その他

お散歩コースで旅フォトを撮ろう!気分もアガる写真撮影のポイント

取材・写真・文:

東京在住

2020年5月26日更新

20view

お気に入り

写真:jihen2

旅の楽しみのひとつが写真。いつもと違う風景や街をおさめ、非日常感を味わうのが旅フォトの醍醐味です。そんな旅フォトを、普段の散歩コースや、遠出しなくても行ける場所で楽しむ撮影のポイントを紹介します。

この記事の目次表示

はじめに

旅フォトというと、海外や国内の有名スポットが収められているものが多いです。普段はあまり目にしない風景や印象が、日常フォトとの違いではないでしょうか。

けれど遠出しなくてもちょっとした工夫で、身近な場所でも特別なスポットに行ったような気分で旅フォトを楽しむことができます。春〜夏のシーンで使える、気分もアガる写真撮影のポイントを3つまとめました。

【1】実は狙い目の神社やお寺に行ってみよう

  • 写真:jihen2

観光名所になるようなものではなくとも、家の近くにある神社やお寺は、散歩ついでにちょっとしたお出かけ写真を撮るのにぴったりです。お社や絵馬などはどこにでもあるわけではないので、その場所ならではの風景を収めることができます。

  • 写真:jihen2

ポイントは、そのスポットの特徴をメインにすること!上の写真は神楽坂にある赤城神社ですが、都心だけど周囲より高台に立っていて見晴らしが良いことと、絵馬の掛かっている場所がとても光がキレイなこと、が特徴で魅力でもあります。

  • 写真:jihen2
  • 写真:jihen2

特別な建物や立地でなくても、かわいい文様や色などにフォーカスすることで、旅先のスポットのような魅力を見つけらるはず!真夏だとちょっとつらいですが、梅雨前くらいまでなら存分に楽しめます。神社やお寺を新たなお出かけ&撮影スポットにしてみましょう。

赤城神社
神楽坂・飯田橋・後楽園 / 社寺・教会
住所:東京都新宿区赤城元町1-10地図で見る
電話:03-3260-5071
Web:http://www.akagi-jinja.jp/

【2】身近な花のスポットを見つけよう

  • 写真:jihen2

世の中の状況に影響されることなく活動しているのが身近な花々。これを写真に収めない手はありません。近所の公園などでたくさん咲いている場所があればベストですが、意識して歩いてみると、写真を撮りたくなる花々は道端でも見つけられるものです。

  • 写真:jihen2
  • 写真:jihen2

花畑などではない普通の場所で撮るなら、基本的には花以外のものはなるべく入れずに、同じ花が群生しているところを撮るのがポイントです。そうすることで、たとえ家の近所であってもその場所だけの風景に出会うことができます。6月頃にはアジサイが集まって咲いていて絵になることが多いので要チェック!

  • 写真:jihen2
  • 写真:jihen2

また群生していないときは、上の写真のように逆に周りの景色を活用して撮ることもできます。「道端感」から「特別な場所感」に変えることができます。

花があるだけで気持ちが明るくなるもの。切り花も日常フォトで素敵ですが、家の近くにもちょっとした「●●スポット」があるのではないでしょうか。

【3】見る角度を変えてみよう

  • 写真:jihen2

旅フォトになるようなものなんて何もない!と嘆くことなかれ、普段とは違うアングルでいつもの景色を見てみるのも方法のひとつです。空を見上げてみたり、ガラスごしに見てみたりして、ちょっとした非日常を味わえるはず。

  • 写真:jihen2
  • 写真:jihen2

上の左の写真は、お花見スポットでもある木場公園・・ではなく、その近くのなんてことない川沿いの通りで撮ったもの。また右の写真は、海外に住んでいたときに家の近くで撮ったものですが、国内でもこういう場所は見つけられます。

視点を普段と変えることで必然的に人や標識などは画角に入らなくなるので、「家の近所感」度合いも低くなるのがこのやり方のいいところ。花の写真同様に、意識して歩いてみるとスポットをたくさん見つけられますよ。

まとめ

どれもすぐに取り入れて日々活用できるものだと思います。他にも例えば看板にフォーカスしてみるなどのやり方もありますが、今回は春〜夏に向けての撮影のポイントでしたので、気候が良い中で自然に注目してみるのをおすすめします。日常フォトから、日常の中の旅フォトにバージョンアップして、ちょっとしたお出かけ気分を楽しみましょう!

Booking.com

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2020年5月27日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


【今後海外へ渡航予定&渡航を検討している方へ】渡航前に確認しておきたいこと(2020/7/7更新)

世界的に新型コロナウイルスの感染が拡大している影響で、各国で渡航制限や行動制限が行われています。この記事では該当する国の情報をお知らせするとともに、今の時期だか...


スーツケースDIY修理!セルフでキャスターを交換する方法

スーツケースのキャスター部分を修理に出すと、1ヶ所数千円もかかるため買い替えた方が早いです。でも部品そのものは安価であるため、自力で直せたら助かりますね。今回は...

スーツケースのキャスターゴムの自力でかんたん修理方法

スーツケースのキャスターを保護する表面のゴム部分。ここが取れてしまったら大ピンチです。壊れる前に対処をしなければなりませんが、修理に出したり買いかえるのはちょっ...

焼くの英語の言い方10選!違いがわかるビジュアル付き解説(海外旅行でも使える)

焼くの英語の言い方は調理方法によって違い、「fry」「grill」「bake」など様々なバリエーションがあります。この記事では、英語で最もよく使われる「焼く」の...

【保存版】女子旅の持ち物はこれで決まり!OLトラベラーが選ぶ、オススメ旅準備&旅行グッズ23選♡

1人旅もいいけれど、やっぱり友達と行く旅行もやめられない!そんな筆者は、今まで25か国60都市を訪れましたが、そのほとんどは女子旅なのです。気兼ねない友達と回る...

この記事を書いたトラベルライター

プランナー 兼 トラベラー / 旅のきっかけをつくるひと
内装やイベントブース設営の仕事をしながら、世界各地へ旅に出ています。旅のキーワードはアートとデザイン、雑貨、世界遺産。
いろいろな国の文化や芸術が好きすぎて世界遺産検定1級とりました。
カナダ・トロント→なんちゃって世界一周→再び日本。

素敵な旅づくりのきっかけになるような情報と魅力を紹介していきたいと思います。
instagramでの発信に力を入れているのでぜひチェックして下さい。

かわいくて喜ばれる、ハズさない栃木みやげ5選

栃木といえばいちご、宇都宮餃子、日光東照宮、などなど。観光地らしい定番のおみやげももちろん良いですが、ときには「おっ!」「かわいい!」と言われるような、ちょっと...


【アメリカ】大人も女子も必見!ヒューストン・NASAジョンソン宇宙センター

テキサス州・ヒューストンといえばNASAのジョンソン宇宙センターが有名。でも実際なにがあるのか?どんな楽しみ方があるのか?アミューズメント施設とあなどることなか...


かわいくて喜ばれる、ハズさないカナダ土産10選

カナダといえばメープルシロップが有名で、観光地ならどこにでもあります。そんな定番をお土産にするのももちろん良いですが、せっかくなら「おっ!」「かわいい!」と言わ...

東京で感性を磨こう②!気軽に行けるデザインギャラリー5選

流行発信地・東京には、感性を磨けるようなアカデミックで魅力あるスポットがたくさんあります。「東京で感性を磨こう①!アカデミックなお出かけスポット5選」の記事に引...

【カナダ】在住者おすすめモントリオールご当地フード5選

カナダといえばメープルシロップが有名ですが、東部の都市モントリオールでエンジョイすべき食べ物はそれだけではありません!甘いおやつからこってりB級グルメまで、在住...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?