アメリカ
アメリカ観光
大都会も大自然も楽しめるエキサイティングな国

無料アプリ「MyVegas」で遊んでラスベガスのホテル代を節約!

取材・写真・文:

アメリカ在住

2020年2月7日更新

818view

お気に入り

写真:くー

テーマパークのようなカジノホテルが集まり、世界でも類を見ないエンターテイメントの街として観光客に大人気のラスベガス。これからラスベガスを訪れる予定がある方にホテル代や食事代を節約できる無料ゲームアプリ「MyVegas」を紹介します。

この記事の目次表示

MyVegasとは

  • 出典:www.playstudios.comいろいろある「MyVegas」ゲーム。好きなゲームを選んで遊べます(公式サイトのスクリーンショット)

MyVegas」は、スマートフォンやパソコン上のFacebookでカジノゲームが楽しめる無料ゲームアプリです。ゲームをするたびにポイントが貯まり、ラスベガスのホテル割引券や宿泊券、レストランでの食事券、各種ショーの招待券などと引き換えることができます。

スマホVSパソコン、どちらで遊ぶ?

実際にポイントを稼ぐには、無料アプリでゲームをしなければいけません。スマートフォンの場合は「MyVegas」で検索するか上で紹介しているサイトにアクセスすることで、スロットやブラックジャックなど複数のアプリが表示されます。その中から、気になるアプリをダウンロードしてプレーすればOKです。

プレーする前にメールアドレスを入力するよう案内が出るので、後で紹介する「M Life」入会時に使用するメールアドレスを入力しましょう。

コンピューター上でプレーしたい派は、FacebookでMyVegasのゲームを検索してプレーするだけ。スマホアプリとFacebookの二刀流なら、さらに早くポイントが稼げます。

筆者も始めのうちは二刀流で頑張っていましたが、Facebookには何かの作業中でもバックグラウンドで自動プレー設定を行えるという利点があるため、一週間ほどでスマホアプリでのゲームは辞めてしまいました。

MyVegasゲームでポイントを貯めるには「M Life」への入会が必要

ゲームでポイントを貯め、貯めたポイントを特典へと交換するには、ラスベガスのMGM系列ホテルの会員制プログラム「M Life」に入会し、ポイントカードを発行してもらう必要があります。21歳以上であれば誰でも無料で入会でき、時間のある時にゲームをするだけでポイントが稼げるので、ラスベガスに行く前から入会しておくことをおすすめします。

筆者はラスベガス行きの約半年前に「M Life」に入会し、課金を一切せずにパソコン上のFacebookで時々スロットマシーンをプレー。それだけで、大手カジノホテル2泊分の宿泊券(約2万7,000円相当)の入手に成功しました。次はもっとポイントを貯めて、高級ホテルに泊まってみたい、と夢を見ています。

M Lifeへの入会は無料

  • 写真:くーMGM系列のホテルには「M Life」会員専用のデスクがあります

M Life入会に必要なものは、簡単な個人情報のみ。まずは公式サイトにアクセスして、メールアドレスや名前、生年月日、住所などの基本情報を入力すると会員番号を発行してもらえます。

会員登録時に気をつけたいのは、メールアドレスの入力。「MyVegas」のアプリで遊ぶ際に入力するメールアドレスや、Facebookに登録しているメールアドレスと同様のものにしておかないと、ゲームで貯めたポイントをカードに反映できません。

その他には特に難しい項目はなく、アカウントに問題が発生した際の本人確認のために設定する「Security Question」も「最初に飼ったペットの名前は?」「母親の旧姓は?」など答えやすいものばかりです。

「M Lifeアカウントを作成する(CREATE M LIFE REWARDS ACCOUNT)」のボタンをクリックする前に「規約に合意します(I agree〜)」の欄にチェックマークを入れるのもお忘れなく。

あとは、現地に到着した後にMGM系列のホテルの専用デスクに足を運んで、会員番号と一緒に身分証明書(パスポートなど)を提示することで、M Lifeの会員カードを発行してもらえます。その際に「4桁の暗証番号は何にしますか?」と聞かれるので、事前に決めておくとスムーズに答えられるでしょう。

MyVegasのゲームで遊んでポイントを貯めよう

  • 出典:apps.facebook.com赤いチップを使って遊び、金色のコイン(Loyalty Point)を集めます(Facebookのスクリーンショット)

MyVegasのゲームを開くと、ラスベガスの街を簡略化したマップが現れます。そのMap上にあるコインのシンボルをクリックすると、プレーに必要なチップを取得できるので、まずはチップを獲得しましょう。

獲得したチップを使って遊ぶと、勝ち負けに関係なく金色のコイン(Loyalty Point)が貯まり、これが宿泊券や食事券などの特典に変身します。

ポイントで交換できる特典内容の確認の仕方

どんな特典があるのか気になる方は、ゲーム画面左上にある「Rewards」をチェックしてみてください。2020年2月現在、系列ホテルの宿泊券への交換は1万5,000ポイントから、食べ放題バフェの半額券は4,000ポイントから引き換えが可能になっています。

ちなみに、特典を用意しているラスベガスのMGM系列のホテルは次のとおりです。

特典によって制約がまちまち

  • 出典:apps.facebook.com「Rewards」のフロントページ。いろいろな特典を見るだけでも楽しめます(Facebookのスクリーンショット)

この「Rewards」のページを見ていると、ホテルの割引券からレストランでの一品無料サービス、各種ショーの優待または招待券、モノレールの1日パスまで、とにかくいろいろな特典があることに驚きます。そして一つ一つをクリックするたびに、特典によって利用制約が細かく設定されていることに気づきます。

集客率が低い平日限定の特典が多いのはもちろんのこと、「特典が利用できない日(Blackout Dates)」が設定されていたり、「MGM系列のホテルでの滞在が必須」という条件が付いていたりで、旅程とぴったり合う特典を見つけるのに苦労する可能性も大。

また食事券、招待券などの「Premium Reward」は30日間で3回までしか利用できず、宿泊券にいたっては30日間に1回のみ使用可能という超プレミアム特典となっています。宿泊特典を3回分入手して、連泊代金の全てを浮かせるという荒技は使えません。ただし例外として、一緒に滞在する相手もM Life会員であれば、自分が1回分、相手が1回分を申請することで連泊を無料にすることは可能です。

次のページを読む

アメリカの旅行予約はこちら

アメリカのパッケージツアーを探す

アメリカのホテルを探す

アメリカの航空券を探す

アメリカの現地アクティビティを探す

アメリカのWi-Fiレンタルを探す

アメリカのレンタカーを探す

関連するキーワード

※この記事は2020年2月6日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


日本とアメリカの時差は「14時間~17時間」!アメリカへの飛行時間は?

アメリカ旅行に出かける前に知っておきたい、日本とアメリカの時差や、サマータイム、日本からアメリカへの飛行時間について解説します。


日本とニューヨークの時差は「14時間」!ニューヨークへの飛行時間は?

ニューヨーク旅行に出かける前に知っておきたい、日本とニューヨークの時差や、サマータイム、日本からニューヨークへの飛行時間について解説します。

アメリカのコンセント・プラグ・電圧を解説!変圧器は必要?

アメリカ旅行の前に知っておきたい、コンセント・プラグ・電圧について日本との違いを徹底解説!変圧器がどんな時に必要か、また持っていくと便利なおすすめ電源グッズもご...

日本とロサンゼルスの時差は「17時間」!ロサンゼルスへの飛行時間は?

ロサンゼルス旅行に出かける前に知っておきたい、日本とロサンゼルスの時差や、サマータイム、日本からロサンゼルスへの飛行時間について解説します。

【グランドキャニオン・2019年最新情報】基本情報&おすすめの回り方を伝授

グランドキャニオン国立公園にある「サウス・リム」と「ノース・リム」はどっちがおすすめ?最寄り空港はどこ?園内を移動する無料シャトルバスがある?等の基本をご紹介。...

この記事を書いたトラベルライター

サンフランシスコから離れられません
大学留学で渡米し、サンフランシスコに流れ着きました。寛容でリベラルで肩の力が抜けたところがツボにはまり、格差社会が叫ばれ家賃高騰が続く今も離れられずにいます。できるだけお金をかけずに楽しいことを探すのが趣味。定番の観光スポットだけでなく、サンフランシスコの現在形が体感できる情報をお届けしたいと思っています。
http://mottosf.com

【アメリカ】誰でも訪問可能!アップル本社のApple Park Visitor Center

使いやすさとデザイン性を重視した製品に定評のあるアップル社。カリフォルニア州にある本社キャンパス(通称Apple Park)のビジターセンターも近未来的でありな...


旅先で素敵な出会いがあるかも!?サンフランシスコの雑貨屋巡り

海外旅行の楽しみの一つであるショッピング。観光名所でお土産を買うのは定番ですが、趣味のいい雑貨屋さんで仲の良い友人や自分へのお土産を探すのも旅の思い出になります...


知っていれば安心 サンフランシスコのラーメンマップ10選

日本のソウルフードともいえるラーメンですが、サンフランシスコでもブームに火が付き、ラーメンをメニューに載せるレストランが数年間で一気に増えました。ラーメン専門店...

並んでこそ価値がある? サンフランシスコで食べたい人気スイーツ8選

質の高いレストランが集まる美食の街、サンフランシスコ。予約が取れないレストランがあるように、開店に合わせて並ばないと人気の商品が売り切れてしまうスイーツ専門店も...

本場で野球観戦ならサンフランシスコのオラクルパークへ!

アメリカで観戦できるプロスポーツの中で、試合数が多くチケットが取りやすいのが野球。サンフランシスコには2010、2012、2014年に全米制覇を果たしている名門...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります