シドニー
シドニー観光
シティもビーチも楽しめる南半球最大の都市

シドニーで絶品オイスターが食べられるお店3選

取材・写真・文:

オーストラリア在住
訪問エリア:28ヶ国

2021年2月18日更新

8,118view

お気に入り

写真:Mayumi Iwasaki

オーストラリアと言えば「オージービーフ」が有名ですが、海に囲まれた国ならではの新鮮なシーフードも外せません。今回はシドニーで定番の品種「シドニー・ロック・オイスター」をはじめとする、美味しい生牡蠣が食べられるお店を3店舗ご紹介します。

この記事の目次表示

シドニー・ロック・オイスターとパシフィック・オイスター

オーストラリアにあるレストランやバーでのスターターの定番「牡蠣(オイスター)」。毎日各地で水揚げされる新鮮なオイスターを美味しいワインと一緒に楽しめるのは、海に囲まれたオーストラリアならではの至福のひと時です。

  • 写真:Mayumi Iwasaki小ぶりな身と濃厚な味わいが特徴のシドニー・ロック・オイスター

特に有名なのが、オーストラリアの東海岸を中心に広い範囲で生息するオーストラリアとニュージーランドの固有種「Sydney Rock Oyster(シドニー・ロック・オイスター)」。「シドニー」という名前が付いていますがシドニー原産という訳ではありません。小ぶりな身に、ミネラル分が凝縮された濃厚で複雑な味わいが特徴です。

  • 写真:Mayumi Iwasaki

もう一つ外せないのが「Pacific Pyster(パシフィック・オイスター)」。こちらは別名「Japanese Oyster(ジャパニーズ・オイスター)」と言われる日本固有種の「真牡蠣(マガキ)」で、シドニー・ロック・オイスターよりも身は若干大ぶり、まろやかでクリーミーな味わいが特徴です。オーストラリアではタスマニアやヴィクトリア、西オーストラリアや南オーストラリア州を中心に養殖されています。

どちらも違った美味しさがあるので、産地や種類別に食べ比べしてみましょう。

【1】シドニー湾を一望「シドニー・コーブ・オイスター・バー」

  • 写真:Mayumi Iwasaki

まず最初にご紹介する「Sydney Cove Oyster Bar(シドニー・コーブ・オイスター・バー)」は、大きなフェリーターミナルのあるCircular Quay(サーキュラー・キー)駅からオペラハウスに向かう遊歩道沿いにある、オープンエアのシーフード・レストラン。ハーバー沿いという立地のため、美しいシドニー・ハーバーやハーバーブリッジを見ながら、美味しいシーフードを楽しめます。

  • 写真:Mayumi Iwasaki産地別にラベリングされたシドニー・ロック・オイスター(1個$4.50 / ¥370)

こちらでは産地と種類別に常時数種類のオイスターを取り揃え、季節によっても異なりますが、この時はシドニーのあるNSW(ニューサウスウェールズ)州各地で採れた3種類の「シドニー・ロック・オイスター」を取り揃えていました。産地ごとに並んだオイスターにはタグが付いているので、地名をマップなどで確認しながらその味の違いを食べ比べするのも面白いです。

  • 写真:Mayumi Iwasakiハーバーを見渡しながらワインとオイスターは至福のひととき

こちらのお店のワインリストは数々の受賞歴があり、常時100種類以上のワインを用意。オイスター独特のミネラル豊富な味わいには、ドライなスパークリングや白ワインがよく合います。オイスターとワインの絶妙なペアリングとハーバーの開放感で、つい飲みすぎてしまいそうになるのでご注意ください。

  • 写真:Mayumi Iwasakiヒラマサの近縁種と言われる「キングフィッシュ」のセビーチェ($24.00 / ¥1,980)
  • 写真:Mayumi Iwasakiフィッシュ&チップスにも使われる白身魚「バラマンディ」のグリル($41.00 / ¥3,380)

オイスターだけでなく、オーストラリア原産の新鮮なシーフード・メニューも充実しています。柔らかくフワフワな白身が香ばしくグリルされた「Baramandi(バラマンディ)」や、脂の乗ったプリプリの身が美味しい「Kingfish(キングフィッシュ)」のセヴーチェ。どちらもオーストラリアではメジャーなお魚なので、こちらも一緒に堪能しましょう。

  • 写真:Mayumi Iwasaki
シドニー・コーブ・オイスター・バー
シドニー / 魚介・海鮮料理 / ランチ
住所:1 Circular Quay East, Sydney NSW 2000地図で見る
電話:02-9247-2937
Web:https://sydneycoveoysterbar.com/

【2】オイスター好きが通う名店「モリソン・バー」

  • 写真:Mayumi Iwasaki

次にご紹介する「The Morrison Bar & Oyster Room(ザ・モリソン・バー & オイスター・ルーム)」は、海の玄関口「サーキュラー・キー」や観光地「ロックス」からも近い、シドニー・シティの中心にあるオイスター・バーです。

  • 写真:Mayumi Iwasaki
  • 写真:Mayumi Iwasaki

シドニーのオイスター・バーと言えば必ず名前が挙がるこのお店。シドニーのフード系ブロガーによる「ベスト・オイスター・バー部門」でも入賞しています。入り口に入ると活気と賑わいのあるパブのような雰囲気ですが、奥には少し落ち着いたレストランのようなスペースもあります。

  • 写真:Mayumi Iwasaki

オーストラリア各地の美味しいオイスターが楽しめるのはもちろんですが、毎週水曜日の6:00~7:00pmの間には「ハッピーアワー」ならぬ「オイスターアワー」を開催。何と新鮮なシドニー・ロック・オイスターが格安の1個$1.50(¥120)で楽しめてしまいます。

  • 写真:Mayumi Iwasakiオイスターアワー中はシドニー・ロック・オイスターが1個$1.50 / ¥123

オイスターはDozen(12個)からオーダー可能。シンプルにレモンを絞っていただくのもいいですし、ビネガーにエシャロット&ブラック・ペッパーで香りづけしたミニョネットソースも合います。塩気が効いて旨味のあるオイスターにフォークを持つ手が止まりません。リーズナブルなので1人1皿づつオーダーしてもいいですね。

  • 写真:Mayumi Iwasaki

更にハッピーアワーも17:00〜19:00まで毎日開催していて、ビールやワイン(スパークリング、白、ロゼ、赤)が一杯$6.00(¥490)で楽しめます。オイスターだけでなくシーフード料理や肉料理もとても美味しいです。

  • 写真:Mayumi Iwasaki

このお店に訪れるなら、水曜日のオイスター&ハッピーアワー狙いで訪れるのがオススメ。リーズナブルに美味しいオイスターとワインを楽しみましょう。

ザ・モリソン・バー & オイスター・ルーム
シドニー / 魚介・海鮮料理 / ランチ / バー
住所:225 George Street Corner of, Grosvenor St, Sydney NSW 2000地図で見る
電話:02-9247-6744
Web:https://www.themorrison.com.au/

【3】シドニーの台所「シドニー・フィッシュ・マーケット」

  • 写真:Mayumi Iwasaki

南半球最大の魚市場「Sydney Fish Market(シドニー・フィッシュ・マーケット)」は、プロのシェフからローカルの人達にまで愛されるシドニーの台所的な存在。シティから近くアクセスもいいので、観光の合間にフラリと訪れて新鮮なシーフードを堪能することができます。

  • 写真:Mayumi Iwasaki
  • 写真:Mayumi Iwasaki

敷地内には鮮魚を扱う店舗から調理されたお惣菜を扱う店舗、酒屋さんやパン屋さん、八百屋さんまで20以上の店舗が軒を連ねています。ここでも是非試していただきたいのが新鮮なオイスターです。鮮魚を扱う大体の店舗の店頭には、シドニー・ロック・オイスターやパシフィック・オイスターがズラリとトレーに並べられています。

  • 写真:Mayumi Iwasaki
  • 写真:Mayumi Iwasaki

オイスターはその場で殻を割って水洗いされていて新鮮そのもの。基本はDozen(12個)売りですが、6個入りのHalf Dozenも選べるので、ロックとパシフィックのハーフ&ハーフもいいですね。

  • 写真:Mayumi Iwasakiシーフードのお供にワインもお忘れなく
  • 写真:Mayumi Iwasaki見た目も可愛い寿司ドーナッツ(略してDo-shi / ドシ)$8.00 / ¥660

ここに訪れたら他にも色々お店を回って、館内や外にある埠頭沿いのテラス席でいただきましょう。お寿司やアツアツのフライやグリル、ちょっと可愛い「寿司ドーナッツ(Do-shi)」なんていう変わり種もあります。酒屋さんもあるのでシーフードのお供に白ワインもお忘れなく。天気が良ければ外でのブランチが気持ちが良くてオススメです。

  • 写真:Mayumi Iwasaki残念ながら海はあまり綺麗とは言えませんが、天気がいい日は外でのブランチが気持ちがいい

どのお店も大体毎日7:00から16:00頃までオープンしているので、お昼の時間帯は混み合います。特に週末のランチ時は席取りがかなり困難なので、時間をズラして訪れるなどくれぐれもご注意ください。

シドニー・フィッシュ・マーケット
シドニー / 市場・朝市 / マーケット
住所:Bank St & Pyrmont Bridge Road, Sydney NSW 2009地図で見る
Web:http://www.sydneyfishmarket.com.au/home

シドニーで絶品オイスターを楽しもう

  • 写真:Mayumi Iwasaki

日本では専門店でないとなかなか生牡蠣を食べる機会はないかもしれませんが、筆者の体感的にシドニーで「オイスター」は、日本の「とりあえずビール」と同じくらい超定番な存在です。オーストラリアに訪れたら新鮮なオイスターを(特にオーストラリア固有種のシドニー・ロック・オイスター)を味わってみましょう。

次のページを読む

シドニーの旅行予約はこちら


シドニーのパッケージツアー(新幹線・飛行機付宿泊プラン)を探す

シドニーのホテルを探す

シドニーの航空券を探す

シドニーの現地アクティビティを探す

シドニーのWi-Fiレンタルを探す

シドニーのレンタカーを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


シドニーで食べたい!定番オーストラリアンフードとおすすめレストラン

オペラハウスなどの観光地やコアラやカンガルーなどの野生動物と違って、あまり馴染みのないオーストラリア料理ですが、実は美味しいものがたくさんあります。今回は在住者...


【シドニー】マンリーでビーチと自然とグルメを満喫

ボンダイビーチと人気を二分する、シドニー湾の北にあるマンリービーチ。松の並木が並ぶ長い砂浜と、大きな波が打ち寄せる美しい海岸、外洋からシドニー湾を一望する岬、グ...

シドニーの美しすぎるショッピング街QVB【クィーンビクトリアビルディング】

イギリスの植民地だったオーストラリアには、イギリス文化を色濃く残す建物が今なお残っています。現在絶賛開発ラッシュ中で近代的なイメージのあるシドニーにも、歴史を感...

オシャレ満載!シドニーの大人気カフェ複合施設The Grounds of Alexandria

シドニーにあるアレクサンドリアは工業地帯とカフェ文化が入り交じったエリア。そこに2012年4月にオープンした、カフェを中心とした大人気の複合施設「ザ・グラウンズ...

シドニーの老舗ミートパイ屋台「ハリーズ」でランチ

オーストラリアでフィッシュ&チップスと並んでメジャーなB級グルメであるミートパイ。そのミートパイを提供するシドニーで1番有名なお店が、今回ご紹介する「Harry...

この記事を書いたトラベルライター

シドニー在住 / 建築好きフォトグラファー&ライター
東京生まれ、子供時代をメキシコやイギリスで過ごした後、現在は都市と自然が隣接するマルチカルチュラルな街、オーストラリア・シドニー在住。
元「建築士&インテリアデザイナー」で、現在は「フォトグラファー&ライター」のmayumiです。

旅が大好きで、訪れた国は北米やアジア、ヨーロッパなど合わせて28ヶ国60都市以上。

専門のインテリアや建築、アートなど、デザインインスピレーションを刺激するものを始め、在住者だからこそお伝えできるシドニーのライフスタイル、美味しいもの、素敵なお店やフォトジェニックな風景などをご紹介します。
https://sydneytales.com/

在住者厳選!スーパーで買うオーストラリア土産15選

オーストラリアNo.1を誇る最大手のスーパーのWoolworth(ウールワース)。今回はアクセス抜群のシドニー・シティの中心にあるタウン・ホール店で購入できる、...


在住者厳選!ドラッグストアで買えるオーストラリア・コスメブランド10選

オーガニック先進国であるオーストラリアには、オーガニックやナチュラルな化粧品がたくさんあります。人気のジュリークやイソップなど有名ブランドももちろんですが、ドラ...


シドニーで食べたい!定番オーストラリアンフードとおすすめレストラン

オペラハウスなどの観光地やコアラやカンガルーなどの野生動物と違って、あまり馴染みのないオーストラリア料理ですが、実は美味しいものがたくさんあります。今回は在住者...

【シドニー】チャイナタウンで食べ歩き&お買い物♪

オーストラリアに来たらオージービーフやフィッシュ&チップスもいいけど、アジアンフードでホッとしたい時もありますよね。シドニーのチャイナタウンは小さいながらも美味...

シドニーに行ったら外せない!オススメの美術館と併設カフェ3選

シドニーには大小さまざまな美術館や博物館がありますが、それぞれコンセプトが異なるので、展示物や展示手法などに違った趣があります。またそれぞれに併設されているカフ...

トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります