宮古市

【岩手】三陸の恵みもスイーツも!宮古のご当地グルメ&おみやげ4選

取材・写真・文:

東京在住
訪問エリア:35都道府県

2020年11月17日更新

17,803view

お気に入り

写真:jihen2

岩手県宮古市は県東部の三陸海岸沿いのまち。三陸といえば海産物のイメージが強いですが、具体的にどんなご当地グルメがあるかご存知でしょうか。これを食べるのを目的に行くのでも良いくらい、おいしくて楽しい宮古フードを紹介します。

この記事の目次表示

宮古市ってどんなところ?

本州最東端の地を擁し、合併を経て2010年に県でいちばん広い市となった宮古市。世界三大漁場のひとつである三陸沖に面し、なんといっても豊富な海の幸に恵まれているのが魅力です。震災の影響を大きく受けたエリアですが、地域の良さを詰めこんだ商品が復興の中でたくさん生まれており、今ではそれらが訪問の際の見どころのひとつになっています。

  • 写真:jihen2

そんな宮古フードにスポットを当て、宮古の自然を感じながら食べたり、自分でつくったり、おみやげにしたり、バリエーション豊富な宮古の楽しみ方を紹介します。

【1】体験型ご当地グルメ・瓶ドン

一度聞いたら忘れないネーミングのこの食べ物は、宮古オリジナルの体験型ご当地グルメです。獲れたてのウニを海水と一緒に牛乳瓶に入れて保管する、という以前からあるスタイルをヒントにして生み出されたもので、10の飲食店がメニューとして扱っています。

  • 写真:jihen2

注目すべきはなんといっても出てきたときのこのビジュアル!具は店ごとに決まっていて、瓶に詰まった状態で御膳とともに出されます。おしゃれなロゴもあいまって、写真映えもバッチリ。

それを開けて混ぜてごはんの上にドン!自分で盛る海鮮丼の完成です。いうまでもなく新鮮でとってもおいしい海鮮丼ですが、瓶の状態も盛ったあとも見た目に楽しく、また自分でひと手間かけることで満足度がよりアップします。

  • 写真:jihen2ここでは税込¥1,296。店により異なります。

筆者が訪れたのは「割烹 おかめ」。同じ瓶ドンでも店舗によって内容が違うので、食べ比べも楽しいはず。宮古市を訪れたら必ず食べたい、代表ご当地グルメです。

割烹 おかめ
宮古市 / 魚介・海鮮料理 / ご当地グルメ・名物料理
住所:岩手県宮古市末広町1-18地図で見る

【2】魚菜市場のセルフ海鮮丼

  • 写真:jihen2

漁港の街といえば魚市場!宮古市中心部にある魚菜市場では、いろいろな海の幸をセルフスタイルで食べることができ、ご当地らしい朝ごはんにぴったりの場所です。

  • 写真:jihen2
  • 写真:jihen2

まずはずらりと並ぶ魚介類の中からおかずをゲット。魚丸ごと一匹や大量のいくらなど豪快なお買い物もできますが、一人か二人で食べられる量の刺身や、うにいかなどの加工済みのものも売られています。瓶ドン…ではないですが瓶詰めのイクラもあり、宮古感満載!

  • 写真:jihen2

場内にある食堂で白ごはんと豚汁のセット(¥300)を購入し、イートインスペースでいただきます。みんなでワイワイ、ご当地海鮮パーティができちゃいます。同じスペース内にはなんと網とコンロが備わった魚焼きコーナーがあり、そちらではセルフ焼き魚定食にもできます。

お餅やかりんとうなど岩手の名産品も場内で売られていて、海鮮以外の見どころもあります。朝から思いっきり宮古市の食を楽しみましょう!

魚菜市場
宮古市 / 市場・朝市 / ご当地グルメ・名物料理
住所:岩手県宮古市五月町1−1地図で見る
Web:https://www.gyosai.jp

【3】浄土ヶ浜レストハウスの御膳

  • 写真:jihen2

三陸海岸にある浄土ヶ浜は、白くて尖った流紋岩が入江にたくさん並ぶのが美しい景勝地。江戸時代に「極楽浄土のごとし」と言われたことが地名の由来になっています。モーターボートでの島巡りも人気で、宮古市観光なら必見のスポットです。

  • 写真:jihen2

その美しい景色を間近に見ながら食べられるのが、浄土ヶ浜レストハウスのお食事です。写真は季節によって変わる御膳(¥1,100)。このときはごはんがウニの炊き込みごはん!おかずもひとつひとつ凝っていてとてもおいしいです。浄土ヶ浜の景観を模した「浄土ヶ浜カレー」など、観光気分を存分に味わえるおもしろメニューもあります。ちなみにここにも「瓶ドン」がありますよ。

  • 写真:jihen2

いわゆる普通の食堂メニューやおみやげコーナーも充実しているので、海鮮グルメ目的でなくても充分楽しめて、何より宮古が誇る美しい海を満喫できます。天気のいい日を狙って、足を運んでみてはいかがでしょうか。

浄土ヶ浜レストハウス
宮古市 / 定食・食堂 / ご当地グルメ・名物料理
住所:岩手県宮古市日立浜町32地図で見る
電話:0193-62-1179
Web:https://jyodogahama.jp/

次のページを読む

宮古市の旅行予約はこちら


この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


盛岡のおすすめお土産24選!盛岡で買うべきお土産特集

南部せんべいやかもめの玉子などの銘菓をはじめ、テレビで度々取り上げられている海産物やご当地麺などの話題のグルメに、地元で昔から愛されてきた福田パンなど、盛岡で買...


【岩手】郷土料理のおすすめ18選!岩手名物の食べ物特集

岩手に伝わる郷土料理をくわしく解説!岩手へ旅行に行ったら一度は食べてみたい、名物の食べ物・料理をまとめてご紹介します。旅行ツウのトラベルライターおすすめのお店情...

【2022】岩手のおすすめお土産31選!岩手で買うべきお土産特集

南部せんべいやかもめの玉子などの銘菓をはじめ、テレビで度々取り上げられている海産物やブランド牛を使った話題のグルメに、地元で昔から愛されてきた郷土菓子など、岩手...

【岩手】釜石&宮古を散策♪1泊2日で楽しめる観光モデルコース

太平洋の絶景と変化に富んだリアス式海岸が続く、岩手県の三陸海岸。製鉄の町「釜石」や景勝地・浄土ヶ浜(じょうどがはま)のある宮古市内の観光はもちろん、三陸の海の幸...

withコロナ!三密さけて外で遊ぼう!東北のおすすめスポット13選

これが正解!とか、これなら完璧!はないけれど、少しでもコロナ感染のリスクを減らしたい!そんな風に考え、できる限り三密を避け、おひさまの下で遊べる散策スポットをピ...

この記事を書いたトラベルライター

プランナー 兼 トラベラー / 旅のきっかけをつくるひと
内装やイベントブース設営の仕事をしながら、世界各地へ旅に出ています。旅のキーワードはアートとデザイン、雑貨、世界遺産。
いろいろな国の文化や芸術が好きすぎて世界遺産検定1級とりました。
カナダ・トロント→なんちゃって世界一周→再び日本。

素敵な旅づくりのきっかけになるような情報と魅力を紹介していきたいと思います。
instagramでの発信に力を入れているのでぜひチェックして下さい。

車なしでも見どころ攻略!淡路島めぐり完全ガイド

兵庫県と徳島県の間にある淡路島は、瀬戸内海の自然美と、その立地ならではの見どころがたくさんある場所です。車がないと巡るのは難しい…というのが一般的ですが、公共交...


かわいくて喜ばれる、ハズさない栃木みやげ5選

栃木といえばいちご、宇都宮餃子、日光東照宮、などなど。観光地らしい定番のおみやげももちろん良いですが、ときには「おっ!」「かわいい!」と言われるような、ちょっと...


かわいくて喜ばれる、ハズさないカナダ土産10選

カナダといえばメープルシロップが有名で、観光地ならどこにでもあります。そんな定番をお土産にするのももちろん良いですが、せっかくなら「おっ!」「かわいい!」と言わ...

【アメリカ】大人も女子も必見!ヒューストン・NASAジョンソン宇宙センター

テキサス州・ヒューストンといえばNASAのジョンソン宇宙センターが有名。でも実際なにがあるのか?どんな楽しみ方があるのか?アミューズメント施設とあなどることなか...

都心を離れて一息。東京郊外の癒されカフェ&ショップ4選

東京都心にはオシャレでおいしいカフェやショップが充実していますが、郊外エリアも負けてない!都心を離れて一息つけるような、心癒される落ち着いた空間のお店がたくさん...

トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります