相模原市

花と水そして緑に囲まれた休日を過ごせる神奈川県立相模原公園

取材・写真・文:

群馬在住
訪問エリア:14都道府県

2021年1月26日更新

530view

お気に入り

写真:CHIRI

大きな噴水のある相模原公園。休日にもなると家族連れでにぎわいます。美しい花の咲く花壇では四季折々の花が楽しめ、どの季節も花が絶えることは在りません。時期には人気のネモフィラの花も咲き、地元の人をはじめ観光客も多く訪れる相模原公園を紹介します。

この記事の目次表示

相模原公園のシンボル的存在 サカタのタネグリーンハウス

  • 写真:CHIRI

相模原公園の南東、隣接する相模原麻溝公園へと向かう「りりちゃん橋」の手前に、大きな温室グリーンハウスがあります。

グリーンハウスは2階建ての建物になっており、1階にはグリーンシアターや入場有料のトロピカルガーデン、さらにアクアテラスというカフェがあります。

2階には展望室や入場有料のカクタスガーデンがあり、国内最大級のサボテンや珍しい多肉植物アガベなどが生育されています。同じく2階にあるグリーンギャラリーは、緑や花など、テーマごとに期間を決めて展示を行うスペース。毎回新たな自然に出会うことができます。噴水広場を展望できる虹の展望室も人気です。

  • 写真:CHIRI

モニュメントとフランス式庭園

  • 写真:CHIRI

グリーンハウスを通り過ぎると、噴水の左側にあるモニュメント「風景・・・緑の夢」が見えてきます。

またフランス式庭園には4つの噴水と虹の花壇があり、庭園の両脇には壮大なメコセイアの並木が立ち並びます。

  • 写真:CHIRI

メタセコイア並木

  • 写真:CHIRI

メタセコイアは生きている化石とも呼ばれる針葉樹の一種で、成長すると高さ30メートルを超えます。このメタセコイアの並木は圧巻です。秋になると茶褐色の紅葉が楽しめます。

  • 写真:CHIRI

野鳥の声を楽しんだり、季節によって姿を変える木々を楽しむことができます。日常とは異なる木に囲まれた清涼感あふれる空間です。

芝生広場

  • 写真:CHIRI

フランス式庭園の左側には大きな樹木に囲まれた芝生広場があり、ほかの公園ではあまり見られないような壮大な風景が広がります。

西側には「きらめきの流れ」と呼ばれる小川があり、休日にはたくさんの家族連れがピクニックや散歩、テニスなどのスポーツを楽しんでいます。小道にはネモフィラが植えられており、5月ごろからお散歩をしながら楽しめます。

  • 写真:CHIRI

森の木展望台

  • 写真:CHIRI

芝生広場で子供たちに特に人気なのが森の木展望台。メルヘンの世界に飛び込んだかのような木の展望台と、大小合わせて8つの遊具は子供たちに大人気です。

ドッグラン

ワンちゃんも楽しめるようにドッグランも併設しています。会員登録が必要ですが、伸び伸びとワンチャンを遊ばせてあげられます。会員登録と利用料金は無料です。

開場日:土日祝祭日、水曜日
利用時間帯:季節によって異なりますが、土日祝祭日は午前午後の2回。水曜日は午後
会員登録日:毎月第二日曜日の午前中のみ

せせらぎの園

2015年4月、相模原公園内のフィッシングパークからリニューアルしてできた新スポット。池がありその周りの桜はお花見にもってこいです。子供たちが水遊びできるじゃぶじゃぶゾーンは夏場になると小さな子供たちでにぎわいます。

  • 写真:CHIRI

神奈川県内最大の花しょうぶ園

およそ26,000株、118種類のハナショウブやボタン、ヒガンバナなど、季節によって様々な花を楽しめる花しょうぶ園。6月には毎年恒例のしょうぶまつりが開催され、観光客でにぎわいます。

