淡路島
淡路島観光
四季折々の花に豊富な温泉、そして島グルメ!

車なしでも見どころ攻略!淡路島めぐり完全ガイド

取材・写真・文:

東京在住
訪問エリア:35都道府県

2020年11月26日更新

511view

お気に入り

写真:jihen2

兵庫県と徳島県の間にある淡路島は、瀬戸内海の自然美と、その立地ならではの見どころがたくさんある場所です。車がないと巡るのは難しい…というのが一般的ですが、公共交通機関でもしっかりエンジョイするポイントをご紹介!おすすめの3エリアを攻略しますよ。

この記事の目次表示

はじめに

  • 写真:jihen2

淡路島は東京都23区よりひと回り小さいくらいの大きさで、島といってもかなり広いです。山や海などの自然が豊かで、山の上から瀬戸内海の風景を見渡せるのも淡路島ならでは。観光としての見どころは、淡路夢舞台などがある北エリア、古い街並みや温泉のある洲本市周辺エリア、鳴門海峡付近の南エリアなどに分かれています。

  • 写真:jihen2パンフレットを写真撮影

島内には電車がないため、公共交通機関を使う場合は主にバスになります。北〜南は車だと1時間ほどですが、バスの場合は時間とルートが決まっているので、まずはこの各エリアをどうまわるかの計画がポイント!

本記事では、北側と南側の見どころを紹介するとともに、最後に紹介する高速バスなどを活用してそれらを効率よく楽しむための、「アクセスのポイント」もプラスで紹介します。

見どころ① 淡路夢舞台

淡路島の北側は、2024年までに淡路島への本社を移転することがニュースになった企業・パソナが手がけるエンタメ施設や、国営明石海峡公園など、大規模な集客コンテンツが目立ちます。

中でもおすすめは淡路夢舞台。国営明石海峡公園と隣接しており、ホテル・会議施設・庭園・結婚式場などが融合した巨大複合施設です。安藤忠雄氏が設計したことでも知られ、淡路島の自然と、そこにつくられた建築を同時に楽しめます。

  • 写真:jihen2

百段園からの絶景と建築

  • 写真:jihen2

夢舞台の中にある「百段園」は、ぜひ晴れた日の昼間に訪れたい場所です。山の斜面に沿ってつくられた花畑で、海と山を臨む絶景スポット!淡路島の地形を生かした自然の美しさと設計の力でつくられた、ここでしか見られない景色が随所にあります。

  • 写真:jihen2
  • 写真:jihen2

百段園とひと続きになった間のスペースも隅々までデザインされていて、「海回廊」「貝の浜」などそれぞれに名前がついています。建物の中には「海の教会」があり、コンクリートと十字に差し込む光が素敵なところです。予約がなければ自由に見ることができます。

  • 写真:jihen2
  • 写真:jihen2

夢舞台へのアクセスのポイント

複合施設なので入口は複数ありますが、便利なのは「グランドニッコー淡路」(これも夢舞台の一部)。宿泊客以外も出入り可能で、百段園もホテル2階からつながっています。ホテルの正面入口にバス停があり、高速舞子から15分ほど。バスの本数も比較的多く、次の目的地に行くのにタクシーが必要な場合は探す手間も省けます。

百段園を含む多くの施設がすべて入場無料で、開館時間などが特に決まっていないので、より計画しやすくなります。淡路島の地形の魅力を生かした見どころ満載の複合施設なので、北側エリアを訪れるなら確実に立ち寄りたい必見スポットです。

淡路夢舞台
淡路島 / 植物園 / 観光名所 / ドライブスポット / インスタ映え / 女子旅 / 一人旅
住所:兵庫県淡路市夢舞台1地図で見る
電話:0799-74-1000
Web:http://www.yumebutai.co.jp/
海の教会
淡路島 / 社寺・教会 / 教会
住所:兵庫県淡路市夢舞台2番地地図で見る
電話:0799-74-1111
Web:http://www.westin-awaji.com/wedding/ceremony/sea.h...
グランドニッコー淡路
淡路島 / ホテル
4.5 (64件の口コミ)
料金(目安):7,884円〜50,085円
宿泊時間:15:00〜11:00
住所:兵庫県淡路市夢舞台2地図で見る
電話:0799-74-1111
Web:https://awaji.grandnikko.com/

見どころ② うずの丘のご当地グルメと玉ねぎ

淡路島の南側は、徳島県がすぐそこで、うずしおと特産品の玉ねぎを目玉に、地場の力で観光を盛り上げているエリアです。南側の見どころといえば「うずの丘 大鳴門橋記念館」と「道の駅うずしお」の二つ。できれば両方行きたいですが、時間の制約があるならうずの丘をよりおすすめします。

あわじ島バーガーを特等席で

ここにきたら絶対食べたいのが、オニオンキッチンというお店のあわじ島バーガー!淡路島産のものがふんだんに使われていて、ご当地バーガーグランプリ1位と2位を獲ったメニューです。

  • 写真:jihen2あわじ島オニオングラタンバーガー(660円)

写真は「あわじ島オニオングラタンバーガー」。玉ねぎカツとオニオングラタンソースがメインの、クリーミーかつオニオン感たっぷりの逸品です。淡路牛を使った「あわじ島オニオンビーフバーガー」とで二大人気商品で、ほかにも様々な’”あわじ島バーガー”があります。

  • 写真:jihen2

道の駅うずしおにも店舗がありますが、うずの丘では限定メニューがあったり、徳島県との境である鳴門海峡の絶景が目の前に広がるスペースで食事ができたりと、ちょっとした違いがあります。うずしおを眺めながらオニオンを満喫しましょう!

