宮崎
宮崎観光
パワースポットが人気を集める、年間通じて温暖な地域

【宮崎県・行く前に必読】地元民が教える鵜戸神宮の王道&穴場情報!おすすめ参拝時間、運玉の裏話、隠れ家神社とは?

取材・写真・文:

東京在住
訪問エリア:33都道府県

2021年12月14日更新

23,968view

お気に入り

写真:藍ai

宮崎県の人気観光スポット「鵜戸(うど)神宮」。洞窟の中に本殿があり、運玉を投げる体験ができる…だけの神宮だと思ってませんか?!本殿とは別の場所にある、地元民でもあまり知らない貴重な隠れ家的スポット「波切神社」も見逃せません。何度も鵜戸神宮を訪れた事のある筆者が、その満喫方法をご紹介!

この記事の目次表示

鵜戸神宮について

  • 写真:藍aiこの門の扉に「乳金具」あり。

鵜戸神宮は、宮崎空港から車で約40分、宮崎の別の人気観光スポット、山幸彦(やまさちひこ)と豊玉姫命(とよたまひめ)のラブロマンスの地として有名な「青島神社」から車で10~15分南に行った場所にあります。

人気のワケ①縁結び&安産のパワースポット

鵜戸神宮にまつわる神話は、実は青島神社で生まれたラブロマンスの続きの物語なのです。兄から借りた釣り針を探している途中で海宮(龍宮)に訪れ、そこに住んでいた豊玉姫命と恋に落ちた山幸彦。契りを結んでもなお陸に戻らなければいけなかった山幸彦が海宮を去った後、豊玉姫命は身ごもっていることに気づきます。「神の御子を海の中では産めない」と、子どもの産み場所を探して亀の背中に乗ってやってきた地が、ここ、鵜戸の地なのです。

豊玉姫命は自らの赤ちゃんを産むために鵜の羽で産屋を作り、ここで無事に出産されたと言われていることから、鵜戸神宮は安産のパワースポットとして親しまれています。

人気のワケ②写真映え!絶景!!

  • 写真:藍ai鵜戸神宮から見る海は、見事な水平線が広がります!

鵜戸神宮は、海に沿った場所にあります。赤い神社に、青い海、緑のソテツやヤシの木、というまさにカラー映えが最高です。カラー映えという意味では青島神社も写真映えスポットですが、鵜戸神宮は高い位置にあるので、大海原を見渡せます。

  • 写真:藍ai看板「国指定名勝 鵜戸」
  • 写真:藍ai
  • 写真:藍ai赤い階段。左手の岩の下にあるのが本殿。
  • 写真:藍ai浸食してできた奇岩の形を見るのも面白いです。

国指定名勝の地でもあり、まさに絶景に出会えるんです。

人気のワケ③苦労せずして絶景に出会える

  • 写真:藍ai

駐車場に車を停めて、徒歩3分で鵜戸神宮の入り口に到着します。そこから本殿までも、歩いて徒歩5分程。しかもその間、右手にはブルーの大海原が広がっているので、景色を楽しみながら本殿まで行くことができます。

  • 写真:藍aiまっすぐな参道
  • 写真:藍ai階段を下りてくると、写真右に本殿が広がります。

本殿に着く手前に階段があり、下る必要がありますが、30段程度ではないでしょうか。老若男女問わず、手軽に楽しむことができるということで、人気なのです。

人気のワケ④体験型

  • 写真:藍ai投げ方の説明看板。英語でも書かれています。

本殿入り口には、大人から子供まで楽しめる体験コンテンツ「運玉投げ」があります。詳細は後ほど詳しくお伝えいたしましょう。

鵜戸神宮・本殿の見どころ&お楽しみポイント

①正門の○○がおっぱいの形?

  • 写真:藍aiこの門の扉に「乳金具」あり。

正門の扉についている取っ手の部分の金具。いつもなら素通りするところなのですが、こちらは「むむ?」と気になる形をしています。それはまさに、おっぱいの形をしているんです。名称もちゃんとあり「乳金具」と呼ばれています。

この後紹介しますが、鵜戸神宮が「お乳」にまつわり、安産祈願にもいいと言われていることに、この乳金具が関係しているのでしょう。ぜひ門をくぐる時には、扉の取っ手を注意して見てみて下さい。

②鵜戸神宮の神の使い!撫でうさぎ

  • 写真:藍ai本殿入り口

本殿の中を歩いていき、ちょうど真ん中くらいにさしかかるころに「撫でうさぎ」が登場します。なぜ、うさぎなのか?それは、鵜戸神宮の神の使いだからだそうです。そしてこの「撫でうさぎ」を撫でると、病気が治る、開運するなど、願い事が叶うと言われています。

みんなが撫でる為、うさぎさんの頭ははげちゃってる状態に…。それでも、ぜひ撫でてみてくださいね。

③探せ!岩にくっついてるおっぱい!

まずは、先に紹介した神話にまつわる続きのお話から…。

お産をする場所を探し、海から亀に乗って陸に到着した豊玉姫命。子どもを産むために鵜の羽で産屋を作り始めたのですが、その途中で陣痛が起き、そのまま出産をすることになります。豊玉姫命は、山幸彦に「私が出産中は絶対に中を見ないでほしい」とお願いしたにもかかわらず、山幸彦は中を覗いてしまいます。すると豊玉姫命の本当の姿はワニだったとか、サメだったとか…。

山幸彦に正体を知られた豊玉姫命は、恥ずかしさと悲しみから、出産後、赤ちゃんの為に自分の両方のおっぱいを岩にくっつけて海に帰ってしまった、とのことです。

そのおっぱいとされている岩が、本殿にあります。ですが期待して行くと拍子抜けしてがっかりするので、あまり期待せずに探してみましょう。

④天井から滴り落ちる水

  • 写真:藍ai岩窟なのに、床もまるで雨に濡れたかのように濡れています。
  • 写真:藍ai水がしたたる天井…

豊玉姫が残したおっぱいから乳がでているのか、いないのか…わかりませんが、通年この本殿の中は天井も床も、水で滴っています。

⑤食べ物もお乳にちなんだ、お乳あめ!?

お乳にちなんで、鵜戸神宮では「お乳あめ」が売られています。筆者が子どものころに母が買って食べさせてくれましたが、固くて甘いです。固さは尋常じゃないくらい固かった記憶があります。色は、お乳をイメージしているのか、真っ白。ぜひ、行った際には買って食べてみて下さい。

鵜戸神宮で人気の「運玉投げ」にまつわる裏話

鵜戸神宮・本殿でのお楽しみと言えば「運玉投げ」。観光客のみなさんが運玉を手に取って投げている様子が定番となっています。男性は左手、女性は右手に運玉を持ち、願い事をしながら先の方にある亀岩をめがけて投げ、投げた運玉が亀の甲羅に当たると願い事が叶うと言われています。

そんな「運玉投げ」にまつわる裏話をご紹介。

裏話①:亀岩の背景にある悲しい物語

  • 写真:藍ai亀岩。右が頭で左がしっぽ。

運玉を投げるこの亀さん、実は神話に登場する亀なのです。

豊玉姫命を乗せて、鵜戸の地に一緒にやってきた亀。先に紹介したとおり、豊玉姫命は出産後、悲しみにくれて一人海に帰るのですが、亀はそれに気づかず、姫を待ち続けたそうです。待ち続けているうちに、石になってしまったと伝えられています。

なんとも切ないお話なのです。

裏話②:運玉に隠されたほほえましい秘密

  • 写真:藍ai

運玉は粘土でできており、本殿入り口にて5個100円で販売しています。この運玉、よく見ると1つ1つ形や大きさが異なります。機械で作っていないことは一目瞭然。

では誰が作っているのか?!それは、地元・鵜戸小学校の生徒たちなのです。地元の子ども達が一生懸命作った運玉、それを感じながら運玉投げをしてみると、また感動が増すのではないでしょうか。

裏話③:投げられた運玉の、複雑な行く末

  • 写真:藍aiくぼみの水たまりの中。赤茶色に見えるのが運玉。

運玉を投げる亀岩の甲羅の中心部はくぼみになっており、このくぼみに見事運玉が命中すると、その中に鎮座し、運の良い運玉として見なされます。

その運が良いとされる運玉の行く末はどうなっているか…。

後日回収されて天日干しにされ、本殿入り口にて「御守り」として売られています。それに加えて、運玉を保管する用の綺麗でピッタリサイズのかわいい袋まで別売りしています。凄い商売だな…と感じるものの、筆者の母親は買っておりました。

販売経路の詳細を知っていてもなお「かわいい×運が良い」という事実には勝てないですね。

次のページを読む

宮崎の旅行予約はこちら


宮崎のパッケージツアー(新幹線・飛行機付宿泊プラン)を探す

宮崎のホテルを探す

宮崎の航空券を探す

宮崎の現地アクティビティを探す

宮崎のレンタカーを探す

宮崎の高速バスを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


【2023年版】全国の人気神社・お寺TOP52!旅行好きが訪れた寺社ランキング

2023年の1年間にトリップノートのトラベラー会員が登録した「行ったスポット」のデータを元に、トラベラーのみなさんが実際に訪れた国内の寺社ランキング【2023年...


【2023年版】旅行者が行った九州の人気観光スポットランキングTOP38!

2023年にトリップノートのトラベラー会員が登録した「行ったスポット」のデータを元に、トラベラーのみなさんが実際に訪れた九州の人気観光スポットランキングTOP3...

【2024】九州の人気神社TOP21!旅行好きが行っている神社ランキング

太宰府天満宮や鵜戸神宮、青島神社などをはじめとする九州の神社を、トリップノートの9万3千人を超えるトラベラー会員(2024年2月時点)が実際に行っている順に、人...

まさに神秘的な美しさ!日本全国のおすすめ絶景神社28選

日向灘に面した断崖の洞窟にある「鵜戸神宮」や、海に浮かぶ大鳥居がシンボルの「嚴島神社」、異世界に続くかのような苔むした参道が話題の「上色見熊野座神社」など、神秘...

【日本】大自然に癒される!自然のおすすめパワースポット22選

幻想的な光景がジブリの世界のようだと話題の「亀岩の洞窟」や、東洋のナイアガラと言われる「吹割の滝」、大地のパワーを感じる「大観峰」など、大自然に癒される、日本全...

この記事を書いたトラベルライター

穴場&王道なtripが大好き★
南国生まれ、南国育ちです!
九州(高校まで)→大阪&フィジー(大学)→九州(就職)→東京(転職)→大阪(転勤)→アメリカ→東京(転職)と居住も様々!

旅は、大学時代に国内外バックパッカーを始めたのがきっかけで、
今でも一人や友達と旅行に行っています。
大学の卒業旅行では、世界一周航空券を使って、2か月間弾丸一人バックパッカーを実行!

今も毎年海外旅行に年に2~3回行ってます。
2019年GWはタイ&アメリカに行き、コロナ直前までアメリカにいました。
コロナ中は、国内旅行を楽しんでいます。

一人旅は、現地人や同じ旅人同士との交流が生まれやすいので大好き。
友人や家族旅行ももちろん大好き。
国内&海外の情報発信中です!


また、本業ではサイキックリーダーをやってます。
あなたが行くべき旅行先や時期などを、ガイドに教えてもらうこともできるので興味がある方はどうぞ。

【サイキックリーダーのサイト】https://psy-ai.com/
【自身で運営中の旅サイト】https://koi99-trip.com/
https://psy-ai.com/

海に浮かぶ「青島神社」無料駐車場&おすすめ参拝時間!多くの芸能人も訪れる、大人気の6つの理由!

芸能人も訪れる大人気の青島神社。専用駐車場がないけど、どこに駐車すべき?神社だけど営業時間は?島だけどトイレはあるの?行くならどの時間帯がベスト?人気の理由は何...


【グランドキャニオン・2019年最新情報】基本情報&おすすめの回り方を伝授

グランドキャニオン国立公園にある「サウス・リム」と「ノース・リム」はどっちがおすすめ?最寄り空港はどこ?園内を移動する無料シャトルバスがある?等の基本をご紹介。...


【京都:桂離宮】日本最高庭園!行く前必読!見どころと注意事項

17世紀に造られた「桂離宮」。それは、日本庭園として最高の庭園と誰もが絶賛するそうです。「それは実に涙ぐましいまでに美しい」と絶賛したのは、20世紀を代表する建...

【京都】京都Love女子が教える、ハズさない厳選お土産を買えるお店7選

京都が大好きで、8年も通い続ける友人と小旅行した際に紹介してもらった、絶対買いたい絶品お土産。そんな京都Love女子が教える、おすすめ土産を買えるお店を7店紹介...

【京都】国内外から客殺到!伝説の超人気パン屋、たま木亭

京都の住宅街に佇む、大人気パン屋「たま木亭」。人が行きかう観光地でもない場所なのに、車がひっきりなしに駐車場に入り、店の前には行列が絶えない…。全国No.1と言...

トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります