シドニー
シドニー観光
シティもビーチも楽しめる南半球最大の都市

【シドニー】先住民たちの踊りを刮目せよ!「ダンス・ライツ」

取材・写真・文:

オーストラリア在住

2019年6月28日更新

268view

お気に入り

写真:こうさかしんや

重要とされる文化的知識を、世代を超えて共有することを目的としたオーストラリア先住民のダンスコンテスト「ダンス・ライツ」。2019年で開催5回目を迎えるダンス・ライツがどのようなイベントなのか、写真と共に紹介していきます。

この記事の目次表示

はじめに

オーストラリアの先住民には多数の部族が存在しており、それぞれ独自の言語を話していたとされています。そして、彼らのコミュニケーションツールの1つに、踊り(ダンス)があったものとされています・・・。

  • 写真:こうさかしんや

現代でも、オーストラリア、トレス海峡諸島などに、先住民たちの子孫たちが生き続けています。そして伝統や文化を受け継ぎながら、今を生き、次の世代にバトンを渡し続けていっているのだと想像します。そのバトンを繋いでいく中で“ダンス”は大きな意味を持ち、重要な位置付けとなっているのでしょう。

  • 写真:こうさかしんや

今回は、シドニー・オペラハウス前の広場で開催される、先住民のダンスを継承するグループらがオーストラリア各地から集結して披露するイベント「ダンス・ライツ(Dance Rites)」を紹介します。

ダンス・ライツとは

  • 写真:こうさかしんや

ダンス・ライツは2015年から始まった先住民のダンスコンテストで、2019年で5年目を迎えます。同イベントは2日間開催され、無料で鑑賞することができます。

「コンテスト」であるため、審査員が各グループを評価していくのですが、審査対象として「言葉(言語)」「ダンス」「スキンマーキング(身体に描かれた模様やデザイン)」「楽器」などが設定されます。

これらの審査対象は「国にとって重要とされる文化的知識が、世代を超えて共有されるように」というダンス・ライツのイベント開催目的から決められています。

  • 写真:こうさかしんや

そのため、それぞれのグループはこれらのポイントを考慮しながらダンスを披露していくことになります。またダンス・ライツでは、先住民のダンスコンテストだけでなく、関連するアーティストらによるライブ音楽ステージや、オペラハウスがアボリジニ・アート柄に覆われるプロジェクションマッピングを見ることもできます(期間限定)。

  • 写真:こうさかしんや

ダンス・ライツのルール

ダンス・ライツでは、各グループが「ウェルカムダンス(Welcome/Arrival Dance)」「フェアウェルダンス(Farewell Dance)」「ワイルドカードダンス(Wildcard Dance)」の3種類のダンスを用意しなければならず、さらにそれぞれ3分以内に表現することと決められています。

そして、3つのダンスうち必ず1つには「ローカル・ランゲージ(先住民の言語)」を入れたダンスを披露しなければなりません。

ちなみに「ワイルドカードダンス」は、伝統的なダンスであっても現代の要素(音楽など)を組み合わせたダンスであっても良いとされます。

  • 写真:こうさかしんや

優勝グループには2万ドル(約151万円)、第2位には5,000ドル(約38万円)、ワイルドカード・ダンスの最高得点グループには3,000ドル(約23万円)と賞金が設定されています。

また、2018年からはダンス・ライツの目的に則った「先住民の伝統・文化が世代を超えて共有されること」をうまく表現したグループに、「Rites of Passage Prize」として4,000ドル(約30万円)が贈られる賞も増設されました。

  • 写真:こうさかしんや

2019年の開催日程

2019年は、11月23日(土)及び24日(日)に開催されることが決定しています。詳しくはオペラハウスのウェブサイトに掲載されているので、ぜひ情報収集してみてください。

  • 写真:こうさかしんや

おわりに

いかがだったでしょうか。オーストラリアでは先住民のダンスを見る機会が何度かはあるかと思いますが、こうして全国のグループが一堂に集結し、それぞれの伝統・文化を重んじたダンス、さらには今を生きていることにフォーカスして調和をみせるダンスなど、多種多様で迫力ある踊りを目の前で見られる機会は数少ないと思います。

ぜひダンス・ライツの日程に合わせて、シドニーを訪れてみてください。彼らからの驚異的なエネルギーをもらえることでしょう。

  • 写真:こうさかしんや
ダンス・ライツ
シドニー / イベント・祭り
住所:Macquarie St Sydney New South Wales 2000地図で見る
Web:https://www.sydneyoperahouse.com/events/whats-on/f...

シドニーの旅行予約はこちら

シドニーのパッケージツアーを探す

シドニーのホテルを探す

シドニーの航空券を探す

シドニーの現地アクティビティを探す

シドニーのWi-Fiレンタルを探す

シドニーのレンタカーを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2019年6月28日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


シドニーがレインボーに彩られるイベント「マルディグラ」

オーストラリアNSW州シドニーで毎年2月から3月にかけて行われるLGBTQIの祭典「シドニー・ゲイ・アンド・レズビアン・マルディ・グラ」。アートや音楽、フェステ...


建築好きのための穴場観光イベント「シドニー・オープン」

毎年11月にシドニーで開催されているSYDNEY OPEN(シドニー・オープン)は、歴史的建築物からオフィスビルまで普段一般公開されていない建物を巡ることができ...

南半球最大級の光の祭典!ビビッドシドニーの徹底ガイド

毎年5月下旬から6月中旬までの初冬に開催される光の祭典ビビッドシドニー。シドニーの至る所で行われるプロジェクションマッピングやクリエイティブな光のアートは人々を...

2年に1度のビエンナーレ・オブ・シドニー2018で現代アート巡り

イタリアのヴェネツィアで始まったBIENNALE(ビエンナーレ/2年に1度という意)。文字通り世界中からアーティストを招待して2年に1度行われる大規模な展覧会で...

【オーストラリア】海辺の美術展!! Sculpture by the sea

オーストラリアの野外美術イベント「Sculpture by the sea(スカルプチャーバイザシー)」をご存知でしょうか?オーストラリア東海岸のシドニーと西海...

この記事を書いたトラベルライター

次はどこへ行こうか。
「海外に行きたい欲」が止まらなかったので、旅に出てます。
🇯🇵🇭🇰🇲🇴🇵🇭🇻🇳🇺🇸🇦🇺

ただ今オーストラリアにてワーキングホリデー中です。
好きなことは、写真を撮ること、路上マーケットの観察、街中をひたすら探検することです!
https://note.mu/sk21420416

【NY】無料のフェリーを使って、「自由の女神像」に会いに行きませんか?

ニューヨーク、いやアメリカ合衆国を代表する観光スポットの一つである自由の女神像。フランスからアメリカ合衆国へ、友好の証として贈られたことでも有名です。ですが、実...


【ソルトレイクシティ】グレートソルトレイクという名の湖

アメリカ・ソルトレイクシティ。オリンピックのイメージが強いこの街には、大きな塩湖が存在します。街の名前の由来にもなったであろう「グレートソルトレイク」というのが...


【オーストラリア・ブリスベン】週末に現れる華やかなマーケット「Eat Street Northshore」

オーストラリア・QLD州にあるブリスベン。空港近くにある「Eat Street Northshore」は毎週末の夜、華やかな夜の街が出来上がります。そんなエンタ...

【オーストラリア・バンダバーグ】試飲もできるジンジャービア工場のミュージアム

オーストラリア・QLD州に位置する街、バンダバーグ。その小さな街に工場を構える、世界30カ国以上に親しまれているジンジャービア製造会社があります。今回は、本社に...

【アメリカ】あま〜いおまじない!? 世にも奇妙な「ブードゥードーナツ 」

アメリカ・オレゴン州の最大都市ポートランド。「バラの街」や「環境に優しい都市」など様々な名称を持つこの街は、日本でも地方の街づくりのロールモデルとして注目され、...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります