アメリカ
アメリカ観光
大都会も大自然も楽しめるエキサイティングな国

無料アプリ「MyVegas」で遊んでラスベガスのホテル代を節約!

取材・写真・文:

アメリカ在住

2020年2月7日更新

937view

お気に入り

この記事の目次表示

MyVegasで貯めたポイントの特典で、実際に宿泊券をゲット

それでは実際に貯めたポイントをどのように特典に引き換えるか、その手順を実際に筆者が利用した特典を例に、ご紹介します。まずは、MyVegasのプレー画面で「Rewards(特典)」の画面を開き、交換したい特典を見つけたら「Redeem(引き換え)」をクリックします。

筆者は2020年1月上旬にラスべガスに滞在。旅行のスケジュール上、特典を使って宿泊できるのは週末のみになってしまい、選択肢があまりありませんでしたが、幸運なことに「Park MGM」の2泊無料券が週末も利用可能となっており、手持ちのポイントで十分交換できる特典となっていました。

そこで「Redeem(引き換え)」を実施。そうすると、M lifeで登録したメールアドレスに、以下のような手続きの案内が届きます。

  • 写真:くーMyVegasのゲーム画面から特典引き換えを申請すると、このような案内メールが届きます

届いたメール画面にある「Redeem Reward by」とは、特典の引き換えができる期日です。ここに記載されている日付までに、特典交換を完了させましょう。筆者は12月9日に引き換え申請を行ったところ、引き換え完了期日は12月31日でした。引き換え完了期日までに、こちらのメール内に記載されているリンク先にアクセスして、宿泊する日程とベッドのサイズを選びましょう。

  • 出典:parkmgm.mgmresorts.com「MyVegas」の特典を使ってPark MGMの部屋を予約。$248.00が$0.00に!(公式サイトのスクリーンショット)

これだけで予約が完了となり、本来の宿泊代(2泊で248ドル/約2万7,000円)をセーブすることに成功しました。

ゲットした特典で宿泊した際の当日の流れ

そしてとうとう宿泊日。ロビーに着くとセルフチェックインのカウンターに案内され、スクリーンの表示に従って名前を入力したり、身分証明書(筆者の場合はカリフォルニア州の運転免許証)をスキャナーに差し込んだり。慣れない作業に戸惑いつつも進めていくと、なんと通常の宿泊料金を請求する画面が出てきました。

  • 写真:くーパークMGMのロビー。セルフチェックインのカウンターが並んでいます

係りの人に「M LifeのComplimentary Roomを予約してたはずなんですけど」と聞いたところ、M Lifeの特典はチェックアウトの際に反映されるとのこと。少し不安ではありましたが、2日後、セルフチェックアウトの画面にはしっかりと248ドルの値引きが表示されました。

別途支払いが必要な金額あり

  • 写真:くー宿泊券で2泊したパークMGMの部屋。リゾート料などで合計$113.90(約1万2,420円)のお支払いでした

特典によって2泊分の宿泊代はめでたく無料になりましたが、リゾート料と税金は別途支払いが必要で、2泊分で83.90ドル(約9,150円)でした。これに加えてMGM系列のホテルならどこでも駐車可能なパーキングパス2日分(30ドル/約3,270円)も支払ったので、2泊で113.90ドル(約1万2,420円)かかりました。無料にはほど遠い金額ではあるものの、相場より格段に安く泊まることができたので個人的には満足でした。

次は高級ホテル、それともクルーズ?

  • 写真:くーMGM系列のホテル、カジノ、レストランを利用する時は「M Life」カードをお忘れなく

ラスベガス旅行から戻り、「次は高級ホテルの宿泊券を!」とMyVegasを起動させたところ、「Rewards」のページにクルーズ旅行が追加されているのを見つけました。5日間のカリブ海クルーズの特典交換は60万ポイントから。頑張ってポイントを貯めて、クルーズの特典を狙ってみるのもいいかもしれません。

筆者はコツコツと無料ゲームでポイントを貯める派ですが、もしラスベガスで豪遊する予定のある方は、MGM系列のホテル、カジノ、レストラン、ショップを利用するたびにM Lifeの会員カードを出しましょう。使った金額によって会員ランクが上がり、プラチナ会員になるとクルーズ旅行が贈呈されますよ。

アメリカの旅行予約はこちら

アメリカのパッケージツアーを探す

アメリカのホテルを探す

アメリカの航空券を探す

アメリカの現地アクティビティを探す

アメリカのWi-Fiレンタルを探す

アメリカのレンタカーを探す

関連するキーワード

※この記事は2020年2月6日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


日本とニューヨークの時差は「14時間」!ニューヨークへの飛行時間は?

ニューヨーク旅行に出かける前に知っておきたい、日本とニューヨークの時差や、サマータイム、日本からニューヨークへの飛行時間について解説します。


アメリカのコンセント・プラグ・電圧を解説!変圧器は必要?

アメリカ旅行の前に知っておきたい、コンセント・プラグ・電圧について日本との違いを徹底解説!変圧器がどんな時に必要か、また持っていくと便利なおすすめ電源グッズもご...

日本とアメリカの時差は「14時間~17時間」!アメリカへの飛行時間は?

アメリカ旅行に出かける前に知っておきたい、日本とアメリカの時差や、サマータイム、日本からアメリカへの飛行時間について解説します。

日本とロサンゼルスの時差は「17時間」!ロサンゼルスへの飛行時間は?

ロサンゼルス旅行に出かける前に知っておきたい、日本とロサンゼルスの時差や、サマータイム、日本からロサンゼルスへの飛行時間について解説します。

アメリカじゃないみたい!ヨーロッパのようなオシャレな街【ジョージタウン】(ワシントンD.C.)

「政治の街 ワシントンD.C.」の北西部にある街【ジョージタウン】はD.C.の中心地とは雰囲気がまた異なる、植民地時代のヨーロッパの情緒が色濃く残る街。学生や地...

この記事を書いたトラベルライター

サンフランシスコから離れられません
大学留学で渡米し、サンフランシスコに流れ着きました。寛容でリベラルで肩の力が抜けたところがツボにはまり、格差社会が叫ばれ家賃高騰が続く今も離れられずにいます。できるだけお金をかけずに楽しいことを探すのが趣味。定番の観光スポットだけでなく、サンフランシスコの現在形が体感できる情報をお届けしたいと思っています。
http://mottosf.com

【アメリカ】誰でも訪問可能!アップル本社のApple Park Visitor Center

使いやすさとデザイン性を重視した製品に定評のあるアップル社。カリフォルニア州にある本社キャンパス(通称Apple Park)のビジターセンターも近未来的でありな...


旅先で素敵な出会いがあるかも!?サンフランシスコの雑貨屋巡り

海外旅行の楽しみの一つであるショッピング。観光名所でお土産を買うのは定番ですが、趣味のいい雑貨屋さんで仲の良い友人や自分へのお土産を探すのも旅の思い出になります...


知っていれば安心 サンフランシスコのラーメンマップ10選

日本のソウルフードともいえるラーメンですが、サンフランシスコでもブームに火が付き、ラーメンをメニューに載せるレストランが数年間で一気に増えました。ラーメン専門店...

本場で野球観戦ならサンフランシスコのオラクルパークへ!

アメリカで観戦できるプロスポーツの中で、試合数が多くチケットが取りやすいのが野球。サンフランシスコには2010、2012、2014年に全米制覇を果たしている名門...

並んでこそ価値がある? サンフランシスコで食べたい人気スイーツ8選

質の高いレストランが集まる美食の街、サンフランシスコ。予約が取れないレストランがあるように、開店に合わせて並ばないと人気の商品が売り切れてしまうスイーツ専門店も...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります