太陽!海!ヨット!シンガポールの南欧の様に優雅なカフェPRIVÉ

1,511

view
   2017年3月17日更新

世界有数のお金持ちの住むシンガポール。プライベートアイランドであるケッペルアイランドの会員制ヨットハーバーには、会員でなくても利用可能な、白を基調にしたインテリアのカフェ「PRIVÉ」があります。ヨットハーバーに面したテラス席でブランチをすれば、爽やかな潮風を受けて優雅な気分満喫です。

街からすぐそこなのに日常を離れた開放感

シンガポールの南の端、セントーサ島への玄関口となるハーバーフロントからほど近いところにあるケッペルベイには、本土と橋で結ばれた小さな小さな「ケッペルアイランド」と言う、プライベートアイランドがあります。

こちらには会員制のヨットハーバーがあり、南フランスのニースのようなきれいで高そうな(笑)、ヨットやクルーザーがたくさん停泊しています。

プライベートアイランドと言っても出入りは誰でも自由にでき、このヨットハーバーの施設にはレストランも何軒か入っています。その一つが、ヨットハーバーに面したテラス席がある「カフェPRIVÉ」です。

ゆるやかな潮風を受けながらのんびりできるPRIVÉ

PRIVÉは週末は結構なにぎわいなのですが、日本人を見かけることはほとんどありません。余暇の過ごし方への考えが、違うのかもしれませんね。

しかし、開放的で気分の良い場所に、家族や仲の良い友達などと一緒に来ておしゃべりなどしながら、ゆっくりと同じ時を過ごすのは最高の贅沢です!チャンスがあったら一度試してみてください。

景色が楽しめるテラス席へ!キッズコーナーもあり

カフェには屋内席もありますが、しかしここまで来たからにはやっぱりテラス席ですね!

テラスには子供の遊べるコーナーも作ってあって、ファミリーフレンドリーです。

フードメニューも充実!

景色が売りのカフェなので食べ物は適当なのかな、と思いがちですが、結構いけるんですよ。お値段も他のカフェと比べて特別高い、ということはないです。

メニューの例として、筆者がこちらで食べたものをご紹介します。

  • $25(約2,000円)

シーフードのアラビアータ。ピリ辛でアクセントのドライトマトが効いています。

  • $23(約1,900円)

基本に忠実な、正統派のフィッシュ&チップス。

  • $7(約500円)

こちらはレモンポセットと言う、イギリスのプリンのようなデザートです。ラズベリーソースがのっていて、ビスコットのフレークと混ぜていただきます。レモンの爽やかな酸味とフレーク状のビスコットの組み合わせは、他にない食感で美味しかったですよ。

facebookのPRIVÉ CAFÉのページをフォローすると、ハッピーアワーやキッズのお食事が無料になる日など、タイムラインにお得情報が上がって来ますよ。

カフェ プリヴェ・ケッペルベイ店

ハーバーフロント / カフェ・喫茶店

 

住所:2 Keppel Bay Vista, Singapore 098382

Web:http://theprivegroup.com.sg/prive.html

カフェのあとは、ケッペルアイランドをのんびり1周

ケッペルアイランドには、すぐに周ってしまえるほど短い距離ではありますが、遊歩道も作られています。

最近ではケッペルアイランドからの眺めに、「リフレクション」と言うデザイン性の高いコンドミニアムが加わりました。

このコンドミニアムは、ワールドトレードセンターメモリアルのマスタープランを作った、建築家のダニエル・リベスキンドが設計したものだそうですよ。

また、ケッペルアイランドには広い芝生の広場もあり、親子連れがボール遊びなどをしています。子供さんを元気よく走り回らせたり、シャボン玉遊びをしたりするにも良いかも知れませんね。

ケッペルアイランドへのアクセス

ケッペルアイランドは小さなプライベートアイランドですので、公共の交通機関は通っていません。そのため、タクシーで行くのが一番簡単です。

しかし少し距離はありますが、ハーバーフロント駅からであれば、徒歩20分ほどで歩いて行くこともできます。

  • タクシーでも徒歩でも橋を渡って行きます。
ハーバーフロント駅

シンガポール

ウォーターフロント駅から徒歩14分

 

住所:81 Telok Blangah Road, Singapore

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2017年3月4日の取材に基づき公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。
トラベルライター
観光地のすき間に入り込んじゃう自由トラベラー

海外生活10年目、ロンドン、オーストラリア、フランクフルトと渡り歩き現在はシンガポール生活満喫中。さらに40カ国におよぶ旅行体験、元外資系企業勤務、そして欧州人夫との国際結婚からのマルチカルチャー経験を生かし通訳をやらせてもらっています。
TOEIC900点台の英語力を武器にしてネット、知り合ったローカルや各国人から聞いた口コミ、ニュースサイト等を駆使し日本人にとって当たり前でない現地情報を元に楽しく海外生活、旅行を満喫しています!

http://unasaka8.jimdo.com/

同じテーマの記事

シンガポールの人気記事
シンガポールの予約
ホテル予約
チェックイン
チェックアウト
人数
現地在住日本人にトラベロコで無料で質問する
最新の旅行情報をチェック!

【トラベルライターインタビューVol.1】ライターとしてのやりがいや、記事を書き続けるコツとは?ライターさんの素顔に迫ります!

アプリなら記事も地図もサクサク快適!

  • 行きたい観光スポットをお気に入り登録すれば自分専用のガイドブックに。
  • 旅した国・都道府県をチェックして、自分だけの塗りつぶし地図を作ろう!