  • 写真:CHIRI

公園管理事務所・売店・ラーメンショップ

  • 写真:CHIRI

落とし物や利用案内、車いすの貸し出しを行っている公園管理事務所。受付時間は9時から16時半までとなっています。

また売店やラーメンショップもあるので、遊んでお腹が空いても大丈夫。お弁当を持たなくても遊びに出かけられるので便利ですね。

相模原公園アクセス・駐車場情報

アクセス

  • バスでのアクセス:広大な敷地のためバス停が3か所あります。

①相模原公園前

②女子美術大学

③相模原公園入口

  • 車でのアクセス:国道16号線鵜野森、若松二丁目を西に曲がり県道52号線を道なりに進み、相模原公園入口を直進。

駐車場

  • 中央駐車場:普通車282台、大型5台の駐車が可能。
  • 駐車料金:年間を通じて有料(詳細はこちら

おわりに

「欧風都市公園」とも呼ばれる相模原公園はいかがでしたか?公園面積26haという広い公園の中に、花や緑、木々、噴水、水遊び場、アスレチックなど様々な要素が詰まっています。

欧風都市公園でのんびりと自然に囲まれ、ゆっくりとした一日を過ごしてみてはいかがでしょうか!

相模原公園
相模原市 / 公園 / 紅葉 / 花畑(6月) / ピクニック / 水遊び
住所:神奈川県相模原市南区下溝3277地図で見る
Web:http://www.sagamihara.kanagawa-park.or.jp/

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2017年6月28日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


【関東】夏のおすすめ花畑42選!初夏〜真夏に見頃を迎える花の名所ガイド

初夏〜真夏は、春バラにあじさい、ハナショウブ、ラベンダーにひまわりなどの花々が見頃を迎える季節。しっとりした梅雨空やまぶしい夏空の下に広がる花畑の光景は、まさに...


【関東】6月のおすすめ花畑29選!6月に見頃を迎える花の名所ガイド

6月は、春バラにあじさい、ハナショウブ、ラベンダーに蓮などの花々が見頃を迎える季節。しっとりした梅雨空の下に広がる花畑の光景を見に出かけませんか。6月に見頃を迎...

【神奈川】迫力の観光放流!宮ヶ瀬ダムを見学しよう

神奈川県の宮ヶ瀬ダムは、ダイナミックな観光放流や、季節で変化する山の風景とダム湖の絶景が楽しめるスポット。隣の県立あいかわ公園と合わせれば、子どもと一緒に家族で...

【神奈川】親子で動物・自然が楽しめる相模原麻溝公園

神奈川県相模原市にある、相模原麻溝公園(さがみはら あさみぞこうえん)。広大な敷地の中には、相模原市を一望できるタワーをはじめ、動物と触れ合えるスペースもありま...

この記事を書いたトラベルライター

鶴まう形の群馬県代表フォトライター
「毎日旅するように生きていく」がモットー、フォトラーターCHIRIです。鶴まう形の群馬県を中心に、時々青い海の魅力を求めて時には車中泊で彷徨います。

スイーツから郷土料理、激辛ラーメンまで食べるの大好き!日帰り温泉や秘湯・パワースポット・絶景・秘境などなど、定番から穴場まで胸キュン旅巡航中。

激辛マニアブログもやってます。
https://ilovegekikara.info/

【群馬県】ピリ辛好きからマニアまで楽しめる激辛ラーメン店5選

群馬県、実はラーメン店が多いことをご存知でしょうか?そして、辛いラーメンを提供しているお店も豊富。ここではピリ辛好きさんから超激辛好きまで楽しめる、群馬で激辛ラ...


【群馬パワースポット・満徳寺】日本に2つしかない縁切寺!幸福祈願&不幸との縁切りに

群馬県太田市にある満徳寺は、江戸時代の幕府公認の縁切り寺として有名。現在でも縁切り、縁結びスポットとして多くの人が足を運びます。満徳寺の由緒や、現在でも残る少し...


【群馬パワースポット】大切な人の健康祈願、病気平癒をお願いできる神社6選

群馬県内には病気平癒や健康祈願のできる神社があります。筆者が実際に足を運んだ、大切な人や自分自身の健康や病気平癒をお願いできるパワースポットをご紹介しましょう。

実は群馬、お酒も美味しいんです!地元民おすすめ群馬の地酒3選!

広大な自然、そして山に囲まれた山紫水明な群馬県。温泉やスキー、山歩き、自然など様々な楽しみ方で毎年多くの観光客が訪れます。そんな群馬県で、おすすめしたいのがお酒...

【群馬県】あまりの美味しさにびっくり!世界一濃厚なプリン「天国のぶた」

テレビ番組『嵐にしやがれ』で紹介されたこともあり、ご当地グルメを扱う通販サイトでは数か月待ちという記録を持つ、”たぶん世界で一番濃厚”なプリン「天国のぶた」をご...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります