富山
富山観光
南には飛騨山脈がそびえる、ほたるいかの名産地

街のオアシス富岩運河環水公園の楽しみ方【富山】

取材・写真・文:

福島在住
訪問エリア:30都道府県

2023年9月12日更新

353view

お気に入り

写真:Olive

「世界一美しい」と評判のスタバあり、運河が流れ、野鳥が飛び交い美術館や駅も近い。こんな申し分のない憩いスポットが富岩運河環水公園。日中でも夜でも時間帯を選ばず、いつでも魅力的な公園の楽しみ方をご紹介します。

この記事の目次表示

富岩運河環水公園とは?

  • 写真:Olive

富山駅より徒歩約10分の場所にある富岩運河(ふがんうんが)環水公園は、富山市のシンボルゾーンで、緑にあふれ、運河が流れる水辺空間になっています。運河の両岸には、遊歩道や芝生のスロープが配置され、散策路も整備されています。

公園のシンボル天門橋で愛の告白

  • 写真:Olive

公園に入ると真っ先に目に飛び込んでくるのが、運河に架かる天門橋(てんもんきょう)。橋の長さは58m、両塔の高さは20.4mです。展望塔からは環水公園が見渡せるのはもちろん、晴れていれば立山連峰も一望できます。

  • 写真:Olive
  • 写真:Olive

両展望塔間には、運命の赤い糸ならぬ、赤い糸電話が設置されており、愛の告白スポットなのだそう。夜には、赤いライティングが輝いています。橋の下部には、天使の羽のウォールアートが描かれているので、記念写真を忘れずに。

野鳥の楽園あいの島でバードウォッチング

  • 写真:Olive

正面から天門橋を見て、右側の土地は人工的に作られた島です。島には、入り江などが配置され、野鳥をはじめ水生生物にやさしい環境が整えられています。広い視野で野鳥ウオッチングができるようにと、扇型の観察舎に双眼鏡まで設置されています。

泉と滝の広場で癒される

  • 写真:Olive

公園正面入り口にある円形スペースが泉と滝の広場。川の最上流部をイメージする滝と、湧水をイメージする水盤があり、20分ごとに3.7mの高さから水のカーテンが流れます。日没からは滝の運転に合わせて、ライトアップファンタジーが毎日開催されます。クリスマスシーズンには、スペシャルイルミが楽しめるそうです。

水上ラインで運河クルーズ

  • 写真:Olive

富岩水上ラインには、以下の4つのコースが設けられています。岩瀬エリアには、北前船の廻船問屋や土蔵群などが残るレトロな町並み散歩ができます。

A:環水公園 → 岩瀬(約60分)
B:岩瀬 → 環水公園(約70分)
C:環水公園 ⇔ 中島閘門(閘門操作室見学付き 約70分)
D:環水公園内のクルーズ

中島閘門(こうもん)とは、上流側と下流側の2.5mの水位差を調節する、いわゆる水のエレベーターでパナマ運河方式の閘門となっています。

  • 写真:Olive

公園内を徒歩で散策するのとは違った景色も見られますし、AとBのコースには、路面電車の片道チケットもついてくるので、水上ラインと路面電車を利用しての移動も楽しいと思います。

世界一美しいスターバックス コーヒーでカフェタイム

  • 写真:Olive

2008年にStore of the Year Design Award Grand Winner(ストアデザインコンテストの年間最優秀賞)に選ばれて以来、「世界一美しい」と人気の同店。なにが美しいのかと言うと、全面ガラス張りの店内から、環水公園の景色を眺められるという環境が素晴らしいのです。

  • 写真:Olive

季節の移り変わりはもちろん、時間によって見える風景が刻一刻と変化していく様子は本当に素晴らしくて感動です。特に夕方からの景色は、うっとりする景色です。テラス席に座って、景色を楽しみながら、のんびり過ごす時間は最高に贅沢な時間となることでしょう。

スターバックスコーヒー 富山環水公園店
富山 / カフェ・喫茶店 / 絶景 / インスタ映え
住所:富山県 富山市 湊入船町5 富山富岩運河環水公園地図で見る
電話:076-439-2630
Web:http://www.starbucks.co.jp/store/search/detail.php...

映画のロケ地としても人気スポット

  • 写真:Olive

富岩運河環水公園は、各種テレビドラマや映画のロケ地としても人気のスポットです。代表的なものには、2014年公開の『アオハライド』や2017年公開の『ナラタージュ』があります。どちらも青春時代を思い出すような内容の作品なので、ご覧になってお出かけしても楽しいですね。

富山兼美術館でアート鑑賞

  • 写真:Olive

スタバ向かいの公園側は、富山県美術館プロムナードとなっていて、駅から公園を訪れた方が、プロムナードを散策しながら美術館へ向かえるようになっています。名だたる世界の巨匠たちの作品や、世界各国のポスター、逸品と言われる椅子コレクションなどを楽しむことができます。屋上ではオノマトペで楽しめる遊具が無料で利用できるので、気軽に立ち寄ることができます。

富山県美術館
富山 / 美術館 / 夜景
住所:富山県富山市木場町3-20地図で見る
電話:076-431-2711
Web:http://tad-toyama.jp/

【関連記事】人気急上昇の絶景スポット【富山】道の駅「雨晴」

富岩運河環水公園
富山 / 公園 / 観光名所 / 桜の名所 / インスタ映え
住所:富山県富山市湊入船町地図で見る
電話:076-444-6041
Web:http://www.kansui-park.jp/

次のページを読む

富山の旅行予約はこちら


富山のパッケージツアー(新幹線・飛行機付宿泊プラン)を探す

富山のホテルを探す

富山の航空券を探す

富山の現地アクティビティを探す

富山のレンタカーを探す

富山の高速バスを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


夏でも涼しい国内の観光スポット27選!真夏の旅行・お出かけにおすすめ

夏休みやお盆休みなど、旅行・お出かけの機会も増える夏。爽やかな高原やいつでも気温が低い鍾乳洞、高所の雲海スポットなど、暑さから逃れたいときにもぴったりな、夏でも...


8月の国内おすすめ旅行先20選!夏休み旅行にぴったりな観光地特集

真夏の猛暑でも出かけたくなる夏でも涼しい避暑地・観光スポットや、夏は一層美しく見える絶景スポットなど、8月のお盆休みや夏休みにおすすめの国内旅行先をご紹介します...

【2024】日本の人気の滝TOP35!旅行好きが行っている全国の滝ランキング

華厳の滝や袋田の滝、白糸の滝などをはじめとする日本の人気の滝を、トリップノートの9万2千人を超える旅行好きトラベラー会員(2024年1月現在)が実際に行っている...

ポルノグラフィティの広島に関する曲5選

2024年9月8日でデビュー25周年を迎える、広島県出身のアーティスト「ポルノグラフィティ(以下:ポルノ)」。ポルノのお二人が地元の尾道市・因島では、2024年...

【西日本】家族旅行におすすめの観光地27選

ジンベエザメが見られる世界最大級の水族館「海遊館」や、パンダの飼育数日本一の「アドベンチャーワールド」、大迫力の観光放水が見られる「黒部ダム」など、西日本の家族...

この記事を書いたトラベルライター

お出かけ、食べることが大好き!
日帰りドライブから、国内、海外を問わずお出かけするのが大好きです。ずっとタウン重視でお買い物に夢中の旅でしたが、10年ほど前にアメリカ・サンフランシスコに在住。国立公園めぐりをしたことをきっかけに、自然も大好きになりました。少し歴史を知ってから出かけると楽しいこと、美味しい食べ物や綺麗な風景に出会えると幸せなこと。小さな情報が、誰かの楽しい!や嬉しい!につながったらいいなと思っています。これからも、いろんなところへ出かけて、たくさんの情報を発信してゆきたいと思っています。少しでも参考になれますように!

これで完璧!奄美土産31選はここで買う!

島特有の文化が残る奄美大島では、古くから島に伝わる調味料や、加工品が多くあり、お土産としても喜ばれそうな品が豊富です。特産品を使ったお菓子や、珍しい雑貨などと共...


半日で周れる!奈良のいいとこ取り観光スポット・ベスト3

日本の国宝の5分の1は、奈良県にあると言われるほど、見どころの多い奈良ですが、町中から離れている場所もあり、1度に見て周るのは大変です。そこであまり時間はないけ...


旨いものだらけ!山形で買いたいお勧めお土産33選

美味しいものに事欠かない山形。今回は、充実の品ぞろえを誇る、お勧めのスーパーや物産会館、道の駅のご紹介と共に、山形土産の定番品から、可愛いお土産、変わり種までご...

きっと一番心に残る旅!ベルギー・ブルージュの観光スポット14選

天井のない美術館やベルギーの水の都と呼ばれ、ベルギーで最も人気の街ブルージュ。街を流れる運河に羽を休める白鳥、歴史的な建造物と昔ながらの石畳、中世とほとんど変わ...

【長野】湯田中温泉周辺の観光スポット10選&お土産

長野でも潤沢な湯量を誇る湯田中温泉周辺はとても魅力的な場所。車で1時間圏内には、人気の観光スポットが目白押しです。素朴な温泉街、美味しいものに溢れた町歩き、地獄...

トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります