小豆島
小豆島観光
小豆島産のオリーブや小豆島醤油が名産

小豆島:道の駅オリーブ公園のおすすめ写真スポット紹介!NG服装にご注意

取材・写真・文:

東京在住
訪問エリア:33都道府県

2020年3月20日更新

1,049view

お気に入り

写真:藍ai

小豆島の観光スポットNo.1といっても過言ではない「道の駅オリーブ公園」。そのオリーブ公園には、「ここで写真撮りたい!」と思うスポットが沢山あるんです。そのおすすめ写真スポットをご紹介します。

この記事の目次表示

写真スポット①:オリーブ色の昔ながらの郵便ポスト

  • 写真:藍ai

道の駅オリーブ公園の建物付近にあるのが、こちらのポスト。今まで、定番の赤色のほか、赤茶色、オレンジ、黄色のポストは見たことがありましたが、この薄緑色はけっこう珍しいのではないでしょうか。

オリーブ公園ということで、まさにオリーブ色!バックに広がるオリーブの木々と海。お借りしたほうきを横に立てかけて撮るとちょっといい感じです(ほうきに関しては後ほどご紹介します)。

写真スポット②:扉つきの童話の絵本と鉛筆柵

  • 写真:藍ai

雑貨ハーブカフェ「コリコ」の道路を挟んだ向かい側にあります。大きく目立つのですが、みなさん「コリコ」に気が向いており、あまり気づかれない存在となっています。この絵本のオブジェは、開け閉めがちゃんとできる小さな扉も付いており、とても可愛らしいのです。

横にある柵も鉛筆をモチーフにされていて可愛い。

  • 写真:藍ai柵のえんぴつがおしゃれ!

後ろ側に行くと、絵本の背表紙まで、ぬかりはございません。

  • 写真:藍ai

洒落た童話の絵本の前で、一枚いかがですか。

  • 写真:藍ai空飛ぶジャンプをすれば、まるで絵本の1コマに。

写真スポット③:雑貨ハーブカフェ「コリコ」のお庭

  • 写真:藍ai庭の奥に見える建物がショップ「コリコ」

こちらのお庭は、緑に溢れていて素敵です。ベンチもあるので、座って一枚いかがでしょうか。

  • 写真:藍ai奥にはベンチもある
  • 写真:藍ai
  • 写真:藍ai
  • 写真:藍ai
  • 写真:藍aiグリーン色の長靴も植木鉢に

このコリコは、実写映画版『魔女の宅急便』の撮影の際に「グーチョキパン屋」のロケセットとして使われていましたので、この外観と一緒に撮るのもおすすめ。

  • 写真:藍ai魔女の宅急便のロケセット「グーチョキパン屋」の正面外観

さらに、見ていただきたいのは、この建物の横や裏側。さすがロケセットだけあり、裏側もしっかり作りこまれており感動します。

運が良ければ、ジジならぬ猫さんに出会えるかもしれません。

  • 写真:藍aiグーチョキパン屋の横側
  • 写真:藍aiショップ「コリコ」の裏手にあるベンチ。

場所はここ

  • 写真:藍ai現在地が道の駅オリーブ公園。コリコは徒歩1分

コリコは、オリーブ記念館から徒歩1分ほどの場所にあります。

雑貨ハーブカフェ コリコ
小豆島 / 雑貨・インテリア
住所:香川県小豆郡小豆島町西村甲1941-1地図で見る
電話:0879-82-2200(FAX: 0879-82-2215)
Web:http://www.olive-pk.jp/map/corico.html

写真スポット④:ギリシャ風車

  • 写真:藍ai

小豆島といえばこのギリシャ風車、といっても過言ではないほど、よくメディアで取り上げられる風景です。オリーブの森を通り過ぎると見えてくるのが、緑の芝生の丘の上にある、真っ白なギリシャ風車です。

丘からはオリーブの木々と海が見え、風が心地よいので、この芝生に座ってリラックスしている観光客も多いです。

  • 写真:藍ai夕暮れ時、丘には座ってくつろぐ観光客の姿が。
  • 写真:藍aiギリシャ風車の丘から見える景色

このギリシャ風車では、映画『魔女の宅急便』のキキのように、空飛ぶ写真を撮ろうとする観光客で賑わっています。

場所はここ

  • 写真:藍ai現在地がオリーブ記念館。ギリシャ風車は徒歩5分。

オリーブ記念館から、坂をのぼり、コリコのお庭を右手に通り過ぎ、歩くこと5分。ギリシャ風車に到着です。途中、オリーブの路を通るので、間近でオリーブの木を見ることができます。

オリーブ公園で空飛ぶ写真を撮影するなら用意したいアイテム

  • 写真:藍ai空飛ぶジャンプは、風車バックが絵になります。

オリーブ公園で写真を撮るにあたって、あったら絵になるな、というアイテムをご紹介します。

『魔女の宅急便』風のほうきは無料レンタルあり!

  • 写真:藍aiほうきをかける、黒猫の後ろ姿に癒されます。

撮影に欠かせないのは、映画『魔女の宅急便』に登場する「ほうき」です。ありがたいことに、道の駅オリーブ公園の館内に、無料レンタルできる場所があります。壁に立てかけてあり、自由に貸出可能となっているのです。色は、黒、白、灰色と3色あるので好きなのを選びましょう。

キキを目指すなら黒ワンピと赤いリボン

  • 写真:藍ai

キキのように写真を撮りたい方は、黒ワンピと赤いリボンを持参すると良いでしょう。実際に、ほうきを借りられる場所の看板上に、「こんな風な写真が撮れます」という例が、写真付きで紹介されてありましたが、黒ワンピに赤いリボンの女子もおりました。

ジャンプしやすい靴

思いっきりジャンプする必要があるので、ぺったんこ靴やスニーカーなど、ジャンプしやすい靴だと良いです。ベストショットを撮るには、何回もジャンプしないといけないので、なかなか疲れます。

いろんな角度で、様々なパターンの空飛ぶ写真を撮りたいのであれば、ご自身が思いっきりジャンプできる靴を選んでおくと、楽で良いです。

ほうきにまたがりやすい服

  • 写真:藍ai一番右の男性のように、ほうきを平行に持つと飛んでいるように見えます。

男性は問題ないですが、女性の場合は選ぶスカートに要注意です。おすすめは、やはり、キキのようなひざ下の丈の長さのサラリと着れるワンピースでしょう。あまりロングすぎるとほうきがスカートで隠れてしまうので、ひざ下より気持ち長めくらいが良さそうです。それが、一番ほうきにまたがりやすく、絵になります。

大前提、ミニスカートはやめましょう。また、風ですぐめくれるタイプのシフォン系のひざ丈もやめたほうがいいでしょう。いずれも中が他人に見えてしまう可能性大だからです。

意外な落とし穴としては、生地が厚めの伸縮性がないロングスカートです。ほうきにまたがるのに苦労します。

【空飛ぶ写真にあわせて用意したいアイテム】
・ほうき(無料レンタルあり)
・黒ワンピ&赤いリボン(キキを目指す方は)
・ジャンプしやすい靴
・ひざ下より気持ち長めのワンピース

【避けたほうがいい服装】
・ミニスカート
・ひざ丈スカート
・風でめくれるシフォン系のひざ丈スカート
・生地が厚めの伸縮性がないロングスカート
道の駅 小豆島オリーブ公園
小豆島 / 公園・動植物園 / 観光名所 / 道の駅・サービスエリア
住所:香川県小豆郡小豆島町西村甲1941−1地図で見る
電話:0879-82-2200
Web:http://www.olive-pk.jp/

この記事を書いたトラベルライターからひと言

実際に筆者は、この厚手のロングスカートで行ってしまい、「しまった」と後悔しました。またがることはできますが、スカートが邪魔で、ほうきを平行に保ちにくく、斜めになっているのが写真からも分かるかと思います。

ぜひ、魔女の宅急便風に写真を撮りたい方は、服装にご注意を!(藍ai)

小豆島の旅行予約はこちら

小豆島のパッケージツアーを探す

(小豆島北部・土庄)

(小豆島南部・寒霞渓)

小豆島のホテルを探す

小豆島の航空券を探す

小豆島の現地アクティビティを探す

小豆島の高速バスを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2019年10月17日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


SNSでも話題の景色!香川県の絶景スポット12選

エンジェルロードや寒霞渓などの有名な絶景スポットはもちろん、”天空の鳥居”として近年注目を集める神社や、古代ギリシャの劇場をモチーフにした野外音楽広場など、全国...


