アジア最大の観覧車シンガポールフライヤーで、夜空に浮かぶロマンチックなディナーを♪

869

view
   2017年5月29日更新

シンガポールのマリーナエリアにそびえ立つ巨大な観覧車、シンガポールフライヤー。その迫力ある姿は、絶景スポットとしてもすっかり有名です。なんとこの観覧車では、シンガポールのきらめく夜景の中に浮かびながら、ディナーを楽しむことができるんです。ここでしか体験できない、空中レストランでのディナーは、忘れられない思い出になること間違いなし!

シンガポールフライヤーについて

シンガポールフライヤーは、2008年3月に、世界最大の観覧車としてマリーナエリアに誕生しました。(2016年現在は世界2位。)黒川紀章建築事務所がデザインし、三菱重工が制作を担当したという、日本に縁のある建築物です。

28台あるゴンドラは、1台あたり28人も乗ることができ、1周まわるのに30分かかります。壁面は全てガラス張りなので、360度の絶景!最高地点は165メートルもあって、晴れた日の昼間には、シンガポールの隅々まで見渡すことができ、夜には、世界的に有名なシンガポールの夜景を堪能することができる、観光客に大人気のアトラクションとなっています。

なんとこの観覧車、ゴンドラの中がレストランになって、ディナーを楽しめちゃうんです。360度美しい夜景に囲まれて食事ができる、夢のような体験について、ここでご紹介します!

専用ラウンジでゆったり待機

ディナーの予約をしている人は、専用ラウンジへ案内されます。ラウンジにはバーがあるので、ドリンク(有料)を注文して、飲みながら乗車時間までゆったりと過ごせます。ディナータイムのドリンクも、ここで注文することになっています。

ラウンジの外のテラスに出ると、マリーナの夕暮れの景色が広がり、外に出て写真を撮るお客さんもたくさん。観覧車のゴンドラにはトイレがないので、ラウンジで済ませておきましょう。

いざ乗車!

乗車時間が近くなると、係員が乗車場所まで連れて行ってくれます。ディナーのお客さんはもちろん並ぶ必要はないので、スムーズに乗車できるのも嬉しいポイント。

ゴンドラが開くと、そこはまるで高級レストラン。これから美味しいディナーと絶景が待っているかと思うと、わくわくします。

ディナーを楽しもう

ディナーは、洋風、中華、ベジタリアンから選ぶことができ、予約時に注文しておきます。上の写真は洋風コースの前菜、帆立のソテー。帆立の甘みが口いっぱいに広がって、前もって注文しておいた白ワインにぴったりでした。

ディナータイムは、観覧車2周の1時間。1周して乗車場所に戻ると、メインディッシュが運び込まれてくるので、常に温かいお料理をいただけます。今回のメインディッシュは、鴨のコンフィ。皮がパリパリと香ばしく、赤いベリーソースとのマッチングが美味でした。お料理は、この他にスープ、デザートも付いた、本格的な4コースディナーです。

夜景を楽しもう

美味しいディナーに夢中になってしまっても、景色がきれいな所で専用ホストが教えてくれるので安心。お願いすれば、いつでも快く写真を撮ってもらえます。

シンガポールに来たら絶対に見ておきたい、マリーナエリアの夜景。シンガポールフライヤーから見下ろす絶景にうっとりとしてしまいます。360度のきらめく夜景に囲まれながらディナーを堪能して、観覧車2周の夢のような時間は終了。シンガポールでの最高の思い出となるでしょう。

ディナーの予約の仕方

ディナーの予約は、Premium Sky Dining Flightのサイトから。
以下のメニューから選ぶようになっていて、内容は時期によって変わります。

  • 洋風 肉or魚
  • 中華風 肉or魚
  • ベジタリアン

2名で299ドル(税、サービス料、ドリンク別)とお高めですが、通常1周33ドルする観覧車の乗車料が2周分含まれているので、納得のお値段かと思います。

シンガポールフライヤーでは、Premium Sky Dining Flightというディナーの他にも、シャンパン付きのPremium Champagne Flight、シンガポールスリング付きのSingapore Sling Flightがあるので、気分によって色々楽しめます。旅の最高の思い出に、誕生日や記念日など特別な日に、空中レストランでのロマンチックなひと時はいかがでしょうか。

シンガポール・フライヤー

マリーナ / 乗り物

プロムナード駅から徒歩7分

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2016年11月10日の取材に基づき公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。
トラベルライター
南国を歩きまわる旅好き主婦

2年間のシンガポール生活を終え、2016年の秋からは東京の下町に住んでます。南の島のリゾートでのんびりする旅も、ヨーロッパの文化や芸術にふれる旅も大好きだけど、やっぱりどこに行っても、美味しいご飯や美味しいスイーツを追い求めてしまいます。シンガポールで増えた体重を減らすべく、万歩計(Fitbit)をつけてひたすら歩きまわる毎日。

同じテーマの記事

シンガポールの人気記事
シンガポールの予約
ホテル予約
チェックイン
チェックアウト
人数
最新の旅行情報をチェック!

【トラベルライターアワード2017上半期 受賞結果発表】2017年上半期の人気記事&活躍したライターさんを発表します!

アプリなら記事も地図もサクサク快適!

  • 行きたい観光スポットをお気に入り登録すれば自分専用のガイドブックに。
  • 旅した国・都道府県をチェックして、自分だけの塗りつぶし地図を作ろう!