シドニー
シドニー観光
シティもビーチも楽しめる南半球最大の都市

シドニーがレインボーに彩られるイベント「マルディグラ」

取材・写真・文:

オーストラリア在住

2019年1月16日更新

649view

お気に入り

写真:こうさかしんや

オーストラリアNSW州シドニーで毎年2月から3月にかけて行われるLGBTQIの祭典「シドニー・ゲイ・アンド・レズビアン・マルディ・グラ」。アートや音楽、フェスティバルなどセクシュアル・マイノリティーに関するイベントが盛りだくさんの、街がレインボーで染まるイベントをご紹介します。

この記事の目次表示

シドニーのおすすめツアー
4名1室利用限定!●リーズナブルに楽しむ人気2都市滞在7日間●シドニー2泊×メルボルン2泊|ホテルはどちらも3つ星『マントラ2ボンドストリート』×『マントラ100エキシビション』にご宿泊≪羽田発着≫
93,800円~299,800円
≪便利な羽田発着≫【重厚で歴史的な雰囲気を持つホテルに宿泊】カンタス航空直行便で行くシドニー5日間|4ッ星『グレースシドニー』指定
100,800円~284,800円
≪便利な羽田発着≫●LuxuryStay人気2都市滞在7日間●シドニー2泊×メルボルン2泊|ホテルは両都市4ッ星クラス指定
130,800円~306,800円

マルディ・グラとは

今回はオーストラリアNSW州・シドニーで毎年2月中旬から3月初旬まで行われている、正式名称「シドニー・ゲイ・アンド・レズビアン・マルディ・グラ」と呼ばれるLGBTQI(レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダー、クィア、インターセックス)の祭典をご紹介します。

  • 写真:こうさかしんや

マルディ・グラ(Mardi Gras)とは元々フランス語で「肥沃な火曜日」という意味を持っていて、キリスト教のカトリックなどのではその日を祝い、カーニバルを行います。

一方こちらのマルディ・グラは、2018年には約12,300人のパレード参加者を集め、観光客を含めると50万人もの観客を集めるほどになっており、LGBTQIの一大イベントとして国内外に認知されています。

「シドニー・ゲイ・アンド・レズビアン・マルディ・グラ」のハイライトと言っても過言ではないのが、パレードです。その大規模なパレードは、毎年イベント最終土曜日にシドニー市内中心部にある道路約2kmを封鎖して行われます。

  • 写真:こうさかしんや

2019年は2月15日から3月3日までが開催期間となっており、パレードは3月2日(土)に行われる予定です。

2019年テーマ:「FEARLESS」

マルディ・グラのイベント開催に当たって、毎年テーマが設定されています。

このイベントが開始された1978年から数えて40周年を迎えた2018年は、そのテーマを「40 Years of Evolution」とし、2017年にオーストラリア連邦政府として同性婚が合法化(施行は2018年1月から)したこともあって、大きな盛り上がりを見せました。

  • 写真:こうさかしんや

2019年のテーマは「FEARLESS」ーー。公式ウェブサイトによると、「大胆不敵に恐怖がないようにするということではなく、恐れながらも勇気を持って行動を起こし、生活を送っていこう」という意味が込められているそう。

充実のプログラム

マルディ・グラのプログラムは“パレード”だけではありません。イベント期間中は市役所など公的な機関においてもLGBTQIのシンボルにもなっている「レインボー・フラッグ」が掲げられます。

また、約1カ月を通して、セクシュアル・マイノリティーに関する、またそうした内容を歓迎するプログラムで街は一層の盛り上がりを見せます。

  • 写真:こうさかしんや

例えば、美術館や劇場ではLGBTQI関連のアートやインスタレーション作品が展示されたり、キャバレーではパフォーマンスが行われます。「フェア・デー」と呼ばれるキックオフ・イベントは公園でフェスのような形で開催されたり、パブやバーでのパーティーやLGBTQIやそれにまつわることを考えるトークショー、音楽ライブなどさまざまなジャンルにおいて、そのイベントが行われます。

レインボーに染まる都市全体を挙げてのイベントは、世界でも最大クラスの規模を誇ります。ここからはイベントを華やかに締めくくった2018年のパレードの様子を、写真でその空気感がお伝えできればと思います。

パレード当日

パレードはシドニー市内中心部にあるハイド・パークの南東の角の通り(オックスフォード・ストリート)を南下していき、フリンダース・ストリートに入ります。そしてムーア・パーク内のアンザック・パレードを進む約2kmを参加者たちが練り歩きます。

  • 写真:こうさかしんや

2018年のパレードは、午後7時から11時までの約4時間行われ、その間200ものグループ、350台のバイク、178台の車両、そして12,300人が参加し、50万人の観客が道路端に詰めかけ、パレードの様子を盛大な歓声でもって、盛り上げ応援しました。

先頭のバイク隊

パレードのスタートを飾るのは、女性だけで構成されたバイク集団「Dykes on Bikes Sydney」によるバイク・パレードです。レインボー・フラッグを振りながらコースを往復した後にパレードが開始されます。

  • 写真:こうさかしんや
  • 写真:こうさかしんや
  • 写真:こうさかしんや
  • 写真:こうさかしんや

行進の仕方は「派手に!」「カラフルに!」「楽しく!」

  • 写真:こうさかしんや

バイクが去ってからは、ハイド・パーク側からパレード参加者たち(個人、グループ、企業・機関・大学)が勢いよく練り歩き始めました。道路が一気にパレード参加者であふれ返ります。

