パレスチナ

【パレスチナ】ベツレヘムの名店!現代パレスチナ料理のレストラン「ファウダ」

取材・写真・文:

訪問エリア:15ヶ国

2024年2月21日更新

1,110view

お気に入り

パレスチナ・ヨルダン川西岸地区にある、イエス・キリストの生誕地とも言われているベツレヘム。今回は、そんなベツレヘムにある、ローカルの食材を使った創作料理が評判のレストラン「ファウダ(Fawda)」を紹介します。

この記事の目次表示

パレスチナのベツレヘムとは

ベツレヘム(Bethlehem)は、パレスチナ自治区のヨルダン川西岸地区(West Bank)にあるベツレヘム県の県都です。 イスラエルのエルサレムから南に約10キロに位置し、イスラエルの軍隊によってアクセスが管理されています。

ベツレヘムはイエス・キリストの生誕地としても知られており、キリストが誕生した場所に建てられた聖誕教会(Church of the Nativity)は「イエス生誕の地・ベツレヘムの聖誕教会と巡礼路」として世界遺産に登録されています。ちなみに聖誕教会は、今回紹介するレストラン・ファウダから徒歩圏内にあります。

また、ファウダや聖誕教会の近くには世界的アーティストのバンクシー(Banksy)によってオープンされたウォールドオフ・ホテル(The Walled Off Hotel)があます。イスラエル政府によって建設された分離壁沿いにあることから「世界一眺めの悪いホテル」としても話題です。ファウダや聖誕教会は、ウォールドオフ・ホテルから2kmほど離れた場所にあります。

  • 写真:がぅちゃんウォールドオフホテルのエントランス
聖誕教会(降誕教会)
パレスチナ / 社寺・教会 / 教会
住所:Church of the Nativity, Bethlehem地図で見る
ザ・ウォールド・オフ・ホテル
パレスチナ / ホテル
住所:The Walled Off Hotel, Caritas Street 182地図で見る
Web:http://walledoffhotel.com/index.html

現代パレスチナ料理のレストラン「ファウダ」の概要

そんなベツレヘムの中心部にあるレストランがファウダ(Fawda Restaurant & Cafe)です。ベツレヘムで最も人気のレストランの一つとして知られており、ゲストハウス「Hosh Al-Syrian Guesthouse」の一部として運営されています。

ファウダの料理は、パレスチナ/ベツレヘムのローカル食材を使ったフュージョン料理と認識されています。言い換えれば、パレスチナの料理を様々な食文化と融合させた現代風パレスチナ料理ともいえます。

なお、食材調整の都合でファウダは完全予約制だそうです。料理はコースで決まっています。今回紹介するのは1人約210シェケル(6,300円)のコースメニューです(7名で予約し、ドリンク(別途料金)なども含んだ料金)。

余談ですが、ネットフリックスでも人気のイスラエルの政治ドラマ『ファウダ』は今回紹介するファウダ(Fawda)とは異なり「Fauda」と綴ります。

現代パレスチナ料理のレストラン「ファウダ」の様子

レストランの外観

ベツレヘムの路地を入っていくような場所にあり、知らなければ通り過ぎてしまうような雰囲気です。お店の前の看板には、英語で「ファウダ・レストラン(Fawda Restaurant )」と書かれています。

レストランの中の様子

ファウダの店内は、落ち着いた品のあるレストランといった雰囲気です。個人的にはクロアチアのアドリア海沿岸のレストランとも雰囲気が似ているなと思いました。

現代パレスチナ料理のレストラン「ファウダ」のドリンクメニュー

ドリンク

店内にはお酒の各種ボトルが写真のように置かれていました。ジンなどは万国共通のラインナップですが、ベツレヘムで生産された特産品「サバートアラック(Sabat Arak)/写真手前右から2番目」もあります。

ドリンクメニューの内容

テーブルには英語のドリンクメニューが置かれていました。リキュールやワインが各種揃っています。食前酒(Aperitif)のトップには、先ほどのサバートアラック(Bethlehem Arak/メニュー状の記載)が記載されています。

なお、価格表記はイスラエル通貨のシェケルです。ベツレヘム・アラック1杯が15シェケル(450円)、ジントニックが1杯20シェケル(600円)と、これはイスラエルと比べるとかなり安いです(イスラエルでジントニックは1杯約50シェケル/1,500円となっています)。

ベツレヘムで生産されたサバートアラック

アラック自体は中東地域でポピュラーなお酒で、トルコではラクと呼ばれています。水を加えると白色に変わるのが特徴です。アブサンやギリシャのウーゾのような、癖の強いお酒です。

パレスチナのタイベビール

「タイベビール(Taybeh Beer)」は、パレスチナで生産されているビールです。 イスラエルのレストランでは ビールといえば「マカビー」か「ゴールドスター」ですが、ファウダではタイベビール一択といった様子でした。

なお、タイベビールの値段表記はありませんでしたが、パレスチナのレストランでは1本20シェケル(600円)ほどで飲めます。

現代パレスチナ料理のレストラン「ファウダ」の料理のメニュー

料理は予約制のためメニューがあらかじめ決まっていますが、 店内のボードにて英語で料理内容を確認できます。4品によるコースのようでした。

  • 1. Cauliflower Foam (カリフラワーのピュレ)
  • 2. Freekeh + Peas (フリーカ&グリーンピース)
  • 3. Slowcooked Lamb, Potatoes, Palestinian herbs(長時間調理のラム、ジャガイモ、パレスチナのハーブ)
  • 4. Strawberry Knafeh(いちごのクナーファ)

それでは料理の詳細を紹介します。

前菜

オリーブ

テーブルには容器が置かれており、中にはおつまみのオリーブが入っています。オリーブのおつまみはイスラエル料理でも馴染みのあるスタイルです。

アミューズブッシュ各種

アミューズブッシュ(一口サイズのオードブル)は3品で、それぞれ簡単に説明すると、1: ザアタル入りのパン、2: タパス/ブルスケッタ、3: スマック入りの目玉焼きです。

1のザアタルは中東の調味料で、イスラエルの地中海系レストランでも見られる、定番の組み合わせのひとつです。

2はスペインのタパスやイタリアのブルスケッタに似ていました。カレー風味のソース、牛肉、パセリの組み合わせです。

3の目玉焼きにかかっていたスマックは、日本のゆかりのような調味料です。※基本的にはイスラエルの定番料理とほぼ同じと言えます。詳細は記事末に挿入している関連記事もご参照ください。

メイン4品

1. Cauliflower Foam (カリフラワーのピュレ)

要はカリフラワーのピュレです。イスラエルでもカリフラワーは人気でよく見かけます。 粘り気のないすりおろした山芋を食べているような感覚です。味付けもニュートラルなので、日本食と言われると信じてしまいそうなほど親近感のある食べ物でした。

なお、お椀に添えられているのはブドウの葉の素揚げと推測します(※店員さんは英語でbasilと言っていましたが、バジリコではないと思います)。海苔のような感覚でしょうか。

2. Freekeh + Peas (フリーカ&グリーンピース)

フリーカは中東でよく食べられる穀物の一種です。日本では健康に良いスーパーフードとして紹介されることがあります。まめのおかゆを食べているような独特の食感です。

3. Slowcooked Lamb(長時間調理のラム)

ラムは文句なしの美味しさです。付け合わせのサラダには、角切りのじゃがいもとパレスチナでとれた野菜&ハーブが入っています。シンプルな味付けですがニンニクが効いていて、個人的にはラムより印象が強い一品でした。

4. Strawberry Knafeh(いちごのクナーファ)

クナーファは中東の定番デザートでイスラエルでも人気です。サクサクとした食感の紐状の生地が特徴的です。ファウダでは、甘さが控えめなカスタードのようなクリームとの組み合わせでした。

現代パレスチナ料理のレストラン「ファウダ」のおすすめポイント

屋台メシやファストフードとは違った、ハイエンドかつホームメイド感あふれるパレスチナ料理を食べたい方にはおすすめのレストランです。 「パレスチナの食材を使ったパレスチナの料理でここまで表現できる」というような、習慣や国籍に頼らない挑戦も感じられました。

そして料理だけでなく、やはり評判のレストラン/宿泊施設の一部ということもあり、店員さんの対応も親切で真摯でした。高級ホテルなどとはまた違い、真心が感じられる旅館のような雰囲気です。

こと接客に関して、イスラエルでは高価格で評判のレストランでも質が確保されていないことがままあるので、それに関してはファウダを称賛せざるをえないといった印象です。中東で「接客サービス」という概念を思い出させてくれる稀有なレストランでした。

※記事内に登場するパレスチナ料理やイスラエル料理の詳細は以下の記事をどうぞ。

ファウダ
パレスチナ / 中東料理
住所:Fawda Restaurant, Star Street، Bethlehem地図で見る
Web:https://www.hoshalsyrian.com/fawda-cafe-restaurant

※記事内のイスラエル通貨シェケルから日本円への換算は、1シェケル=30円で計算しています。

パレスチナの旅行予約はこちら


パレスチナのパッケージツアー(新幹線・飛行機付宿泊プラン)を探す

パレスチナのホテルを探す

パレスチナの航空券を探す

パレスチナのWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

最近人気の記事


【海外の人気お笑い芸人】世界のスタンダップコメディアン10選

海外(おもに英語圏)で主流のお笑いジャンルと言われている「スタンダップコメディ」。ピン芸人による漫談のことです。この記事では、世界各国の有名なスタンダップコメデ...


【地図付き】完全ガイド!パレスチナ・ベツレヘムで本物のバンクシーアートを見る

近年世界で最も注目されてるアーティストと言っても過言ではない「バンクシー」。日本でも2020年3月15日からバンクシー展の開催が予定されており、その注目度は留ま...

世界一眺めの悪いホテル。バンクシーのウォールドオフホテルの詳細【パレスチナ】

有名アーティストのバンクシーがパレスチナのベツレヘムにオープンしたウォールドオフホテル(別名:世界一眺めの悪いホテル)。宿泊しなくても楽しめるアクティビティや併...

テルアビブ、エルサレムetc!イスラエルの超定番観光地&穴場12選

イスラエルのテルアビブで3年暮らした筆者が、「超定番の観光都市」や、イスラエル国内では誰もが知っているような定番観光スポットなのに、外国人観光客が見落としてしま...

この記事を書いたトラベルライター

京都のゲイライター
京都在住のフリーライター。LGBTQのGです。イギリス、カナダ、ドイツ、イスラエル、アメリカに住んでいました。趣味は食べ歩き、海外旅行、スタンダップコメディです。
https://gauchan.xyz/bio/

遊ぶならここ!京都最大の繁華街・四条河原町の代表エリア4つ

京都で遊べる繁華街といえば四条河原町ですが、実際はどんなところか? 遊ぶところはどこなのか? 京都出身の筆者が、特に人気の代表エリア4つを紹介します。


「イスラエル料理」の徹底解説と定番メニュー43品

イスラエルで実際に住んで得た知見を元に、イスラエル料理の定義(具体的に何がイスラエル料理と呼べるのか?)などの説明に加え、現地の定番料理を43品厳選して紹介しま...


【ドイツ】定番だけ厳選したベルリンのおすすめ観光地11選+みどころ

ドイツの首都ベルリン。実際に3年間住んだ経験を元に、旅行者におすすめなベルリンの定番観光地を11件厳選し、 各地のみどころと共に紹介します!

【ギリシャ】アテネで食べられる定番ギリシャ料理8選

ギリシャの首都・アテネで簡単に食べられるギリシャ料理を、定番のみ8品ピックアップしました。どんな料理かという説明とともに、味の特徴や食べられる場所も併せて紹介し...

メニュー&値段も紹介!大阪のルイヴィトンのカフェ【LE CAFE V】

地上7階建で国内最大級のルイヴィトン「ルイ・ヴィトン メゾン 大阪御堂筋」の中にある、世界初のルイヴィトンカフェ「LE CAFE V/ル・カフェ・ヴィー」を紹介...

トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります