ビール好き必見!シンガポールでタイガービール工場見学に行こう!

798

view
   2017年5月14日更新

日本から約7時間で訪れることができるシンガポール。シンガポールと言えば、マーライオンやマリーナベイサンズなどが有名ですが、中心地から少し離れた場所に、ビール好き必見の観光スポットがあるのをご存知でしょうか?それは、タイガービールの工場見学ができる、Tiger Brewery Tour!なんとツアーの最後には、45分間のビール飲み放題が付いてくるんです!今回は、公共交通機関を使ったアクセスの仕方とツアーの見所を紹介します。

タイガービールとは?

シンガポールを中心に東南アジアの国々で愛される、タイガービール。アジア・パシフィック・ブリュワリーズ社が製造販売するビールで、1932年から製造されています。アルコール度数は5%です。

タイガービール工場へ行こう!

オンライン予約で2ドル引き!

アジア・パシフィック・ブリュワリーズ社が主催する「Tiger Brewery Tour」は、オンラインでも空き状況の確認、申し込み、支払いができます。オンラインから申し込むと、大人料金がSGD2.00(約160円)引きになりますよ!

また、団体客の予約で枠が少なくなっていることもありますので、事前に空き状況を確認しておくほうが安心です。

  • 各ツアーの定員は90人。「90人中何枠が埋まっているか」を確認できます。このページからそのまま申し込みも可能!

公共交通機関を使ったアクセス

中心部から少し離れた場所に位置する工場ですが、MRTとバスを使えば簡単にアクセスできるんです。

まずは、MRTの「East West Line」に乗り、終点のJoo Koonへ向かいます。筆者はRaffles Placeから乗りましたが、所要時間は約35分でした。

Joo Koonに到着したら、「BUS INTERCHANGE」という標識に沿って、駅の隣のビルの1階へ向かいます。

1階に降りるとバス乗り場がいくつかありますので、B3の乗り場から、182番182M番のバスに乗ります。

  • バス乗り場の入り口です。周りにはカフェやファストフード店も。
  • バスの到着時刻が電光掲示板に表示されていますので、182番か182M番のいずれかに並びましょう。

なおバスは10分〜15分に1本程度で運行しており、工場までの所要時間は15分ほど。バス乗り場のあるビルにはカフェやレストランも多くありますので、Joo Koonへは時間に余裕を持って到着すると安心です。

Joo Koonからバスに乗り、6つ目の停留所「Asia-Pacific Brewery」でバスを降りると目の前に工場が!シンガポールのバスにはアナウンス等がありませんので、左手にコカ・コーラの工場が見えたら降車ボタンを押しましょう。

いざ、Tiger Brewery Tourを体感!

フォトスポットで記念撮影を楽しもう

工場に到着すると、待機場所に早速フォトスポットを発見!実は、タイガービール工場内にはフォトスポットが何箇所か設けられており、ここでしか撮影できない貴重な写真を撮ることができるのも魅力の一つです。

貴重な情報が盛りだくさんの工場見学

参加者が揃い、ツアー開始時間になると、ガイドさんの誘導に沿って工場内の見学が始まります。ツアーの内容は主に以下の通りとなっています。

  • タイガービールの歴史
  • タイガービールに使われているモルトやホップの説明(実際に触ることもできますよ!)
  • 工場の設備の見学
  • パッケージ工程の説明
  • 生ビールの美味しい注ぎ方(運が良ければ実際に体験できるかも!)

盛りだくさんの内容で、所要時間は45分〜1時間ほど。アナウンスや工場内の資料は全て英語ですが、「タイガービール」という名前の由来や、美味しさの秘密など、ここでしか聞けない貴重な情報がたくさん!

なお、工場内には立ち入り禁止の場所や撮影禁止の場所も多くあります。ガイドさんが都度アナウンスしてくれますので、しっかり耳を傾けましょう。

お待ちかねのビール飲み放題へ!

工場見学が終わると、お待ちかねのビール飲み放題が始まります!場所は、工場内にある「The Tiger Tavern」。工場にいるとは思えないほど、クラシックでお洒落なバーです。

ここでは、タイガービールを含む何種類かのビールが、250mlの小さなグラスで45分間飲み放題!1つのグラスを飲み干してから次のビールを注文する形となりますのでご注意ください。飲み放題の対象となる銘柄は限定されていますが、有料でさらに多くの銘柄も楽しめますよ。

また、ツアー開始時にガイドさんから受け取る「TOKEN」と書かれたカードをバーカウンターで渡すことで、タイガービールorハイネケンを通常サイズのジョッキやグラスで1杯楽しむことができます。

バーの外にはスナック菓子の自動販売機もあります。コイン($1、¢50、¢20、¢10)しか使えませんが、こちらでおつまみを買ってビールと一緒に楽しんでいる参加者が多くいらっしゃいました。

お土産もお忘れなく

こちらの工場にはショップも併設されており、珍しいタイガービールグッズを買うことができます。ジョッキやグラス、栓抜きなど、ビール好きにはたまらないお土産の他、ポロシャツやTシャツなどもありますよ。

おわりに

中心部からは少し離れますが、貴重な魅力がいっぱいの「Tiger Brewery Tour」 、ぜひ皆さんもシンガポール観光の行き先に追加してみてください。

なお、生年月日の確認できる写真付き身分証の提示を求められることがありますので、パスポートをお忘れなく!

Tiger Brewery Tour

実施日時

ツアー実施日:月曜日〜土曜日
ツアー開始時間:13時、14時、15時、16時、17時

料金(大人1名あたり)

<当日申し込み>平日:SGD20(約1,600円)、土曜日:SGD22(約1,770円)
<オンライン予約>平日:SGD18(約1,450円)、土曜日:SGD20(約1,600円)

タイガービール工場見学

シンガポール郊外 / 工場・施設見学

ジュークーン駅から徒歩51分

 

住所:459 Jalan Ahmad Ibrahim Tuas, Singapore 639934

電話:6260-3179

Web:https://www.tigerbrewerytour.com.sg/

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2017年5月6日の取材に基づき公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。
トラベルライター
フットワークの軽さが自慢の元バリキャリ女子

1991年生まれ、仙台出身、仙台/秋田/スウェーデン育ち。
3年間のOL生活を経て、2017年4月からシンガポールで生活を始めました!

大学時代にスウェーデンに留学しヨーロッパ各地をめぐったことで旅に魅せられ、社会人になってからは週末を使った国内旅行にどハマり。気づいたらたくさんの土地を訪れていました。バリキャリを卒業した今こそ、この経験を生かしてトラベルライターに挑戦!ということで、ガイドブックには決して載らないリアルでコアな情報を、たくさんお届けしたいと思います。

同じテーマの記事

シンガポールの人気記事
シンガポールの予約
ホテル予約
チェックイン
チェックアウト
人数
現地在住日本人にトラベロコで無料で質問する
最新の旅行情報をチェック!

【トラベルライターインタビューVol.1】ライターとしてのやりがいや、記事を書き続けるコツとは?ライターさんの素顔に迫ります!

アプリなら記事も地図もサクサク快適!

  • 行きたい観光スポットをお気に入り登録すれば自分専用のガイドブックに。
  • 旅した国・都道府県をチェックして、自分だけの塗りつぶし地図を作ろう!