オーストラリアン・アーミー

  • 写真:こうさかしんや

オーストラリア陸軍が擁する音楽バンド「The Lancer Band」は移動するステージで登場しました。女性ボーカルが熱唱し、男性ベースがメロディーを取るという構成。一種のライブツアーでも見ているかのようでした。

  • 写真:こうさかしんや

ニュー・サウス・ウェールズ・ポリス

NSW州警察からも女性ボーカルが熱唱を披露していました。男性署長(?)らしき人がDJを務め、さながらクラブイベントに来たかのような錯覚を覚えるほどでした。多くの歓声や拍手をかっさらっていました。

  • 写真:こうさかしんや
  • 写真:こうさかしんや

オーストラリア・ニュージーランド銀行

マルディ・グラのメインパートナーであるANZは、パレード参加者がおそろいのTシャツとレインボーの被り物、コーポレートカラーであるブルーのマントに身に包み、ダンスを踊っていました。

  • 写真:こうさかしんや

おわりに

いかがでしたでしょうか。世界でももしかしたら珍しく、なかなか見ることができないのではないかと思われるLGBTQIの祭典「シドニー・ゲイ・アンド・レズビアン・マルディ・グラ」。もちろんパレードが見物なのですが、期間中に行われるいろいろなプログラムも一見の価値があると思います。

開催概要

  • 名称:Sydney Gay and Lesbian Mardi Gras 2019
  • 日程:2019年2月15日(金)〜3月3日(日)
  • ウェブサイト:http://www.mardigras.org.au
  • 写真:こうさかしんや

シドニー旅行を自分好みにアレンジしよう!

オンライン旅行会社「旅工房」ならばシドニーのツアーのアレンジも承ります(相談無料)。

  • 泊数を変えずに価格を抑える
  • 複数のホテルに宿泊する
  • 2ヶ国以上周遊する、など

旅工房でシドニーのすべてのツアーをみる>>

シドニーの旅行予約はこちら

シドニーのパッケージツアーを探す

シドニーのホテルを探す

シドニーの航空券を探す

シドニーの現地アクティビティを探す

シドニーのWi-Fiレンタルを探す

シドニーのレンタカーを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2019年1月16日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


建築好きのための穴場観光イベント「シドニー・オープン」

毎年11月にシドニーで開催されているSYDNEY OPEN(シドニー・オープン)は、歴史的建築物からオフィスビルまで普段一般公開されていない建物を巡ることができ...


【シドニー・オーバーン】チェリー・ブロッサム・フェスティバル

日本の風物詩でもある「桜」、実はオーストラリアでも観ることができます。日本とは季節が逆のため、オーストラリアでは8月〜9月に桜の見頃を迎えます。今回はシドニー・...

【オーストラリア】追悼の意を表す祝日「アンザック・デー」

オーストラリア全土で毎年4月25日に行われる、第一次世界大戦で戦った兵士たちを追悼するための祭典の日である「アンザック・デー」。今回はその日に行われるシドニーの...

2年に1度のビエンナーレ・オブ・シドニー2018で現代アート巡り

イタリアのヴェネツィアで始まったBIENNALE(ビエンナーレ/2年に1度という意)。文字通り世界中からアーティストを招待して2年に1度行われる大規模な展覧会で...

南半球最大級の光の祭典!ビビッドシドニーの徹底ガイド

毎年5月下旬から6月中旬までの初冬に開催される光の祭典ビビッドシドニー。シドニーの至る所で行われるプロジェクションマッピングやクリエイティブな光のアートは人々を...

この記事を書いたトラベルライター

次はどこへ行こうか。
「海外に行きたい欲」が止まらなかったので、旅に出てます。
🇯🇵🇭🇰🇲🇴🇵🇭🇻🇳🇺🇸🇦🇺

ただ今オーストラリアにてワーキングホリデー中です。
好きなことは、写真を撮ること、路上マーケットの観察、街中をひたすら探検することです!
https://note.mu/sk21420416

【NY】無料のフェリーを使って、「自由の女神像」に会いに行きませんか?

ニューヨーク、いやアメリカ合衆国を代表する観光スポットの一つである自由の女神像。フランスからアメリカ合衆国へ、友好の証として贈られたことでも有名です。ですが、実...


【オーストラリア・ブリスベン】週末に現れる華やかなマーケット「Eat Street Northshore」

オーストラリア・QLD州にあるブリスベン。空港近くにある「Eat Street Northshore」は毎週末の夜、華やかな夜の街が出来上がります。そんなエンタ...

【ソルトレイクシティ】グレートソルトレイクという名の湖

アメリカ・ソルトレイクシティ。オリンピックのイメージが強いこの街には、大きな塩湖が存在します。街の名前の由来にもなったであろう「グレートソルトレイク」というのが...

【アメリカ】あま〜いおまじない!? 世にも奇妙な「ブードゥードーナツ 」

アメリカ・オレゴン州の最大都市ポートランド。「バラの街」や「環境に優しい都市」など様々な名称を持つこの街は、日本でも地方の街づくりのロールモデルとして注目され、...

【オーストラリア・バンダバーグ】試飲もできるジンジャービア工場のミュージアム

オーストラリア・QLD州に位置する街、バンダバーグ。その小さな街に工場を構える、世界30カ国以上に親しまれているジンジャービア製造会社があります。今回は、本社に...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?