アメリカ
アメリカ観光
大都会も大自然も楽しめるエキサイティングな国

【ナパバレー】サンフランシスコから1泊!ワイナリー巡り攻略術

2017年11月23日更新

736view

お気に入り

出典:flic.kr

ナパバレーといえばアメリカ随一のワイン生産地で、ワイン好きでなくても知っている有名な場所です。一度は行ってみたいと思うものの、日本からのフライトは約10時間。最寄りの空港、サンフランシスコ空港から更に1時間ほど車に乗る必要があり、ナパバレーだけのためにそこまで行くのは大変なもの。サンフランシスコ観光や出張のついでに1泊でさっと行きたいものです。この記事では、アクセス方法や効率よくワイナリーを回る攻略術など、1泊でも満足できる回り方を伝授します。

アクセス方法

サンフランシスコ市内からナパバレーに行く方法はいくつかあります。空港から出るものから、市内からのものまで、幅広くご紹介します。

エアポートシャトルバス

サンフランシスコ国際空港からは毎日9本出ているこのシャトルバスは、予約の必要がなく、片道40ドルと値段も比較的安めです。1時間半ほどで乗換もなく、直接ナパバレーに位置するマリオットホテルに止まるため、かなり楽に向かうことが出来ます。

エアポートシャトルバス
http://www.evanstransportation.com/index.php

サンフランシスコベイフェリー

空港から直接ではなく、市内から行く場合はこちらのほうが行きやすいです。BART(サンフランシスコの地下鉄)でフェリーターミナルまで向かうことができ、しかも船内からの景色は最高!

天気が良ければゴールデンゲートブリッジを望むことも出来ます。Vellejoという対岸のターミナルに止まり、そこからVINEというバスで約1時間でナパまで向かいます。

サンフランシスコベイフェリー
http://sanfranciscobayferry.com

リムジンバスサービス

こちらは個人で予約し、自由にルートがカスタマイズできるリムジンバスサービス。乗り場も降り場もこちらで指定できるため非常に使い勝手が良いのが特徴です。会社はたくさんあるので値段は一概には言えませんが、通常のセダンを借りて、1時間あたり約60ドル(約6,800円)が相場のようです。

ルートを決めるのも外国人と相談する必要があるため、少しハードルは高いかもしれませんが、貸し切りができるため時間を気にせずワイナリー巡りをするにはもってこいでしょう。

英語は苦手という方のために、参考までに、日本人が経営するリムジンチャーター会社Alpha Works USAをご紹介します。移動手段の手配はもちろん、ルートの相談もでき、それらが全て日本語で行うことができます。

レンタカー

国際免許がある方はこんな方法もありです。自分の好きなルートで回れるので気楽に旅ができます。しかし1泊車を借りる必要があり、全員がワインの試飲をするようであればナパバレー内の移動はその他の交通機関を利用しなくてはならないので、総合的に移動コストが上がってしまいます。

Tips1:ホテルを予約しましょう

ナパバレーは行くまでも時間がかかる上、ワイナリー間の移動等もあるため、さくっと楽しもうと思っていてもやはり1泊は必要になります。テイスティングをするうちに酔ってしまうことも容易に想定されるため、休める場所が予め決まっていたほうが安心して楽しむことができます。

  • Westinはナパの中心地に位置し、様々なワイナリーへのアクセスも良好
ウェスティン ヴェラサ ナパ
アメリカ / ホテル
住所:1314 McKinstry St, Napa, CA 94559
Web:http://www.westinnapa.com/

Tips2:行きたいワイナリーをリストアップしましょう

ナパバレーだけでもワイナリーは1,000以上あるので、行きたい場所をピックアップする必要があります。普段飲んでいるワインのワイナリーを実際に見てみたい!かの有名なワイナリーに一度でいいから行ってみたい!など、気になるワイナリーがあれば挙げてみて下さい。

大体1日で4ヶ所、多くて6ヶ所ほどしか回れないので、たくさん回りたい方はそれを基準に滞在日数を決めても良いかもしれません。良いワイナリーはたくさんありますが、比較的ナパ中心地から行きやすいワイナリーを3か所ピックアップしてご紹介します。

Stag’s Leap Wine Cellar

屋内のカウンターで立って試飲することが多いのですが、ここは屋外にある素敵なソファーのエリアに座って試飲ができます。眺めも雰囲気も最高です。ここのワインはコストコのシグネチャーワインとしても売られており、非常にコストパフォーマンスが良いのも特徴です。

スタッグス・リープ・ワイン・セラーズ
アメリカ / 工場・施設見学
住所:5766 Silverado Trail, Napa CA 94558
電話:707-261-6410
Web:https://www.cask23.com

Pine Ridge Winery

Pine Ridgeも非常にコストパフォーマンスが良いことで知られているワイナリーの一つです。こちらでは試飲エリアの奥にある大きな洞窟のようなワインカーブの見学もできます。

パイン・リッジ・ビンヤーズ
アメリカ / 工場・施設見学
住所:5901 Silverado Trail Napa, CA 94558
電話:800-575-9777

Goosecross cellar

  • 出典:flic.krGoosecross Vines by Michelle Grimord Eggers

Goosecross cellarは屋外と屋内両方にテイスティングエリアがあり、どちらも写真のような広いワイン畑に面しているためとても開放的です。リースリングの甘いワインもあり、ラベルも可愛らしいのでお土産を買うにはもってこいの場所です。

グースクロス・セラーズ
アメリカ / 工場・施設見学
住所:1119 State Lane Yountville CA 94599
電話:800-276-9210
Web:http://goosecross.com

次のページを読む

アメリカの旅行予約はこちら

アメリカのホテルを探す

アメリカの航空券を探す

アメリカのパッケージツアーを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2017年7月17日の取材に基づき公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事

ニューヨーク公共図書館は見所満載!ギフトショップはNY土産の宝庫♪

数々のNY映画に登場し、ニューヨーカーにも観光客にも愛されている「ニューヨーク公共図書館(ニューヨーク・パブリック・ライブラリー)」。誰でも無料で入館でき、館内...

【アメリカ】誰でも訪問可能!アップル本社のApple Park Visitor Center

使いやすさとデザイン性を重視した製品に定評のあるアップル社。カリフォルニア州にある本社キャンパス(通称Apple Park)のビジターセンターも近未来的でありな...


【アメリカ】LAに行ったらここ‼︎定番スポット13選‼︎

一度は行ってみたいアメリカ・ロサンゼルス(Los Angeles)、通称「LA」!地名は有名だけれども、実をいうとどんな観光スポットがあるかは良くわからない・・...

ニューヨークで地下鉄に乗るなら絶対に知っておきたいアレコレ5選♪

24時間運行しているNYの地下鉄(MTA)は、乗りこなせばとても便利な交通手段!Wi-fiがつながる駅も増え、表示看板などのデジタル化も進み、より安全で快適な地...


グランドサークルを効率よく巡る!一生に一度は見たい6ヶ所の大自然

日本にはない地球規模の大自然を一度にたくさん楽しめるのが、アメリカ合衆国のユタ州、アリゾナ州、コロラド州、ニューメキシコ州の4州にまたがる【グランドサークル】と...

この記事を書いたトラベルライター

アラサーOL 有休を切り崩しながら食・遊・寝のリチャージ旅
リゾートもシティも自然も大好きなアラサー女子トラベラーです。お金もちょっとあって割とどこでも行けちゃう、でもゆったり時間を過ごすほど余裕もなくて、仕事の合間の週末、長くても一週間しか休みが取れないからとにかくなんでもしたい!でも贅沢もしたい。こんな哀れな乙女心を抱えながら旅行をしている子って私だけではないのでは??仕事にも精が出るような刺激的な旅行をご紹介したいと思います。

シンガポールの必食!定番ホーカー飯7選&オススメ屋台村

シンガポールの定番ご飯といえば海南チキンライス。鶏の出汁が染み込んだご飯は日本人でも食べやすく、必ず食べたい料理の一つとして有名ですよね。でもシンガポールには、...

香港三大点心レストラン ミシュランも認めた絶対外さない点心!

日本から約4時間半のフライトで、時差は1時間の香港。香港の街には安くてとにかく美味しい点心レストランがそこかしこに立ち並んでいます。週末の弾丸旅行でも、ここさえ...


【ハワイ・オアフ島】おしゃれで可愛い朝食・ブランチスポット7選

どんな季節に行っても青い海と空、そしておいしい朝食が待っているハワイ!パンケーキブームを皮切りに、ハワイで朝食を食べられるたくさんの場所がスポットライトを浴びて...

サンフランシスコ・ベイエリアの日本人でも親しみやすいスイーツ7選

サンフランシスコ・ベイエリアは、たくさんのスイーツ店で溢れており、その数は年々増え続けています。場所柄多くの人種が混在し、特にアジア人がアメリカの他地域に比べて...


大間のマグロを本場で!新鮮な海産物を味わい尽くせる大間の旅

日本人なら誰もが知っている、マグロの名産地、青森県大間市。新春の初競りで高値をつけるマグロも、ここ大間産のマグロであることが多いのです。そんな大間産の新鮮なマグ...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?