山頂からフィヨルドが一望☆ノルウェー・ベルゲンで絶景トレッキング

347

view
   2017年6月13日更新

ノルウェーといえば、やっぱりフィヨルド。氷河によって浸食されて切り立った断崖は、ツアー船などから「見上げる」のが一般的ですが、フィヨルドを「見下ろす」のもまたオツなもの☆ノルウェー第二の都市であり、フィヨルド観光の起点となる町・ベルゲンで、絶景トレッキングを体験してみませんか?近郊のウルリケン山にケーブルカーで登れば、そこは“天空”のトレッキングルート!晴れた日には眼下にフィヨルドが望め、解放感いっぱいの散策が楽しめます。下山後は、魚市場で獲れたてのエビ&カニを買い込み、シーフード三昧も♪

始まりは、ベルゲンの港から。キュートなケーブルカーで山登り☆

今回のトレッキングの目的地「ウルリケン山」までは、市内中心部のブリッゲン地区を望む「ベルゲン港」から路線バスで10~15分ほど。ハイシーズンの5~9月には、毎日二階建ての直行バスも運行しています。

  • 市の中心部、ブリッゲン地区を望む港
  • 世界遺産「ブリッゲン地区」。ハンザ同盟の名残・三角屋根の倉庫がずらり
  • 港周辺にはこんなかわいい観光電車(バス?)も
ウルリケン山までのアクセス
URL:http://ulriken643.no/en/ulriksbanen/ulriken-express-bus/

バスを降りたら、ケーブルカーに乗り換え。キッチュなイエローの車体に、ちょっと昭和チックなイラストが描かれていて可愛い❤

  • レトロキュートなケーブルカーで山登り~

終点そばのテラスレストランで一休みしたら、トレッキング開始!

ケーブルカーはあっという間に終点へ到着します。ケーブルカーを降りた瞬間、目の前に広がる絶景!ベルゲンは雨の日が多いのですが、筆者が訪れた日は本当に良く晴れた初夏らしい気候でした。

  • 港が一望☆
  • 青空に国旗が映える!

終着地点のすぐそばには、アンテナ塔&レストランが。青空の下、多くの人がテラスでコーヒーやビールを楽しみます。売店やお土産屋さんも併設されていて、散策用のドリンクや軽食購入にも便利です。

  • アンテナ塔そばにあるレストランのテラス。風が爽やか!

レストランのすぐ裏手から、トレッキングルートが広がっています。時間や体力に合わせて、思い思いのルートを進んでいきましょう~。

ウルリケン643 / スクラペレン レストラン

ノルウェー / その他スポット

 

住所:Haukelandsbakken 40, Bergen 5009, Norway

Web:http://ulriken643.no/en/skyskraperen/menu/

雲の上にいるよう!“天空”のトレッキングルートを歩いてみよう

イギリス・湖水地方を思わせる風景。池や沼がいたるところに。

道中には小さな池や沼が点在し、変化に富んでいて飽きません。「あの丘を越えたら、また違う眺めに出会えるかも」とワクワクしながら歩を進めるのは、トレッキングの醍醐味♪水辺の多い風景は、まるでイギリス・湖水地方のよう。

のんびり歩いて小一時間。ついに山頂へ!

筆者は当時2歳と4歳の子どもが一緒だったため、池で遊んだり、残雪を触りに行ったりしているうちに規定のトレッキングルートをだいぶ外れ、あっちに行き、こっちに戻り・・・の自由散策に。それでも、小一時間ほど歩くと山頂へたどり着きました。

標高643mのウルリケン山なれど、そのほとんどの高度をケーブルカーでかせいでしまうので、斜面はさほどキツくありません。

  • 山頂はポーズ写真&自撮り撮影をする人がいっぱい

頂上付近は、岩場でゴツゴツ。ピークのケルンに、バンザイポーズで写真を撮る人が入れ替わり立ち替わり集っていました。

  • ピークの目印にケルンが積まれていました

スタート地点のアンテナ塔がはるか遠くに~。自分の歩いてきたルートが一望できるのも、達成感があってほんとに気持ちがいいものです☆

  • 山頂からアンテナ塔を望む。レストランも見えます

この眺望の良さ、実はノルウェーの緯度と関係があるんです。日本に比べて、かなり高緯度に位置するノルウェー。高尾山より少し高いくらいと、さほど標高が高くないウルリケン山でも、すでに“森林限界”に達しているとか。この見晴らしも納得ですね。

フィヨルドならではの複雑な地形がくっきり!

普通に歩くだけでもかなり楽しめるウルリケン山トレッキングですが、晴れていればフィヨルドの眺望のおまけ付き。ケーブルカーで手軽にこの絶景が味わえるのも、ツーリストにとってはうれしいポイントです♪

  • 眼下に、フィヨルド特有の入り江がくっきり
ウルリケン山

ノルウェー / 自然・景勝地

 

住所:Mt Ulriken, Bergen, Norway

ベルゲン市内に戻って、魚市場へ。シーフード三昧を堪能❤

またまたケーブルカーに乗って下山した後は、バスに乗車。ベルゲン市内に戻って、バス停至近の「フィストルゲ魚市場」で新鮮なシーフードを堪能しましょう❤

港付近で不定期に開催される魚市場に並ぶのは、大ぶりの甘エビ、スカンピ(手長エビ)、タラバガニなどなど日本人にもおなじみの魚介類。

  • 魚市場は不定期開催のため、日程は事前に要確認のこと
  • ピカピカ、獲れたてのシーフード♡

ほとんどのシーフードが量り売りで、お刺身で食べられるほど鮮度がいいため、少量だけ購入してその場でパクリ、が可能♪ぜひぜひ、日本からしょうゆ小袋と割りばしを持参するのをお忘れなく!

また、日本の「お魚ハンバーグ」のような「フィッシュケーキ」をテイクアウトして、食べ歩きするのも楽しいですよ♪

  • 山盛りの甘エビ!100グラム=320円ほど
  • 捕鯨国ノルウェーでは、鯨肉もフツウに売っています

滞在先にキッチン付きのアパートメントを選べば、魚市場で購入したシーフードを使ってちょっと手の込んだ海鮮料理にも挑戦できますね。味噌がたっぷり詰まったカニを購入し、お出汁の利いたカニ汁にしたり、甘エビを塩蒸しにしたり・・・。

アイデア次第で、シーフードの本場・ノルウェーで海鮮三昧を目いっぱい楽しめますよ☆

フィスケトルゲ魚市場

ノルウェー / 市場・朝市

 

住所:Bergen Harbour, Bergen 5014, Norway

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2013年5月23日の取材に基づき公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。
トラベルライター
フリーランスライター

学生時代のダイビング、社会人からのトレッキングを経て、海も山もあらゆる旅行&アクティビティが好き。今は小学生の子どもたちと行く、国内外の自然体験がいちばんの楽しみです。過去には夫の海外勤務に帯同し、2年半ほどドイツ・ミュンヘンで暮らしたことも。どこまでも地続きであるヨーロッパの利点を活かし、休みのたびにいろいろな国や街へ強行ドライブ旅を敢行していました。(1歳・3歳の子連れで、土日でミュンヘン⇔ミラノ往復など無茶もしました・・・)ヨーロッパ各地の旅の思い出と、帰国後に行った国内外の旅行&東京近郊でのキャンプやアウトドア体験を中心に、いろいろ書き綴っていけたらなと思っています。

最近人気の記事

【トラベルライターインタビューVol.1】ライターとしてのやりがいや、記事を書き続けるコツとは?ライターさんの素顔に迫ります!

アプリなら記事も地図もサクサク快適!

  • 行きたい観光スポットをお気に入り登録すれば自分専用のガイドブックに。
  • 旅した国・都道府県をチェックして、自分だけの塗りつぶし地図を作ろう!