香川県の人気観光スポットTOP30!旅行好きが行っている観光地ランキング

金刀比羅宮や小豆島オリーブ公園、栗林公園などをはじめとする香川県の観光スポットの中で、トリップノートの4万2千人の旅行好きトラベラー会員(2019年8月現在)が...

【瀬戸内】アート好き必見!アート作品がたくさんなおすすめの島6選

瀬戸内の島々は、瀬戸内国際芸術祭が開催されていることもあり、期間外でもアート作品が見られる島々がたくさんあります。今回はアート好きな方のために、押さえておきたい...

神戸→小豆島のジャンボフェリーの楽しみ方&お得情報

関西の神戸からフェリーで3時間でいける小豆島。土日に、友達や彼氏、家族とちょっと小旅行という時にぴったりの旅先です。今回は、小豆島ジャンボフェリーに実際に乗船し...

四国の人気観光スポットTOP30!旅行好きが行っている観光地ランキング

香川県の金刀比羅宮や愛媛県の道後温泉本館などをはじめとする、四国の有名観光スポットの中で、トリップノートの4万2千人の旅行好きトラベラー会員(2019年8月現在...

この記事を書いたトラベルライター

穴場&王道なtripが大好き★
南国の宮崎生まれ、宮崎育ちです!
宮崎(高校まで)→大阪&フィジー(大学)→宮崎(就職)→東京(転職)→大阪(転勤)→アメリカ→東京(転職)と居住も様々!

旅は、大学時代に国内外バックパッカーを始めたのがきっかけで、
今でも一人や友達と旅行に行っています。
大学の卒業旅行では、世界一周航空券を使って、
2か月間弾丸一人バックパッカーを実行!

今も毎年海外旅行に年に2~3回行ってます。
2019年GWはタイ&アメリカに行ってきました。

一人旅は、現地人や同じ旅人同士との交流が生まれやすいので大好き。
友人や家族旅行ももちろん大好き。

宮崎や海外の情報をこれから掲載していくので
よろしくお願いします^^
https://koi99-trip.com

【グランドキャニオン・2019年最新情報】基本情報&おすすめの回り方を伝授

グランドキャニオン国立公園にある「サウス・リム」と「ノース・リム」はどっちがおすすめ?最寄り空港はどこ?園内を移動する無料シャトルバスがある?等の基本をご紹介。...


【京都】京都Love女子が教える、ハズさない厳選お土産を買えるお店7選

京都が大好きで、8年も通い続ける友人と小旅行した際に紹介してもらった、絶対買いたい絶品お土産。そんな京都Love女子が教える、おすすめ土産を買えるお店を7店紹介...


【ペルー・クスコ】街並み一望!王道&穴場な絶景スポットや観光ポイント5選!

マチュピチュに行かれる際に訪れる都市、クスコ。メインはマチュピチュ!という観光客も、せっかくクスコに立ち寄るのであれば楽しまなきゃ損!ということで、今回は、歩い...

海に浮かぶ「青島神社」無料駐車場&おすすめ参拝時間!多くの芸能人も訪れる、大人気の6つの理由!

芸能人も訪れる大人気の青島神社。専用駐車場がないけど、どこに駐車すべき?神社だけど営業時間は?島だけどトイレはあるの?行くならどの時間帯がベスト?人気の理由は何...

【台北】観光客急増中!今しか見れない奇岩スポット「野柳地質公園」

台湾大好きっ子に必見!奇岩がゴロゴロと並ぶなんとも魅惑的な景色が広がる「野柳地質公園」。5年後にはなくなるかもしれない岩があったり、「ここどこの国?!」なんてい...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?