことができます。遊覧船までの道すがら、この奇景を高台から眺めることができます。上から見ると浸食した様子がとてもよくわかります。抜けるような海と空の青の色がつらなって気持ちのいい景色ですね!

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto尖閣湾揚島遊園

遊覧船乗り場へ

さて、この海岸を見下ろす場所から、どうやって遊覧船乗り場までいくかというと・・・

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto洞窟

なんと山の中に開かれたこんな洞窟を通っていくんです。ちょっとしたアトラクション気分になりますね。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto船着き場

さて、洞窟を抜けると船着き場へ。すでに船長さんが乗客を待ってスタンバイしています。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto海鳥に囲まれる船

同時に複数便出ているので、ちょっと先に出向した船は、こんなふうに海鳥に囲まれながらの出向です。にぎやかな出向でいいですね。


遊覧船から見る尖閣湾

遊覧船はグラスボートも兼ねていて、外の景色と海中の様子を眺めることができます。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto海中の様子

舟はトクトクトク・・・というのんびりとしたエンジン音を響かせながら海原へ進んでいきます。さっきまで見下ろしていた奇岩たちが目の前に迫ってきました。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto奇岩

こんな風に海の中から、ちょぼちょぼと突き出しているんものが多いんです。高さは20~30メートルほどのものがほとんど。岩の表面すべてが削られている様子をみると、海や風の力って本当にすごいんだなあ~って思いますね。

さて、船内ではたくさんある奇岩のなかで、代表的なものを紹介するガイド音声が流れています。いろんな形に浸食されていますが、それらを何かの形に見立てて区別しているようです。例えばこれなんかワシに見えませんか?

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhotoワシ?に見える奇岩

濃紺の水面の上に、奇岩と奇岩をつなぐ橋が見えます。人工的な曲線と直線で形どられた橋は、海や風で複雑な形に浸食された奇岩と対照的で生えますね。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto

15分程度のクルーズをおえて船を降りると、海鳥たちが船着き場の岩肌にとまって我々をお出迎えです。海にいる鳥って、どこにいっても人懐っこいのは気のせいでしょうか? 今回見た範囲では餌をあげている様子は見られなかったので、なぜなついているのか不思議です。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto岩肌で観光客を待つ海鳥たち

揚島とまちこ橋

さて、先ほどの船から見えた橋に行ってみましょう。船から眺めた時は両サイドの奇岩の大きさにかくれて、なんだか小さい橋にみえましたが、近づいてい見るとそこそこの大きさがあります。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhotoまちこ橋

奇岩とおもったのは「揚島」という名がつけられた島でした。揚島にかかるこの橋は「遊仙橋(ゆうせんきょう)」という名前ですが、通称「まちこ橋」と呼ばれています。

「まちこ」とは、『君の名は』のヒロイン・氏家真知子にちなんだもの。近年だとアニメーション映画の『君の名は。』がヒットしましたが、そっちではありません。もともと『君の名は』という作品が、1952年にラジオドラマとして放送されました。橋の名前にもなったヒロインの真知子と春樹の恋愛ドラマです。

ラジオでヒットし、映画化、テレビドラマ、舞台とどんどんその媒体を広げていった人気作品。名も知らないまま再開を約束した2人の恋愛ドラマです。だから『君の名は』なんですね。そのロケ地がここ尖閣湾なんです。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto橋から見た景色

橋を渡って揚島に向かうと、この間から見える景色がまた絶景です!先ほど自分たちも乗っていた遊覧船が、岩と岩との間を時折通っていきます。濃紺の海と荒々しい岩の最高のコントラスト楽しむことができます。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto揚島上陸

さて、揚島に上陸すると意外にもすぐに見えるのは売店。ドリンクやソフトクリームを販売しています。そんな揚島から見た景色がこちらです。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto揚島から見た景色

向こうに平らな崖が見えますよね。尖閣湾は、昔の海岸平野だったところが隆起して、海や風に削られたものです。平野が削られたからあんなふうに、平らなんですね。尖閣湾はこれで終わりではありません。

まちこ橋
新潟 / 建造物
住所:新潟県佐渡市北狄地図で見る

次のページを読む

新潟の旅行予約はこちら

新潟のパッケージツアーを探す

新潟のホテルを探す

新潟の航空券を探す

新潟の現地アクティビティを探す

新潟のレンタカーを探す

新潟の高速バスを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年10月12日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事

2019春の旅行に!3月・4月・5月の国内おすすめ旅行先・観光地45選

春(3月・4月・5月)におすすめの国内旅行先を月ごとにご紹介!春休みの家族旅行や、カップルでのお出かけにぴったりな旅先を全国から厳選しました。週末の1泊旅行でも...

全国のおすすめ絶景スポット47選!ゴールデンウィークにお出かけしよう

国営ひたち海浜公園のネモフィラの花畑に、日本屈指の桜の名所・弘前公園、河内藤園の藤の花のトンネルなど、ゴールデンウィークに見に行きたい、全国各地の絶景スポットを...


初めての新潟市内観光に行くならココ!おすすめの楽しみ方5選

日本海と信濃川の間に広がり、明治時代から港町として栄えた町・新潟。シンボル・萬代橋周辺には、人気マンガの世界を体験できるスポットからおしゃれな雑貨やスイーツを販...

新潟駅から歩いて行ける!「今代司酒造」の酒蔵見学とうまいもの巡り♪

お米、日本酒、味噌、海鮮…新潟はおいしい食品ばかり。あげ出したらキリがありません。そんな中で、新潟駅から歩いていける場所に、1人から見学ができる「今代司酒造」が...


【2019】6月の国内おすすめ旅行先12選!梅雨でも楽しめる観光地特集

梅雨を迎える6月。雨が似合うアジサイの名所など、梅雨時でも楽しめるスポットが日本全国にあります。6月のお休みにおすすめの国内旅行先をご紹介します。

この記事を書いたトラベルライター

旅はいつも心のまんなかに
知らない土地、知らない文化、知らない人。知らない何かがいつも自分の心を広げてくれます。広がったその先を見てみたい。その探求心や好奇心はそのまま「旅」として、いつも心のまんなかにあります。

えいぶゆう(文)とTossyPhoto(写真)の2人で、心のまんなかにある「旅」を切り取っていきます。

あなたの心にも旅の灯がともりますように。

本当は教えたくない!鎌倉の隠れ寺「寿福寺」

沢山の寺院が並ぶ鎌倉の中で、鎌倉幕府が定めた鎌倉五山に名を連ねる「寿福寺」。鎌倉幕府の中核を担った北条政子のお墓があるなど、鎌倉を興した人々に多くのゆかりがある...

【神奈川県・三浦半島】侮れない!プチ本格登山を楽しむ三浦アルプス

神奈川県の三浦半島にある三浦アルプスは、逗子、葉山、横須賀の境界にある山稜地帯です。三浦アルプスの一番の魅力は、200m程度の低い山々にもかかわらず、まるで原生...


【ベトナム】半日で巡る!お土産天国ダナン市街の見どころ

ベトナム中部の都市ダナンは、お土産天国と言っても差支えないほど、様々な名品が低価格で購入できるんです。中には女子ウケするカワイイ小物もいっぱい。そんなダナン市街...

鎌倉の恋の神様にご縁を願おう「葛原岡神社」

鎌倉の縁結びの神様として女性参拝者に人気なのが、「葛原岡神社」。縁結びのご利益を持つ神様はたくさんいらっしゃいますが、女性に人気なのは、至る所に女子力を高めてく...


どメジャーなのに謎だらけ?鎌倉大仏の謎に迫る旅

「鎌倉」と言えば多くの人が連想するのが、青銅色の巨大な大仏様ではないでしょうか?そんな鎌倉のシンボル的な存在でありながら、実はいつ誰が何のために建造したものなの...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?