フィリピン
フィリピン
美しいビーチリゾートでの英語留学も人気

【フィリピン】セブから日帰りできるボホール島のおすすめ観光3選

2018年3月26日更新

348view

お気に入り

日本から気軽に行けるリゾートとして話題のフィリピン、セブ島。もちろんセブ島だけでも見所満載ですが、皆さんはセブ島から日帰りで行ける楽しい島があることをご存知ですか?セブ島滞在だけではもったいない。今回は、見所満載の島「ボホール島」のご紹介です。

ボホール島とは?

ボホール島は、フィリピンの中で10番目に大きな島で、その人口は約114万人。フィリピンのほぼ中央にあるビサヤ諸島に属する島で、セブ島からはフェリーでわずか2時間の距離にあります。

また周囲の海は透明度も高く、多くの種類の魚が生息することから、ダイバー憧れの地としても知られています。

ボホール島のおすすめ観光3選

そんなボホール島ですが、海はもちろん島の内陸にも見所やアクティビティーがたくさんあります。世界遺産やここでしか見られない動物など、それらの見所を詳しく紹介していきますね。

【1】世界最小の猿「ターシャ」に会いに行こう

まず最初にご紹介したいのは、世界の中でもここボホール島でしか出会うことのできない、世界最小の猿「ターシャ」です。

体長10cmほどと、手のひらにすっぽりおさまってしまう大きさのターシャは、目がくりくりとしていて愛くるしさ抜群。とても可愛い存在であると同時に、とても繊細な生き物です。

現在、密猟と森林破壊によって絶滅の危機にひんしているターシャは、サンクチュアリと呼ばれる保護区でのみ見ることが可能。サンクチュアリへの入場料は、60ペソ(約120円)です。

夜行性のターシャは昼は葉っぱに隠れて寝ていることが多く、見つけにくいですが、ターシャの生態を熟知したガイドさんの案内で発見できます。あなたもその愛くるしい姿に虜になること間違いなしです。

フィリピンターシャサンクチュアリ
フィリピン / 公園・動植物園
住所:14 Canapnapan | km.14, Canapnapan, Corella, Bohol, Corella 6300, Philippines

【2】世界遺産の不思議な光景「チョコレートヒル」を見よう

ここボホール島で、ターシャと並んで名物とされているのが、高さ30mほどの円錐形の丘が1,000個以上連なる不思議な風景が見られる「チョコレートヒル」です。

小高い丘が連なるその光景だけでも不思議な雰囲気ですが、4~6月の乾季になると草が枯れ、茶色に変化することから「チョコレート」の名前がつけられたそうです。

このような地形ができた理由は未だ解明されておらず、巨人が石を投げ合ったという伝説も残る場所。展望台から無数に連なる小高い丘を見渡すと、その不思議な光景に、ふと自分が今どこにいるかわからないような感覚に陥ります。

綺麗で不思議な絶景は世界遺産にも登録されており、わざわざボホール島を訪れて見に行く価値充分。ぜひ皆さんも不思議な光景を見に訪れてみてくださいね。

展望台への入場料は50ペソ(約100円)です。

チョコレートヒルズ 展望台
フィリピン / 展望・景観
住所:chocolate hill lookout

【3】ジップラインよりスリル満点?!ジップバイクに挑戦!!

ボホール島のアクティビティーとして、是非挑戦して欲しいのが、チョコレートヒルズアドベンチャーパークで体験できるジップバイクです。

一般的には、上空に張り巡らされたワイヤーを使い自然の中を滑走するジップラインですが、ボホール島ではワイヤーの上を自転車で綱渡りのように進むジップバイクが体験できるんです。

まるで、自転車で空を飛んでいる気分を味わえるジップバイク。チョコレートヒルズを有する大自然を見ながらの空中ライドは、病みつきになること間違いなし?!ワイヤーで吊るされているため安全性には全く問題なし。とはいえ余裕を持って周りを見渡し大自然の眺めを満喫できるかどうかはあなた次第です!!

ジップバイクの詳細はコチラ

チョコレートヒルズアドベンチャーパーク
フィリピン / テーマパーク・レジャー
住所:Loay Interior Road, Batuan, Boho
Web:http://chocolatehillsadventurepark.com/

ボホール島への行き方を徹底解説

日本から直接ボホール島へ行く場合

日本から直接ボホール島を目指す場合は、マニラまで国際線で飛び、そこから国内線で「ダグビララン」空港を目指す方法が一般的です。

こちらがおすすめ!セブ島からフェリーで目指す

ボホール島へ日本から直接向かってももちろんよいのですが、せっかく行くならセブ島とセットにして向かう方法がおすすめです。日本からセブ島へは、直行便で約5時間。マニラや台湾乗り継ぎなどの便も就航しています。

セブ島からボホール島はフェリーで目指します。フェリー会社はいくつかありますが、おすすめは最も本数の多い「オーシャンジェット」。フェリーが出ているセブの港に行って、窓口で直接チケットを購入します。

港へは、セブ市内からタクシーで15分ほど、マクタン島からだと約1時間で到着します。日帰りでボホール島を満喫したい場合には、7時や8時台のフェリーに乗ってボホール島を目指すことをおすすめします。

個人でフェリーチケットを手配するのは少し難しいと感じる方は、セブ島からのオプショナルツアーも多数組まれていますので、そちらに参加するのがおすすめです。先ほどご紹介した見所とセットになったツアーもあるので、それぞれの旅のスタイルに合わせて計画してみてくださいね。

まとめ

今回は、セブ島から日帰りで行けるボホール島についてご紹介しましたがいかがだったでしょうか?

ボホール島は海にも陸にも見所がたくさんあり、セブ島滞在と合わせて是非訪れて欲しい場所の1つです。皆さんもこの記事を参考にボホールの魅力を余すことなく味わう旅に出かけてみてくださいね。

ボホール島
フィリピン / その他スポット
住所:bohol island

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2017年7月15日の取材に基づき公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

同じテーマの記事

まさに楽園!フィリピン・サマル島のパラダイスビーチ!

皆さん、フィリピン・ダバオ州にあるサマル島の「パラダイスビーチ」をご存知ですか?パラダイスビーチは、フィリピン第3の都市と言われるダバオから簡単に行ける、市民の...

【セブ島・モアルボアル】内緒にしたい、シュノーケル&ダイビング三昧とサーディンランも絶対見れるスポット!

フィリピン・セブ島南西部のモアルボアルでは世界でも有名なスキューバダイビング、シュノーケルスポットです。モアルボアルからボートに乗ってダイビングスポットに行くと...

【フィリピン】セブ島は海だけじゃない、自然と遊ぼう!キャニオニングのススメ

セブ島南西部のモアルボアルには、カワサン滝という週末には地元市民で賑わう観光スポットがあります。そのカワサン滝の上流は美しい渓谷になっており、川を泳いで下ったり...

セブ島ならホテル滞在を楽しもう!inパシフィックセブリゾート

あなたは「ビーチリゾート」と聞いて何を思い浮かべますか?浜辺でゆっくりしたり、海水浴やマリンアクティビティを楽しんだり…。都市部への旅行と異なり、ゆったりとした...

アジアの至宝、ホワイトビーチでのカジュアルバケーション in フィリピン、ボラカイ島

「こんなきれいなビーチは見たことがない!」と誰もが納得する美しいビーチ、それがフィリピンのボラカイ島にある、「ホワイトビーチ」です。そこで満喫できるのは、肩ひじ...

この記事を書いたトラベルライター

旅のワクワク追求家
生田芳貴

鳥取生まれ神戸育ち。京都教育大学教育学部卒業後、神戸市で中学校国語科教諭として勤務。


7年間働いたあと、「自分の中にあるワクワクに素直になる」ために夫婦で世界一周へ。


旅の中で、「海でのんびりする」ことが好きだと気づき、「海辺でゆったり生きる」「海辺をゆったり旅する」をテーマに生きることに決めました。

世界一周中に海も含めて気に入った場所をこちらのサイトでご紹介していきたいと思います。

ブログでは「世界の海」の情報と「海辺でのんびり生きる・旅する」情報を発信しています。見ていただけると世界のどこかの海ではしゃぎます。

よろしくお願いします。
http://www.teriyaki44.com

【NY】ランチに絶対訪れたい!おすすめのお店5選

世界中から多くの観光客と多数のグルメが集まるNY。観光に訪れたはいいけど、選択肢が多すぎてどこのレストランでランチをすればいいかわからず困った経験がある方も多い...

バンコクから足を伸ばして行ける海 サメット島のおすすめビーチ3選

タイの観光地といえば、首都バンコク。世界中から多くの人が訪れる超人気旅スポットですね。そんなバンコクから一番手軽に行ける楽園、サメット島を皆さんはご存知ですか?...

神の創造した最後の秘境 フィリピン・エルニドで最高の海の楽しみ方

7,000以上の島からなる国フィリピン。格安の英語留学で話題のセブ島や、人気リゾート地として旅行者の多いボラカイ島などが有名です。しかし、フィリピンの底力はそん...

ヨーロッパ 幻想的で美しすぎる 観光におすすめの図書館5選

みなさんは図書館と聞いて、どんなイメージを持ちますか?本を読むところ?調べ物をするところ?しかし、ヨーロッパにはそれだけにとどまらない存在意義を持った、図書館が...

ヨガの聖地 インドのリシケシでヨガ体験する方法と町の魅力

日本のみならず、世界中で大ブームのヨガ。そんなヨガの聖地がインドにあるのを、みなさんご存知ですか?そこにはかつて、ビートルズやスティーブ・ジョブズなどもお忍びで...

トラベルライターアワード・2017年間受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?