"おっ玉ねぎ"な玉ねぎエンターテインメント

  • 写真:jihen2

うずの丘は、なんといっても淡路島の特産品である玉ねぎを全力でPRしているのが特徴です。大鳴門橋を背景とした玉ねぎオブジェ、玉ねぎUFOキャッチャー、玉ねぎの被り物など、写真スポットもたくさん!子どもも大人も楽しめる遊び心が詰まっています。写真スポットには必ず「スマホ置き台」が設置されていて、みんなでセルフタイマーで撮れるようになっているのもさりげないポイントです。

  • 写真:jihen2
  • 写真:jihen2

お土産ショップもかなり充実していて、オニオンスープの素や丸ごと玉ねぎカレーなど、この店舗でしか買えない商品も多数あります。もちろん玉ねぎも買えますよ。

うずの丘へのアクセスのポイント

  • 写真:jihen2

③で紹介する福良と、うずの丘・道の駅うずしおの3拠点を結ぶ無料シャトルバスがあり、意外と距離があるので大変お得です。本数は約2時間に1本と少ないのですが、昼前の便で福良からここへ来れば、次に来るバスまでにひととおり食べて遊んでちょうどいいくらいです。

淡路島といったらこれ!というマストなグルメだけでなく、フード以外にも楽しめるポイントがたくさんあるうずの丘は、南側の必見スポットです。

うずの丘 大鳴門橋記念館
淡路島 / その他スポット / 雨の日観光
住所:兵庫県南あわじ市福良丙936-3地図で見る
Web:http://kinen.uzunokuni.com/
淡路島オニオンキッチン うずの丘店
淡路島 / ハンバーガー / ご当地グルメ・名物料理 / ランチ
住所:兵庫県南あわじ市福良丙936-3 うずの丘 大鳴門橋記念館地図で見る
電話:0799-52-2888
Web:https://eki.uzunokuni.com/etc/hamburger.html

次のページを読む

淡路島の旅行予約はこちら

淡路島のパッケージツアーを探す

淡路島のホテルを探す

淡路島の航空券を探す

淡路島の現地アクティビティを探す

淡路島のレンタカーを探す

淡路島の高速バスを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2020年11月25日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


カップルで行きたい関西のおすすめデートスポット45選!

ずらっと並ぶ鳥居が神秘的な伏見稲荷大社に、2人で思いっきり楽しめるUSJ、風情あるお出かけが楽しめる嵐山の渡月橋や竹林の道など、カップルで行きたいデートにおすす...


関西のおすすめドライブスポット・コース55選!日帰りでお出かけしよう

爽快な景色が楽しめるドライブルートに、花や緑が豊かな景勝地、美しい夜景が望める展望スポットなど、日帰りで行ける関西のおすすめドライブスポット・コースをご紹介しま...

【2021】2月の国内おすすめ旅行先40選!冬の旅行にぴったりな観光地特集

2月は北はまだまだ雪深く、この時期ならではの雪や氷のイベントが開催されている一方で、南は梅や早咲きの桜が開花し始める時期です。2月の週末旅行におすすめの国内旅行...

【2021】1月の国内おすすめ旅行先34選!お正月旅行にもぴったりな観光地特集

寒さ厳しい1月は、雪や氷の絶景が全国各地で見られるシーズン。冬の夜に映えるイルミネーションイベントもまだまだ楽しめます。1月のお正月旅行や週末旅行におすすめの国...

兵庫デートに!カップルにおすすめのデートスポット35選

六甲ガーデンテラスや摩耶山 掬星台などの夜景スポットや、イルカやペンギンと触れ合える須磨海浜水族園、日本で唯一パンダとコアラを同時に見られる王子動物園など、カッ...

この記事を書いたトラベルライター

プランナー 兼 トラベラー / 旅のきっかけをつくるひと
内装やイベントブース設営の仕事をしながら、世界各地へ旅に出ています。旅のキーワードはアートとデザイン、雑貨、世界遺産。
いろいろな国の文化や芸術が好きすぎて世界遺産検定1級とりました。
カナダ・トロント→なんちゃって世界一周→再び日本。

素敵な旅づくりのきっかけになるような情報と魅力を紹介していきたいと思います。
instagramでの発信に力を入れているのでぜひチェックして下さい。

かわいくて喜ばれる、ハズさないカナダ土産10選

カナダといえばメープルシロップが有名で、観光地ならどこにでもあります。そんな定番をお土産にするのももちろん良いですが、せっかくなら「おっ!」「かわいい!」と言わ...


かわいくて喜ばれる、ハズさない栃木みやげ5選

栃木といえばいちご、宇都宮餃子、日光東照宮、などなど。観光地らしい定番のおみやげももちろん良いですが、ときには「おっ!」「かわいい!」と言われるような、ちょっと...


【アメリカ】大人も女子も必見!ヒューストン・NASAジョンソン宇宙センター

テキサス州・ヒューストンといえばNASAのジョンソン宇宙センターが有名。でも実際なにがあるのか?どんな楽しみ方があるのか?アミューズメント施設とあなどることなか...

都心を離れて一息。東京郊外の癒されカフェ&ショップ4選

東京都心にはオシャレでおいしいカフェやショップが充実していますが、郊外エリアも負けてない!都心を離れて一息つけるような、心癒される落ち着いた空間のお店がたくさん...

【カナダ】在住者おすすめモントリオールご当地フード5選

カナダといえばメープルシロップが有名ですが、東部の都市モントリオールでエンジョイすべき食べ物はそれだけではありません!甘いおやつからこってりB級グルメまで、在住...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります