カナダ
カナダ観光
スケールの大きい自然や美しい自然を感じられる国

かわいくて喜ばれる、ハズさないカナダ土産10選

取材・写真・文:

東京在住
訪問エリア:30ヶ国

2019年9月13日更新

12,208view

お気に入り

写真:jihen2

カナダといえばメープルシロップが有名で、観光地ならどこにでもあります。そんな定番をお土産にするのももちろん良いですが、せっかくなら「おっ!」「かわいい!」と言われるような、ちょっと違うお土産も欲しくなるもの。見た目やクオリティの面でも注目度が高く、かつネタモノではない、かわいくて美味しくて外さないカナダ土産をご紹介。

この記事の目次表示

【1】メープルシロップ・メープル商品

定番中の定番とはいえ、やっぱりメープルは外せません。ベーシックなものも良いですが、せっかくなら、濃さの違うものやシロップ以外のラインナップを購入するのをおすすめします。

カナダでは、原料を木から採取した時期によってシロップの色の濃さや味が異なり、その種類分けには厳密な基準が定められています。色が濃いほど濃厚になり、薄いほど繊細な味になります。濃い方は香り付けに使われ、薄いタイプはそのまま口にするのに適しています。

  • 写真:jihen2トロントにあるグローサリーストア「Lively Life Fine Foods」
  • 写真:jihen2モントリオールにあるメープル製品ショップ「デリセ・エラーブル・ドゥ・シー 」

またシロップ以外にも、メープルキャラメル、メープルスプレッド、メープルパールなど、様々なメープル商品が用途によって使い分けられているのもカナダの特徴です。「キャラメル」はアイスクリームに混ぜたり、日本にはあまりない「パール」はフルーツやクラッカーにのせたりと、それぞれ適した用途があり、話題づくりにもぴったり!

特にカナダ東部はメープル街道と呼ばれるエリアがあるくらいメープル産業が盛んなエリアなので、メープル関連の品揃えの良いお店が観光地にもたくさんあります。定番のメープルですが、商品の見た目やシロップのタイプ、用途に応じてじっくり選んでみてはいかがでしょうか。

Lively Life Fine Foods
カナダ / スーパーマーケット
住所:セントローレンスマーケット内, 93 Front St E. #B9, Toronto, ON地図で見る
デリセ・エラーブル・ドゥ・シー
カナダ / その他グルメ
住所:84, St-Paul Street East Montreal (Qc)地図で見る
Web:https://www.deliceserableetcie.com/en

【2】Baker’s selectionのブラウニー

こちらもお土産の定番・焼き菓子。カナダでおすすめなのは、こちらで紹介する「Baker’s selection」と以下で紹介している「Dare」という二つのメーカーです。共通するのは、どこにでもあって低価格ながら、かわいくて美味しいという点!安くて美味しいのはやっぱり大事です。

  • 写真:jihen2袋入りの300gは4.5ドル(約376円)、箱入りの600gは6.5ドル(約543円)

Baker’s selectionはひとくちサイズの焼き菓子を販売していて、特にブラウニーが有名です。価格は4〜6ドル(約334〜500円)程度とリーズナブルながら、飲食店でのトッピングにも使われているくらい、味は確かです。

ラフな包装が欧米らしくてかわいいのもポイント。クッキーなどと比べると賞味期限は短めですが、カナダのおやつタイム気分を味わえます。

【3】Dareのクッキー

  • 写真:jihen2
  • 写真:jihen2

Dareは箱入りのクッキーで、1箱15個入りのものが3.99ドル(約334円)とこれもお安い!メープルクッキーは、メープルリーフ型のクッキーの間にメープル風味のクリームが挟まれているもので、観光地でよく売られている定番モノと似たタイプです。

けれどこのDareのクッキーのポイントは、豊富なシリーズ展開!メープル、チョコレート、レモン、シナモンとあり、それぞれクッキーの形や味が凝っていて、しかもそれぞれにおいしいんです!4つの味すべてを大人買いしても、12ドル(約1,002円)です。

お手軽でかわいくてカナダ感も出せちゃう、コスパ◎のお土産です。

【4】Tim Hortonsのコーヒー

アメリカ同様にコーヒー文化の強いカナダで、最強のコーヒーチェーンはスターバックスではありません。それはTim Hortons(ティム・ホートンズ)

ドーナツのお店ですが、スモールサイズコーヒーが一杯1.52ドル(約127円)など格安のドリンクを幅広く揃え、カナダ流コーヒーの頼み方のスタンダードを多々生み出しました。店舗数はスタバを大きく上回り、トロントやバンクーバーはもちろん、フランス語圏のケベックや、カナディアンロッキーを抱えるアルバータなど全土に展開。カナダでは定番中の定番と言えるお店です。

  • 写真:jihen2
  • 写真:jihen2

そんなカナダのコーヒーショップの代名詞であるティム・ホートンズのコーヒーは、店舗やスーパーマーケットで売られています。100gの瓶入り(7ドル/約585円)、300gのグラインドタイプ(7.5ドル/約626円)などなど種類も豊富。

カナダを訪れたら確実に出会うティム・ホートンズ、そのコーヒーをお持ち帰りすれば話題には事欠かないはず!

【5】HELLMANN’Sのマヨネーズ

  • 写真:jihen2
  • 写真:jihen2

カナダでは、マヨネーズやケチャップやマスタードの種類がとても豊富です。ジャンクフードと侮ることなかれ、デザインのかわいいものや変わった味のものなど、お土産にもぴったりです。

  • 写真:jihen2瓶型は4.99ドル/約418円
  • 写真:jihen2チューブ型(小)は4.29ドル/約358円

HELLMANN’Sとにかくパッケージがかわいい!メジャーなブランドでありながら、デザインにこだわったハイブランドのような佇まいです。チューブ型ももちろんありますが、瓶型容器タイプも欧米らしいスタイルで、ビジュアル重視の場合にはおすすめです。

レギュラーやハーフカロリーのほか、オリーブオイル入りアボカドオイル入りなど変わり種も簡単に手に入ります。

次のページを読む

カナダの旅行予約はこちら

カナダのパッケージツアーを探す

カナダのホテルを探す

カナダの航空券を探す

カナダの現地アクティビティを探す

カナダのWi-Fiレンタルを探す

カナダのレンタカーを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2019年4月22日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

この記事を書いたトラベルライター

プランナー 兼 トラベラー / 旅のきっかけをつくるひと
内装やイベントブース設営の仕事をしながら、世界各地へ旅に出ています。旅のキーワードはアートとデザイン、雑貨、世界遺産。
いろいろな国の文化や芸術が好きすぎて世界遺産検定1級とりました。
カナダ・トロント→なんちゃって世界一周→再び日本。

素敵な旅づくりのきっかけになるような情報と魅力を紹介していきたいと思います。
instagramでの発信に力を入れているのでぜひチェックして下さい。

かわいくて喜ばれる、ハズさない栃木みやげ5選

栃木といえばいちご、宇都宮餃子、日光東照宮、などなど。観光地らしい定番のおみやげももちろん良いですが、ときには「おっ!」「かわいい!」と言われるような、ちょっと...


【アメリカ】大人も女子も必見!ヒューストン・NASAジョンソン宇宙センター

テキサス州・ヒューストンといえばNASAのジョンソン宇宙センターが有名。でも実際なにがあるのか?どんな楽しみ方があるのか?アミューズメント施設とあなどることなか...


【カナダ】在住者おすすめモントリオールご当地フード5選

カナダといえばメープルシロップが有名ですが、東部の都市モントリオールでエンジョイすべき食べ物はそれだけではありません!甘いおやつからこってりB級グルメまで、在住...

東京で感性を磨こう②!気軽に行けるデザインギャラリー5選

流行発信地・東京には、感性を磨けるようなアカデミックで魅力あるスポットがたくさんあります。「東京で感性を磨こう①!アカデミックなお出かけスポット5選」の記事に引...

都心を離れて一息。東京郊外の癒されカフェ&ショップ4選

東京都心にはオシャレでおいしいカフェやショップが充実していますが、郊外エリアも負けてない!都心を離れて一息つけるような、心癒される落ち着いた空間のお店がたくさん...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?