トルコ
トルコ観光
世界一美しいモスクに奇岩が集まる世界遺産

【トルコ・エスキシェヒル】オドゥンパザルの見どころと楽しみ方

取材・写真・文:

トルコ在住
訪問エリア:17ヶ国

2023年12月1日更新

149view

お気に入り

写真:Zon

オスマン帝国時代の歴史ある木造家屋が建ち並ぶオドゥンパザルは、エスキシェヒルで最も人気のある観光スポットです。オドゥンパザルの見どころや散策途中に食べてみたい名物料理などをご紹介します。

この記事の目次表示

エスキシェヒルとは?

  • 写真:Zonエスキシェヒル オドゥンパザルの町並み

トルコ語で古い町を意味するエスキシェヒルは、トルコの北西部、首都アンカラの西250キロメートルに位置しています。エスキシェヒルの歴史は古く、フリギア人によって紀元前1000年につくられたのが町の始まりです。現在ではトルコの主要産業都市になるまでに発展し、トラックや家電製品、鉄道車両、農業機械などの製造が盛んです。また、トルコで初めて航空機器の供給管理センターが設立された都市でもあり、トルコ空軍の最初の司令部が置かれたことでも知られています。町には生粋のトルコ人のほか、クリミア・タタール、ブルガリア、ルーマニアから移民としてやってきたトルコ系の住民も多く暮らしています。

オドゥンパザルの見どころ:歴史ある木造家屋

  • 写真:Zonエスキシェヒル オドゥンパザルの歴史ある家屋

そんなエスキシェヒルの最大の見どころは、オドゥンパザルです。市内の中心部、他の地区よりも標高が高い所に位置しています。エスキシェヒルに入植した人々は、町を流れる川の周辺に羊の肺と肝臓を吊るし、それらが腐敗せず最も長持ちした場所に居を構えることにしたところ、今のオドゥンパザル辺りに吊るしたものが最も持ちがよかったことから、この場所を町の最初の集落としました。村人たちが山から持ってきた木材(オドゥン)を市場(パザル)売っていたことから、町はのちにオドゥンパザルと呼ばれるようになりました。オドゥンパザルは、その美しい景観で有名です。オスマン帝国時代の伝統的な建築物が残されている数少ない場所のひとつです。狭い通りに肩を寄せ合うように建ち並ぶ建物の多くが2~3階建てです。下の階は、倉庫や石炭小屋として使われ、上階は生活空間になっていました。現在はカフェや土産物屋、飲食店、財団の施設として利用されている家屋も多くあります。

オドゥンパザル
トルコ / 町・ストリート
住所:Paşa Kemal Zeytinoğlu Cd. No:15 26030 Odunpazarı/Eskişehir地図で見る

オドゥンパザルの見どころ:クルシュンル・モスク

  • 写真:Zonエスキシェヒル オドゥンパザルにあるクルシュンル・モスク

オドゥンパザルの歴史ある家々の中に溶け込むようにして鎮座しているクルシュンル・モスクは、オドゥンパザルのみならずエスキシェヒルを代表する歴史あるオスマン帝国時代のモスクです。モスクのドームが鉛(クルシュン)で覆われていることから、このような名前が付けられました。モスクは16世紀の宰相であるチョバン・ムスタファ・パシャによって建設されました。設計を手掛けたのはアセム・アリで、彼はオスマン帝国の古典建築における最初の主任建築家でした。このモスクは、礼拝堂(モスク)だけではなくキュッリエという複合施設とともに建設され、泉亭、厨房、墓、隊商宿などは現在もその形を留めています。

クルシュンル・モスク
トルコ / 観光名所 / モスク
住所:Paşa Mücellit Sk. 26030 Odunpazarı/Eskişehir地図で見る

オドゥンパザルの見どころ:オドゥンパザル近代美術館

  • 写真:Zonエスキシェヒル オドゥンパザル近代美術館

オドゥンパザルには、隈研吾建築都市設計事務所が手がける美術館があります。オドゥンパザルの新しいシンボルマークともいえるこの美術館は、アートコレクターで実業家であるエロル・タバンジャによるプライベート・ミュージアムです。エスキシェヒルの伝統的な木造家屋から発想を得た美術館には木材がふんだんに使われており、歴史あるオドゥンパザルの町並みにすっかり溶け込んでいます。美術館に入場しなくても利用できるカフェが併設されており、旅行者だけでなく地元の人たちの憩いの場にもなっています。

オドゥンパザル近代美術館
トルコ / 美術館 / カフェ・喫茶店
住所:Şarkiye Atatürk Blv. No: 37 26020 Odunpazarı/Eskişehir地図で見る
Web:https://www.omm.art/en

次のページを読む

トルコの旅行予約はこちら


トルコのパッケージツアー(新幹線・飛行機付宿泊プラン)を探す

トルコのホテルを探す

トルコの航空券を探す

トルコの現地アクティビティを探す

トルコのWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


【2024】ヨーロッパの人気のお城・宮殿TOP33!旅行好きが行っているお城&宮殿ランキング

バッキンガム宮殿やノイシュバンシュタイン城などをはじめとするヨーロッパの城・宮殿を、トリップノートの9万2千人を超える旅行好きトラベラー会員(2024年1月現在...


【オーストラリア】ジブリだらけ!モデルスポットをめぐる最強の聖地巡礼リスト

オーストラリアはジブリファンにとって生唾モノのモデルスポットがいくつも点在しています!ジブリファンでなくても行きたくなってしまう、フォトジェニックなジブリの世界...

【イスタンブール】夜のおすすめ観光スポット6選

トルコ最大の都市イスタンブールでは、夕方から夜にかけて治安にさえ注意すれば、昼間とはまた違った街の雰囲気を楽しむことができます。夜の観光におすすめのスポットを厳...

イズニックタイルが美しいイスタンブールの建造物6選

トルコのマルマラ地方ブルサ県にあるイズニック(イズニク)は、14世紀頃から陶器の生産で栄え、イズニックで生産される陶器は、やがてオスマン帝国宮廷社会でもてはやさ...

【イスタンブール】アジア側カドゥキョイを一日で満喫するコース

トルコ最大の都市イスタンブールの観光スポットは主にヨーロッパ側にありますが、よりローカルな雰囲気を楽しみたいのなら、アジア側の街の散策がおすすめです。一日かけて...

この記事を書いたトラベルライター

トルコ イスタンブールから現地の魅力を発信中
大学時代はロシア(モスクワ、サンクトペテルブルグ)に留学し、その後世界各国を訪れ、トルコ・イスタンブールに落ち着きました。ガイドブックには載らないようなイスタンブールでの楽しみ方や、最新の情報もお届けします。

インスタグラムでは記事に載せきれなかった写真や日常生活の様子を投稿しています。


トルコ語オンラインレッスンも開講中。詳細はインスタグラムのDMにメッセージください。
https://lit.link/zonistanbul

イスタンブール新空港⇔市内のアクセスならエアポートバス「Havaist」がおすすめ

2019年4月に本格的に始動したトルコ最大の国際空港、イスタンブール空港(イスタンブール新空港)。空港⇔市内間をバスでアクセスする方法や料金、所要時間などをご紹...


ネタバレ注意!『オスマン帝国外伝シーズン3』イスタンブールにおける関連スポット7選

スレイマン大帝の時代のオスマン帝国とそのハレムに焦点を当てて描かれた連続テレビドラマ『オスマン帝国外伝』は日本でも人気を博しました。シーズン3における登場人物や...


欧州のエアライン王者!ターキッシュエアラインズで飛ぶ快適な空の旅

みなさんはターキッシュエアラインズに搭乗されたことがありますか?トルコの国営航空会社であるターキッシュエアラインズは、どの航空会社よりも多くの国に運航していて、...

絶対に喜ばれるトルコ土産!ロクムの老舗ハジュ・ベキル

みなさんはトルコのお土産と聞くと何を想像しますか?色とりどりのトルコランプや繊細な模様が美しいトルコ絨毯、それともエキゾチックな香り漂う香辛料?選ぶのも迷ってし...

ネタバレ注意!『オスマン帝国外伝』セリム2世にまつわるトルコの関連スポット5選

トルコのみならず世界中で人気を博した宮廷歴史ドラマ『オスマン帝国外伝』。兄弟間で繰り広げられた後継者争いを制し、スレイマン大帝の後継ぎとなったセリム2世にまつわ...

トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります