沖縄本島
沖縄本島
世界遺産や日本一の水族館がある日本屈指の観光県

【沖縄美ら海水族館】のチケットは買わなくてOK!イルカショーはなぜ無料?

2018年4月27日更新

989view

お気に入り

水族館というとイルカショーはテッパンですが、【沖縄美ら海水族館】のある【海洋博公園】では、水族館のチケットを買わなくても、無料でイルカショーが観られるのをご存知ですか?イルカショーが行われるオキちゃん劇場だけではなく、イルカラグーン、マナティー館やウミガメ館を観るのも無料なのです!一体全体どういうことなのか?!そんな謎を解明しつつタダで遊べる「沖縄美ら海水族館」周辺の楽しみ方を分かりやすくご紹介いたします。

まずは全体把握!【海洋博公園】について

観光客に大人気の 「沖縄美ら海水族館」ですが「水族館だけがある」と思っていると、とても勿体無い!というのも、この水族館は単独であるわけではなく、【海洋博公園】という国営の沖縄記念公園の中にある施設の1つなのです。

【海洋博公園】には、大まかに分けると6つの施設があります。

1:熱帯・亜熱帯都市緑化植物園
2:熱帯ドリームセンター
3:おきなわ郷土村 おもろ植物園
4:海洋文化館 プラネタリウム
5:オキちゃん劇場など
6:沖縄美ら海水族館

さらに美ら海水族館の東側には、雄大なエメラルドの海に真っ白な砂浜が映える「エメラルドビーチ」もあります。

「沖縄美ら海水族館」のチケットはこの建物の中だけ有効!

「沖縄美ら海水族館」の入場料は 大人1人 1,850円(高校生 1,230円 小・中学生610円)。なかなか高い料金ですが、やはりそれだけ立派な施設です。海岸側から観ると分かりやすいのですが、これだけの建物全てが「沖縄美ら海水族館」。相当な大きさです。

3Fに駅の改札のような入口ゲートがあり、1Fにも同じような出口ゲートがあります。要するに、入口ゲートから出口ゲートの中で有効なのが、水族館のチケット。

分かりやすい例で言えば、いつも大混雑しているお土産屋さんはゲートを出た先にあるので、チケットがなくても入れる…というわけです。

再入場は可能!ハンコを押してもらいましょう

出口ゲートでは係員さんが常にいます。再入場したい場合は、その旨を伝えて、手の甲に “蛍光灯をかざすと見えるハンコ” を押してもらいましょう。 そうすれば何度でも水族館に入れます。

【関連記事】“美ら海の図鑑”ができちゃう!「沖縄美ら海水族館」

沖縄美ら海水族館
沖縄本島 / 公園・動植物園 / 観光名所
住所:沖縄県国頭郡本部町石川424
電話:0980-48-3748
Web:https://churaumi.okinawa/

水族館の外にある「イルカショー」「ウミガメ」「マナティー」は無料で観られる!!

何気なしに各所に建てられている、案内標識。よ〜く観てください。

「沖縄美ら海水族館」とは別枠で「ウミガメ館」「マナティー館」「オキちゃん劇場」とあります。「オキちゃん劇場」はイルカショーが観られる建物です。(なぜ「オキちゃん」なのかは後述しますネ)

ここまで読んでくだされば分かると思うのですが、「沖縄美ら海水族館」のチケットが必要なのは建物の中だけ。要するに…

水族館の建物の外にある、イルカショーが行われる「オキちゃん劇場」や「イルカラグーン」「ウミガメ館」「マナティー館」は、水族館のチケットがなくても入られるんです!!

ちなみに、案内標識の色がついている施設は入場料がかかり、白い標識は無料ということになります。

「オキちゃん劇場」が無料で観られるなんて!

水族館といえばイルカショー。そのイルカショーがチケット無しで見られる?!と驚かれるかもしれないのですが、ここ「海洋博公園」では無料で公開しています。

イルカショーでは、1頭ずつイルカを紹介してくれるのですが、その中でも 45歳 にもなるという大御所のバンドウイルカの名前が「オキちゃん」 。だから「オキちゃん劇場」なのですね。

オキちゃんも子供達と一緒に親子でダイナミックなジャンプや様々な技を見せてくれます。これが無料で見られるなんて!!驚きですね〜。

オキちゃん劇場
沖縄本島 / 公園・動植物園
住所:沖縄県国頭郡本部町石川 424番地

ウミガメ館やマナティー館も無料で入ることができます

「ウミガメ館」や「マナティー館」も、「オキちゃん劇場」と同じ位置付け。水族館のチケットがなくても入ることができます。

ウミガメは上から眺めることもできるし、地下の部屋から眺めることもできます。下からの方が迫力をより感じられるかもしれません。でっかーい!!

餌やりの時間であれば、ウミガメたちが上手に餌を食べる様子を観ることもできますヨ。

マナティ館は完全屋内で、ウミガメ館のすぐ隣です。

  • 写真はイメージです

体の大きさにしては顔がとっても可愛い マナティ。優雅に泳いでいる姿を見ることができます。

ウミガメ館
沖縄本島 / 公園・動植物園
住所:沖縄県国頭郡本部町石川 424番地
マナティ館
沖縄本島 / 公園・動植物園
住所:沖縄県国頭郡本部町石川 424番地

次のページを読む

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年4月17日の取材に基づき公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

同じテーマの記事

沖縄の定番・観光スポットならココ!26選

首里城跡をはじめとする世界遺産「琉球王国のグスク及び関連遺産群」に認定されたスポットや、入場者数日本一の美ら海水族館、美しすぎる青いビーチなど、魅力あふれる観光...

沖縄本島の穴場!?南部のおすすめスポット5選!

みなさんは沖縄へ旅行したことはありますか?沖縄の観光地といえば、「美ら海水族館」やリゾートホテル、ビーチがある北部が賑わっています。しかし、沖縄本島南部(那覇か...

【沖縄】車で行ける離島!エメラルドグリーンの海に囲まれた「古宇利島」を満喫しよう!

離島でありながら、車で気軽に行くことができる「古宇利島」をご存じでしょうか。沖縄本島北部に位置し、沖縄版「アダムとイヴ」の伝承が残っていることから別名「恋の島」...

週末弾丸トリップ!1泊2日沖縄本島を遊び尽くすモデルプラン

仕事が忙しくてまとまった休みが取れない。でも遠くへ旅行したい!そんな方へ週末弾丸旅行をご提案!沖縄の観光地、海、グルメがたっぷり楽しめるモデルプランです♪

自然がつくりあげた神秘的な世界!行ってみたい日本の鍾乳洞10選

ひんやりとした神秘的な世界が広がる鍾乳洞は、洞内の温度が12〜17度にほどに保たれているところが多く、とくに夏旅におすすめ。鍾乳洞とは石灰岩が雨水や地下水の浸食...



この記事を書いたトラベルライター

じっとしているのは耐えられない!大自然と旅行が大好きな飲兵衛です
日本在住ですがアメリカで生活したこともあり、その時にすっかりアメリカ大陸の自然に魅了されました。それ以来、帰国しても日本の自然の素晴らしい場所をあちこち旅行するのが好きです。1児の母でもありますので、“子連れで行くとどんな旅になる?!”という視点も織り交ぜていろんな場所をご紹介できればと思っています。
http://blog.goo.ne.jp/makiko0213ha

【アメリカ】野生の動物を観るのも醍醐味!「イエローストーン国立公園」

“世界で一番最初にできた国立公園”としても有名で、日本でもよく耳にする「イエローストーン国立公園」は間欠泉やプールといった大自然も素晴らしいですが、そこで生きる...

神戸の“地産地消”がたっぷり楽しめる「FARM CIRCUS」

神戸というと、何かと三宮や北野、ハーバーランド、メリケンパークといった華やかな場所が取り上げられますが、同じ市内とは思えないくらいとっても自然豊かな北神戸が、今...

「わぁ!お魚だ!」透明感いっぱいなビーチに美味しい海の幸【沖縄 読谷村】

沖縄本島にはたくさんの観光名所がありますが、さすが沖縄!どこに行ってもビーチが綺麗で食べ物も美味しくて、遊びどころがいっぱい!なので「どこに行こうかな〜」と迷っ...

見どころ満載!カラフルで独特な岩がステキ!アメリカ・ザイオン国立公園

アメリカの国立公園「Zion ザイオン」は、そびえ立つ岩の色合いがとっても独特!白やオレンジ、ココア色だったり。日本ではあまり馴染みない国立公園かもしれませんが...

グランドサークルを効率よく巡る!一生に一度は見たい6ヶ所の大自然

日本にはない地球規模の大自然を一度にたくさん楽しめるのが、アメリカ合衆国のユタ州、アリゾナ州、コロラド州、ニューメキシコ州の4州にまたがる【グランドサークル】と...



トラベルライターアワード・2017年間受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?